« 26回北九州大会(その2) | トップページ | 26回北九州大会(その4) »

2006年8月 7日 (月)

26回北九州大会(その3)

 2ちゃんねるで、近畿大会の結果について、ストーカーブログの反応が楽しみと書いてありましたが、そこまでたどり着くまでに、あと50日ぐらい待ってね。って、全員が結果を知った後ではないか。

 先月の「女性セブン」によると、赤坂御用地の上空は、300メートル以上の高さなら、パラシュートで飛んだりしても何の制限もないそうです。また、300メートル以下でも、注意はするが罰則はないとのことです。

 それでは北九州大会の続きです。第1問は高校生なら知識で答えられて当然という問題でした。正解が発表されて、敗者側にいるオリエンタルラジオ中田が敗者復活戦を要求します。勝者側の藤森が拒否するのですが、中田が「オリエンタルラジオ解散だ」というと一転、藤森が中田と一緒になって司会者に敗者復活を要求します。
 そこで、オリラジが○×クイズに正解できると敗者復活戦をやるということになりました。問題は、過去の高校生クイズで、北九州ブロック4県の代表が日本一になったことはもちろんあるというものです。現在の12ブロックでいうと、北九州と沖縄だけ優勝者がいないのでした。よく考えたら、参加規定書には過去の優勝校が載っているのだから、敗者は正解を教えることができたのでした。
 当然正解しますが、ここで、全国大会で待ち受けるとか、最後にエールをとか言っています。つまり、これまでのように、オリラジが第1問だけでさっさといなくなるということを直接言うことなく、高校生にそれをわからせようというスマートな台本を考えたわけです。

 第2問を前に、空撮があるそうです。予選が増えて予算がなさそうなのに、そんなことができるのか。福岡空港からのヘリコプターを待つ間、牟田アナが長々と景色など説明しています。福岡放送のヘリコプターはかなり低空で撮影します。落ちたらどうするんだ。今年はそういう回だぞ。

 次回、どの県も9チーム以上参加しているのだろうか。

|

« 26回北九州大会(その2) | トップページ | 26回北九州大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/11312063

この記事へのトラックバック一覧です: 26回北九州大会(その3):

« 26回北九州大会(その2) | トップページ | 26回北九州大会(その4) »