« 26回南東北大会(その9) | トップページ | 26回南東北大会(その11) »

2006年10月10日 (火)

26回南東北大会(その10)

 さっきまた「島田紳助が芸能界の厳しさ教えますスペシャル!」をやっていましたが、「カブッちゃイヤ~ン!」のコーナーは、正誤判定がものすごく難しそうでした。あれって実際は、1つ答えを書くのに何十分もかかっていることがあるのではないでしょうか。誰が構成作家をやっているのか見ようとしましたが、スタッフロールに見あたりませんでした。

 それでは南東北大会です。決勝は山形からです。残っているのが山形東、酒田東、新庄北と、地域的バランスがとれています。新庄北高校は新庄南高校より南にあるそうです。
 1問目、女子チームが不正解です。不正解のペナルティーは、チームの1人が1回休みというものです。昨年まで一度も登場していないルールですが、今年の中部以来3度目です。男子チームが先制しますが女子チームが逆転します。それにしても不正解が多い。
 男子チームが、2ポイントの女子が解答権を取るのを阻止するためだけにボタンを押したようです。当然不正解です。2ポイントの女子は包丁を破壊します。次の問題、正解が「スキマスイッチ」なのですが、2ポイント女子がわからず押して、「チューリップ」。いったい何歳なんだ!
 すると、これまで0ポイントだったもう一つの女子チームが2ポイント連取します。先に2ポイントだった女子が不正解。次は正解が「CIA」という問題で、後から2ポイントの女子が解答権を取りますが、「FBI」と答えます。ここで男子チームが取って全チーム2ポイントに。
 次の問題、男子が答えます。正解と思ったらブザー。中部でもあったのですが、勝たせたくないチームの判定が厳しくないか? 中部では、正解が中島みゆきという問題で「なかしまみゆき」と答えて不正解になりました。確かに不正解でいいのですが、他の場面でこの解答が出たら正解にするような気がします。本来は「もう一度」と聞き直すべきでしょう。
 結局、最初に2ポイントとった女子が勝ちました。

 この後、そんなことをこの番組で言っていいのか。それは次回。

|

« 26回南東北大会(その9) | トップページ | 26回南東北大会(その11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/12220215

この記事へのトラックバック一覧です: 26回南東北大会(その10):

« 26回南東北大会(その9) | トップページ | 26回南東北大会(その11) »