« ケイコ先生を直撃 | トップページ | 26回中国大会(その6) »

2006年11月13日 (月)

26回中国大会(その5)

 この前の土曜日の「ザ・クイズマンショー」はまたゴルフの関係で放送時間が変わっていましたが、今度は朝日放送でも放送されることになっていました。しかし野球の延長のために結局中止になりましたね。

 それでは中国大会です。○×クイズ中ずっと気になっていたことがあります。鈴木アナが「2回戦に進めるのは各県8チーム」とか「2回戦進出決定」とか言っているのです。なぜ、準決勝と言わないのでしょうか。ここまで10地区、3段階でやってきて、あの近畿でさえ独自企画をやらなかったのに、ここだけクイズの数が多いなどということがあり得るのか?

 この予選にはAAAが来ます。そのため、改めて高校生を全員、舞台の前に集めています。今回、オリエンタルラジオが来たのは北海道・関東・中部・近畿・北九州・沖縄。AAAが来たのは北海道・南東北・関東・近畿・中国・北九州。結局、大都市優先です(オリラジが沖縄に来たのは番宣収録のため)。鈴木アナが、今年初めて、番組ホームページの宣伝をしています。
 AAAは7人しかいません。いくつかの予選で、1人欠けていました。鈴木アナによると、スタッフがカラオケで我が物顔にAAAの曲を歌っているそうです。鈴木アナはAAAに「ここが到着地」と言ってから、自分は「熊本行きまーす」。本来なら司会者もここまでだったはずが、急に後の予選が増えたのでした。

 12時15分過ぎから敗者復活戦が始まります。この会場は、三択の移動場所を示すボードを、鉄の骨組みではなく人が手で持っています。森アナが、WBCでは韓国に負けたのに世界一になったという話をします。
 1問目の選択肢を読むのに「まる1」「まる2」「まる3」。三択の問題カードを読むのに、こんなことを言った司会者は初めてです。そして「正解はこれじゃけん」。
 この後、敗者復活がこんな波乱の展開になるとは。それは次回。

|

« ケイコ先生を直撃 | トップページ | 26回中国大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/12664288

この記事へのトラックバック一覧です: 26回中国大会(その5):

« ケイコ先生を直撃 | トップページ | 26回中国大会(その6) »