« 26回南東北大会(その11) | トップページ | 26回南東北大会(その12) »

2006年10月12日 (木)

本日の番組

 今夜の「サルヂエ」のスペシャルでは、「日本テレビ横断ウルトラビンゴクイズ」というのをやっていましたね。別のスタジオからバラマキで封筒を持ってくるのですが、問題が出るときに、あのウルトラと同じアタックが流れていました。そして、不正解または「スカ」で戻るときにかかるのは罰ゲームの曲でした。さらにルール説明でパネルをとった音が、早押しのボタン押し音になっていました。当然、テーマ曲と勝ち抜け音楽もかかっています。

 今朝、朝日放送ではドラマ「相棒2」の再放送をしていました。テレビ欄に「クイズ王」と書いてありました。主人公の2人の刑事が公園に呼び出されて、犯人が携帯電話で出すクイズに3問間違えると、その場にいる人を無差別殺人する(実は最初からその人を殺すのが目的)という、むちゃくちゃな設定です。
 それで、寺脇康文が各方面から、「おまえが島根の県庁所在地を松山と答えたから人命が失われた」と非難されます。悪いのは射殺する犯人であって、なんでそんなことを言われなければならないのか。さらになぜ、みんなが「島根県の県庁所在地は?」という問題が出たことを知っているのか。
 最後、水谷豊がクイズ荒らしの喜多嶋舞を追いつめるのですが、なんであんな推理で喜多嶋が犯行を認めるのか全然理解できませんでした。途中の、喜多嶋がクイズ番組で解答する場面を見て非常に違和感があって、やはりそれがカギになっていたのですが、それは全然、喜多嶋が狙撃手に犯行を指示したという証拠にはつながりません。
 しかも、喜多嶋が事件に水谷を巻き込んで評判を落とそうとした理由が、8カ月前にバーで喜多嶋が「怒り心頭に達する」と言っているところへ水谷が来て「怒り心頭に発する」の間違いだと指摘されたからだというのです。それでプライドをずたずたにされて、水谷の素性を調べたんだって。

|

« 26回南東北大会(その11) | トップページ | 26回南東北大会(その12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/12248642

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の番組:

« 26回南東北大会(その11) | トップページ | 26回南東北大会(その12) »