« 26回近畿大会(その12) | トップページ | 26回近畿大会(その13) »

2006年10月27日 (金)

あの学校最悪の日

 訂正です。「週刊現代」の表紙に少年の学校名が載っているがネットでは載っていないと書きましたが、ネットで出ているのはすべて先週号だったことがわかりました。本日はその少年の中等少年院送致が決まりましたね。
 本日は、この学校にとって最悪の日といえるかもしれません。なぜなら、悪いことで2回もこの学校が報道されたからです。というのは、この学校が学習指導要領を満たしていないことが発覚しました。私が前回書いた通りの展開になってきました。私の前回の書き込みを読んでチクられたのかと思いましたが、そうではなく高校の世界史です。社会を2科目やってはいたが、日本史と地理の選択でも世界史をとったことにしていたらしい。ちなみに奈良県の公立校は問題がなかったということで、奈良でこれをやっていたのは、今のところこの有名進学校だけです。しかしNHKはローカルニュース枠でしかやらず、全国放送では別の公立校ばかり取り上げています。

 …って、あの学校のことばかり書いても当ブログの趣旨に反するので(確かに高校生クイズには非常に深いつながりがあるが)、クイズの話を書くと、昨夜、BSフジで「BINGO75」という番組が再放送されているのに気づきました。正解が「1」から「75」までという75問の問題があって、解答者がパネルに書いてある問題を選びます。問題に正解するかどうかとは関係なく、その問題の正解の数がビンゴカードにある人は全員消せます。
 ルールとして、誰かがリーチをかけるまで、解答者自身もカードの配置を見ることができないようになっていたのですが、これは最初から各人のカードがわかっている方がはるかにおもしろくなったと思います。放送でも「9」でリーチがかかっているときに他の解答者が「エレベーターは1人の体重を何キロとして設計されている?」という問題を選んで、少なくともこの正解は9ではないという展開がありました。
 この枠は地上波のフジテレビで放送できるかどうかという実験の位置づけですが(私の意見も直接BSフジのホームページで書くべきなのか)、レギュラー化されたら問題作りが大変そうです。なお、今後も何回か再放送されるようですので、放送時間は自分で調べてください。

|

« 26回近畿大会(その12) | トップページ | 26回近畿大会(その13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/12440434

この記事へのトラックバック一覧です: あの学校最悪の日:

« 26回近畿大会(その12) | トップページ | 26回近畿大会(その13) »