« 26回南東北大会(その1) | トップページ | ラジオのテキスト »

2006年9月28日 (木)

26回南東北大会(その2)

 以前、「クイズ日本の顔」は再放送されないと書きましたが、10月からBS2で再放送されるそうです。しかし、最初に再放送されるはずの昨夜の番組は、新首相と奈良女児殺害のために中止になりました。

 それでは南東北大会です。前説の段階で登場したAAAですが、4問出ているうちの1問目の答えで高校生を別れさせます。そして、正解は○と表示させますが、すぐに「わかりませーん」と言います。ちょっと意味のわからない演出です。そして番組応援ソングだけ歌って舞台を降ります。これでもう帰るのでしょうか。
 次にミヤギテレビの偉い人のあいさつです。「AAAの後には非常に出にくいですが」と言って、東北ブロックを南北に分けた経緯などを話しています。さらに、深井アナが言わなかった予選番組の放送時間について、この人が言います。これは史上初です。
 次に開会宣言をするのが、ライオンの東北エリア副統括の人です。北東北では東北エリア統括の人が出てきました。東北だけ同じ人が2度出るのかと思ったら、統括と副統括で分けているのか。ちなみに北九州では九州エリア統括の人が出てきたので、南九州は副統括の人なのかな。

 11時前にようやく鈴木アナが登場します。「牛タン食べた後は必ずテールスープで締めます。ラルフ鈴木です」。そしてお約束の「イナバウアー」。
 ところで、会場の中央には、明らかに不自然な七夕飾りがあります。上に「1」「2」「3」「4」という箱が吊ってあって、そこから各問題の正解が落ちてくることはいうまでもありません。しかしその真ん中にもう一つ、高校生クイズマークがついた箱があります。もう、どういう企画かわかると思いますけど、それは次回。

|

« 26回南東北大会(その1) | トップページ | ラジオのテキスト »

コメント

今年の大会、
九州と東北を南北に分けた経緯ってなんだったんだろう…
参加者拡大の為、地方局活用の為等…色々と思いつくのですが…最大の理由がどれなのか解らない者で…

投稿: 田 | 2006年9月28日 (木) 01時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/12065795

この記事へのトラックバック一覧です: 26回南東北大会(その2):

« 26回南東北大会(その1) | トップページ | ラジオのテキスト »