« あなたの声に応える? | トップページ | いろいろな返事 »

2006年7月 5日 (水)

26回関東大会(その2)

 先日、公式ページの「大会一覧」から北海道大会の会場名が削除されて、すぐにモエレ沼公園の記述が復活しましたね。あれは何だったのでしょうか。今後、事件の影響で、決まった会場が変わるということはあり得るのでしょうか。ところで、頭の悪い発言が連発されている公式ページの掲示板ですが(違う学校でチームを組んでもいいのかとか、一芸予選はないのかとか)、こんな書き込みがありました。

----(ここから)----

福岡高校の方で、北陸に申し込んでいる方を見ました。その地方の大会にしか出れないので申し込みし直した方がいいと思います。今からなら多分まにあうかと

----(ここまで)----

 この人がどういう状況で、よその高校の人が申し込んでいるのを見たのかわかりませんが、富山県に福岡高校があるんですけど。

 それでは関東大会の続きです。10時20分すぎに鈴木アナが登場します。が、その前にいる高校生の数は少ない。第1問発表のシーンとは思えません。「日本テレビのちょい悪オヤジ代表、ラルフ鈴木です」。ひとしきりワールドカップの話をしてから、「日本代表になって世界を目指すぞ」。そして10時30分ごろに第1問が発表されます。
 久々のストレートな計算問題です。FIFAワールドカップの優勝国に贈られるワールドカップそのものについてです。8年前の大会のときにも、これについての計算問題が第2問で出ていたな。そして神宮球場にも関係あります。今になって計算問題が帰ってきたのは、参加者があまりに少なそうなので、グラウンドにたくさん残ってもらいたいからだろうか。あるいは、本格的難問クイズで選ばれそうな米韓代表と対戦するのに、勘で残ったチームでは都合が悪いから?

 最初はどうなることかと思いましたが、11時を過ぎたらさすがに混んできました。11時20分ごろから雨が降り出します。すると急に高校生が入口へ動き始めました。11時40分ごろになって、例年のように、偉いスタッフが、さっさと入場しろと促します。「来年から、もっと早く応募してください!」どうやら、私がここに書いたことと関係あるかどうかわかりませんが、本当に直前になって応募した人が大量にいるようです。参加申込書をその場で書く窓口が3カ所も設けられています。

 ここからは、球場内から漏れてくる音声を聞くことになりますが、日本テレビ側と思われる人が、変わった話をしています。それについては次回。

|

« あなたの声に応える? | トップページ | いろいろな返事 »

コメント

この九州の方の書きこみから二十数件ほど前に
(元になったと思われる)福岡高校の方が北陸大会に申し込んだことについての
書き込みがありましたが、
県名が無かったので単純な勘違いだと思います。
20回で優勝した川越高校も、埼玉県立でなく三重県立でした。私も放送を見るまで知りませんでした。

ちなみに私の母校と同じ名前の高校が、
確認できただけでも他に4校(それも4校とも別々の県に)あります。

投稿: のま166 | 2006年7月 5日 (水) 01時10分

始めまして、いつも楽しく見させていただいております。
 所で、この日の記事で紹介している富山の福岡高校は本日、高校野球の富山県代表になったみたいです。
その情報を知った瞬間この記事を思い出して書き込んでみました。

投稿: 田 | 2006年7月28日 (金) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/10791520

この記事へのトラックバック一覧です: 26回関東大会(その2):

« あなたの声に応える? | トップページ | いろいろな返事 »