« 26回北海道大会(その4) | トップページ | 26回北海道大会(その6) »

2006年8月18日 (金)

26回北海道大会(その5)

 以前書いた「シャープに答えて!」。GyaOで最新のフルバージョンを見ると、もう3年半もやっているということを言っていました。私が知ったのはわずか3カ月前です。
 一方、NHKの「THEクイズモンスター」をまたやっていましたね。前回とはかなりルールを変えて、レギュラー化する気まんまんという感じでした。また、19日の深夜に再放送される「文珍・南光のわがまま演芸会」では、博多華丸・大吉の、桃太郎がアタック25というネタが見られます。「緑のおばあさんは川で洗濯をしていらっしゃいます」「中から生まれたのは…桃太郎、よくご存じ」「角の鬼にキジが飛び込む」…。

 それでは北海道大会です。○×クイズが終わって、舞台は福永アナと入れ替わります。そして第一声は「蝶ネクタイの落とし物が届いています」。次に、てぬぐいの落とし物を紹介します。そして、生徒手帳の落とし物。さらに、昨年の代表チームが先ほど福永アナと撮った写真を落としています。落とし物の連絡をする予選はたまにありますが、こんなに続けるのは初めてです。それも地元アナウンサーがメインステージで。落とし物の連絡、まだ終わらないのです。携帯電話2個。そして日焼け止め。福永アナが「オレが塗っちゃうぞ」と言うと会場から「頭に」という声が起こります。次に鏡の落とし物を出すと「頭を写せ」。そしてメガネの落とし物です。
 敗者復活の持ち物検査ができなくなった札幌テレビは、昨年は抽選会代わりに持ち物検査をやっていましたが、どんなことをしてでも、持ち物の名前をいっぱい言わないと気が済まないのか! そういえば、続いて行われた抽選会を収録しています。抽選会でテレビカメラが回っているのは史上初です。

 一番乗りのチームに番組特製タオルが当たりました。昨年から番組グッズは市販しないようになったので、我々には手に入らなくなりました。鈴木アナが出てきてサイン入りスタッフTシャツのジャンケン大会です。ここで、事情がよくわかっていないおじさんが紛れ込んでいて排除されました。福永アナが「ラルフ今、AAAって書いてる?」。勝者が1人に絞られず、最初からやり直しになります。どうも、AAAの準備ができていないから引っ張れという合図がきているらしい。

 この後、舞台が危険な揺れ方をします。それは次回。

|

« 26回北海道大会(その4) | トップページ | 26回北海道大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/11485771

この記事へのトラックバック一覧です: 26回北海道大会(その5):

« 26回北海道大会(その4) | トップページ | 26回北海道大会(その6) »