« 13回四国岡山大会(その4) | トップページ | 昔のホームページ »

2006年5月 6日 (土)

蒸し返す

 考えてみると、当ブログは初期のころと比べて読者が数倍になっているようなので、最初からの文章の流れをみんなわかっているというつもりで不用意に「17回は最低」などと持ち出すと、まずいことになるということですね。「外見で選ばれた」と私が言っていることについても、なんでそんなことを言い切れるんだと思っている人がいるかもしれませんので、楽しい話ではありませんが、改めて17回の運大王についてだけ書かせてもらいます。
 17回の運大王は、決定方法が電気スイッチを使うものであったすべての予選で、予備抽選で残った中で最も外見のいい女子チームが運大王になりました。沖縄では最初にボタンを押した浴衣っぽい衣装の女子チームがいきなり当たり。逆に関東では、20チームぐらい連続してはずれた後、最初から事前番組のカメラが追いかけていたかわいいチームと、フェリスが2チーム連続で当たりでした。なお、フェリスはボタンを押す前にフェリスと名乗っています。中部でも浴衣の女子チームが当たり。これを踏まえて近畿では、どのチームが当たるか予想してみました。女子の中で3人とも顔のレベルが一定以上に達しているのはあのチームと思っていたら、ズバリそのチームが運大王になりました。なお、当時の公式ホームページの予選リポートでは、「端を選んだ読みの勝利」などと書いてありました。
 あなたはこれをどう見ますか。単なる偶然という見方もできますし、私個人の美的感覚の問題という見方もできます。ただ、男子は決して当たっていないのは事実です(17回で、男子が唯一運大王になったのは、裏返しのカードをめくるというルール)。
 以下は、これが偶然でないという仮定の話です。外見のよい女子を選ぶのなら、それは別の企画として番組を作ればいいわけで(そういえば、日本テレビは実際に1回だけ、そういう番組をやりましたね。全国の女子高生を集めて、基本はミスコンだがクイズもやるという。仙台の人が優勝してタレントになったのを覚えています。司会は小倉アナだったような気が)、クイズで公正にチャンピオンを決めると宣言している番組で、視聴率がとれるだろうと外見のよい女子高生を意図的に残すというのは、テレビ制作者が最もやってはいけないことです。前年の猿岩石飛行機問題を引きずっている中で(あれは制作側にはウソをついているという意識はまったくなかったのに、視聴者側のテレビに対する態度が変化していることに気づかなかったのだと思う)。これだけで17回高校生クイズという番組すべてが無価値になるくらい悪質な行為だと思います。
 そういえば、同じ「17回」のウルトラクイズでも、成田で残す人を最初から決めているのではないかと疑いたくなる場面が散見されましたね。あのプロデューサーは後に、視聴率買収という、民放で最大の不正に手を染めたんでしたね。
 最終的に2時間半に編集された全国放送を見ると、そこはプロですからうまく番組としてまとめています。しかしこの回、私の周りのクイズマニアでない人たちで、「今年の高校生クイズは明らかにヤラセなので途中で見るのをやめた」という人が複数いました。自分の周囲にこんなことを言う人がいたのは後にも先にも17回だけです。つまり一般視聴者が見ても、この番組はおかしいというのがわかったのです。この回の他の問題点についてはもう書きませんが、単につまらないとか企画内容がどうというより、テレビ業界の人の志の問題のようなところがあります。

|

« 13回四国岡山大会(その4) | トップページ | 昔のホームページ »

コメント

はじめまして。17回で全国にでた者です。
やはり自分が出た思い出深い回をけなされるのはいい気分じゃないのでコメントさせていただきます。
運大王に関しては、出演当時は正直目障りでした。
正規の代表だった自分たちよりも、運だけで何もしてない運大王たちが目立つ、ということがいやでいやで仕方なかったです。
でも、あれから9年も経ったいま冷静に振り返ると、あんなのもありだったのかなと思います。
言ってみれば運大王はオマケみたいなもので、本選では不正も何もなく、正規の代表たちはみな精一杯フェアな戦いをしました。
おまけの運大王がやらせだったかどうかなんてはっきりいってどうでもいいのです。
他にも番組構成等に不満があるようですが、出演者側にはそれもどうでもいい問題です。
やっぱり自分にとっては17回が最高の回だと思っています。
番組の製作サイドを批判するのは結構ですが、特定の回だけをねちっこく批判するのはやめてほしいです。
もう9年も経っていい大人になりましたが、まだ大人の事情などなにもわかっていない純粋だった頃のいい思い出なんです。あのころの思い出は綺麗なままとっておきたい。
あなたに人の思い出を汚す資格があるんですか?!

投稿: だんご | 2006年5月 6日 (土) 14時03分

・運大王:自分もだんごさん同様17回好きですが、だんごさんほどの情熱はありません。でも、運大王は必要悪的な存在だったと考えています。
 正直初期の高校生クイズの成功の影には”女子高生ブーム”の流れもあったのは、認めたくない人もいるでしょうが紛れもない事実で、もしそれがなかったら最悪の場合管理人様が優勝する前に高校生クイズが終わっていたという自体すらあり得たかもしれません(これはオーバーですが)。
 その流れの中で高校生クイズを”女子高生見たさ”で見ている人も少なからずいるのもまた事実で、運大王は”そういう人たちのための要素”と割り切ってみていました。
 ただ、数年後に芦屋南高校が運ではない形で兵庫県代表になったと知ったときは、妙にジーンときました。こういうところで感動した私もまた高校生クイズファンだな…と締めさせていただきます。

投稿: Y.S.NAVY | 2006年5月13日 (土) 22時20分

確か、17回から2年後の19回でしたよね、芦屋南が実力で全国大会に進出したのは。

その芦屋南ですが、昨年3月に閉校。新しく兵庫県立国際高校という国際科だけの学校に生まれ変わったそうです。

芦屋南は、いかがわしい運だけではなく、きちんと実力で勝って高校生クイズに名を残したので、その点では良かったのかもしれません。

投稿: せつな | 2006年5月14日 (日) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/9918588

この記事へのトラックバック一覧です: 蒸し返す:

« 13回四国岡山大会(その4) | トップページ | 昔のホームページ »