« 26回関東大会(その7) | トップページ | 26回関東大会(その8) »

2006年7月12日 (水)

愛想をつかされる話

 この文章は、投稿の指定期日を7月12日として、7月11日中に送信しています。実際に掲載されるのは7月13日以降になるわけですが、@niftyは7月13日からココログが使えるようにシステムを改修できるのでしょうか。私がプロバイダーとして@niftyを使っているのは、パソコンでコミュニケーションすることのパイオニアであり、私が2400bpsのモデムでフォーラムに書いていたころからのつき合いで、ついでにいえば最も倒産する可能性が少なそうだからです。しかし相次ぐブログの不調で評判を落としましたね。

 今年の@nifty BBフェスタは、東京会場が関東大会の前日で、大阪会場が近畿大会の前日です。7月1日に東京会場に行ってきましたが、恒例の眞鍋かをりトークショーは、真ん中の10分ぐらいが@nifty自身の宣伝に費やされていて、昨年より内容がないと感じました。

 それでは、本来はまだ先に書くことでしたが、高知県のことについてお答えします。当ブログでは、22回中国大会のリポートはまだ書いていませんでしたっけ。○×クイズを通過するのが8チームだが、島根県は8チームしか参加していなかったというのです。今回、これを上回ることが起きたわけです。
 1問目の正解発表があって、敗者復活戦もやることになったところで、愛媛県の正解が6チーム、高知県が5チームと発表されます。その後で、○×クイズを通過できるのは各県8チームと言います。この順番で発表するのは史上初です。
 次の2問目はほとんどのチームが正解でした。したがって勝ち抜けチームは出ません。ところが、その後で何の説明もなく、高知の横断幕が撤去されたのです。おそらく、1問目が終わった時点で高知の不正解者を数えたら、正解側と合わせても8チームに達しないと気づいたのでしょう。
 そして次のクイズが始まると、8チームの席のところに高知は6チームしかいません。つまり高知はもともと6チームしか参加していなくて、何もしなくても○×クイズ通過だったのです。参加チーム数が○×の通過枠より少ないというのはもちろん史上初です。他の県は8チームでクイズをやっているのに、高知だけ最初から空席があるのですから、これは放送上ごまかせません。
 公式ページの掲示板に「なんで最も大きい模試の日に四国岡山大会をするんですか」と書いていたのも高知の人でしたっけ。その影響が出たということです。今後の予選はどうでしょうか。北陸大会を新潟市でやり続けるという理解しがたい行為によって、福井県の参加者がどこまで減るか。

|

« 26回関東大会(その7) | トップページ | 26回関東大会(その8) »

コメント

早速、状況を教えていただき、ありがとうございました。
今回は、何事もなく全6チームが次のクイズに進出したことになってますが、前回(22回中国・島根県)は、「参加全チーム勝ち抜け!」というコメントとかはあったのでしょうか?今回のように何事もなく進行していたりして.....。
でも、NTVの高校生クイズのHPの写真(四国岡山大会のところ)をみると、高知の横断幕の下にも他の県と同じくらいの高校生を配置して、うまく演出していますね(多分第1問の前)。
さすがに、次のクイズに空席があっては、ごまかせなかったみたいですが。
その写真を見る限り、昨年の北陸(うわさでは約400名参加と聞いています)よりも参加者が少ないようですが、実際は会場で発表があったのでしょうか(見た感じでは5県で100チーム300名くらいかも.....)?
来週の福井、石川、あと南九州の宮崎あたりは、今回のようなケースも最悪考えられますね.....。
関東大会のレポート中、いろいろ口を挟んでしまい、すいませんでした。

投稿: 四国岡山大会不参加者 | 2006年7月13日 (木) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/10893487

この記事へのトラックバック一覧です: 愛想をつかされる話 :

« 26回関東大会(その7) | トップページ | 26回関東大会(その8) »