« 視聴率 | トップページ | 全国大会でカット »

2006年9月 6日 (水)

26回中部大会(その6)

 以前、GO! SHIODOMEジャンボリーの岡本太郎の壁画の引き取り手がないという新聞記事を紹介しましたが、どうやら、太陽の塔がある吹田市が名乗りを上げたようです。結局、高校生クイズに関係ある場所になるんですね。

 それでは中部大会のリポートです。静岡の準決勝の1問目は「茶畑の地図記号」ですが、3人正解のチームはいません。全員でカメラに向かって「(静岡のみなさん)ごめんなさい」。2問目は2人だけ不正解。そして3問目。「サッカーを漢字で書くと○球」。これまた3人正解のチームはいませんでした。清水東が3チーム残っているのに。今度は「(スポーツうるぐすの)武田さんごめんなさい」。
 4問目は不正解が2人しかいませんでしたが、2人が同一チームです。5問目は「付点四分音符」を描くというものです。出題する記号のネタがなくなってきて、だんだん細かくなってきました。これで2チームが決定しました。6問目で最後の1チームが決まりました。

 次は三重です。川越高校が4チームも残っています。鈴木アナが「2001年の優勝」と言って、スタッフに止められています。2001年優勝なら自分が司会をしたときだからわかるだろ。1問目は「とよとみひでよし」の「とみ」を書くというものですが、3人とも正解なのは2チームしかいません。「豊」と書いたのが3人もいます。川越高校クイズ研もボロボロでした。
 6チームで残り1枠を争います。2問目に正解したのは川越の2チームでした。川越の中で最もできのよさそうなチームは、リーダーが難しすぎる漢字を書きました。
 3問目の前に川越両チームに鈴木アナ「それぞれの話し合いで決める? ジャンケンにしようか」。問題は「たにざきじゅんいちろう」の「じゅん」ですが、1人も書けませんでした。3人とも「純」と書いたチームもあります。鈴木アナ「あれ、なんで(正解を示す)パトランプがつかないんだろう。全員間違った答えでそろってるからでーす」と、サルのまねをします。4問目で決定しました。

 この後の県で、予想外の展開が待っています。それは次回。

|

« 視聴率 | トップページ | 全国大会でカット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/11776305

この記事へのトラックバック一覧です: 26回中部大会(その6):

« 視聴率 | トップページ | 全国大会でカット »