« 26回近畿大会(その19) | トップページ | 26回中国大会(その1) »

2006年11月 7日 (火)

日本人の質問(その20)

 ザ・プラン9は今年の初めに「笑点」で初めて見ました。5人もいてどうやってネタに生かすのかと思ったら、非常におもしろい。山手線ゲームで「数字」というお題が出て「1」「2」「3」「…うーん、思いつかへん」という後、「アフリカの国」というのに全員異常にくわしい。そして「坊さんが屁をこいた」で、動きを止めるとゴルフスイングの連続写真になっていたり人類の進化になっていたりするという、5人いないとできないネタです。先日もプラン9の他のネタを知るために、「上方演芸ホール」(NHKが関西ローカルで深夜にやっている)を見ました。
 しかし私は、浅越ゴエという人がいることは知っていて、プラン9というグループがいることも知っていましたが、浅越がプラン9のメンバーであることはつい最近まで知りませんでした。

 さて、ようやく近畿大会のリポートが終わって、まだ予選は続きますが、たまには目先を変えてみます。「クイズ日本人の質問」の問題を載せていたのを覚えていますか。

−−−−(ここから)−−−−

プラスαという言葉は、なぜ「α」を使う?
野球で9回裏をやらずに勝つとき、スコアボードに「x」と書くが、明治時代に日本に入ってきたとき、一高の生徒が、その筆記体を「α」と読み間違えた。このため長く「A」と表示されていた。昭和32年にこのことに気づいて「X」に戻したが、「プラスα」という言葉だけは、付加価値という意味で残った。
相撲に引き分けはある?
勝負がつかずに、両方とも相撲がとれないと判断した場合、協議をして引き分けになる。
クジラの赤ちゃんは海の中でどうやってお乳を飲む?
母親のお腹に切れ目があって、その中に乳首がある。この中に首を突っ込んで飲む。
備長炭はなぜそういう名前がついた?
紀州田辺藩において炭問屋を営んでいた備中屋長佐衛門が紀州炭を販売するにあたって、備長炭と名付けた。
大相撲で、相手が勝手に倒れたときの決まり手は何という?
腰くだけという。勇み足と腰くだけは、決まり手70手の中には入っていない。
走っていると横っ腹が痛くなるのはなぜ?
その部分にある腸に行く血液の量が少なくなって、組織の中に有害な物質がたまるから。
銀紙をかむと、歯がしびれるような変な感じがするのはなぜ?
歯はどんな刺激を受けても痛みとしか感じない。詰め物がある場合は、ガルバニー電流が流れる。詰め物がない場合は、象牙質の中の水が冷たい銀紙によって収縮する。
ミノムシが成長して、ミノが小さくなったらどうする?
木の葉などを集めて継ぎ足していく。
「おおわらわ」とは何のこと?
大童と書く。昔は子供はおかっぱだった。普段は髪を結っている大人も、奮闘すると、子供のような髪形になるということ。
土曜日のことを「半ドン」というのはなぜ?
オランダ語で日曜日のことをドンターク(zondag)という。土曜日は半分ドンタークということで、幕末のころ、半ドンと呼ばれるようになった。

−−−−(ここまで)−−−−

 ガルバニー電流は「トリビアの泉」でやっていましたね。コンバトラーVか何かのパロディーで。
 博多どんたくのどんたくも、オランダ語の日曜日のことではなかったかな。

|

« 26回近畿大会(その19) | トップページ | 26回中国大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/12581895

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の質問(その20):

« 26回近畿大会(その19) | トップページ | 26回中国大会(その1) »