« 13回四国岡山大会(その1) | トップページ | フットスイッチとパトライト »

2006年4月26日 (水)

13回四国岡山大会(その2)

 「ためしてガッテン」の再放送を見ていたら、ゲストが「ガッテン」と押すボタンがアップになりました。あれも高校生クイズボタンなんですね。そういえば、私自身が全国大会に出たとき、収録のない日に、NHKのスタジオパーク(という名前は当時はついていなかった)に行きました。そこにあった何かのマシンに、高校生クイズボタンが使われていました。これが、私が高校生クイズのセット以外で初めて見たあのボタンです。
 それでは13回四国の続きです。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

早くわかってしまったので、会場の周辺を散歩に行く。すると、ある神社の
境内に、ビニールシートのかかった木組みがある。中をのぞくと
巨大な絵馬に「ペーパークイズ敗者」と書いてあった。
ドンデン返し関係か。
予想される企画:
あの上に紙を張って、そこに学校名を書いておく。
その上からビニールシートをかぶせる。各県8チームがここに参拝に来る。
「それではいよいよここで、ペーパークイズの結果発表を行います
君たちの左手前方にあるこの絵馬。かかっている覆いをはずすと、
いくつかの学校名だけが書いてあります。果たして君の学校名は出ているか。
さあ、本殿に向かって祈って。いくぞ。結果はこれだ−っ!
名前のあったチームのみ、この絵馬の下へ。残念ながら名前のなかった
チームは、あちら側の係員の方に集まってください。
それでは準決勝に向けて、絵馬の前でカメラに向かって喜びを表すぞ。
せーの、ファイヤ−ッ!」
パサッ
「あーっ、これは何だ? 敗者と書いてある。神のお告げだ。君たちを
これ以上連れていくことはできない。向こうのみんな、君たちが勝者だーっ!」

雲ゆきはずっと怪しかったが、クイズ開始直前からついに雨が激しく降ってきた。
YES−NOクイズ中は傘を使うことができない。レインコートを持っていない
多くの挑戦者はぐっしょり。登場した福澤アナが「ブラジャーが透けるぞーっ!」
などと言っていたが、全然冗談になっていない。風がないだけ、北陸よりはまし
といったところか。

−−−−(ここまで)−−−−

 司会3年目ですでに下ネタモードに入っていたんですね。そういえば「ぴーかんバディ!」の1回目で、発言の過激さを飯島愛に突っ込まれた福澤朗は「日テレではヤバい発言は全部カットされていたから、なんて品行方正なアナウンサーなんだろうと言われていました」。

|

« 13回四国岡山大会(その1) | トップページ | フットスイッチとパトライト »

コメント

高校生クイズで使われている早押しボタンは、「フットスイッチ」ですね。
もともとは足で機器をオンオフするためのスイッチです。
秋葉原などで普通に買えますよ。1800円くらいだったかな。コレクションに加えてみてはいかがでしょう。
http://www.kdengyo.co.jp/product/foot/foot.htm

投稿: rcute | 2006年4月26日 (水) 12時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/9767290

この記事へのトラックバック一覧です: 13回四国岡山大会(その2):

« 13回四国岡山大会(その1) | トップページ | フットスイッチとパトライト »