« 出題ミス | トップページ | 第1回ウルトラを見た(その2) »

2006年5月 1日 (月)

第1回ウルトラを見た(その1)

 訂正です。以前、福澤朗のラジオ番組についての記事のことを書きましたが、そのタイトルは「福澤朗ラヂオ☆スター」でした(ジではなくヂ)。なお、4月から4時間の2部構成ワイド番組になっています。

 さて、私のところに突然、初期のウルトラクイズのDVDが届きました。クイズ構成作家の道に入った知人からです。1年以上前に、3回の高校生クイズの画像が悪いのでDVDにダビングしてくれと言われて送った(さらに、高校生クイズの歴代の参加規定書も)ののお返しのようです。
 私がアメリカ横断ウルトラクイズを知ったのは、書店でウルトラクイズの本を見つけてです。本でウルトラクイズを知るというのは極めて珍しいでしょう。ウルトラクイズの本の1巻は、第4回の放送直前に発売されました。したがって私はウルトラクイズを4回からしか見ていません。しかもこのころは、家の大きいテレビのチャンネル権はなかったので、白黒テレビで見ました。
 初めて第1回のウルトラクイズを見るわけですが、後楽園球場での第1次予選○×クイズは5分。番組タイトルが出る前に終わりました。これでは現在の高校生クイズです。もともとニューヨークまで90分番組1本に入れようとしていたのですから当然です。
 スタジオでは、本土に上陸した10名のうち誰が優勝するかを観客が予想して、当たると10万円を山分けという企画が行われていました。こんなの、どんな総集編でも決して明かされません。しかも、観客に高齢者が非常に多い。今のテレビづくりでは考えられないのではないでしょうか。

 長いので続きは次回。

|

« 出題ミス | トップページ | 第1回ウルトラを見た(その2) »

コメント

・10万円山分け企画:僅かながら触れている写真があります。それは”クイズ王の本”の表紙の第1回優勝者・松尾さんの写真。松尾さんが持っているのし袋は、松尾さんを予想して的中された方々に、松尾さんの手で配るためのものでした。
 余談ですが、1回2週目に限り高島忠夫さんと徳光アナがスタジオ司会で、石川アナが観客席リポートをされてました。

投稿: Y.S.NAVY | 2006年5月 1日 (月) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/9836061

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回ウルトラを見た(その1):

« 出題ミス | トップページ | 第1回ウルトラを見た(その2) »