« 19回北陸大会(その6) | トップページ | 19回北陸大会(その7) »

2006年4月 5日 (水)

18回九州のYES−NOクイズ

 珍しくトラックバックがついていると思ったら、道蔦クイズ王ブログができたんですね。私もああいう仕事をやってみたい。
 それでは久しぶりにYES−NOクイズの問題です。今回は18回九州です。

−−−−(ここから)−−−−

NO.1 Jリーグ16チームのホームスタジアム。このスタンドの収容人数の合計は、
     九州の高校生530327人すべてを収容できる。(ただしマリノスと
     フリューゲルスは同じスタジアムを2度カウントする)
NO.2 サッカーワールドカップで試合前に行うコイントス。そのコインは、開催国の
     硬貨を使うと決められている。
NO.3 主要国首脳会議・サミットに出席する代表は、その国の首相または大統領のみと
     決められている。
NO.4 日本全国47都道府県すべてに、天然の温泉が1カ所はある。
NO.5 7桁の郵便番号。777−7777のように、1つの数字が7つ並ぶ地域も
     ある。
NO.6 トイレットペーパーの横幅は、手のひらの幅を基準にして作られた。
NO.7 生まれた川に戻る習性のあるサケ。稚魚のまま海に出られなかった場合、その
     サケは川魚として一生を過ごす。

解答
NO.1 YES
     スタジアムの収容人数の合計は562696人。
NO.2 NO
     特に決まっていないので、審判によっては別のコインを使っているものと
     思われる。
NO.3 NO
     サミット自体、非公式な会議なので、そのような厳しい規定はない。大蔵大臣や
     EUの議長などが参加し、開催国の意向で、会議によって、首相だけが出席
     したり、それ以外も出席することもある。
NO.4 YES
     温泉の基準は水温が25度以上あり都道府県が決めたもの。沖縄県にも温泉は
     ある。
NO.5 NO
     7以外のどの数字に対しても、該当する地域は1つもない。
NO.6 NO
     アメリカから日本に入ってきたときの幅は114mm。そのときの機械の都合で
     一番生産性のよかった幅になった。
NO.7 YES
     エサの状態によって川や湖で一生を過ごすことがある。例えばベニザケはその
     場合ヒメマスになる。

−−−−(ここまで)−−−−

 この回も、参加チーム数を記録していました。

宮崎42、大分85、長崎101、鹿児島109、佐賀137、熊本142、福岡508

 ちゃんとYES−NOクイズが成立する数になっていますね。

|

« 19回北陸大会(その6) | トップページ | 19回北陸大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/9433558

この記事へのトラックバック一覧です: 18回九州のYES−NOクイズ:

« 19回北陸大会(その6) | トップページ | 19回北陸大会(その7) »