« こんなブロック分け | トップページ | どうでもいい話 »

2006年5月21日 (日)

シオドメ横断ウルトラクイズ

 事前番組が放送された影響か、アクセスがここ数日の平均の倍ぐらいの伸びを示していますが、私は次の週末あたりまで、事前番組については書けませんよ。
 前回のトラックバックの方は石川県出身なんでしょうね。予選会場に行きやすくするために東北と九州を分割しているくせに、今年も北陸の新潟開催は改められませんでした。18回を最後に富山に戻っていません。各地からの交通を考えると、北東北は青森、南九州は鹿児島の方がよかったような気がします。でも最終的には地元局の制作能力の問題で場所が決まります。

 さて、2003年に日本テレビ新社屋で開催された「シオドメ横断ウルトラクイズ」について書いた文章を発見しましたので載せます。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

日本テレビが新社屋を記念して「シオドメ横断ウルトラクイズ」というのをやると
聞きました。それで、ホームページを見て応募しました。私が参加したのは8月21
日でしたが、1問目で落ちました。1問目で落ちてこういうことを書くのは、ただの
負け惜しみのようなのですが、○×クイズの問題はひどかった。例えば「汐留
らーめんは、開店初日は1100杯以上売れた」(正解は×)。企画の性質上、
高校生クイズのようなちゃんとした○×クイズが出ることは望むべくもありません
が、百歩譲っても、この問題は「1000杯以上売れた」で正解は○でしょう。
1100杯って何だ。こういうくだらない問題が延々と続きますので、絶対に勝ち
残れません。むしろ、敗者復活戦が惜しかった。途中、人の動きに阻まれて自分の
思うエリアに移動できなかった場面があったのですが、制限時間後にロープを乗り
越えて移動を強行しました。もしここで無理をせず神の意志に従っていれば、敗者
復活戦の成績がトップになってウルトラハットをかぶれていたところでした。それに
しても、ウルトラハットの魔力はそこまでのものなのかと思ったのが、○×で勝ち
残った人の中に、これに出るために、今日付けで東証1部上場の超有名企業(私の
会社の隣に本社がある)を退職したという人がいたのです。アメリカ横断なら
ともかく、シオドメ横断に出るために会社を辞めるか? ○×で残った4人の中に
関東の人は1人しかいなくて、金沢の高校のクラブの顧問なのに試合に同行せずに
ここに来ている人がいたりしたのは驚きでした。一方、決勝の早押しクイズの問題は
大半がアメリカ横断の過去問なので、「オフコースの」と聞いただけでボタンを
押して「もう終わりだね」と答えて、何も知らない人から驚かれている人がいたり
しました。あと、司会者がアメリカ横断について、ギネスブックに2項目で載って
いると紹介していました。「最も参加者の多いクイズ番組」と「最も金のかかった
クイズ番組」です。前者は、かつては高校生クイズが載っていましたが、最近の版
で、なぜか明らかに参加者の少ないウルトラクイズに差し替えられています。日本
テレビは、自局を代表する番組はウルトラクイズであって高校生クイズではないと
考えているのでしょうか。そのため事実を曲げた申請をする。高校生クイズが局内で
どのようにとらえられているかがわかる話です。

−−−−(ここまで)−−−−

 「オフコースの」で「もう終わりだね」は、11回の久伊豆神社での第2次予選のときに出た問題ですね。
 ギネスブックに高校生クイズが載っていた時代も、それは「第1回高校生クイズ」であって、しかも英語から逆に訳したためか、「全日本高等学校クイズ選手権」となっていたように思います。実際には第6回高校生クイズが真の世界最大のクイズ番組でしょう。それがなぜウルトラクイズに変わったのかはわかりません。
 それにしても、丸紅を辞めてきた参加者を見た司会の某アナウンサーは、「こんなことのためにこんな仕事から去るなんて」と思っていたでしょうね。その言葉が3年後に自分に向けられるとは。

|

« こんなブロック分け | トップページ | どうでもいい話 »

コメント

地元の制作能力というより、交通の利便性だと思います。
北東北は、東北新幹線が八戸までつながっても
今まで通り盛岡が北東北のターミナルですし
(はやては、盛岡以南はあまり停車しない。また秋田新幹線は盛岡ではやて等と連結する)
また津軽地方(弘前・青森)や大館地方は高速バスという手もありますからねぇ。

南九州の方は、宮崎はともかく…延岡辺りは苦しいのでは。

投稿: せつな | 2006年5月22日 (月) 17時26分

やばいやばい、名前書くのを忘れてた。

南九州の場合、熊本が昔の九州地方の中心地だったことも挙げられます。NHKの放送局は福岡より熊本が先に作られていたし。

延岡や宮崎からの熊本へのアクセスですが、宮崎交通のバスでそういう便がありました。

投稿: せつな | 2006年5月22日 (月) 17時34分

・シオドメウルトラ:私も2回参加しました。
 8/17は最も豪勢で、司会に小倉アナが出た上、5回ウルトラで活躍した落合さん・17回ウルトラでNYまで行った市岡さんなども出てました。15回優勝の能勢さんは大きく扱われ、○×勝者の移動中に、司会の小倉アナとプチトークショーもしていました(賞品で能勢さんがもらったデンバーの温泉の話などで、ウルトラクイズファンなら自由に入っていいそうです)。また、その日のファイナリストには13回ウルトラ機内クイズで負けた元東大クイズ研の女性の方もいました。
 8/20は問題数も少なくあっさりと決まった感がありました。しかし、ウルトラハットを被って記念撮影もできたりと、今でもこれが人生最大のプレゼントだと思ってます。その時の写真が、今の私の携帯待ち受け画面です。
 余談ですが、その日某企業を退社したのは、8/17に知り合った私のWEB知人で、シオドメウルトラがきっかけだったようです。

投稿: Y.S.NAVY | 2006年5月23日 (火) 22時03分

2006.5.23のY.S.NAVYさんへ
第1回高校生クイズや第13回ウルトラクイズやシオドメ横断ウルトラクイズに出た記憶がだいぶ薄れていた私です。
が、♪夏が来~れば思い出す~じゃないけど、時々クイズのことは思い出します。
また何か情報が入ったら教えて下さい。

8.26土に「女だらけのクイズ大会」第10回が東京都渋谷区で開催される予定です。
女性は誰でも参加OK。男性は観覧のみ。
第15回ウルトラクイズチャンピオンの能勢一幸さんが加盟するクイズサークル主催で、10年続いています。
詳しくは下記参照。 http://onnadarake.blog60.fc2.com/

第13回アメリカ横断ウルトラクイズ機内落&
東大クイズ研OG
現在6つ目の勤務校にて、女子高生にクイズを通じた数学のおもしろさを指導中。

投稿: 蓮軽 | 2006年7月18日 (火) 17時25分

あ~、懐かしいですね。私、初日のクイズランチ部門のチャンピオンです。
東京観光でたまたま行ったら存在を知ったので、二度と被れないであろうウルトラハットを被りたくて参加したんですが、あれよあれよと優勝してしまいました。
ウルトラハットを被れただけでも信じられないのに、早押しで優勝できるとは思いもしませんでした。
ウルトラハットの重さと、早押しボタンの感触は一生忘れないです・・。
しかし、この企画の為に会社を辞めた人がいる事に驚きました・・。本当のウルトラクイウならともかく・・。

投稿: こばさんブラック | 2009年11月27日 (金) 06時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/10162398

この記事へのトラックバック一覧です: シオドメ横断ウルトラクイズ:

« こんなブロック分け | トップページ | どうでもいい話 »