« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

出題ミス

 ブログのデザインを変えたのは、急に表示がおかしくなったからです。別のブログでも、文章の量があるところを超えてから、急に今回と同じ現象が出たことがあります。

 さて、さっきの「IQサプリ」はまた、当ブログに書けといわんばかりの演出をやっていましたね。もう書きたくないけど書くと、「モノサプリ」のコーナーで、5分以内にすべての出演者が正解できると、全員にハワイ旅行をプレゼントするというのです。そもそも今回は番組全編にウルトラクイズのテーマ曲がかかっていたのですが、1人正解するごとに、ウルトラクイズの勝ち抜けの音楽が流れます。

 前回書いた本の中で、「かつて君が代には2番の歌詞があった」という問題があります。その正解は○になっています。しかしウルトラクイズの本では、君が代には2番があるという問題が×になっています。まだ逸見政孝が生きていたころ、日本テレビが元日にやった番組で、クイズのコーナーがありました。そこで出る問題は、ウルトラクイズの本からそのままとっているだけなのですが、この君が代の問題だけ、正解が○になっていました。つまり、ウルトラクイズで出してから、答えが違っていたことがわかったということですね。
 他にもそういうのはあるようで、私が何かの本で読んだところでは、「ゾウの鼻には骨がない」(正解は○)という問題で落ちた動物の専門家が、鼻の付け根のところに骨のようなものがあると抗議して、提訴するとか言って大変だったようです。
 そういえば以前、「クイズ$ミリオネア」が出題ミスだとしてフジテレビを訴えた人はどうなったんでしょうね。おそらくいつの間にか和解して、どこのマスコミも裁判の結果に気づいていないのではないかと思うのですが。
 高校生クイズで堂々と放送された出題ミスとしては、全国大会の決勝で、正解が「物理変化」という問題で「状態変化」(これも正解)と答えたチームを不正解にした例があります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

こんな本が出た

 明石でジュンク堂書店を見つけて入りました。一応、クイズという棚を見ます。すると「つい誰かに出したくなる○×クイズ777問」(ごま書房)という本がありました。

 著者は「長戸勇人・仲野隆也」となっていますが、それより重要なのは、イラストが山本勇だということです。山本勇といえば、ウルトラクイズと高校生クイズの本のイラストを描き続けてきた人です。そもそもこの出版は、高校生クイズのタイミングを狙ったものでしょうか。
 ○×クイズで、こんなにちゃんとした問題を集めた本は史上初ではないでしょうか。すべての問題に最低4行の解説が載っています。ちなみに34問目、確かに山崎駅はそうですが、実は新所原駅もあります。
 高校生クイズに限らずクイズ番組を極めようという人なら、読むべきでしょう。実際に高校生クイズに出た問題もたくさん載っています。かつて読売テレビの高校生クイズホームページに「高校生クイズ虎の穴」として載せた「毎日新聞の題字は、みどりの日には緑になる」というのも載っています。これから朝刊が届けば正解がわかります。それより、私が高校時代に作った問題と相当重なっています。きっと同じような本を読んでテレビを見たのでしょう。
 で、これが次の高校生クイズに出るかというと、きっと問題制作のアルバイトがこの本の問題を提出して、チェックをすり抜けて、あるいは勉強したチームを残すために意図的に出るような気がします。
 ちなみに、全体をざっと読んでみて、私はほとんど間違えませんでした。私が間違えないということは、問題が高校生クイズレベルになっているということです。ひとつだけ気に入らないのが、表紙の「○」が赤で「×」が青になっていることです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

13回四国岡山大会(その3)

 携帯電話の着メロのサイトの曲リストを見ていたら、「アタック25」の最後のVTR問題で流れる曲が「フライト・トゥ・パリ」というタイトルだと知りました。
 それでは13回四国の続きです。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

第1問の正解発表は、YESとNOから1チームずつを選んで、不正解の方は
風船が割れて水をかぶるというものである(こんな天気では、かぶってもどう
ってことないが)。四国ではよくこの企画をやる。どうして、同じ企画を毎回
同じ予選でやるのか。別の予選でやれば、参加者には同じ企画だとバレないのに。

YES−NOクイズは比較的簡単。第1問はもしこちらの答えでなければ出題者の
感覚を疑うし、以降の問題も番組のパターンにのっとっていた。
また、ついに「クイズ日本人の質問」をネタにした問題が出た。私は、必ずこの
番組がYES−NOクイズのネタに使われると思って、昨年末の徳田アナが司会
のときから全部の問題をチェックしていたのだが、今回「日本で最初に作られた
輪ゴムは、お札を束ねるためのものだった」という問題が出た(ちなみにこれは
「TVムック謎学の旅」でもやっていた)。
さらに注目すべきは、福澤アナがついに、YES−NOクイズの出題順序を
入れ換えたということである。12問目に「31番です。YES−NOボックス、
いいですね」という発言。続いて13問目は23番、14問目は15番である。
福留時代にはしょっちゅうあったことだが、こんなことをして何になるのか
私には疑問である。

ペーパークイズは石段で行うつもりだったのではないかと思うが、ひどい雨のため、
隣の体育館のひさしの下で。
私はその間に、準決勝・決勝の会場へ行く方法を考えなければいけない。
実は、敗者がそこへ遊びに行くための無料送迎バスが出ている。
しかし、これ以上恥ずかしい思いをしたくない。
路線バスもあったが、1時間に1本程度で、待っているのがうっとうしい。
3キロちょっとなので、山道を歩いて登っていくことにした。
ペーパークイズの結果発表を見てからだと準決勝に間に合わないだろうから、
見ないで先に出発する。したがって、先ほどの予想の真偽は不明である。

−−−−(ここまで)−−−−

 このころ、風船は四国でばかりやっていたのか。現在はそんなことはありません。ただ、第1問の正解発表で同じ企画を同じ予選でばかりやるというのは変わっていません。
 問題の順番をその場で入れ替えるというのも、たびたびあります。なかなか人数が減らなくて時間がなくなったときとか。福留時代は問題を出す前に「業務連絡。31番」のように言っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

フットスイッチとパトライト

 先ほどの「トリビアの泉」で、児玉清は新人オーディションの水着審査に水着を忘れてパンツで受験したというのをやっていましたが、これってついこの前のNHKの「食彩浪漫」でやっていたネタではないか。私はこのブログのマクラで書こうかずっと迷っていたのです。今回のトリビアでは、児玉清に質問するとアタック25でスルー(高校生クイズでは「キャンセル」)になるときの音が流れて、必ず「その通り」または「それは違う」と答えます。補足トリビアで、児玉清はアタック25の収録中に解答者にあめを配るというのをやっていました。アタック25のVTRが流れたとき、誰か女性出演者が「懐かしー」と言って、ビビる大木が「今もやってる!」と叫んでいました。そういえば今回のトリビアには「東京フレンドパーク2」のパロディーもありましたね。
 さて、高校生クイズのボタンはフットスイッチだというのは聞いたことがあります。コメントのリンクにあるカタログを見て、謎が解けました。10回のウルトラクイズで、このスイッチの青・緑・黄が登場していたのに、それ以外のすべての番組で赤いスイッチしか見ないのはなぜだろうと思っていたら、標準は赤と黒で、青・緑・黄は特注になるんですね。通常は押すボタンはあまり映らないから、わざわざ特注で別の色のを配置する必要はないということでしょう。
 ところで、解答権を示すのにパトライトを使った番組も高校生クイズが初めてだと思います。台本に、一般名詞の回転灯ではなく「パトライト」と書いてあるのを見たことがあります。アメリカ横断ウルトラクイズ クイズ王の本には、光るものだと屋外で解答権が見えないので、物が立ち上がる形にしたと書いてありますが、現在のパトライトなら十分使えるということでしょう。先日、朝日放送の「ムーブ!」の、世界に通用する関西企業のコーナーで株式会社パトライトが取り上げられていたし。よく、ダブルチャンスのクイズで、1番目に押したチームは番組のマークが立ち上がって、2番目のチームはパトライトが回転するというのがありますが、パトライトの方が目立ってしまって、こちらが1番目と勘違いしてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

13回四国岡山大会(その2)

 「ためしてガッテン」の再放送を見ていたら、ゲストが「ガッテン」と押すボタンがアップになりました。あれも高校生クイズボタンなんですね。そういえば、私自身が全国大会に出たとき、収録のない日に、NHKのスタジオパーク(という名前は当時はついていなかった)に行きました。そこにあった何かのマシンに、高校生クイズボタンが使われていました。これが、私が高校生クイズのセット以外で初めて見たあのボタンです。
 それでは13回四国の続きです。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

早くわかってしまったので、会場の周辺を散歩に行く。すると、ある神社の
境内に、ビニールシートのかかった木組みがある。中をのぞくと
巨大な絵馬に「ペーパークイズ敗者」と書いてあった。
ドンデン返し関係か。
予想される企画:
あの上に紙を張って、そこに学校名を書いておく。
その上からビニールシートをかぶせる。各県8チームがここに参拝に来る。
「それではいよいよここで、ペーパークイズの結果発表を行います
君たちの左手前方にあるこの絵馬。かかっている覆いをはずすと、
いくつかの学校名だけが書いてあります。果たして君の学校名は出ているか。
さあ、本殿に向かって祈って。いくぞ。結果はこれだ−っ!
名前のあったチームのみ、この絵馬の下へ。残念ながら名前のなかった
チームは、あちら側の係員の方に集まってください。
それでは準決勝に向けて、絵馬の前でカメラに向かって喜びを表すぞ。
せーの、ファイヤ−ッ!」
パサッ
「あーっ、これは何だ? 敗者と書いてある。神のお告げだ。君たちを
これ以上連れていくことはできない。向こうのみんな、君たちが勝者だーっ!」

雲ゆきはずっと怪しかったが、クイズ開始直前からついに雨が激しく降ってきた。
YES−NOクイズ中は傘を使うことができない。レインコートを持っていない
多くの挑戦者はぐっしょり。登場した福澤アナが「ブラジャーが透けるぞーっ!」
などと言っていたが、全然冗談になっていない。風がないだけ、北陸よりはまし
といったところか。

−−−−(ここまで)−−−−

 司会3年目ですでに下ネタモードに入っていたんですね。そういえば「ぴーかんバディ!」の1回目で、発言の過激さを飯島愛に突っ込まれた福澤朗は「日テレではヤバい発言は全部カットされていたから、なんて品行方正なアナウンサーなんだろうと言われていました」。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

13回四国岡山大会(その1)

 本日の当ブログの検索に「あの人 今村良樹」というのがありました。元ずうとるびの今村良樹が今は何をやっているかということか。それを調べるとき「あの人(は今)」という言葉で検索するのか。
 それでは、さすがにそろそろ過去の予選リポートを載せます。豪雨で司会者がキレた13回四国です。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

坂出に上陸すると、駅のホームをクイズ野郎たちが埋めつくしている。
ここで乗り換えて新居浜に向かう。いつもならまず第1会場の最寄り駅を
探さなければならないのだが、今回は参加規定書にズバリ「新居浜」と
書いてあったのを見た。普通、南海放送のエリアで行われるときは
(実際の会場が愛媛県のどこであろうと)「松山」と書かれるのだが
(それで困るのが近畿大会で、「大阪」と書いてあっても京都や奈良だったり
する)。予選の3か月ぐらい前にすでに開催都市が決まっていたことになる。
西条・今治・北条・松山と使ってしまったから、もう新居浜しかやるところが
ないということか。

新居浜駅から会場へのピストン輸送バスに、高校生にまぎれて乗る。
これが一番恥ずかしい。しかし、会場までの距離や、他の交通機関があるのか
どうかがわからないので仕方ない。最近は、こういうバスを動員する必要が
ある会場をなるべく避けようとしているようだが、なぜか愛媛でやるときは
必ずバスに乗せられる。

やや山の方に入った市民グラウンドが第1会場。山側が石段になっていて、
いかにも制作者が好みそうなところである。
例によって、ある事情により、次の会場はすぐにわかった。最近調子がいい
(わからないときは第1会場が撤収されるころまでわからない)。
3キロぐらいしか離れていない観光施設であった。普通はこういう、
第1会場から近過ぎる観光施設は避けるのであるが。もっとも、地元の人が、
「まあ、新居浜でやるとしたら○○ぐらいしか場所がないからな」と言っていた。

−−−−(ここまで)−−−−

 このころは、参加規定書に愛媛県の都市が載るときは全部「松山」にしてたんですね。忘れてました(同様に岩手県ならすべて「盛岡」)。昨年は「四国中央」でなく「伊予三島」でした。
 あまり近いところで決勝をやらないというのは、確かにそうかもしれません。第1会場から決勝会場まで移動があるのにこのくらいの距離だったのは、7回の近畿とか11回の北海道ぐらいしか思いつきません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

何の情報もない話

 訂正です。前回「日本テレビ以外で初のレギュラー」と書きましたが、ラジオにはレギュラー番組を持っていたんですね。
 ついでに訂正。以前、毎日新聞社の雑学事典シリーズを何冊持っていると書きましたが、さらにもう1冊出てきました。読者には一切関係ないことですが。なお、先日「TVクイズ大研究」をヤフーオークションで落札したことを書きましたが、この前、ヤフーオークションで毎日新聞社の雑学事典シリーズの持っていない本が100円で出ているのを見つけて、あと数時間で終了なのにまったく誰も関心を持っていないようなので、入札しておいたら、終了数分前に110円で取られていたことに後で気づきました。私が当ブログに「毎日新聞社の雑学事典シリーズは高校生クイズに出る」と余計なことを書いたからか。
 ここ2、3日、ケイコ先生の丸刈りで当ブログが何回も検索されています。確かに、ケイコ先生が浪曲師に弟子入りするために丸刈りになったという毎日新聞の記事について書きました(その記事ではその人が「ケイコ先生」であることに言及されておらず、毎日新聞の取材の詰めが甘い)。でも検索した人は、丸刈りになった写真を見たかったようです。毎日新聞に載っていた写真は、髪が伸びてからのものです。
 あと、「超特割青春号」に乗った体験についてときどき検索されています。このバスに2100円で乗った話は、検索した人にも役立っていると思いますよ。JRバス側が、2100円で乗ったヤツは絶対に寝かせないという方針なので、覚悟して乗った方がいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

日本人の質問(その17)

 福澤朗の日本テレビ以外での初のレギュラーである「ぴーかんバディ!」が始まりました。1回目はダイエットです。食べて脂肪を燃焼する常識大逆転とかいうタイトルが表示されて、「脂肪が減りすぎたらごめんなさい」というナレーションが流れると、画面に「スッキリフラワー」が現れます。そして裏番組とまったく同じ声で「スッキリー」。視聴率的には完全に「IQサプリ」を意識してるんですね。客を奪えるでしょうか。
 それでは今回は「クイズ日本人の質問」です。

−−−−(ここから)−−−−

弁当などに、小さな容器に入った醤油がついているが、これはどうやって入れる?
醤油の入ったタンクの中に空の容器を入れてから、タンクの中を真空にすると、容器に醤
油が入る。
背泳ぎの選手は、ターンのときに頭をぶつけない?
壁の5メートル前に、旗があって見えるようになっている。
犬の名前の「ポチ」はなぜついた?
英語の「スポッティー」(まだら模様)とフランス語の「プチ」(小さい)から来たとい
う説がある。
動物病院で犬が手術をして輸血をする必要があるときはどうする?
輸血専門の犬が飼われている。供血犬という。人間でいえばO型の犬。
高圧線の途中についている、小さなものは何?
このおもりがあるために、雪が積もってもねじれを防いで、周り全体に雪がつかないよ
うになっている。
なぜズボンのファスナーを「社会の窓」という?
昭和20年代のラジオ番組のタイトルが、流行語となった。社会の恥ずかしい部分をあば
く番組であったところから、人間の恥ずかしいところを表すのに使われた。

−−−−(ここまで)−−−−

 このころはまだ「社会の窓」のように、視聴者からの質問をそのまま問題にできるのがありました。後期にネタが苦しくなってくると、質問のハガキからかけ離れたことが出題されるようになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

視聴者参加クイズの衰退(その4)

 ウィキペディアで「高校生クイズ」という項目を調べてみたら、武野(名指しはされていない)が工学部卒業と書いてありました。理学部に直しておきました。
 それでは視聴者参加クイズの衰退の最終回です。今回は掲載当時と表現を変えてあります。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

13回のウルトラクイズは、スタッフにとって誤算がありました。
クイズに強い人を残すと言っても、「ウルトラクイズの星飛雄馬」みたいな
人が優勝するとは思っていなかったでしょう。
しかも長戸氏は、ウルトラクイズで好かれるキャラクターの研究までしていた
ために、人気も出ました。
これを見たクイズマニア予備軍たちは、ウルトラクイズで勝つために
最も合理的な生活を送ることにさらに磨きをかけてしまいます。
さらに、ウルトラクイズを研究しつくした彼が
その人気によって本を書く機会を得た上に、文章力がありました。
強いクイズマニアが感覚的にわかっていたことを、
長戸氏は自然言語で表現しました(ただし「TVクイズ大研究」や
「TVクイズで10倍儲ける本」の存在なしにいきなり
「クイズは創造力」を著すことは不可能だったと言っておこう)。
ここまでウルトラクイズに勝つ方法を示されると、
勝ち残れるのは、それに向けてひたすらクイズをやったマニアのみ
ということになってしまいます。
そしてついに東大クイズ研の人が優勝するに及んで、
ウルトラクイズを続行することは不可能になったのです。
ウルトラクイズを愛しすぎる人がいたために、ウルトラクイズがなくなったと
いえるでしょうか。

−−−−(ここまで)−−−−

 私は「TVクイズ大研究」が出たころは小学生で、自分の判断でこの本を買うことができませんでした。昨年、ヤフーオークションで落札したとき、IDが私の名前が類推できるものであるため、知人のクイズマニアから「落札おめでとうございます」というメールがきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

18回近畿のYES−NOクイズ

 以前、北陸の第1問で、日本海はすべての国で日本海と呼ばれているという問題がありました。韓国などでは東海というのですが、今この問題を出したら政治的にまずいでしょうね。あのころは首相が靖国神社へ行っていなかったから竹島も騒ぎにならなかったのか。
 それでは今回は、18回近畿大会の問題です。

−−−−(ここから)−−−−

NO.1 その長さ、全長3991メートル。世界一の長さを誇る吊り橋・明石海峡大橋
     は、姉妹都市と同じように、世界で2番目に長い吊り橋と姉妹橋の関係を
     結んでいる。
NO.2 姫路城の大天守閣の正面は、東向きである。
NO.3 「平和」のピースと「豆」のピース、英語のつづりは同じである。
NO.4 児童福祉法によれば、18歳未満の人はすべて児童である。
NO.5 陸上競技の棒高跳び。踏み切った後、棒をよじ登ってバーをクリアしても
     構わない。
NO.6 宝塚歌劇団では、一度決まった男役・女役は途中から転向することができない。

解答
NO.1 YES
     デンマークのフェン島とシェラトン島を結ぶ2694メートルのグレートベルト
     橋と今年6月に姉妹橋の関係を結んだ。ともに国家的プロジェクトで交通網の
     整備ということで、情報交換のメリットがあると判断した。
NO.2 NO
     入口のある方向が正面で、南を向いている。城下を見渡す意味もある。
NO.3 NO
     平和はpeace、豆はpeas。
NO.4 YES
     第1条・第4条により、児童とは満18歳に満たない者と定められている。
NO.5 NO
NO.6 NO

−−−−(ここまで)−−−−

 5問目に関しては、「トリビアの泉」でやっていたように思います。

 ちなみにこの回の参加チーム数は、
和歌山58、滋賀124、奈良197、京都263、兵庫300、大阪524

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

視聴者参加クイズの衰退(その3)

 映画「シムソンズ」を見ました。大泉洋が予想外にずっと出ていたという話をしている観客がいました。主人公がカーリングを始めて以降全部ですからね。その大泉洋を2000年の時点で知らなかった私。
 それではクイズ番組衰退の続きです。(その1)も(その2)も今だと当たり前過ぎて書く気がしない内容ですが、当時は新鮮だったと思います。クイズを芸とする人を見せるというような話は、私がこの文章を書いたころにはマスコミで取り上げられていなかったように思います。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

私は、ウルトラは10回ぐらいがピークだったのではないかと思っています。
あのあたりの時点で番組として完成してしまって、
制作側としては、何をやっても前よりつまらなくなってしまうという
悩みを抱えていたのではないかと思います。
そういった中でスタッフは毎回、なんとか盛り上げようと、
あるテーマに沿った企画を立てるようになりました。
そして第13回の「クイズに非常に強い人大会」が出てきます。
あのとき勝ち残った人たちは、何も偶然クイズマニアばかりだった
わけではなく、そういう人が選ばれたのです。
これは○×クイズで調整できます。
長戸本に「今回はなぜか全部の問題を誰かが知っているという
素晴らしさ」という表現が出てきたと思いますが、
これは、出題側が、彼らのような人たちが知っていそうな問題ばかりを
出したからに過ぎません。
第1問が、本にちゃんと載っているような問題だったのも、
勝ち抜けが決まるまでの問題数が他の回に比べて異常に多かったのも、
理由はそこに帰着されます。

−−−−(ここまで)−−−−

 ウルトラクイズは出場者に面接があるわけではないので、○×クイズがオーディションになっていたのです。14回はこれとは対照的に、徹底的にクイズの素人だけを本土に残そうとしたため、でっちあげ系の問題を連発して、実際にクイズマニアを全滅させました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

史上最大の敗者復活戦(その12)

 新潟県を含む農政局は、北陸農政局だということがわかりました。高校生クイズの北陸ブロックと同じ範囲です。なお、北海道は「農政局」ではなく、その下の県単位の農政事務所しかありません。また沖縄は沖縄総合事務局農林水産部という、内閣府の組織です。でも札幌と那覇ではちゃんと説明会をやるんですね。
 それでは、最近意味のない文章ばかりが続いていたので、久しぶりに役に立つ「史上最大の敗者復活戦」の問題の続きです。

−−−−(ここから)−−−−

●高尾山薬王院・極楽・地獄座禅右左クイズ
問108 漢字の書き順、よこ一から書くのは右・左どちらの字?
問109 左大臣と右大臣、位が高いのはどっち?
問110 地球は、北極の上から見ると右・左どっち回り?
問111 三段跳び、右足で踏み切ったら次に踏み切るのは右・左どっちの足?

■問108 〜111 の正解
答108 左(「右」は「ノ」から書く。この違いは、文字の成り立ちによる)
答109 左(大臣)(問30にもあったように、古代の日本では左が重んじられていた。
これは、左は太陽を正面にした東方を指すことから、また「ヒ(日)ダ(出)リ(方)」
からきたものと考えられる)
答110 左(回り)
答111 右(足)(三段跳びは、踏切板で第1歩を踏み切った足で第2歩も踏み切り、
反対の足で第3歩の跳躍をする)

−−−−(ここまで)−−−−

 久しぶりに役立つといっても、4問しかありません。最近のここの書き込みとしては異例の短さです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

視聴者参加クイズの衰退(その2)

 いよいよ高校生クイズが動き出すシーズンになると、日を追ってアクセス数が増えていっていて、気持ち悪いのですが。特に、日付が変わった直後に大量のアクセスがあります。開店を待ちきれなくて外で並んでいるようなものです。それに応えるような内容になっているでしょうか。それでは前回の続きです。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

しかし、一般視聴者が出る番組でも、適切な演出をして、
彼らのおもしろいところを画面に引き出すことができれば、高い人気を得ます。
「TVチャンピオン」や「探偵!ナイトスクープ」などはその典型でしょう。
よく「TVチャンピオン」について語るとき、引き合いに出されるのが、
「文房具王選手権」で、消しゴムのカスを見てその製品を当てる
という例ですが、これは、カスの特徴を売り物にしている消しゴムを
問題にしているのだから当たっても不思議はありません。
そういう消しゴムをリサーチでちゃんと見つけてきて、
視聴者にインパクトを与えることに成功したスタッフが偉いのです。

現在放送されている視聴者参加クイズ番組は、
非常にレベルの高い問題で日本一を決める的なものばかりですが、
これらの番組が存在できるのは、出場者の「クイズに答える」という「芸」を
見て楽しめることと、出場者自体が有名になって、タレントが出ているのと
同じような感覚で見られることによります。
つまり、クイズマニアが出ても番組がおもしろくなるように
演出ができているわけです。
ただ、見せられる芸のパターンがいつも同じなので、
最近は飽きられて視聴率が下がってきたようでもありますが。
しかし「アタック25」などの、そうでない番組にクイズマニアが出ると
つまらなくなるのは、番組の演出がクイズマニア用になっていないからです。
純粋な素人の姿を見てもらおうという、今どき珍しい番組なのに、
テレビ慣れしていてクイズの能力だけが異常に高い人に入られると、
展開がおもしろくなくなるのです。

ここで、ウルトラクイズが終焉を迎えた理由について考えてみたいと思います。
まず言えるのは、ウルトラクイズの演出は
クイズマニア用ではなかったということです。
この番組は、知識偏重に反発するところから生まれたものであり、
また、出場者のキャラクターを大いに見てもらおうというものだからです。
しかし、これも必然的なことなのですが、
この番組を見て感動した若者たちは、自分もあの場に出たいと思うようになります。
そのためにはどうすればよいか。
とりあえず、ひたすらクイズの特訓をするという結論に達します。
結果として、クイズのみで他に人間的なおもしろさを持っていないような人が、
勝ち残る人の中に次第に多くの比率を占めるようになるでしょう。
番組をおもしろくすればするほど、番組をおもしろくできなくする
要素が入り込んでくるという矛盾をはらんでいるのです。

−−−−(ここまで)−−−−

 文房具王の人は、これで書いたころからずっと勝ち続けているんでしたっけ。先日もBSジャパンで放送していました。本も何冊も出していますね。
 「探偵!ナイトスクープ」はようやくDVDになりますが、収録作品のリストを見ると、この中では「マネキンと結婚したい!」が最も、人間っておもしろいと感じさせる作品です。「膳所の恐怖の食堂」は知っている人が少ないのではないかと思いますが、人柄が表れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

視聴者参加クイズの衰退(その1)

 訂正です。後輩に情報を与えるために高校生クイズの予選を回っている長野の人がいたということを書きましたが、静岡の誤りでした。天竜林業高校のOBでした。16回中部で天竜林業が準決勝まで残ったとき、司会者はこの学校名にずっと突っ込んでいて(プロレス中継をしていたから、天龍源一郎からの発想だろう)、バラマキクイズでこのチームが来るたびに「てんりゅ〜う〜」と叫んでいたのでした。

 さて、12年前の4月に、FQUIZにこんなことを書いていました。視聴者参加クイズがなくなっていくことへの考察です。長いので何回かに分けます。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

えー、クイズマニア論争があってからかなりたってしまいましたが、
視聴者参加クイズの衰退について私が思うところを書いてみました。
120行ほどあります。

先日の「オールスター感謝祭」は高視聴率でした。
半年に一度のこの番組は毎回、高い視聴率をとっていますが、
これをレギュラー化した「当って25%」は、当たらずに、25%どころでは
ありませんでした。これはなぜでしょうか。
「当って25%」で、「それでは予選落ちの人を見てみましょう」と言って
その人が映るとき、それが普通の素人だと、「それがどうした」という感じで
おもしろくない。たまにキャプテンのタレントが犠牲になると、
「あーっ、あいつが落ちてやがる」と、おもしろいわけです。

ここには、テレビの歴史が40年を数えることによる必然的な現象が含まれて
いるように思います。
一つは、芸能人が、われわれにとってそれほど遠い存在ではなくなってきたと
いうことです。
テレビの中では演技をすることが嫌われ、タレントがどんどん「地」を
見せるようになってきました。
彼らが5万円程度の賞金でも本気で喜んでいるのを見ると、
私たちには、芸能人と言ったって、それほど自分より生活レベルが
高いわけではないんだなということがわかります。
したがって、芸能人の出ているクイズ番組を見るのは、
自分の知り合いが出ているのを見るのと同じ感覚になってきたわけです。

その一方で、素人にも、テレビカメラの前ではパフォーマンスが
求められるようになってきました。
生まれたときからテレビを見て育った若者たちは、
自分も人前ではおもしろいことをしなければいけないと思っています。
だから、素人だからといって、ただ緊張してテレビに映っているようなのには
「つまらない」と拒否反応を覚えるようになりました。
芸能人が視聴者にとって身近な存在となった一方で、
他の一般視聴者がテレビに出ていても、
「誰だか知らない」ということで、かえって親近感がわかなく
なってきているのではないでしょうか。
視聴者参加のノーマルなクイズ番組が失われていったのは
そういうところに原因があると思われます。

−−−−(ここまで)−−−−

 これはクイズ番組に限りませんね。「キスイヤ!」が終わって「芸恋リアル」になるのが象徴的です。キスイヤでは、本当なのか疑わしいようなすごい状況にいる素人たちが登場しましたが、結局、若手芸人に恋愛ものをやらせる方が視聴者が食いつくだろうということですね。タイトルに「リアル」とついているのがなんか皮肉な感じがしますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

いろいろなリンク

 15日のアクセス解析を見ると、JR西日本の入社試験について調べるために検索してここに行き当たった人がいるようです。確かにJR西日本社員に言及していますし、「筆記試験」という用語も出てきますが。

 15日についたコメントにあるリンク先は、クイズ的には必見です。朝日放送の島田紳助司会アタック25のすべてがわかります。

 さて、アメリカ横断ウルトラクイズ クイズ王の本のページの下に、10回までのウルトラクイズ優勝者の寄せ書きの色紙が掲載されていることを知りました。
Autograph
 そういうのなら、高校生クイズにもあります。以前ちょっとだけ触れましたが、10回の事前番組で過去の優勝者がそろったとき(4人は欠席)、宇都宮高校の人が色紙を持ってきて、全員で書いたのでした。したがって23枚あります。1枚ごとに各人が違うことを書いています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

いろいろな続報

 宣伝のコメントがつくということは、当ブログがそれなりの影響力を持つと認識されたということでしょうか。アクセス解析によると、このところは1日のアクセス数は100超です。でもこのブログは他のメディアでは取り上げにくいですね。ある民放の特定の番組だけを対象にしていますから。
 アクセス解析といえば、前回、青田典子の乳頭について書きましたが、昨日のを見ると、「ウエストミンスターの鐘」が日本の小学校で使われた歴史を調べるために検索した人がいるようです。こんなブログが引っかかってすみませんねえ。
 ウエストミンスターの鐘といえば、前回、中野アナの「つまりこのコーナーはIQサプリのアタックチャンス」について書きましたが、「IQサプリのハンターチャンス」の方がより実態に近い表現ですね。でもあの番組は相当前になくなったから、言及できなかったのでしょう。
 女子アナといえば、広島テレビの採用試験で一緒だった人で、女子アナになった人はほとんどいなくなって、唯一残っていた人も産休で復帰するかわからないということを2月23日に書きました。しかし、もう復帰したことがわかりました。
 広島といえば、牛肉輸入の消費者説明会が四国で開かれないということを「ニュースウォッチ9」でやっていたというのを書きましたが、今夜の番組で、高松でも開催されることになったと放送していました。中川農相が事務方に、なぜ四国でやらないのかと聞いたところ、農政局単位でやっていて、中国四国農政局だから広島でしかやらないということだそうです。新潟を含む北陸?甲信越?には単独の農政局があって(コシヒカリがあるから?)、中国と四国はひとまとめなんですね。とにかくこれで、高校生クイズをやる10都市すべてで消費者説明会が開催されることになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

Theビッグ

 先日の「IQサプリ」の2時間スペシャルをビデオにとったものを見たら、途中に、早押しで正解すると他のチームの得点を奪えるコーナーがありました。そこで中野アナが「つまり、このコーナーはIQサプリの…」と言って、右手のひじから先を上に向けて前に突き出して、「アタックチャーンス!」。ここでちゃんと「映像提供:ABC」として児玉清がアタックチャンスをやっている写真が画面に出ました。
 実は前回の文章には続きがありました。

----(ここから当時の引用)----

>>朝日放送(多分ローカル枠)の、出場者と視聴者でリアルタイムでビンゴゲームを
>>するクイズビンゴでシュート?とかいう番組。板東英二さん司会。

「Theビッグ」は、最初は土曜の深夜の生放送でした。司会は板東英二・桂文珍・
笑福亭鶴瓶という、今から考えれば超豪華なメンバーです。やっていることは「ザ・
BINGOスター」と同じと考えていいでしょう(というか、BINGOスターが
Theビッグをパクったのでしょうが)。視聴者に配ったビンゴカードによって
選ばれた人が電話でゲームに挑戦するというものです。ただしこの番組は、1列に
並ぶというのではなく、最初に指定した特定の枠に数字が入り続けるという方式
によって絞っていきます。

終わってから数年して、「世界一周双六ゲーム」が全国ネットに昇格した後の11時
からの番組として復活しました。このときは録画で、ABCホールに集まった観客に
ビンゴカードを配って、残った人が舞台上でクイズをやるという方式でした。司会の
3人のうち、鶴瓶ではなく鶴志になりました。

ところがまたしばらくして、日曜の朝10時からの全国ネットの生放送になりました
(「ラブアタック」の後番組だと思う)。再び視聴者にビンゴカードを配るように
なりました。このときのタイトルは「全国縦断Theビッグチャンス」です。なお、
フジテレビで「どう〜なってるの」の前にやっていた「ザ・ビッグチャンス」という
ものすごくつまらないクイズ番組とは関係ありません。

----(ここまで)----

 朝日放送の開局何十周年かの記念番組でやっていたところでは、Theビッグのビンゴの設備は倉庫に保管してあって、イベントに貸し出しているそうです。
 「ザ・BINGOスター」ももうわからないかもしれませんね。テレビ東京で1年間やっていた番組で、司会はヒロミと鈴木紗理奈でした。
 フジテレビの「ザ・ビッグチャンス」はもっとわからないと思いますが、現在「こたえてちょーだい」をやっている枠でバブルのころ、森末慎二の司会で放送していました。例えばトイレットペーパー1巻きを誰が最も早く引っ張り切るかといったゲームを主婦がやるのです。当時非常に調子のよかったフジテレビがどうしてここまでつまらない番組を作ってしまうんだと思いながら、つまらなさを味わうために見ていました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

チャレンジQ

 当ブログのアクセス解析を見ると、「青田典子 乳頭」というフレーズで検索してここが引っかかったのがありました。確かに、朝日放送の開局記念番組で青田典子が全然目立ってなかったという話を書きましたし、10回東北の決勝が行われた乳頭温泉郷で先日事故が起こったことも書きました。しかし、検索した人が求めていたのはそういう情報ではないでしょう。

 それでは今回はまた、過去のクイズ番組の話です。ほとんどの人が知らないでしょう。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

ところで、そのうちこの番組の話題になるだろうと思っていました。

>>テレビ朝日かフジテレビかどちらかは忘れましたが、マッハ文朱さん司会の
>>チャレンジQとかいう番組があったと思います。

これは関西テレビの制作ですが、関西ローカルではないでしょうか。金曜日の
19時という、フジ系ローカル枠での放送ですから。司会は浜村淳とマッハ文朱。
当時NHKで金曜19時30分から「ホントにホント」をやっていたので、
2本続けてクイズ番組で浜村淳を見ることができたのでした。ちょうど「マジカル
頭脳パワー!!」を土曜日にやっていた時代に板東英二をクイズ番組で2本続けて
見られたのと同じです。

ルールですが、2人1組の4チームが登場して、トーナメント方式で優勝チームを
決めます。対戦のクイズは3目並べです。3×3のパネルに、9つの数字が書いて
あります。配置はまったく覚えていませんが、
546
392
718
こういう感じではないでしょうか。解答席は前部が箱になっていて、1から9までの
数字が書かれた9個の玉が入っています。また、「ラッキーボール」と「ジョーカー
ボール」というのも入っています。早押しで正解すると、玉を1個引きます。正面
から見ると透明ボードなので中の様子がわかりますが、引いている解答者にはもちろん
中は見えません。出た数によって、合計がその数になる最大3個までの場所を同時に
とれます(例えば9を引けば、9を1枚でも1と8でも2と3と4でもとれる。ただし
すでに自分や相手の陣地になっているところはもちろんとれない)。これで縦・横・
斜めに3つ並べると勝ちです。引いたボールはまた箱に戻します。ラッキーボールは、
どこでも好きな場所を1枚とれるというものです。ジョーカーボールを引いてしまう
と、相手が、自分のとったところのうち、好きな場所を1枚消すことができます。

決勝戦は1回戦と少しルールが変わります。場所は1枚ずつしかとれません。また、
引いた玉は箱に戻しません。ラッキーボールは入っていませんが、ジョーカーボール
は入っています(ジョーカーボールによって消された場所の玉は箱に戻すはず)。

優勝チームはハワイ旅行を賭けたゲームに挑戦します。ルールは「スーパーダイス」
にそっくりですが、少し違うところがあります。まず、同時に3枚までとれます。
また、スーパーダイスは、連続して消すことができなくなれば終了ですが、チャレンジ
Qは、最初からサイコロを振る回数が9回と決まっていて、9回以内に全部を消すこと
ができればハワイ旅行です。その代わり、ゾロ目で振るチャンスが増えたりしません。

途中からライオンの1社提供になって、司会者も「ライオンのチャレンジQ」と言う
ようになりましたが、それに伴い、ボールがなくなって、代わりに電子ルーレットを
使うようになりました。

−−−−(ここまで)−−−−

 「スーパーダイス」は、「スーパーダイスQ」という、TBSで月〜金の正午からやっていた土居まさる司会のクイズ番組の中のゲームです。

 チャレンジQのサイコロを投げるゲームは、1投目は「チャレンジ・ワン」…8投目は「チャレンジ・エイト」と言いますが、最後の9投目は「チャレンジ・キュウ」と言います。

 チャレンジQと逆にライオンの1社提供でなくなったのは高校生クイズです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

日本人の質問(その16)

 さっきNHKのニュースを見ていたら、米国産牛肉に関する消費者への説明会の会場に四国が含まれていないことへの地元の怒りを放送していました。確かに、四国以外は高校生クイズの予選がある9都市で開催されます。
 それでは今回は「クイズ日本人の質問」です。

−−−−(ここから)−−−−

高速道路にある、黄色と青の、正方形と十字形の標識は何?
投雪禁止区間表示板という。下に道路が通っているので、除雪車がここから雪を捨てない
ようにという目印。
アホウドリのような海に暮らす鳥は、どうやって水分を補給する?
海水を飲んで、塩分を外に出す。アホウドリは、目の上の塩類腺で塩分を濃縮して外に出
す。
マラソンの給水ポイントで、バナナなどを食べていい?
大きな試合では禁止されているが、市民レベルの大会では一切制限がない。
フンコロガシは、なぜフンを転がす?
草食動物のフンを子育てのためのエサにする。
火事の家に電話をすると、呼び出し音が鳴らなくてわかる?
電話機が焼けても電話線が切れても、呼び出し音が鳴る。回線まで溶けてくっつくと、話
し中の音が鳴る。
タヌキの置物は、どうして全国に広まった?
明治の中頃に、京都の老舗の料亭の店頭に置いたのが始まり。
中国で、新しい外国人の名前に漢字を当てはめるとき、どこがどうやって決める?
新華社の翻訳チームが決める。周恩来のときにそうなった。70万人ぐらいの外国人名の
データバンクを持っている。
「ミイラ取りがミイラになる」というが、なんのためにミイラを取っていた?
ミイラは何千年も腐らないので、何か特別な力があるのではないかと思い、薬にしようと
した。死後、保存するときに使ったミルラという劇薬が、薬になると考えられた。

−−−−(ここまで)−−−−

 「クイズ日本の顔」がレギュラー化されましたが、えなりかずきを招いた10日の「スタジオパークからこんにちは」では、司会者が最初、「クイズ日本人の顔」と間違えていたようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

19回北陸大会(その8)

 さすがに開催が決定すると、ちょこちょことコメントがつきますね。ようやく19回北陸の最終回です。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

決勝は再びトキにちなんだものになります。決勝の間、バックの大画面にはずっと、
トキの赤ちゃんの映像が流され続けます。ルールは、問題がわかると前方に走って
いって、大きなトキの卵がバラバラになった立体パズルをやります。卵が完成すると
それを運んで、さらに向こうの巣の中に置くと、早押しスイッチが入ります。1人
ずつ答えていって、3人全部が抜けると全国大会進出です。昨年の中部の決勝で
やった、金のしゃちほこを組み立てるのと本質的に同じ企画です。この予選は、過去
に実績のある、とりあえず失敗のない企画で、手堅くつくっています。卵のパズルは
簡単すぎるのではないかと思ったのですが、実際クイズが始まると、全然できません。
全チームが組み立てるところで何分も停滞しています。こういうのが特別苦手な人が
いるようで、あっという間に2人抜けても最後の1人がいつまでもパズルのために
解答権が得られなかったりします。問題の中に、先ほどの三択とネタがかぶっている
のがありました。さらに、連想クイズともかぶっていました。他の予選で使い回すの
はともかく、同じ予選で重ならないようにしっかりチェックしてもらいたい。2県
ずつ2回に分けて行った決勝で、昨年の全国大会出場チームも勝ち残りました。2年
連続は米子東高校以来か。

表彰式が行われますが、この会場にはなぜかライオンが2匹来ています。もう最終の
バスが出るという案内をしていますが、私は新潟駅まで歩くことにしたのであわて
ません。今度はゆっくり歩けます。途中で通りかかったローソンが、改装のため本日
6時で閉店ということで、食料品が全部半額になっていました。歩くといいことが
ある。

ところで、会場には、家庭用ビデオでクイズの模様を撮っている人とか、携帯電話で
どこかに「クイズ内容はこれからアップするから」と言っている人などがいました。
でも高校生クイズ系のホームページをいくつかのぞいても、書かれていませんね。
もしかして、私が書き終わるのを待ってた?

−−−−(ここまで)−−−−

 最後の段落を読むと、このころから高校生クイズの予選を見て回る人がメジャーになってきたんですね。私は、14〜16回ぐらいに、自分の後輩を勝たせるためとして、全国の予選を回っている静岡の人を見たことがあります。最終的に、その人のかかわるクイズ研の最後のメンバーが中部の準決勝で敗退して、その人を本当に以後、見かけなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

高クイのような番組

 訂正です。前回、 Leadの曲名を間違えていました。したがって、前回、昨年10月に触れたときも間違っていました。正しくは「ベイビーランニンワイルド」です。

 テレビ東京で「主治医が見つかる診療所」という番組が始まるようですが、その予告編で、大勢で「YES」と書かれた青のプレートと、「NO」と書かれた赤のプレートを掲げていました。それだけ。

 さて、ビデオデッキのハードディスクに入ったまま、ずっと見ない番組があります。
 昨年8月21日に、関西テレビ制作(おそらく全国放送)の「クイズ!芸能人をナメるなよ!!」という番組を録画していたことに気づきました。これは有名中学に合格するような頭のいい小学生5人と芸能人20人が対決するものです。
 早押しクイズが始まります。私は耳を疑いました。ボタンを押す音。正解の音。不正解の音。全部高校生クイズです。これ、関西テレビだよな。しかも早押しボタンも高校生クイズです。昨日書いた朝日放送の番組のように、ブザーだけならたまたま高校生クイズと同じになることはあり得ると思っていました。しかし今回は明らかに、高校生クイズに合わせて音を作っています。日本テレビでクイズをやるときは必ず高校生クイズと同じ音になりますが、他局まで進出するとは思いませんでした。
 スタッフロールを見ても、技術スタッフに高校生クイズ関係者がいるのかどうかはわかりませんでした。ただ、ブレーンに長戸氏がいました。

 19回北陸大会の話はどうなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

書くことがない

 朝日放送制作の「2006年版新常識ボーダーライン」というクイズをやっていましたが、これでクリアできなかったときのブザーが、高校生クイズの音でした。ちなみに、昨年10月に、カルビーのCMでベイビーランニンワイルドが流れていたと書きましたが、このとき見ていたのもこの番組です。

 さて、高校生クイズの番組公式ホームページは、一旦載った、今年も開催という画像だけになっています。当ブログのアクセスも、開催発表を機に急激に増えています。しかし何を書けばいいのでしょうか。私が今年の大会の情報を持っているわけではありません。でも公式ページには、予選日程と応募フォームだけは一刻も早く載せてほしいですね。あとの企画はいくら遅れても構いません。ちなみに、日本テレビの携帯電話サイトでは、まだ昨年の予選情報が載っています。
 もう書くことがないのでおまけ。10年前の公式ページより、近畿大会のハイライトです。一部は本に転用されています。

−−−−(ここから)−−−−

 「世の中は予定していたことが、予定通りに進む方が少な
い」 有名な格言である。 知らない? これは近畿大会のスタッ
フでは有名な格言ってことになっている。 まず、近畿大会は、当初、堺市
の大泉緑地公園で開催される予定だった。 ところが、もう皆さんご存じの
「O-157」別名、赤痢菌の皮を被った大腸菌。 この騒動の中心となってい
るのが、第1会場の開催される堺市だった。 イベントは中止され、堺市で
は野菜や生鮮食品が売れずに、 プールまで閉鎖されたという。

 こんな時期に大規模なイベント「高校生クイズ」を堺で行うことができ
るか? すでに会場などの案内は2000チーム以上に郵送してある。 実はス
タッフルームにも、参加する子の親らしき人から 「堺でやって、うちの子
がO-157に感染したらどないすんやぁ?」という ヒステリックな電話も入
っていたのは事実である。 そして決断は下された。 近畿大会を運営する
読売テレビとして第1会場を変更しよう! この決断が出たのは大会1週間
前の月曜日。 それから2000通の速達を出して、アルバイトを総動員して、
チームのリーダーかメンバー、1チームの誰か1人に電話連絡を行った。
つまりこの時点で参加者全チームとコンタクトが取れたのだ。

後で考えたら、このときに「問題!」とクイズを出してしま
えば、 面白かったかも? で、会場は吹田市の万博記念講演に変
更となった。 それでも間違えてくる高校生がいるとまずい! スタッフが
堺市の大泉緑地公園で待つとやはり1名いた。 前日まで家族旅行で第1会
場の変更は、 友達とも連絡が取れずにわからなかったという。

 そんなこんなで、福澤のコメントも「燃えているか〜!」 「お腹は痛く
ないか〜!」と無事にYES/NOクイズからスタートした。

 準決勝まで第1会場で行われたが、 今回アンケートを中心にしたクイズ
が注目を集めた。 関西の高校生100人に聞いたアンケートで、 答えが上位
にあればポイントが高く、 なければ0点。 合計で10ポイント勝ち抜きと
いうクイズ形式だ。 その1部、「親に見られたくない物(女子高校生編
)」だけですが、 全部発表しよう。

 第10位から順番に/手紙/化粧品/財布の中身/自分の部屋/裸/成績
表(テスト)/彼。そしてベストスリーは、Hなもの。日記。アドレス
帳。の順番だった。

 このほかは、写真部分を目を細めてご覧頂きたい。見えない? じゃぁテ
レビで見てね! そして決勝は大阪南港に移って「進め!帆船早押しクイ
ズ...」だったのだが、 帆船の早押し機が調子悪くて、 あえなくチュード
ン! 1問やっただけで変更となった。 早押し機だけを変更して、 ルール
は2ポイント正解、県代表、1対3の通過阻止クイズ。

 夕方には収録が終わり、夜はビールを飲みながら、おしゃれなレストラ
ンで、 夕食とお疲れさま会を行って、 最終の新幹線にゆっくりと乗れる
ように!とスケジュールを立てておいたのだが、 この決勝の形式変更で、
南港はトワイライトタイム。 波間に写るライトアップされた美しい景色に
包まれた決勝となり、 これはこれで最高のロケーションとなった。が、
我々東京からのスタッフの夕食は、駅弁とビールになってしまった。 格言
「世の中は予定していたことが、予定通りに進む方が少ない」である。

−−−−(ここまで)−−−−

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

視聴率どうする

 急にコメントが2つついていると思ったら、ついに番組公式ページが26回仕様になったんですね。開催するという宣言と昨年のアルバムだけでしたが。ところがそれから1日もたたないうちに、番組タイトルの文字だけの、一切中身がないページになってしまいました。
 2ちゃんねるでは、視聴率12%を超えなければ今年で打ち切りという条件で開催されると書いてありましたが、本当かどうかはわかりません。番組が続く限りライオンが金を出してくれるといっても、局全体の平均視聴率を下げることになると、他の番組の営業に影響しますから、続けることができません。
 で、視聴率を上げるにはどうするか。よく知りませんが、昨年、視聴率が下がったのは、全国大会2回戦で延々と北海道とか京都にいた部分ではないでしょうか。敢えて視聴率を取りにくい、ドキュメンタリー的な領域に踏み込んでいますね。クイズが目当ての人は飽きるでしょうし、かといってそうそう感動があるわけではありません。
 そんなに全国各地の映像を見せようとするなら、予選を放送すればいいじゃないか。明らかに全国大会より予選の方がおもしろいんですけどね。個々のチームに思い入れを持ってもらうためには、全国大会で論文発表させたりといった凝ったことをするより、各チームの予選での戦いをじっくり見せて、それらが東京で出会うというのがドラマ性があると思います。
 確か昨年は、予算を全国大会に集中させたらしいですが、予算も放送時間も予選に費やすべきだと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

年末番組の話

 久しぶりに、何の内容もない話を書きます。昨年末に東京ローカルで放送される特別番組を、東京の住居でビデオをセットしておきました。今ごろようやくビデオをとってきて、見ています。
 まず、「円卓の騎士」というクイズ番組が入っていました。問題はすべて5択で、変わった名前などのウソを当てるものです。どこの局の番組か忘れていたのですが、途中でテレビ東京だとわかりました。そう思ってみると、セットに全然金がかかっていません。中央に丸くて回転できるテーブルがあって、そこに旗竿などを立てる器具が5つついていて、そのテーブルの前に木馬があるだけです。この木馬も、他の局なら全然リアリティーの違うつくりになっていたと思います。逆に言うと、この程度で十分番組はできるのに、キー局は無駄遣いしすぎているということではないでしょうか。
 さて、最後の問題の選択肢に、福岡のズ〜ム院という整体院が出てきました。ここでちゃんと、「ズームイン!!朝!」のテーマ曲がバックにかかりました。しかしあのテーマ曲自体は手に入らなくて、改めて演奏してもらったような感じでした。
 次にビデオに入っていたのは「関口宏の歴史は繰り返す」です。これはTBSだとわかります。テーマは「圧勝」です。オープニングで、衆議院解散の会見をする小泉首相が出てきます。そのセリフのテロップ。「小泉内閣が進めてきた今までの改革路線 国民はNOというのかYESというのか」この中で、「NO」という文字だけ赤になっていて、「YES」という文字だけ青になっているのです。素晴らしい。この意味がわからない人はまさかこんなブログを読もうとはしないと思いますが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

19回北陸大会(その7)

 19回北陸の準決勝で、正解のタレントの名前を書いていなくて、今となっては忘れたと書きましたが、その続きを読んだら、私自身がちゃんと書いていました。15回関東で雷で避難したという話にしてもそうですが、私は、自分自身がもう忘れたことを、予想以上に克明に記録していますね。正確な記録を残すことが、いかに大事であるかを痛感しています。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

先週の土曜日の深夜に読売テレビで昨年の高校生クイズの再放送をやっていました。
テレビ欄には「クイズ」としか書いていなくて、何の番組かわからなかったでしょう
が。これはその2週間前の日曜日に日本テレビとあと2局だけで放送されました。
もともとローカル放送で、ネット局で放送したいところがあればどうぞという番組
なので、4局しか流れませんでしたが(その後、別の局での放送も決定)、それに
合わせて、予選日程が関東の他には北陸・九州・近畿しか書いてありませんでした。
関東ローカルの放送ということで、昨年の関東大会の未放送部分を入れていました。
そんなVTRを今年まで残しているとは思いませんでした。昨年の全国放送が済めば
さっさと消去していると思っていたのに。その分、全国大会は結婚式・葬式と決勝
以外ほとんどカットしていたのはいい判断だと思います(もともと放送時間が本放送
より1時間も短い)。また、編集し直したのにともない、わざわざ銀河万丈に
ナレーションをさせていました。なんか「そのお宝とは。見ればわかる!」とか言い
出しそう。そういえば、先日の四国岡山大会の決勝が行われたのと同じ町内で、
「開運!なんでも鑑定団」の出張鑑定が行われていました。1日に2つのテレビ収録
を受け入れる余裕があの町にあるか。

あ、北陸大会のことを書くんだった。雨が降ったりやんだりする中でクイズが行われ
ています。準決勝は連想クイズでした。「タイタニック」という問題で、2人で例
の、へさきでの格好をするのが笑えます。あと「超能力」という問題で「エスパー」
というヒントを出して(この時点で違反でアウト)、「伊東」と答えたり。「写真集
出した。歌も出してる。若い女の、変な…」で「鈴木あみ」を正解してしまうのも
すごい。敗者復活のチームは、1チーム勝ち抜けたところで空席に入ります。この
チームが意外にできがよくて、一時は全チームの中でトップになったのですが、結局
勝つことはできませんでした。

準決勝が終わるとセットがばらされて、そこに決勝のセットが組まれます。この間に
第2回抽選会です。今年の大会では、昨年参加した2、3年生すべてに黄色い
ダイレクトメールが送られていますが、高校生クイズ時計2組のうち1組は、この
黄色いはがきを持っているチームに優先的に当たります。参加者をなんとか増やす
ためにいろいろな方策をほどこしていますね。1年生は来年ダイレクトメールを送る
からまた来いということのようです。それにしても、せっかく賞品がいいのに、
なかなか該当者はいません。新潟県以外のチームに当たることはまず期待でき
ません。

−−−−(ここまで)−−−−

 鈴木亜美は休業する前だったんですね。
 エスパー伊東という名前をこの後聞いたのは、有栖川宮事件で結婚式に出席していたときだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

18回九州のYES−NOクイズ

 珍しくトラックバックがついていると思ったら、道蔦クイズ王ブログができたんですね。私もああいう仕事をやってみたい。
 それでは久しぶりにYES−NOクイズの問題です。今回は18回九州です。

−−−−(ここから)−−−−

NO.1 Jリーグ16チームのホームスタジアム。このスタンドの収容人数の合計は、
     九州の高校生530327人すべてを収容できる。(ただしマリノスと
     フリューゲルスは同じスタジアムを2度カウントする)
NO.2 サッカーワールドカップで試合前に行うコイントス。そのコインは、開催国の
     硬貨を使うと決められている。
NO.3 主要国首脳会議・サミットに出席する代表は、その国の首相または大統領のみと
     決められている。
NO.4 日本全国47都道府県すべてに、天然の温泉が1カ所はある。
NO.5 7桁の郵便番号。777−7777のように、1つの数字が7つ並ぶ地域も
     ある。
NO.6 トイレットペーパーの横幅は、手のひらの幅を基準にして作られた。
NO.7 生まれた川に戻る習性のあるサケ。稚魚のまま海に出られなかった場合、その
     サケは川魚として一生を過ごす。

解答
NO.1 YES
     スタジアムの収容人数の合計は562696人。
NO.2 NO
     特に決まっていないので、審判によっては別のコインを使っているものと
     思われる。
NO.3 NO
     サミット自体、非公式な会議なので、そのような厳しい規定はない。大蔵大臣や
     EUの議長などが参加し、開催国の意向で、会議によって、首相だけが出席
     したり、それ以外も出席することもある。
NO.4 YES
     温泉の基準は水温が25度以上あり都道府県が決めたもの。沖縄県にも温泉は
     ある。
NO.5 NO
     7以外のどの数字に対しても、該当する地域は1つもない。
NO.6 NO
     アメリカから日本に入ってきたときの幅は114mm。そのときの機械の都合で
     一番生産性のよかった幅になった。
NO.7 YES
     エサの状態によって川や湖で一生を過ごすことがある。例えばベニザケはその
     場合ヒメマスになる。

−−−−(ここまで)−−−−

 この回も、参加チーム数を記録していました。

宮崎42、大分85、長崎101、鹿児島109、佐賀137、熊本142、福岡508

 ちゃんとYES−NOクイズが成立する数になっていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

19回北陸大会(その6)

 NHK・BSの街道てくてく旅がまた始まりましたね。しかも次のシリーズもすでに決まっていることがわかりました。でもよく考えたら、このブログにそんな話を書いても意味がありませんね。ずっと読んでいる人は、なぜそういう流れになるのかわかると思いますが。

 それでは19回北陸の続きです。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

会場の後ろ側で敗者復活戦をやっている間に、ステージ前では準決勝のセットが
組まれています。この予選は、最後まで完全に同じ場所でやるようです。実際、予選
の番組を見ると、場所が変わろうと変わるまいと、視聴者にとってはほとんど意味が
ないので(例えば準決勝が終わると画面がパッと切り替わって決勝の映像になるだけ
だから、その間に移動したかどうかということを意識しない)、この方が金も
かからず合理的です。そして敗者復活戦後の後方では、第1回抽選会です。運大王が
なくなっても抽選会はあります。帰り道が不便な人は早く帰るように繰り返し放送
している中で抽選会をやるのですから、最後まで残らせることが目的ではないよう
です。わざわざ来てくれる高校生への感謝の気持ちとでもいいましょうか。そう
いえば、今年も参加者は番組名入りのペットボトルホルダーをただでもらえます。
しかも今年はデザインが2種類ある。さて、抽選会ですが、スポンサーやテレビ新潟
から提供された賞品がたくさんあります。しかし、すでに帰っている人が多いので、
いくら抽選しても該当者がいないので異常に時間がかかります。いっそのこと、
クイズ開始前に抽選会をやるというのはどうだ。目玉賞品の、なんだろう人形や、
盤面に高校生クイズのロゴが入っている腕時計は、決勝前の第2回抽選会に譲ること
になります。なお、今年は全国大会出場チームに、別のデザインの高校生クイズ腕
時計が贈られるようです。ただし、まだできていないみたい。

準決勝は1県ずつ、10チームで行われます。早押しに正解すると1ポイント入る
うえに、中央のステージで連想クイズをやります。2人がヒントを出してもう1人が
答えます。そしてその制限時間は、残りの9チームの1人ずつが、足踏みスイッチの
上で駆け足して、そのカウンターの合計が一定数になるまでです。足踏みスイッチも
高校生クイズの超定番で、とりあえず失敗のない企画ができます。この予選、企画が
変に手堅い(実はこの後の決勝も)。連想クイズで取ったポイントも加算されて、
合計7ポイントになると決勝進出です。決勝に進めるのは2チーム。準決勝が10
チームでも決勝は2チームなのか。別に決勝で1対1の対戦にこだわる必要はないと
思うのですが。

実際、連想クイズをやると、意外にできません。最初の方は、大半のチームが、1つ
当たって次のヒントを出している最中にタイムアップになります。事前のリハーサル
より、かなりスイッチのペースが速いようです。連想クイズでおもしろかったのは、
「ニューヨーク」という問題で「アメリカの首都」というヒントを出したチームが
いたことです。しかももっとおもしろいのは、それで正解してしまったことです。
たとえ間違った事実を言おうと、正解の言葉さえ出ればいいのです。あと「写真集
出した。歌も出してる。若い女の、変な…」で当ててしまうのがすごい。さて、だれ
のことか。

−−−−(ここまで)−−−−

 当時は、放送前であることを考えて、最後の正解を書かなかったのですが、今となっては覚えていません。北陸大会の番組では、この部分は放送されていたでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月 3日 (月)

日本人の質問(その15)

 アクセス解析を見ると、4月1日は昔の当ブログのレベルにアクセス数が落ちていて、日付が変わった途端に大量のアクセスが発生しています。これって、ここを読むような人はみんな「オールスター感謝祭」を見るからだろうか。あの時点ではわかりませんでしたが、島田紳助は、松本竜助の死去にコメントした後であの司会をやっていたんですね。
 それではたまには「クイズ日本人の質問」です。

−−−−(ここから)−−−−

ムカデはバックができる。
◯ 袋小路に入ってUターンできないときはバックする。
手足の生えた、しっぽの残っているオタマジャクシは、まだカエルではない。
◯ しっぽがなくなって、陸上でも生活できるようになって初めてカエルとみなす。
オブラートには、裏表がある。
◯ 熱い鉄板の上にジャガイモのデンプンを塗ってつくるものだから、裏表ができる。つ
るつるした方が表。
がまんしたオナラは、いつの間にか出ている。

船にはなぜドラが積まれている?
船の大きさを知らせるため。100メートル以上の船は必ずドラを積むことになっている
。霧で見えないとき、船首で鐘を5秒間、船尾でドラを5秒間、交互に鳴らし続ける。
鉄道の枕木についている、傷のようなものは何?
防腐剤をしみこませた穴。枕木に使われるのは、マレーシア産のケンパスという木。
ロープウェイのロープが伸びたらどうする?
伸びた分切る。ロープのワイヤーをほどいて、また結び直す。

−−−−(ここまで)−−−−

 前回のYES−NOクイズの正解はYESです。

1976年夏、佐渡郡真野町で、宇治金太郎さんによって発見された。

 以前、真野町役場に行ったら「曽我ひとみさんへの取材はご遠慮ください」という掲示がありました。今は佐渡市です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

19回北陸大会(その5)

 2ちゃんねるによると、26回高校生クイズはやることになっているということですが、4月に入っても公式ホームページに変化がありませんね。以前は3月末ぐらいに新しくなっていましたが、昨年も4月中旬まで何も更新されなかったと記憶しています。これでは応募期間が短くなりすぎます。これに関して、昨年の私の記述を確かめられません。パソコン通信時代のFQUIZの文章は多くの人の協力で入手できましたし、25回の予選リポートは原文を残しているのですが、FQUIZが@niftyのウェブフォーラム化された短い間の、予選リポート以外の文章はエアポケットになっています(24回全国大会の原文はある)。
 それではまた、19回北陸の続きです。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

堀アナが敗者復活戦を要求します。ここで敗者復活の話が出るということは、やはり
運大王がないのは明らかです。すると、敗者復活をやるかどうかという条件は、今度
は、つき合っている女性の名前ではなく、堀アナにYES−NOクイズを1問出して、
正解できるかどうかで決まります。実はすごく簡単な問題が出て、正解するのが最初
からわかっているというヤラセかと思ったら、第1問候補だったと思われるトキの
マジな問題でした。移動の音楽が流れて、1人でYES−NOコールをして、正解も
大画面に表示されます。正解して敗者復活戦をやることになりましたが、事前に正解
を教えられていたのかどうかはわかりません。

時刻は12時30分ごろですが、スタッフが舞台に上がって放送します。福井に普通
列車で帰る人は、そろそろ出ないと間に合わないのでバスに乗ってくださいと言って
います。これで運大王がないのが決定的になりました。逆に言うと、運大王という
企画は相当無理しないとできなかったわけです。帰りのバスも大混雑になるし。それ
にしても、私には、北陸大会を新潟市でやること自体が疑問です。ブロック全体から
みて場所が偏り過ぎています。テレビ新潟の担当なら糸魚川市か上越市でしょう。
ところで、いつからテレビ新潟はTeNYというロゴになったのでしょうか。

司会が堀アナに代わって、先に、準決勝進出チームを確定する三択が行われます。
正解すると1ブロックずつ前進していって、5ポイントとると勝ち抜けです。一昨年
の「チキンレース近似値クイズ」も昨年の「国旗10択クイズ」もどうもうまく
いかなかったので、非常にオーソドックスなやり方になりました。でも今回は、この
クイズに参加するチーム数がかなり限られてくるので、チキンレース近似値クイズ
でも成立しそうな気もしますが。今回は三択の正解も大画面に表示されます。

これで各県10チームに絞られて、ゼッケンのレタリングをしたり勝者が弁当を
食べたりしているうちに、敗者復活戦が行われます。ルールはというと、YES−
NOクイズで使った札がそのまま利用されます。YESまたはNOというボールが
入った箱から、どちらかを引きます。1回目にYESが出た場合、札の1問目の
「YES」に穴があいていなくて残っていれば(つまりYES−NOクイズの1問目
にNOと答えていれば)勝ち残りです。これを7回繰り返して、出た方が全部残って
いれば敗者復活です(複数いればジャンケン)。結果、なんと7回連続で「YES」
が出ました。それでも、7問全部NOと答えていたチームはいくつかいるものです。
ジャンケンをやって、石川県の1チームが復活となりました。

−−−−(ここまで)−−−−

 今読むとわかりにくいことが書いてありますが、この回の三択は、YES−NOクイズ7問の結果で10チームを決める際の同点決勝として行われています。「参加するチームがかなり限られてくる」というのはそのためです。
 テレビ新潟のロゴは昔はTTNでした。奈良テレビはUTNからTVNになってるし、ラジオ関西はCRからCRKに変わっています。
 当時はまだ、ゼッケンはレタリングだったんですね。今はパソコンでプリントしています。
 堀アナは、出された問題の正解を事前に教えられてたに決まってると思います。その問題は下にあります。

トキにワクワクし、トキに泣かされた皆さんですが、いよいよ最後のトキです。日本産唯一のトキ、キン。その名前は発見者・金太郎さんの名前にちなむ。

 この正解は、次回載せることにしましょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

19回北陸大会(その4)

 琴欧州などが出ているANAの「エコ割」のCMで、ウルトラクイズの勝ち抜けが決まったときの音楽である、組曲ミシシッピのMardi Grasが流れますね。やはりかつてスポンサーであったことと関係あるのだろうか(あの音を聞くと視聴者が海外旅行を感じる?)。
 それでは19回北陸の続きです。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

第1問はトキに関するもので、実にいい問題でした。移動するときの音楽は昨年と
同じですが、短いぞ。1問目からいきなり1分バージョンです。この問題で失格が
決まるわけではないので、最初の方の問題ほど制限時間を長くするということには
しないということですね。2問目以降の正解発表は大画面に出ますが、爆発の映像が
あってその炎が消えると向こうにYESまたはNOと書かれているという動画に
なっています。

第1問の正解発表の前に、高校生の中に交じっている菅谷アナが紹介されます。
「TVおじゃマンボウ」の企画です。昨年の北陸大会に藤井アナが来ていたのも
おじゃマンボウによるものだったんですね。菅谷アナが「僕も参加させてください」
というと、「それなら、日本テレビの独身女性アナウンサーの中で、できれば添い寝
したい人の名前を挙げよ」。何年か前に多用された「敗者復活をしてほしければ
つき合っている人の名前を言え」というパターンが今さら復活しました。でも放送を
見ると、必ず音声がカットされています。

2問目は過去問の変形です。どこかで聞いたことのある問題が多い。これだけ番組が
続いて問題数を重ねると、1問目以外でそれに関する事実を聞いたことがないという
問題は、すべて「でっち上げ」系です。今回は4問が聞き覚えがあって、あとの2問
がでっち上げでした。これは全問正解を目指さないと勝てないかもしれません。4問
目をやっている最中にスタッフが出てきて、不正があったので1チーム失格にしたと
言いました。こういう見せしめがないと、不正があとをたたなくなるかもしれません
からね。

YES−NOクイズを通過できるのは各県10チームです。10という数字が出て
くるのは久しぶりです。ここでテレビ新潟の堀アナが登場します。離れていてよく
見えないのですが、この人はかつて「ザ・トップテン」や「ズームイン!!朝!」の
リポーターをやっていた人だよな(それより、高校生クイズの全国大会もやったこと
がある)。中途採用と言っていましたが、今さら放送局の社員になるのか。やはり
不況で、生活の安定が必要なのだろうか。関係ないが、「鉄骨DASH」の
「ジャストフィット今泉」って、元福岡放送アナウンサーだよな? 各県の全問正解
のチームを後ろに集めて、県ごとに呼び出します。このときに流れるのが、昨年、運
大王決定のときにかかった曲です。この時点ですでに運大王がないのは明らかです。
該当チームを1つずつ舞台に上げて、一言インタビューしています。これは全問正解
以外のチームをハラハラさせるためだと思われますが、冗長になって退屈です。九州
大会でこれをやったらどれだけ時間がかかるのか。新潟県は全問正解が10チームを
超えていました。他の3県は、全問正解のチームはこの時点で勝ち抜けで、6問正解
のチームで残りの席を争います。2問以上間違えるとチャンスはありませんでした。
同点決勝は5ポイント先取の三択です。福澤アナが「それでは後は頼んだ」と舞台を
降りようとすると堀アナが「ちょっと待った」。

−−−−(ここまで)−−−−

 今泉アナは、その後、テレビ朝日の早朝のニュースに出たり、「はなまるマーケット」に出たりしていました。それ以前に木更津ケーブルテレビの「鉄骨DASH」の「TOKIQ」が忘れられていると思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »