« 本日の番組 | トップページ | 26回近畿大会(その1) »

2006年10月13日 (金)

26回南東北大会(その12)

 ミクシィについて、うわさだけ聞いていましたが、ようやく入ることができました。私にはそういう友人関係がなかったのですが、先日、日刊スポーツのメールを送ってきた人の紹介です。高校生クイズに関する日記などを探すといっぱいあります。それにしても、ミクシィはいったん紹介によって入ると、内部のコミュニティなどは知らない人のでも読めるんですね。いくらSNSといっても、これだけ巨大化すると、2ちゃんねると変わらなくなってきます。先日のアタック25不正疑惑もそういうところから発生しているわけですし。

 それでは南東北大会です。宮城の決勝は、マージャンのチームが1ポイントのところで、機械の修理に入ります。この間、鈴木アナは周囲にいるギャラリーにインタビューしています。「マグロ飽きない? やっぱりうまい?」と言っていたらディレクターに呼ばれます。
 再開後、直円錐の展開図についての問題に、なぜか「ナトリウム」と答えるチームが。そう。彼らには「食塩水」と聞こえていたのです。鈴木アナ「オレの滑舌が悪いということか」。
 さらに次の問題、「七転八起」を「しちてんはっき」と読みます。確かに辞書の見出しとしてもその読み方は載っていますが、私はそんな読み方をする人を初めて聞きました。そして、ちゃんと「ななころびやおき」と答えている高校生に「すごい読み方したな」と言います。まさか司会者は七転び八起きを知らないのか?
 結局、食塩水と七転八起を答えたチームが勝ちました。17時20分ごろ終了します。結局、しちてんはっきについては問題を録音し直しませんでした。

|

« 本日の番組 | トップページ | 26回近畿大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/12260893

この記事へのトラックバック一覧です: 26回南東北大会(その12):

« 本日の番組 | トップページ | 26回近畿大会(その1) »