« 18回九州のYES−NOクイズ | トップページ | 年末番組の話 »

2006年4月 6日 (木)

19回北陸大会(その7)

 19回北陸の準決勝で、正解のタレントの名前を書いていなくて、今となっては忘れたと書きましたが、その続きを読んだら、私自身がちゃんと書いていました。15回関東で雷で避難したという話にしてもそうですが、私は、自分自身がもう忘れたことを、予想以上に克明に記録していますね。正確な記録を残すことが、いかに大事であるかを痛感しています。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

先週の土曜日の深夜に読売テレビで昨年の高校生クイズの再放送をやっていました。
テレビ欄には「クイズ」としか書いていなくて、何の番組かわからなかったでしょう
が。これはその2週間前の日曜日に日本テレビとあと2局だけで放送されました。
もともとローカル放送で、ネット局で放送したいところがあればどうぞという番組
なので、4局しか流れませんでしたが(その後、別の局での放送も決定)、それに
合わせて、予選日程が関東の他には北陸・九州・近畿しか書いてありませんでした。
関東ローカルの放送ということで、昨年の関東大会の未放送部分を入れていました。
そんなVTRを今年まで残しているとは思いませんでした。昨年の全国放送が済めば
さっさと消去していると思っていたのに。その分、全国大会は結婚式・葬式と決勝
以外ほとんどカットしていたのはいい判断だと思います(もともと放送時間が本放送
より1時間も短い)。また、編集し直したのにともない、わざわざ銀河万丈に
ナレーションをさせていました。なんか「そのお宝とは。見ればわかる!」とか言い
出しそう。そういえば、先日の四国岡山大会の決勝が行われたのと同じ町内で、
「開運!なんでも鑑定団」の出張鑑定が行われていました。1日に2つのテレビ収録
を受け入れる余裕があの町にあるか。

あ、北陸大会のことを書くんだった。雨が降ったりやんだりする中でクイズが行われ
ています。準決勝は連想クイズでした。「タイタニック」という問題で、2人で例
の、へさきでの格好をするのが笑えます。あと「超能力」という問題で「エスパー」
というヒントを出して(この時点で違反でアウト)、「伊東」と答えたり。「写真集
出した。歌も出してる。若い女の、変な…」で「鈴木あみ」を正解してしまうのも
すごい。敗者復活のチームは、1チーム勝ち抜けたところで空席に入ります。この
チームが意外にできがよくて、一時は全チームの中でトップになったのですが、結局
勝つことはできませんでした。

準決勝が終わるとセットがばらされて、そこに決勝のセットが組まれます。この間に
第2回抽選会です。今年の大会では、昨年参加した2、3年生すべてに黄色い
ダイレクトメールが送られていますが、高校生クイズ時計2組のうち1組は、この
黄色いはがきを持っているチームに優先的に当たります。参加者をなんとか増やす
ためにいろいろな方策をほどこしていますね。1年生は来年ダイレクトメールを送る
からまた来いということのようです。それにしても、せっかく賞品がいいのに、
なかなか該当者はいません。新潟県以外のチームに当たることはまず期待でき
ません。

−−−−(ここまで)−−−−

 鈴木亜美は休業する前だったんですね。
 エスパー伊東という名前をこの後聞いたのは、有栖川宮事件で結婚式に出席していたときだけです。

|

« 18回九州のYES−NOクイズ | トップページ | 年末番組の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/9449986

この記事へのトラックバック一覧です: 19回北陸大会(その7):

« 18回九州のYES−NOクイズ | トップページ | 年末番組の話 »