« いろいろ細かい話 | トップページ | 直前の申し込み »

2006年6月24日 (土)

19回近畿大会(その7)

 当ブログのアクセス解析を見ると、午前4時台と5時台がアクセス0になることが多いですが、本日はこの時間帯にも結構アクセスがあります。昨夜はブラジル戦のために起きていたということですね。

 それでは、19回の近畿大会の話を完結させておかないと、ずっと書けなくなるかもしれないので載せます。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

全部の府県の決勝進出チームが決まったところで、即座に会場を離れます。急いで
新今宮駅から大阪環状線に乗らなければなりません。時間との勝負です。ちょうど
「大和路快速」が来たので西九条に早く着けます。決勝の会場が大阪湾に面した
ところと予想していたのは書きました。しかし大阪南港で使えるところは一通り
つぶしてしまったので、今度はもっと北の方でやるのではないかと思っていました。
そしたら決勝会場は北港ヨットハーバーだということがわかりました。でもどう
やって行けばいいのかわかりません。私のカンで、西九条駅から市バスが走っている
のではないかと判断しました。西九条駅で急いで改札の外に出てバス乗り場を探す
と、まさに北港ヨットハーバー行きがあって、しかもちょうどそのバスがやって
きました。

すでに18時を回って、日が沈もうというところです。バスから降りて、海のある
方に向かって広場を走ると、収録現場が見えてきました。もう収録が始まって
います。異例の素早さです。今回はそれほどあわてなくてもスタッフも高校生も
帰れると思いますが。音が聞こえるところまで来たら、まさに各チームの紹介が
終わってクイズが始まるところでした。ルールが説明されます。全体への早押しで
1問正解すると、通過席に来ることができます。ここで通過席には3人、阻止席に
は同じ府県の相手チームのうちの1人がついて早押しの対決をします。通過側が
勝てば全国大会進出です。おいおい、近畿の決勝は4年連続で同じルールか。16回
でセットが壊れたために急遽行われたクイズを、ずっと引きずっています。私はこの
ルールは好きじゃないんだけど(なんで全体早押しに1問正解しただけで、そんなに
圧倒的に有利な立場になれるんだ)。決勝より準決勝に明らかに力が入っているの
も、近畿大会の特徴です(他の予選でもたまにはあるが、11回の中国など、ごく
少ない)。しかし、今年は少しルールが変わっていました。これまで通過クイズは1
問勝負でしたが、今回は3人対相手チームの1人ずつという対戦を3回やって、2
ポイントとった方が勝ちです。しかしこれだと通過側にさらに有利になると思い
ます。阻止側が最もできのいい人に頼るということができなくなりますし、一発勝負
でなくなると余計1人の側は勝ちにくくなります。結果としては、問題単位で阻止側
がとったことはありましたが、通過席に立ったチームが全国大会進出を決められずに
全体の解答席に戻るということは一度もありませんでした。これはつまらん。

もう真っ暗です。海の向こうに見事な夜景が広がっています。ここが私にとって、
今年の高校生クイズのゴールになるのか。それともまだ続きがあるのか。全国大会に
合わせて夏休みをとって、2日後から再びクイズ会場を探します。全国大会について
は、見る手法が確立しておらず、「運」にしか頼れません。しかし結果としては、
高校生クイズのストーカーを16年やっていて初めての、何の根拠もなく行ってみた
場所で収録をやっていたという体験をしました。そこから芋づる式に、決勝まで見る
ことができました。

−−−−(ここまで)−−−−

 この予選は19回の最後でした。全国大会1日目は石原慎太郎が出るとつかんでいたのに、どこでやるかわかりませんでした。2日目は、とりあえず「ゆりかもめ」に載って車窓を見ていたら日本テレビの中継車を発見して、潮風公園にセットを見つけたのでした。
 会場が見つけられなかった1日目は動けないほど疲れたのに、2日目は朝から深夜まで移動しながら立ちっぱなしでクイズを見ていたのに全く疲れませんでした。疲労がいかに精神的なものであるかがわかりました。

|

« いろいろ細かい話 | トップページ | 直前の申し込み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/10647336

この記事へのトラックバック一覧です: 19回近畿大会(その7):

« いろいろ細かい話 | トップページ | 直前の申し込み »