« トイレで勝負 | トップページ | 19回近畿大会(その2) »

2006年5月18日 (木)

19回近畿大会(その1)

 当ブログの検索フレーズに「日本テレビ 男性アナウンサー 実名」とあります。日本テレビの男性アナウンサーであの年齢の人はおそらく1人しかいないでしょうから、簡単に特定できるのではないでしょうか。私は盗撮容疑の記事を読んで「ラルフの年齢ではないよな」と計算してしまいました。

 それでは、17回の運大王の学校がクイズで代表になったという19回近畿です。私はそんなことを考えたこともありませんでした。17回も19回もビデオを見返していなかったので、運大王はどこか兵庫の学校ぐらいにしか思っていませんでした。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

いよいよ予選の最後・近畿大会です。一昨年に続いて、最後の予選会場が万博公園に
なりました。ここには大阪モノレールで向かうわけですが、千里中央駅の切符売り場
には「高校生クイズは公園東口下車」という張り紙がしてあります。一昨年には存在
しなかった支線が完成して、クイズ会場の広場のすぐ前に駅ができたのでした。
しかし、万博記念公園駅で降りるたくさんの高校生のうち、支線に乗り換える人は
ほとんどいません。みんなここで降りて、正面入口から入っていきます。どうやら
予選通知の地図に、こちらの駅しか書かれていないらしい。大阪モノレールとしては
少しでも遠くまで乗ってもらいたいからわざわざ張り紙をしたんでしょうね。

またしても会場に着いたのがぎりぎりでした。公園東口駅から歩いていくと、舞台の
裏で福澤アナが準備運動しているのが見えました。前説で、全国大会は明日出発と
言っています。バックの大画面には、番組のシンボルマークが映っていますが、その
背景が他の地区のように黒ではなく、CGで波紋のようなデザインが動いています。
読売テレビはこういうところにもいちいち凝る。いよいよ本番が始まりました。会場
一番乗りだったのは東大寺学園だったそうです。その他いろいろなチームが紹介され
ていますが、北千里高校の女子チームについて「ここから見るとスッポンポンにしか
見えないぞ」というと、7千人の参加者が一斉に異常な動きを見せました。

第1問が出ます。前置きの中に「近畿ブロック」という言葉が出てきますが、あまり
近畿とは関係ない問題のような気がします。さすがに近畿は人数が多いので、移動が
制限時間に収まりません(これ以降の問題も)。どうも将棋倒しになりかかったよう
で、福澤アナが「危ない!」と叫んでいます。「もし事故が起こればこの番組は
なくなります」これは冗談ではなくマジです。正解発表は、YESとNOから代表
チームを舞台に上げて、スイッチを入れると、どちらかから水が吹き上がるという
ものです。考えてみると、参加者を舞台に上げて正解発表するのは今年はここだけ
でした。

−−−−(ここまで)−−−−

 番組は低視聴率で終わるかもしれませんが、よく今まで番組が打ち切りになるような事故がありませんでしたね。7回の関東は、的確な判断で惨事が広がるのを食い止めて、ついでに熱中症事件が報道されたことが手伝って過去最高視聴率になりました。あとは司会者が盗撮しないようにするだけです。

|

« トイレで勝負 | トップページ | 19回近畿大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/10119787

この記事へのトラックバック一覧です: 19回近畿大会(その1):

« トイレで勝負 | トップページ | 19回近畿大会(その2) »