« いろいろな検索 | トップページ | ついに26回の話 »

2006年5月10日 (水)

チキンレース近似値クイズ

 予選日程が全部は決まらなくて、ごく一部だけ発表されましたね。自転車操業状態なのでしょうか。先に書きたいことがあるので分析は次回。

 さて、前回、当ブログの検索のことについて書きました。先ほどのコメントの方も「高校生クイズ 大前」という検索をしたのでしょう(このフレーズの検索がときどきある)。ところで、9日になったら突如、こんな検索フレーズが並びました。

   検索フレーズ     検索数
17回 九州 靴 近似値   2
17回 九州 近似値     2
17回 弘前 神 クイズ   2
17回 九州大会 鳥栖    1
17回 高校生クイズ     1
17回 九州 予選 クイズ  1

 これまでこういう検索があったことはありません。今の私に、そんなに17回高校生クイズのことを書かせたいのか!
 そういえば、17回の「チキンレース近似値クイズ」については一度もちゃんと書いていませんでしたっけ。YES−NOクイズを5問(九州・近畿は6問)終了した時点で5チーム以上残っている県に対して実施されます。長さに関する問題が出て、スタート地点から正解と思う距離のところに、チームリーダーが靴を置きます。正解より内輪で近い順に4チームが準決勝進出です。
 正解をオーバーすると失格なのですが、沖縄大会(ここは決勝進出の5チームを選ぶ)で、全チームが正解をオーバーしたため、YES−NOクイズをやったことが完全に無駄になって、すべての参加チームを対象に敗者復活戦が行われることになったのです。つまり沖縄の決勝進出チームは全部、抽選で選ばれたものです。23回よりひどい。運営に問題があるのは運大王だけではありません。ああ、17回を批判したくて、うずうずする。このため、次の予選からは、内輪のチームが4チームに達しない場合は、残りを、オーバーしたうち近い方のチームから選ぶことになりました。
 また、うまくいかなかったからか、関東など一部の地区ではこのクイズが行われず、三択になっていました。実際、近畿の番組では、「長さに関するクイズで4チームになった」というナレーションだけで、クイズの内容はまったく放送されませんでした。
 なお、YES−NOクイズで3チーム以下の場合は、敗者から抽選で1チームを選んで一問一答のクイズを出して、正解なら準決勝進出というのを、合計4チームになるまで繰り返します(上の沖縄も同じ)。

|

« いろいろな検索 | トップページ | ついに26回の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/9997603

この記事へのトラックバック一覧です: チキンレース近似値クイズ:

» 高クイ公式サイト [QC-BLOG]
が更新された。文言からして今年も県別代表制は維持するようだ。 今回の目玉は離島の高校生を対象とした「『島』特別大会」。 3・5回の特別ブロックのコンセプトで、5回の全国大会1回戦 でやった「猫の手も借りたい宅Q便ペーパークイズ」を再現 すると見た。... [続きを読む]

受信: 2006年5月10日 (水) 02時23分

« いろいろな検索 | トップページ | ついに26回の話 »