« 26回近畿大会(その10) | トップページ | 26回近畿大会(その12) »

2006年10月25日 (水)

26回近畿大会(その11)

 本日、書店で確認したら、やはり「週刊現代」の表紙にあの学校名が書いてあります。しかしネットで見ると、その部分が別のニュースになっています。これは、その話が締め切り直前に飛び込んできたということなのか、本誌以外の媒体で流すことを自粛しているのか。

 それでは近畿大会です。京都の準決勝、1問目は「よさのあきこ」の「さ」です。これで5チームになります。残ったのが全チーム女子。同志社が3チームいる一方、ビキニのチームがいます。2問目、3問目と全チームアウト。しかし最も正解に近いのは敗者復活チームです。4問目は全チーム正解です。
 そして5問目。「6日前のしあさっての昨日は何曜日?」。また出ました。これで同志社が1チーム決定します。
 6問目「まごにも衣装」の「まご」ですが、全員正解チームはありません。ちょうど半分の人が「孫」と書きました。7問目は雷の天気記号で、2人しか描けません。8問目で1チームだけ失格。これで、残っているのは3チームでうち2つが同志社。2席を争います。
 9問目で同志社の1チームが抜けて、10問目で敗者復活チームが勝ちました。これで決勝進出3チームがすべて同志社高校ラクロス部です。もちろん史上初です(3チームでの決勝自体、そんなにない)。鈴木アナ「京都の決勝戦は同志社高校でやることにします。君たちはジャンケン」。そして「スタッフ頑張ろう。大阪が終わったら広島へ行ってお好み焼き」。

 次は兵庫です。準備が行われていますが、何かおかしな動きになっています。もう収録できるはずなのに、ディレクターがセットをいじっています。いったい何が起きたのか。この後、予選としては史上初の事態が。それは次回。

|

« 26回近畿大会(その10) | トップページ | 26回近畿大会(その12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/12418898

この記事へのトラックバック一覧です: 26回近畿大会(その11):

« 26回近畿大会(その10) | トップページ | 26回近畿大会(その12) »