« 26回北海道大会(その1) | トップページ | 26回北海道大会(その3) »

2006年8月15日 (火)

26回北海道大会(その2)

 全国大会の開始直前に東京が大停電するというのが、今年の高校生クイズを象徴しています。
 さて、私は全国大会1日目の会場にはたどり着けませんでしたが、2日目の会場は大体つかんでいます。昨年の2回戦と同様の趣旨の企画になると予想します。
 かなり先まで載るテレビ雑誌には、収録前の全国大会の会場が書いてあることがありますが、今回はそういうのは見つけられません。しかし、番組表を見ていると、日本テレビではこれから高校生クイズの事前番組を4回もやるんですね。まさに背水の陣です。
 8月19日15:00~15:30
 8月26日13:30~14:25
 8月31日(30日深夜)1:44~2:44
 9月1日16:00~16:30

 それでは7月28日の北海道大会の続きです。福永アナが高校生を前にいきなり「奥さ~ん!」と叫びます。すると、何の打ち合わせをしたわけでもないのに、高校生が一斉に「お絵描きですよー!」。以前にも書いたと思いますが、「どさんこワイド180」のコーナーが、ここまで道民に浸透しているのか! これではNHKの「ほくほくテレビ」も放送時間を縮小するよな。札幌テレビの営業局長があいさつします。高校野球の話を持ち出しています。そしてライオンの北海道エリア統括の人です。でも、空撮のヘリコプターがうるさくて、よく聞こえません。

 10時過ぎに鈴木アナが登場しますが、北海道人文字の前に設けられた仮ステージに上がるだけです。これは非常に珍しい。メイン司会がここに出てくることはまずありません。昨年はヘリコプターの上だったし。
 第1問のヒントが「時の人」であることを強調します。ここまで、事前番組で発表されたヒントに沿っていない問題ばかりが出続けたところで(関東を除く)、初めてまともにやるか。「時の人に第1問を発表してもらいたいと思います」と言うと、すごく遠いメインステージにオリエンタルラジオが浮上します。これでは見えないだろ。

 そして第1問が発表されますが、問題自体は「時の人」か? 移動で走るときに、「高」「校」「生」「ク」「イ」「ズ」の旗を持たされているチームがいます。「高」と「ズ」が×、他が○に入りました。「ク」の人たちは旗をぐるぐる回しています。

 このあと、高校生クイズ史上初の画期的な正解発表があります。それは次回。

|

« 26回北海道大会(その1) | トップページ | 26回北海道大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/11439137

この記事へのトラックバック一覧です: 26回北海道大会(その2):

« 26回北海道大会(その1) | トップページ | 26回北海道大会(その3) »