« 26回近畿大会(その3) | トップページ | 26回近畿大会(その5) »

2006年10月18日 (水)

26回近畿大会(その4)

 以前、ウィキペディアで「オールスター感謝祭」という項目がどんどん更新されていると書きましたが、これまでに起きた事件とかいう項目で、今回あった、アシカがまったく芸をしなかったうえに居座って次の企画もできなかったというのを書いた人に対して、「アシカは人間ではないので書かないで」として削除した人がいます。その項目に人間以外の事件を書いてはいけないと、誰が決めたのでしょうか。明らかに「主」のようになって、その項目を自分の思うようにしようという人がいますね。この「主」は、「クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!」にもいます。そんなことを詳しくしてどうするんだという記述がどんどん増えています。ちなみに私は最近「鶴瓶の家族に乾杯」で「主」になっています(更新履歴を見ればわかる)。

 それでは近畿大会です。5問目はノーベル賞に関する問題ですが、数年前に報道されているので、ニュースに接していればわかる問題です。2チームしか間違えませんでした。ところがこの問題で滋賀も兵庫も8チーム決定。両県は9チームずつだったのか。さらに次の清原和博の問題は、不正解が3チームしかいなかったのに奈良が6チーム決定です。つまり奈良も9チームで、間違えたのが全部奈良だったということです。

 一転して、次の信号の問題は正解が6チームしかいません。これで大阪も決定チームが出ました。9問目で京都の決定チームが出ます。この中に同志社高校のラクロス部がいます。そして11問目。非常に簡単な問題と思われましたが、正解が1チームしかいません。さらに次の問題も正解が1チームしかいなくて、それが同志社のラクロス部。目立ちまくっています。13問目で京都と大阪の最後の1チームが決まって終了しました。大阪で最後に勝ち抜けたチームはメイドカフェの格好です。

 この後、読売テレビのアナウンサーがまったく予想外の発言を。それは次回。

|

« 26回近畿大会(その3) | トップページ | 26回近畿大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/12324992

この記事へのトラックバック一覧です: 26回近畿大会(その4):

« 26回近畿大会(その3) | トップページ | 26回近畿大会(その5) »