« 消えた会場と消える?番組 | トップページ | 売れない話 »

2006年6月 6日 (火)

19回近畿大会(その4)

 広島市民球場のホームページを見ると、使用の申し込みは2カ月前の同じ日からで、しかも同じ日時に複数の申し込みが重なった場合、抽選で決めるとなっています。つまり、現在、広島市民球場を借りられるかどうかわからないのに誤って発表したということではないでしょうか。どちらにしろ、現時点でホームページに会場を広島市民球場と書くのは間違っていると思います。

 それでは19回近畿の続きです。2回分にまたがっていた文章をまとめて載せています。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

次のクイズ会場は、千里セルシーというところです。これは千里中央駅の上に設け
られたショッピングセンターです。初めてここに来たとき、なんかホワイトハウスに
囲まれているようでテレビの収録向きのように思ったのですが、まさか本当にここで
高校生クイズをやるとは思いませんでした。周囲をショッピングセンターの建物に
囲まれた中央広場のようなところの舞台が次の会場です。まずは高校生が観客席に
座らされました。中本アナが舞台上の司会席に立ちます(三浦アナはいない)。上の
階からのぞいていたら、舞台の脇に、漫才のB&BのTシャツを着た人がいます。
よくあんな古い服を残してあったな。今ごろなんであんなものを着ようと思ったの
だろう、と考えていたら、それは本物のB&Bなのでした。舞台に上がって、何の
ためにやっているのかわからない漫才が始まりました。「もみじまんじゅう」は高校
生にもわかるようでウケていましたが、「めちゃめちゃ陰気やでぇ」には全く反応が
ありませんでした。

さて、千里中央でのB&Bの漫才が終わって、ようやくクイズです。そのルールは、
古今のお笑いタレントのギャグが書かれたボードがあります。その中の一部が空白に
なっているので(例えば「すんま[  ]−−アニマル梯団」のように)ここを
埋める言葉が書かれたボールを探して、ボードとともに舞台に持って行きます。
ギャグが正しければ通過問題が出されて、正解すれば勝ち抜けです。ところでボール
がどこにあるのかというと、「後ろを見ろ!」。上の階から階段を大量のボールが
転がされます。これ、読売テレビの好きな演出です。他の地区では全く見られない
近畿大会の特徴は、こういう一般客の大量にいるショッピング街(屋内のことも)を
無理やりクイズ会場にしてこのような演出をやることです。

それにしても、近畿大会を大阪府でやる場合、このように露骨に、よそから見た大阪
のイメージを極端に強調したクイズをやります(実は近畿大会を本格的に大阪府で
やるようになったのは、なんと13回が初めて)。お笑いタレントのギャグというの
は無理がありすぎないか? ギャグで間違えたのは「あっと驚く」に「タメジロー」
とかいうボールを持ってきたチームだけでした。各府県3チームが決まったところで
私は急いで地下鉄のホームに向かいます。

−−−−(ここまで)−−−−

 三浦アナは敗者復活戦をやっています。
 13回では、ビル屋内の1階ホールに、階段からたくさんの巨大ボールが転がってきたのでした。

|

« 消えた会場と消える?番組 | トップページ | 売れない話 »

コメント

僕もこのクイズは現場にいましたが、
最近のギャグだけでなく、
明らかに当時の高校生が生まれる前のギャグも
すらすら答えていたのには驚きました。

今を思うと、15回で使っていた
「ゴムパッチン」のペーパー結果発表は
近畿でやればそれなりに受けたような気がします。
九州と中国でやったそうですが、
まるで受けずに福澤アナがショックを受けていたのは
15回の本にも書いてありました。

投稿: はらけん | 2006年6月 6日 (火) 02時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/10410514

この記事へのトラックバック一覧です: 19回近畿大会(その4):

« 消えた会場と消える?番組 | トップページ | 売れない話 »