« 日本人の質問(その18) | トップページ | 19回近畿大会(その1) »

2006年5月17日 (水)

トイレで勝負

 さっき「クイズ日本の顔」を見ていました。三國清三シェフが10代に帝国ホテルで働いていたとき、650人の料理人の中で村上信夫総料理長にアピールするために、彼がトイレに行くタイミングを調べて、必ず隣で用を足したそうです。
 これで思い出した話があります。福留功男は学生時代、日本テレビでアルバイトしていたそうですが、日本テレビの記者の入社試験で英語に自信がない。そこで、英語の問題を作る外信部長(だったと思う)がトイレに行って個室に入るたびに、外から「英語のヒント教えてくれませんかねえ」と言い続けたそうです。一番いやなときに拷問のようなことをされてるわけで、ついに「アメリカ独立宣言を読め」とか言ったそうです(実際に出題された)。もっともらしくニュースやドキュメンタリーをやっていても、昔はそんなことをしてるんじゃないか。これは、かつて読売テレビが制作していた「スター爆笑Q&A」で本人が言っていたものです。

|

« 日本人の質問(その18) | トップページ | 19回近畿大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/10104990

この記事へのトラックバック一覧です: トイレで勝負:

« 日本人の質問(その18) | トップページ | 19回近畿大会(その1) »