« またスポーツ紙 | トップページ | 26回南東北大会(その10) »

2006年10月 9日 (月)

26回南東北大会(その9)

 このところ、当ブログの検索フレーズに毎日、「高校生クイズ 蒸し返す」というのがあります。そんなに私に、17回高校生クイズのことを蒸し返してほしいのか。大前とは合わないという人はもう読んでいないのだから、いくらでも書きますが。

 それでは26回の南東北大会です。宮城の準決勝。1問目は文学にもかかわらず全員正解でした。2問目は「おうにんのらん」の「にん」です。これで3チーム不正解。うち2チームが仙台一高です。3問目で2チーム決定して、4問目で最後の1チームが決まりました。「チタンの元素記号」という問題なのに、メタンの分子式を書いた人がいます。14時30分ごろ終わりました。

 我々は、4問目の各チームの解答を見て、これで決まるのを確認した時点で会場を去ります。まず、泉中央駅まで歩かなければなりません。地下鉄で仙台へ。あおば通駅に行って、仙石線に乗ります。これって、昨年と同じではないか。そう、決勝会場は昨年と同じマリンゲート塩釜なのです。ちなみに、あの、実質クイズで勝者を決めなかった23・24回をはさんだ前の回も、東北の決勝会場は同じです。
 本塩釜で降りて会場へ歩きます。着いたらまさに決勝が始まるところでした。15時55分ごろです。ルールはというと、22回と同じではないか。今年は、これまでにも書いているように、過去にやったのと同じ企画を意図的に使っています。マグロの模型があって、問題が出るとまず、のこぎりで頭を切り落とします(いうまでもなく、実際は最初から切れていてマジックテープでくっついている)。3人のうちの1人が、頭を解答席のマイクにかぶせます。その間にあとの2人は、胴体を前から後ろへ向けて半分に切ります。これは、最初から切れていて3カ所に木の棒がささっているのです。したがってこれは実際に木の棒の部分を切ることになります。胴体の上半分を取り除くことができると、中にボタンがあってそれを押すことで解答権を得られます。
 この後、この女子高生は何歳なんだ。それは次回。

|

« またスポーツ紙 | トップページ | 26回南東北大会(その10) »

コメント

すみません。「蒸し返す」と検索して、ここへジャンプしたのは僕です。以前は違う言葉で検索していたのですが。
決して嫌がらせのつもりはありませんでした。

毎日このサイトは拝見しております。
今後もお世話になると思いますので、
宜しくお願いします。では。

投稿: 埼玉出身のN | 2006年10月 9日 (月) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/12204809

この記事へのトラックバック一覧です: 26回南東北大会(その9):

« またスポーツ紙 | トップページ | 26回南東北大会(その10) »