« 26回南東北大会(その5) | トップページ | 東スポの1面 »

2006年10月 3日 (火)

26回南東北大会(その6)

 本日は福澤、ラルフ、オリラジの帯番組がそれぞれ始まる日です。「ピンポン!」では、「今テレビをご覧の、みのもんたさん、タモリさん。今日からこの昼の時間帯、参入させていたたきます」とあいさつしていました。でも11時から始まる地域は少ないので、あいさつを見られない視聴者も多かったでしょう。11時台前半でディープインパクトの反応のようなことをやっているのに、11時30分からのニュースでディープインパクトの初報を流すというおかしなことになっていました。

 それでは南東北大会です。7問目から10問目にかけて、ちょっとずつ決定チームが出ます。10問目はなぜか鈴木アナが○×サークルのところに降りてきました。
 そして11問目。「うず巻きの蚊取り線香は、右巻きも左巻きもある」。これって、ウルトラクイズの歴史を語るとき必ず取り上げられる、「右巻きの蚊取り線香を裏返すと左巻きになる」と事実上同じ問題ですね。ちなみにウルトラクイズのこの問題を作ったのは青島美幸です。なお、初期の高校生クイズは泉麻人が問題を作っていたと当時の司会者が言っていました。ところで今回の問題の解説は、裏返せばどちら巻きにもなるからというものではなく、フマキラーとアース製薬は右巻き、金鳥は左巻きというものでした。蚊取り線香は、どちらが表か決まっているのか。

 最後の1チームが決定したのは15問目でした。収録が始まってからもう2時間たっています。ここで、AAAの舞台を前で見ようと、若い女たちが外で構えています。12時30分に一斉突入です。するとディレクターが「高校生以外の人、出てください! 高校生以外の人がいる限り、AAA出しません!」。ここで舞台の前にいるスタッフに向かって「高校生じゃないような人がいっぱいいますね」。
 12時35分ごろにAAAが出ます。鈴木アナが「敗者の気持ちがどれだけわかるかというと」と言って、ここでもまた、23回東京の1問目で落ちた人を紹介します。さっき歌ったのと同じ曲も含め2曲歌いました。

 この後、鈴木アナがまったく予想外の行動に。それは次回。

|

« 26回南東北大会(その5) | トップページ | 東スポの1面 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/12130341

この記事へのトラックバック一覧です: 26回南東北大会(その6):

« 26回南東北大会(その5) | トップページ | 東スポの1面 »