« 26回近畿大会(その4) | トップページ | 26回近畿大会(その6) »

2006年10月19日 (木)

26回近畿大会(その5)

 「笑ってコラえて!」の「日本列島男子校の旅」が久しぶりに放送されましたが、1回目で取り上げた学校の続きでした。私は思うのですが、1回目のとき、日本の男子校の数を言っていましたが、あの抽選に使う本に、奈良の少年の学校は書かれているのでしょうか。

 それでは近畿大会です。○×クイズは12時15分ごろ終わりました。次はAAAが出てきますが、舞台の前にいる人たちの参加証確認を徹底しています。ディレクターは「エリアの外であれば見学して構いませんのでルール守りましょう」と言っています。AAAは15分ぐらい滞在して2曲歌いました。

 12時40分過ぎから敗者復活戦が始まります。近畿大会が、他の地区と同じ敗者復活戦をやるというのは、今までにないことです。1問目の正解が出た後、小林アナが「この後、抽選会・準決勝・決勝あるので残っていてください」。今、何と言った? 「決勝」? 実は、前日にいろいろ調べたと書きましたが、その時点で、どうも今年の近畿大会は移動がないのではないかと思ったのですが、確証が得られませんでした。あの、変な場所にある、紅白の幕で囲まれたところは、やはり決勝会場だったのか。
 敗者復活戦のルールも同じで移動もないとは、あまりに読売テレビらしくありません。どうも今年は読売テレビ側のスタッフもいろいろ入れ替わっているようです。おそらく、番組全体の存亡の危機なので、近畿大会についても日本テレビが直接手を突っ込むということではないでしょうか。

 2問目、「桂離宮」という選択肢を読むのに、「桂三枝」と同じアクセントで読んでしまいます。ラルフじゃなくてもこれか。4問目まで終わって初めて、勝ち残るのが1チームであることが発表されます。これはよそにはなかったパターンです。地区によっては、4問目までに終わっているぞ。
 8問やって、残っているのは8チーム。落ちるペースが非常に遅い。9問目で6チーム、10問目で3チームになります。この後、またも予想外の展開が。それは次回。

|

« 26回近畿大会(その4) | トップページ | 26回近畿大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/12335309

この記事へのトラックバック一覧です: 26回近畿大会(その5):

« 26回近畿大会(その4) | トップページ | 26回近畿大会(その6) »