« 参加者の都合 | トップページ | いろいろたまった話 »

2006年5月27日 (土)

事前番組第1弾(その1)

 これを投稿している時点で、公式ホームページでは、南九州大会の会場が七北田公園となっていますが、これは本当はどこの予選なのでしょうか。

 さて、ようやく事前番組を見ました。全体にドキュメンタリー調で、クイズをやっている場面が主体になっています。昨年と同様、今年もちゃんとクイズをやるということのようです。
 オープニングは昨年の決勝。そして昨年の群馬代表を紹介するのに、関東の1問目と決勝、そして全国大会1回戦を流していました。この後、このチームの女子2人が、昨年一緒に出た男子に、今年はメンバーを替えると電話するところを撮影していました。もともとあの男子は、別の人が出られなくなって代役だったらしい。
 次に3地区の第1問を放送した後、島特別大会の紹介になります。壱岐高校の教員に、第4回に出場した人がいました。4回の九州といえば、26回以外で唯一、熊本県民テレビが制作した大会です。この人が落ちた3問目の映像がありました。ちゃんと九州大会の番組を作って、3問目も放送していたんですね。大半の地区で予選の番組が放送されるようになったのは4回からです(中部などは2回からやっている)。このVTRを見ると、現在とは比べ物にならないほど大量の参加者がいたことがわかります(九州は4000チーム台)。
 さらに礼文高校まで取材しています。こんな事前番組のためによくやっていますね。ある生徒の父親が、第1回で「レブン」の人文字を作ったそうです。第1回では司会者が礼文島まで行ったんでしたっけ。「雪の結晶する直前を、準結晶という」(正解はNO)という問題を出していました。でもそれだけです。第1回ではこの学校に何のアドバンテージもなくて、札幌に来いというだけです(同様に八重山商工が福岡に来るのも取材されていたっけ)。

 続きは次回。

|

« 参加者の都合 | トップページ | いろいろたまった話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/10254359

この記事へのトラックバック一覧です: 事前番組第1弾(その1):

« 参加者の都合 | トップページ | いろいろたまった話 »