« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

高校生クイズ第2弾

 先週の「トリビアの泉」はまだ見ていません。黒柳徹子のセーラームーンについては、「徹子の部屋」自身が正月などにスペシャル番組をやるたびに必ず放送されます。そういえば、深夜時代のトリビアの泉でやった「笑点のテーマ曲には歌詞がある」も、それ以前に「笑点」のスペシャルで自分でやっていました。しかも、合唱団が町中のいろいろなところで歌うという、トリビアと非常に似た演出でした。
 「クイズ日本人の質問」は最終回の1カ月ぐらい前から質問の募集がなくなりました。

 さて、京都の舞鶴市に行って市街地の中心部を歩いていたら、「高校生クイズ第2弾」という掲示が目にとまりました。
 ドコモショップ東舞鶴です。今回はドコモ加入の中学生以外も参加できると書いてあります(第1弾の対象が中学生ならなぜ「高校生クイズ」?)。定期的に店頭にクイズが掲示されて、正解するごとにポイントカードにハンコをもらって、たまると賞品がもらえるらしい。「安藤美姫選手が挑戦した技の名前は」という問題が書いてあります。
 そういえば、今年は「フィギュアスケートのトリプルアクセルは、アクセルをかけたように高速回転するところからついた名前である」といった問題が出るのだろうか。番組があるなら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月27日 (月)

19回沖縄大会(その5)

 それでは19回沖縄大会の最終回です。ここまでのあらすじは、決勝会場を探して名護市まで行ったら何もなかったのでした。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

これからどうするか。今から決勝を見られるわけがありませんが、とりあえず第1
会場に戻るしかやることがありません。午後3時ごろにやってくると、撤収がほぼ
終わって最後のスタッフが引き上げようとするところでした。ところが、芝生の上に
無造作に台本が置かれています。しかも日程表のページを開いて。なんだ、万座
ビーチホテルだったのか。海中展望塔への行きと帰りに前を通って、何かあやしいと
思いながらも素通りしていたのでした。改めてガイドブックで調べました。この
ホテルでは、客が海中散歩をできるようになっています。上半身だけかぶる潜水服で
空気を送られながら海の底を歩くわけです。これか。つまり、8回のウルトラクイズ
でやったのと同じ企画なわけですね。

もうだれもいないかもしれませんが、またバスに乗って万座に向かいます。ここも
半島のようなところにあって、敷地をホテルが開発した区画で占めていて、それらを
通過しなければ、先端の方にある現場へ向かうことはできません。とにかくスタッフ
は大勢いて、まだ撤収はしていないことがわかりました。岩場の岸壁に立つと、数十
メートル向こうに船が浮かんでいます。あの下が決勝の会場らしい。

渡し船に乗って、敗者1チームが戻ってきました。これから表彰式をやるところか。
今、船の上にいる1チームが沖縄代表だな。しかし船の上が全然動きがありません。
かなり時間がたって、また別の1チームが渡し船で陸にやってきました。それから
またかなり時間がたつと、船の上にいたチームが海にもぐりました。しかも早押し
ボタンの音がやたら聞こえてきます。おかしいぞ。もしかして、まだ決勝が終わって
いないのか? なんでこんなに時間がかかるんだ。場所によっては今夜中に高校生を
家に帰せなくなるんじゃないか。遠く離れた船からは問題は聞こえませんが、早押し
ボタンの音が鳴ると、立て続けに何回も鳴ります。さらにときどき福澤アナが「答え
は!」と叫んでいるのが聞こえてきます(もちろん海中から聞こえるわけはなく、
船上のディレクター席に流れる音声と思われる)。つまり、3連答クイズか何かでは
ないでしょうか。しかも、4チームが1対1の対戦によるトーナメント形式で争って
いるのがわかります。

最終的に代表になったのは、YES−NOクイズで唯一全問正解したチームでした。
今年のYES−NOクイズの形式は、運ではなく強いチームが残ることになる
でしょう(参加人数の多い県は結局全問正解しないといけないので今までと同じ
だが)。時刻はすでに5時半近くになっています。他の予選では珍しくありません
が、沖縄では異例の遅さです(通常、3時前には終わる)。私の帰りの飛行機までは
3時間。かなり余裕をもったつもりでしたが、この時期、休日の夕方に名護方面から
那覇に向かう道は大渋滞になります。沖縄の人も、こちらの方へ遊びに来るのです。
最後は那覇バスターミナルから空港までタクシーを使ってギリギリ間に合いました。
スタッフはどうしたのでしょうか。

−−−−(ここまで)−−−−

 3連答クイズではありませんでした。番組を見ると、音声が聞こえにくいので、非常にゆっくり話していたのがわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日)

日本人の質問(その10)

 先日の「徹子の部屋」に桂文珍が出ていましたが、「クイズ日本人の質問」は10年やったそうです。自分でウソだと思いながらやっているのが正解だと一番驚いたと言っていました。「アンデスメロン」などですね。
 そういえば、「徹子の部屋」は、番組の最も初期は、前半が対談で後半は視聴者参加クイズだったのを知っているでしょうか。地味な対談では視聴者が獲得できないと考えたらしい。私はクイズ時代を見た記憶があります。2人1組で「連想ゲーム」のようなことをしていました。この事実については徹子の部屋の○○周年スペシャルのような番組でも全然取り上げられませんね。こういうのを「トリビアの泉」に投稿したら採用されるだろうか(でもあの番組は他局ものは「笑点」ぐらいしかネタにならない)。
 それでは「クイズ日本人の質問」の問題です。

−−−−(ここから)−−−−

大相撲の土俵入りで化粧まわしを持ち上げる動作はどんな意味?
しこを簡略化したもの。江戸時代と違って幕内力士が大勢いるので。
ウーロン茶の葉の等級はどうやって決める?
鑑定人の目と舌で判断する。この人を茶師という。形、香り、味、色で評価する。
烏龍茶とは、色が烏、葉の形が龍に似ていることからついた名前。
「へべれけ」とはどこから来た言葉?
ギリシャ神話でヘーベー(Hebe)という女神がいて、神々の宴会でお酌をする係だっ
た。ヘーベーがお酌をするという意味の文章をギリシャ語でヘベレケという。
「おもと」の鉢に卵の殻を乗せるのはなんのため?
専門家によると、何の意味もない。
ミミズはなぜ、雨が降ると外に出てくる?
土の中で、自分の吐いた二酸化炭素でいっぱいになって、呼吸困難になる。
オートバイは2輪で走っているのに、なぜ単車という?
日本陸軍で、サイドカーを側車と呼んだのに対し、サイドカーのついていないものを単車
と呼んだ。
身体測定で、座高は何のために測る?
昭和12年から測るようになった。内蔵の発達を知るため。
なぜロンドンのウエストミンスターの鐘が、日本の学校のチャイムに使われるようになっ
た?
戦争中に臨時ニュースに使われていたチャイムの音を、昭和20年代に大森第四中学校の
教師がベルにかえて取り入れた。

−−−−(ここまで)−−−−

 ウエストミンスターの鐘といえば、「徹子の部屋」と同じ時間帯に同じ局でやっている番組に出てきますね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年2月25日 (土)

19回沖縄大会(その4)

 ポッドキャスティングでラジオ番組を聞いていたら、映画評論家の町山智浩が、「『大空港80』という映画でコパイロットが…」という話をしていました。コパイロットという言葉が実際に使われるのを初めて耳にしました。
 それでは19回沖縄大会の続きです。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

勝った4チームは早々にどこかに消えます。ビーチで抽選会が始まったのをしり目に
私も動かなければなりません。潜水艦の乗り場に行ってみます。でもスタッフが来る
気配がありません。潜水艦のパンフレットがありました。1時間半ぐらい乗って1万
円かかるんですね。しかしよく読むと、乗っている間は席から一切動くことができ
ないと書いてあります。これでは決勝のクイズに使えそうにありません。

ホテルの玄関の方に行ってみると、すでに挑戦者やスタッフがバスに乗って出発
しようとしているところでした。いかんいかん。まったく予想外の動きでした。
とりあえず、バスがホテルの前の国道をどちらに向かって走っていくかだけ確認
します。これを見届けてから、ホテルの中に入ってみました。都合のいいことに、
ホテル内は巨大な商店街のようになっていて、沖縄のガイドブックもいろいろあり
ます。たしか沖縄のどこかに、海中に造られた展望台があったよな。あれはどこ
だっけ…。ガイドブックの地図で、このホテルから国道沿いに北上したところを見て
いると、ある施設が目に留まりました。「これだ!」

沖縄のガイドブックを見ると、ホテルの前の国道を北上して名護市に入ったところに
海中展望塔というのがあります。直接海の中に窓があって、魚の様子などが見られる
わけです。ここか。急いで現場に向かいます。何度も書きますが、バスが10分ごと
ぐらいに走っているので非常に都合がいい。

バスに数十分乗車しました。「海中公園前」のバス停が「ブセナリゾート前」に名前
が変わっているということを知らずに乗り過ごしましたが、歩いて数百メートル
戻って、半島のようなところに入っていきます。海中展望塔はこの先端の方にあるの
ですが、そこまでの間の敷地を、ブセナリゾートという巨大な施設が占めています。
ホテルはまるで西洋の城のようです。ホテル内を通り抜けて展望塔へ行こうとしても
迷路のようで先に進めません。海に面した部分も、すべてここが開発したビーチに
なっているようです。さすがにサミットの首脳会談が開かれる会場だけあります。
リゾートの敷地をさんざん行ったり来たりして、ようやく海中展望塔へつながる道に
出ました。

が、何か不安がよぎります。テレビの収録をやっている雰囲気がありません。すでに
敗北を確信していたものの、入場料を払って中に入ってみました。そしたら、中は
極めて狭い。直径3メートルぐらいしかないのではないでしょうか。このスペースで
クイズができるわけがありません。閉塞感の強いこの場所から魚を眺めることもなく
早々に外に出ました。帰りにまたブセナリゾートの敷地を通り抜けますが、そこには
沖縄テレビではなく琉球放送の中継車がとまっていました。

−−−−(ここまで)−−−−

 このリポートはまだ続きがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

YES−NO50連発

 今回はちょっと目先を変えて、過去に高校生クイズの公式ホームページに載ったものです。これを載せても著作権で何か言われたりはしないでしょう。

−−−−(ここから)−−−−

----------------------------------------------------------------------------

'96高校生クイズ

プレゼント問題

リコーのデジタルカメラが当たる!『YES/NOクイズ50連発!』

----------------------------------------------------------------------------
冒頭のYES/NOクイズ10問は全問正解までたとり着けたかな?

でもあれはあくまでもウォーミングアップ。ここからが本当の勝
負だ!

君達には、過去15回の大会で実際に使用した問題が25問。 そして
今大会で使う問題25問。 合計50問のYES/NOクイズにチャレンジし
て欲しい!

[リコーデジタルカメラ]
集計の結果、成績上位5名(全問正解
者多数の場合は抽選)には、 なんとマ
ルチメディア対応リコーのデジタルカメラをプレゼントする!

心してかかれ!行くぞ、問題!

番号 問題 YES NO

1 月でも地震はおきる。(第3回)

2 プロ野球の試合に審判が遅れた場合、 選手が審判になることが出来
る。(第3回)

3 ネコが怒ると毛が逆立つのは一本一本に筋肉があるからである。
(第7回)

4 路面電車もスピード違反をするとパトカーに捕まる。(第8回)

5 ワライタケというキノコがあるように、 オワライグサという草もあ
る。(第8回)

6 「すもももももももものうち」といいますが、 セロリもパセリもセ
リのうちである。(第8回)

7 相撲の力士。モミアゲを伸ばしてもいいが、 ヒゲを伸ばしてはいけ
ないと決められている。(第9回)

8 サラダにかけるドレッシングは「ドレスのようにサラダに着せかけ
ること」 からその名がついた。(第9回)

9 アニメのミッキーマウス。デビュー当時の声は、 作者であるウォル
ト・ディズニー自身であった。(第10回)

10 南極には各国の基地がありますが、さすがに観光客用の「ホテル」
はない。 (第10回)

11 ソビエト原産の犬「シベリアンハスキー」は、 遠吠えするその声が
しわがれているため「ハスキー」という名がついた。 (第10回)

12 「馬の耳に念仏」という諺。 英語では「馬に賛美歌」という。(第
11回)

13 コンピュータなどに使う「フロッピー」とは「蓄える」という意味
である。 (第11回)

14 留守番電話を発明したのは、オフィスの多い国に住むアメリカ人で
ある。 (第14回)

15 デザートの王様「パフェ」はこれ以上ない、 つまり「パーフェク
ト」という意味である。(第15回)

16 「ファクシミリ」は、もともと「遠くに飛ばす」という意味であ
る。 (第13回)

17 世界一参加者の多いクイズとして「高校生クイズ」は、 あの「ギネ
スブック」に揚載されている。(第13回)

18 ダンプカーのダンプとは、 積荷をドサッと落す意味である。(第13
回)

19 「オジキソウ」の花言葉は「はじめまして」である。(第13回)

20 ダチョウも脱腸になる。(第14回)

21 野菜にオクラ。「オクラ」とは英語である。(第14回)

22 病院で「診断書」を発行するように、気象台でも、 その日の天気を
証明する「気象証明」を発行している。(第12回)

23 「のどもと過ぎれば熱さ忘れる」というが、 ノドもとを過ぎると熱
さを感じる神経はない。(第12回)

24 「アジ」という魚はその名の通り、 味が良いことから名前がつい
た。(第11回)

25 大学と幼稚園。法律で定められた最低授業日数は幼稚園の方が多
い。 (第11回)

前半の25問はどうだったかな?

さぁ、これからは今年第16回大会で使用したYES/NOクイズだ。 ラ
ッキーなことに8月30日(金)夜9時からの放送を見ると、 いく
つかの答えはわかるかも知れない!

回答受付締切は9月3日(火)だ!目指せ全問正解!

行くぞ、問題!

番号 問題 YES NO

26
太陽も自転する(九州大会)

27
ダイエットなどに使われるヘルシーなリンゴには、 当然コレステロ
ールはない。(九州大会)

28
ネギの仲間には、長ネギ、タマネギの他に、カモネギもある。(九
州大会)

29
高校生クイズで必要な「チームワーク」は和製英語である。 (四
国・岡山大会)

30
王様のリゾート地に合わせて首都がその都度変わる国もある。 (四
国・岡山大会)

31
「はりねずみ」はいるが「はりもぐら」もいる。(沖縄大会)

32
ドラ、出航、別れのテープ。世界的な習慣となった船出のテープ。
このセレモニーが初めて行われたのは、わが日本の港である。(北
陸大会)

33
右回りの扇風機。南半球に輸出する場合は、 左回りにして送ってい
る。(北陸大会)

34
ハワイの民族舞踊・フラダンスの正式名は「フラフラダンス」であ
る。 (北陸大会)

35
大西洋横断単独無着陸飛行に成功した、大空の冒険家リンドバーグ
は、 昭和6年に日本に来ていますが、 この時ももちろん自分で飛
行機を操縦して飛んできた。(中国大会)

36
西武球場から世界中にアクセスできる夢のアイテム、携帯電話!。
現在、普及率急上昇のわが国ニッポン。加入者総数はアメリカを抜
いて世界一である。 (6月30日現在/関東大会)

37
北海道には、大雪山、釧路湿原、網走、 大沼など風光明媚な自然公
園がたくさんありますが、そこで問題! 現在日本で国立公園、国定
公園の両方に指定されている公園もある。 (北海道大会)

38
数ある交響曲の中に、ゼロ番から始まるものはない。(北海道大
会)

39
土佐から京都へ戻るまでを書いた。紀貫之の「土佐日記」。 日記だ
けに、一日たりとも欠けているところはない。(近畿大会)

40
国に名前と首都の名が同じ国はない。(北海道大会)

41
「石橋を叩い渡る」よりも、 さらに用心深いことを「石橋を叩いて
渡らない」という。(関東大会)

42
女子の新体操で、宙返りをすると減点になる。(近畿大会)

43
飛行機の定員数には、機長やスチュワーデスの数も含まれる。(関
東大会)

44
蚊取り線香があるように、ハエ取り線香もある。(関東大会)

45
フトモモという果物はあるが、フクラハギという植物もある。(関
東大会)

46
食中植物は、虫を食べないと枯れる。(関東大会)

47
官製ハガキの切手の部分を切り取れば、 普通の切手としても使え
る。(北海道大会)

48
夏の高校野球。最も多く優勝している都道府県は、 甲子園球場のあ
る兵庫県である。(近畿大会)

49
日本のお札と硬貨。表面と裏面が法律で決められている。(近畿大
会)

50
モーツァルトの葬式に「運命」を作曲した、 あのベートーベンも参
列した。(中部大会)

自信のほどはどうかな?

回答は9月3日まで受け付けてます。

下記のフォームにも必要事項を記入し応募して欲しい!待ってるよ!

E-mail: 氏名:

年齢: 〒: 住所:

−−−−(ここまで)−−−−

 全国放送を見ても、YES−NOクイズの正解がわかるわけがありません。
 しかし私は当然、このすべての問題の正解を現場で見て知っていました。でもさすがに応募するわけにはいきませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木)

19回沖縄大会(その3)

 私の職場のデスクで、「ライブで見ないと報道できない」と言って、毎晩、朝までオリンピックを見ている人がいます。これって、高校生クイズの予選を現場で見ないとわからないのと同じですね。

 それでは19回沖縄の続きです。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

ここで沖縄テレビの古川アナに司会が交代します。なぜ今年から沖縄テレビの人が
番組に出るようになったのかはわかりません。しかしここでも例によって敗者復活の
要求があります。すると今度は、ジャンケンではなくYES−NOクイズに正解
すればという形式に戻りました。ところで、古川アナは第12回の関東大会に出場
して第1問で落ちているそうです。関東地方で高校時代を過ごした人が沖縄テレビの
アナウンサーになっている。まさに、アナウンサーの受験だけを目的に全国を渡り
歩いてここにたどり着いたという就職活動の典型ですね。このドロドロとした世界を
ちょっと見たというのは、一昨年の中国大会のときに書きました。さて、古川アナに
出されるYES−NOクイズというのは、その、彼が落ちたという12回の関東の
第1問そのものです。古川アナはもう忘れたと言っていますが、高校生たちはNOだ
NOだと叫んでいます。やはり過去の問題集を読んでいる参加者も意外にいるの
でしょうか。結局正解して、敗者復活戦をやることになりました。

通常、敗者復活戦は補欠合格決定戦の後に行われますが、この予選では先に敗者復活
戦をやって残った1チームは補欠合格決定戦に合流するということです。沖縄は他の
地区よりクイズが1段階少ないのでこういうことになっているのでしょう。古川アナ
が敗者復活戦のタイトルを叫ぶと音楽が鳴ります。今年は演出に変に気合が入って
います。ルールは他の地区と同じです。ボールを7回引いた結果、2チームが残り
ました。この両チームでジャンケンをして、敗者復活のチームが決まりました。する
と、昨年の運大王決定のときの音楽がかかります。

敗者復活戦が終わったあたりでようやく晴れ間が戻りました。補欠合格決定戦をやる
のは、復活チームを含めて42チームのようです。ここから2チームを選ぶクイズは
「沖縄環境クイズ」といいます。タイトルを言うとまた音楽が鳴りました。しかし
要するに、近似値クイズを1問出すだけです。沖縄の環境に関係のある問題だという
ことです。全員が解答を小さいフリップに書いて、それをスタッフが回収します。
古川アナが、個々のチームに何件と書いたかと聞いたり、100件以上と書いた人は
いるかと聞いたりしています。この結果、2チームの学校名が発表されました。

続いて同じ場所で準決勝です。ルールは5ポイント先取の三択です。ここを通過して
決勝に進めるのは4チーム。これまでずっと5チームでしたが、この数には何か理由
がありそうです。40チーム以上いるのに3問目も5問目も全チーム不正解と、何か
レベルの低さを感じさせるものがありましたが(1問目の正解は3チーム、2問目は
5チーム。5問目終了時でようやく2ポイントが5チーム)。8問目でやっとリーチ
のチームが出て、11問目で同点決勝となりました。

−−−−(ここまで)−−−−

 ドロドロとした世界をちょっと見たというのは、就職活動中、たまたま広島テレビのアナウンサー試験で最後の方まで残って(最終的に藤村アナが合格したとき)、そこでアナウンサー試験を受けている人たちがどんな生活をしているかがわかったということです。ちなみにそのときいた人で、アナウンサーになった女子はほとんど辞めています。1人、社員のまま頑張っていた人も、昨年から産休に入りました。復活するかどうかわかりません。今活躍しているのはこの人ぐらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

19回沖縄大会(その2)

 地方紙のホームページを見ていたら、平成の大合併によって、日本一狭い市町村がめまぐるしく変わっていて、今は、この10日足らずの間だけ、高知の赤岡町らしい。日本一広い市はいわきというクイズ的な常識も崩壊しましたしね(今は高山かな)。
 それでは19回沖縄の続きです。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

10時15分ごろにクイズが始まりました。「今年の決勝は史上初…」また史上初
か。まさか会場が移動するんじゃないだろうな。「海中で行います!」このホテル
のところからは観光の潜水艦が出ていますが、その中でやるということか。この大会
は高校生の反応がやたらいい。福澤アナがあまりおもしろくないことを言ってもドッ
とうけます。この様子を見ていた観光客が「我々は今日、東京に帰るのはいやだと
思っているのに、『東京に行きたいかー! オー!』なんて、バカじゃないの?」

第1問は台風に関するものです。この番組は、台風のネタは第1問に使ってもいいと
いう暗黙の了解があるのが不思議です。第2問がむちゃくちゃいい問題なんですけど
(この事実を今まで聞いたことがないということが、クイズ番組自体が最近まったく
ないことを示している)、事実としておもしろすぎて、かえって第1問に使いにくく
なっています。次の第3問は、たまに雑学本などに載っている話を否定する問題
です。この問題を聞いて、ある思いが浮かびました。他の地区では、自分が何問正解
したかが確認できるように、7問すべての正解が会場後方に表示されます。しかし
沖縄にはそういうセットは持ち込めません。そこで、正解数がわかるようにするため
に、もしかしたら7問全部の正解を同じにするのでは…。

5問目の問題を聞いて、私の予想は崩れました。この番組には、「最初の4問の答え
は同じになることがよくあるが、5問目は絶対に同じにならない」という法則があり
ます。7問目を前に、また雨が降ってきました。今年は天候に恵まれません(でも後
の方のクイズでは雨は降らない)。この予選も、クイズに自信があるというなら
間違えられるのはせいぜい1問というレベルの問題でした。

準決勝に進めるのが15チームであることが発表されます。しかし、7問正解は
462チームのうち1チームしかいませんでした。この女子チームは、オープニング
で紹介されていた、ヒッチハイクで午前1時に会場に着いてしまったという人と同じ
学校のようです。6問正解は12チームでした。したがって、5問正解のチームで
残り2つの席をめぐって争われることになります。

−−−−(ここまで)−−−−

 最初の4問が同じ答えというのは数え切れないくらいありますが、その中で5問目も同じ答えだったのは1回だけです。
 あと、途中でYESとNOで別の電車に乗るという企画があって、何問目でその企画をやるのに適当な人数になってもいいように、第1問以外すべてYESにしてあった予選があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

19回沖縄大会(その1)

 新しい地図記号が二つ発表されましたが、もし今年高校生クイズがあるなら絶対に出題されます。やはり予想問題作りの基本は新聞でしょう。
 それでは今回は、19回の沖縄大会です。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

7月11日、朝8時前に那覇バスターミナルにやってきました。昨年は遅刻して、
唯一、YES−NOクイズの問題がわからない大会となりましたが(本も出ないし。
ネット上でも一昨年の沖縄の問題は見つかりましたが昨年のはありません)、今年は
ちゃんとしなければ。会場がどこかわかりません。参加しそうな高校生の姿も見え
ませんが、どうせ残波ロイヤルビーチでしょう。司会者が代わって以降、他の場所で
一度もやっていません。沖縄大会は単独の番組もないし、今さらひねった場所を探し
たりしないでしょう。ちょうど、1日数本しかない残波岬直通のバスが出るところ
でした。

空は曇っていて、ときどき細かい雨が降ります。沖縄大会でこういう天気は初めて
ではないでしょうか。今年はこれまでの予選、いずれもどこかで雨が降っています。
浦添あたりで大変な豪雨になりました。果たして番組が収録できるのでしょうか。
それにしても、途中からも高校生が乗ってきません。昨年は遅刻したにもかかわらず
同じバスに参加者が乗っていたのに。そもそも沖縄大会は参加者の絶対数が少ない
から、交通機関で高校生に巡り合う確率が低くなります。それに、直接家族の車で
会場に送ってもらう人が多いようです。これは沖縄ならではの傾向です。

雨はやんで、多少青空も見えました。宜野湾市内に入って、あるものが目にとまり
ました。ちょうど私の乗っているバスと並んで、もう1台のバスが合流しました。
停留所があって、何人かの若者の姿が見えました。彼らは私の乗っているバスに目を
くれず、その後ろのもう1台のバスに乗り込みました。そちらのバスの中を必死で
のぞくと、明らかに3人組になっている人たちがいます。今年は会場が違うのか!
向こうのバスは名護行きです。この路線上で会場になりそうなところというと、琉球
村やムーンビーチ、タイガービーチが考えられます。とにかく、名護方面と読谷方面
の分岐の直前の比謝(ひじゃ)で降りました。那覇から名護への路線は10分ごと
ぐらいにバスが走っているのでありがたい。次の便を待っていると、「沖縄テレビ」
と書いた観光バスが前を通っていきました。中は高校生でいっぱいです。会場への
送迎バスを走らせたんですね。

名護行きのバスに乗って会場を探します。結局、タイガービーチよりさらに少し先
の、恩納村のホテルサンマリーナのビーチでした。なんとか収録開始前に着くことが
できました。ここへ来られただけで奇跡的です。前説をやっている最中にまた雨が
降り出しました。今回、なぜか沖縄テレビのアナウンサーがやっています。これまで
沖縄大会には地元のアナウンサーは出ず、敗者復活戦などもすべて福澤アナがやって
いましたが、今年に限ってどうしたのでしょうか。前説のアナウンサーの指示で、
砂浜の上をYESとNOのエリアに走るところを撮影しています。今年は企画の都合
上、こういう動きはないのですが、全国放送のオープニングで走っている映像だけ
使うために撮影したものと思われます。

−−−−(ここまで)−−−−

 古川アナはこの回が最初だったんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

日本人の質問(その9)

 ライブドアでは、宮内被告の発案で、アクセスを増やすために、社員がブログを書かされて、最もアクセスの多い人に300万円というのをやっていたそうです。そのため社員はプライバシーを暴露しなければならなかったそうです。私なんかは会社の押しつけでなくても表現せずにはいられないのですが。
 それでは「クイズ日本人の質問」の続きです。

−−−−(ここから)−−−−

昔の、前輪が背丈ほどある自転車には、どうやって乗った?
後輪の上に足をかけるステップがある。そこに足をかけ、走らせながら飛び乗る。
カバは、歯にはさまった草をどうやってとる?
カバの奥歯のまわりには、口の内側の皮膚が固くなってできたブラシのようなものがある。
これには、食べた草が歯の奥に行かないようにせきとめる役割と、歯にはさまった草を
かき出す役割がある。
「にっちもさっちも」って何?
「二進も三進も」と書く。昔、割り算の九九があった。「二進が一進」(2÷2=1)と
「三進が一進」(3÷3=1)もできない、つまり一番簡単な計算もできないということ
で、やりくりがつかないという意味で使われた。
アマチュアレスリングのユニフォームのデザインの由来は?
昔、イギリスにグリマという格闘技があって、上をランニング、下をスカートで、ベルト
を締めてやっていた。関節技のある格闘技をやるようになると、上と下がバラバラになる
ので、ランニングとパンツを1つにした。
道路標識の「横浜まで24km」というときの「横浜」とはどこのこと?
一般的に、市役所や町役場までの距離を示している。
日本地図の海岸線は、満ち潮・引き潮どちらのときを基準にしている?
満ち潮の平均の高さを基準にしている。
水平線は自分から見てどのあたりの距離にある?
4.5km(身長160cmとして)。
競馬で、誰も当たり馬券を買っていなければどうなる?
過去に少なくとも10件ある。運営資金、国庫への収益、払い戻しの手数料、合わせて3
0%を除き、70%が払い戻されて分配される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

信州ウルトラクイズ(その2)

 東京の築地市場の移転について、これまで反対してきた中央区が容認に転じたそうです。それがどうしたのかというと、移転先の空き地は、19回の全国大会の準決勝をやった場所です。
 それでは長野オリンピック会場でのクイズの続きです。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

舞台の上には、本格的な解答席が6台用意されました。得点の電光表示もついて
いて、本物のウルトラクイズより立派です。現時点での参加者は100人ぐらいいる
ようです。どこかで見たような気がする、いわゆるプロの司会者が登場します。
「10万円が欲しいか!」なんと優勝賞品は現金10万円であるということを初めて
知りました。それにしても、この○×クイズは難しい。私は高校生クイズの問題なら
全知を傾けて正解する自信がありますが、今回のような企画の場合、「問題制作者の
レベルがどの程度低いか」を見極めて、それに合わせた答え方をしなければなり
ません。高校生クイズなら番組の質を保つためにこういう問題文やこういう解答は
決して出ないという法則があるのですが、素人が問題をつくるとそうはいきません
から。

正解はビッグハットの大画面に表示されます。しかも、カメラでとらえた映像に
重ねて○や×を出すという、本家のウルトラクイズでもやっていない演出です。結局
2問目で失格しました。「○○の1位は長野県ですが、2位は○○県である」という
形式の問題で(高校生クイズでは出ないな)、これで間違えたのは結構恥ずかしい気
がしますが、出題者のレベルを読み切れませんでした。すべての問題が長野県に関係
あるという制約のために不自然な問題もありますが、全体として、かなりまともな
ところが問題制作にたずさわっているようです。早押し機といい、このクイズを企画
した側は本気でやっています。

この手の○×クイズにある、全員が同じところに行っていつまでも決まらないという
のもまったくありません。残りが27人になったところで、決勝進出の9名を賭けて
3ポイント先取の○×クイズをやるということになりました。札が配られます。
ところが1問目で圧倒的多数が正解すると、その問題の不正解者はその場で失格に
なりました。3問で決まったのが6人。2問目で間違えた人はなぜかそのまま参加
できて、逆転して9人の中に滑り込んだ人もいました。

しかし早押し機が6台しかないのは最初から見えています。ここで司会者が「実は
あと3人落とします」。本家のウルトラクイズのような奇襲クイズを狙ったの
でしょうが、この演出は疑問です。最初にちょうど6人決まっているのにわざわざ
あと3人合格させて、また○×クイズで3人だけ落とすというのですから。ここで
落とされた3人、なんと全員に賞金3万円(と副賞)が与えられるというのです。
この段階で3万円とは、なんと豪華なイベントなんでしょうか。重ね重ね、負けた
のがものすごくくやしい。

決勝進出者は大半が地元の人ですが、ひとり、群馬大学クイズ研という人がいます。
彼は決勝が始まると、部に伝わるという自作のウルトラハットをかぶりました。
ウルトラクイズを求めて長野までやってくる「その筋」の人は私だけではなかったん
ですね(敗者の中にも、その筋は何人かいるようです)。ボタンの押し方も、
いわゆる長戸押しのようなフォロースルーをつけています。ルールは10ポイント
先取。10ポイントなんて、どんなに時間がかかると思ってるんだ。やっぱり企画は
素人か? ダブルチャンスならぬ、1つの問題で正解が出るまで全員が1回はボタン
を押すことができます。ただし不正解者は全員、1回休みになります。司会者が
いろいろヒントを出していったりして、また難しい問題は三択になっていて、結局
スルーになる問題は1問もありませんでした。

決勝は22問で終了しました。こんなに早く終わるとは思いませんでした。○×を
含めたクイズ全体で1時間20分ほどで、ちょうどいい。進行のテンポも驚くほど
よく、この企画を担当した代理店?は大したものです。優勝したのは普通の人
でした。地元の長野県のことをよく知っていました。群馬大学クイズ研は6ポイント
で2位。ここでまた驚かされたのが、3位まで全員に10万円(と副賞)が与えられ
るということです。私のくやしさは最高潮に達しました。4位から6位は5万円(と
副賞)です。こんな気前のいいクイズ企画は前代未聞です。彼らは舞台の裏で領収書
を書いていました。

信州ふるさと自慢大集合自体は毎年やっているそうですから、来年もこの企画はある
かもしれません。東京からわざわざ参加しに行ってもいいレベルのイベントだったと
書いておきましょう。10万円欲しい。

−−−−(ここまで)−−−−

 素人が作る○×クイズは必ず1問目が×で2問目が○とか、「○○で一番なのは○○である」という問題を安易に×にするとか、いろいろ特徴はありますが、このイベントで出された問題は予想外にレベルが高かった。「長野県のタウンページには『おやき』という項目がある」(正解は×)なんていうのは、素人には作れないレベルです。
 今ならこういうクイズをやれば、全国各地から「その筋」の人しか集まらないかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

信州ウルトラクイズ(その1)

 私はかつてのFQUIZに、高校生クイズに限らずいろいろなことを書いています。今、冬季オリンピックが開かれているので、かつてオリンピックが開かれた会場でのこの話です。98年秋に書いたものです。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

今月から人事異動で新聞記者になりました。でも相変わらず、勤務でないときには家
にもいない生活です。10月10日には、東京の日比谷公園で開かれている「鉄道
フェスティバル」に行きました。10月14日の「鉄道の日」を記念したもので、
今年で5回目です。ここには全国の鉄道会社や関連団体がブースを出すのですが、
名鉄のところを通りかかると、職員が列車のプレートを掲げていました。なんと、
今年の高校生クイズの中部大会で参加者を運ぶために走らせた臨時列車に取りつけた
プレートを、10000円で売っています。デザインは、上に「第18回全国高校生
クイズ選手権中部大会」と書いてあって、?マークの中に昨年の中部大会の写真が
はめこまれています。司会者が後ろ向きに写っていますが、これは板谷アナです。
買おうかと思ったのですが、金の持ち合わせがありませんでした。名鉄の職員は必死
でこのプレートを売りさばこうとしているようですが、なかなか興味をもってもらえ
ません。「列車の行き先がどこにも書いてないから売れないかなー」などと話して
います。しかし会場を一回りして戻ってくると、その職員もプレートも消えて
いました。売れたのでしょうか。

10月10・11日に行われるイベントがもう1つあります。11日は一転、長野に
向かいました。「さわやか信州デスティネーションキャンペーン」のイベントとして
行われる。「98信州ふるさと自慢大集合」。これ自体は毎年行われているようです
が、今年初めて、会場がビッグハットになりました。その中のステージ企画として、
「信州ウルトラクイズ」というのが両日開催されます。このウルトラクイズの参加者
募集のポスターが、9月に東京周辺のJR駅に大量に張られていました。長野の一
イベントのステージ企画のクイズの参加者を東京でこのように募集するというのは、
主催者側の気合の入り方が尋常ではありません。これはいい加減な企画ではなく、
一見の価値があるのではないかと思い、応募ハガキを出したのです。

参加通知ハガキによると、11日の場合は9時から11時の間に会場に行って受付を
すませて、1次予選のビンゴを各自でやるようにと書いてあります。その通過者が
2次予選の○×クイズに参加できるということです。ビンゴを各自でやるとは
どういう意味なのでしょうか。会場の受付は、当日の参加者と、ハガキで応募した
県内の人・県外の人がそれぞれ別になっています。ハガキを出すと、箱の中から1枚
ビンゴカードを引きます。そこには長野県の市町村の名前が書かれていました。
ちなみに私のカードは、

 塩尻市  白馬村 須坂市 野沢温泉村 小布施町
木曽福島町 松本市 長野市  戸隠村  中野市
 穂高町  安曇村 free 上田市  軽井沢町
 伊那市  岡谷市 駒ケ根市 真田町  東部町
 飯田市  高遠町 諏訪市  佐久市  小諸市

となっています。長野県内の4つの地域の市町村がそれぞれの隅に6つずつ入って
います。会場内のいろいろなところに、市町村の名前を書いたプレートが設置して
あるそうです。それを見つけると、その市町村のところを開けられます。1列並べば
受付に持ってきて、○×クイズ参加資格を示すステッカーを受け取ります。「県外の
方は、かなり確率が高くなっていますから」。カードに書かれた全部の市町村がある
わけではなく、はずれのカードもあるということでしょうか。この企画の目的は、
会場をくまなく見てもらうということです。非常にうまいやり方です。だから本当は
ビンゴにははずれはないのではないかと思っているのですが。

岡谷市、飯田市、小布施町を立て続けに見つけて、あっという間にリーチになり
ました。しかし戸隠村が文字通り隠されているのか、なかなか見つかりません。その
うち、反対の斜めもリーチになりました。ここで、ビッグハット2階の観客席に
上がることにしました。ずいぶん観客席が少ない気がします。1階部分まで席を
出したとしても、冬季オリンピックの屋内競技はこんなものか。上から見ると、戸隠
村を発見しました。○×クイズは12時30分に開始されます。

−−−−(ここまで)−−−−

 名鉄の中部大会のプレートは、結局売れずに翌年の鉄道フェスティバルにも出ていたと思います。
 ビンゴに書かれている市町村のいくつかは現在は消滅しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

18回東北のYES−NOクイズ

 写真展「日本の子ども60年」の京都展を見ました。いうまでもなく戦後60年の子どもの写真二百数十枚が展示されているのですが。その中に、縁の太い白っぽいメガネをかけて真ん中に何かつけている写真があって、一瞬「新生3」の福澤朗かと思いました。
 それでは、18回沖縄のYES−NOクイズは以前書いたように、遅刻してわからないので、18回東北の問題です。

−−−−(ここから)−−−−

NO.1 日本のお札・5000円札には東北が生んだ偉人・新渡戸稲造が描かれています
     が、記念硬貨があるように、かつて記念紙幣が発行されたことがある。
NO.2 仙台に残る国指定重要文化財、この世界地図(坤輿=こんよ=万国全図)は、
     室町時代よりも前につくられた。
NO.3 牛乳の成分、5割以上は水分である。
NO.4 アインシュタインは、ノーベル物理学賞の他に、化学賞も受賞している。
NO.5 外国人でも、日本の文化勲章は受章できる。

解答
NO.1 NO
     記念硬貨は1964年の東京オリンピックが最初で現在までに35種類発行
     されているが、記念紙幣は発行されたことがない。
NO.2 NO
     1602年、北京において、イタリア人のマテオリッチにより刊行された。
NO.3 YES
     水分や乳糖、脂肪、タンパク質、ミネラル、ビタミンなどが含まれているが、
     そのうち水分が87%を占めている。
NO.4 NO
     1921年に数理物理学への功績、特に光電効果で物理学賞を受賞したが、
     その他の賞は受賞していない。
NO.5 YES
     国籍についての規定はない。アポロ11号のアームストロング船長ほか3人に
     伝達されている。

−−−−(ここまで)−−−−

 2問目は、「この世界地図」というところで、地図が大画面に映し出されたのです。大画面をそのように使ってYES−NOクイズを出したのはこのときだけです。あと、第1回の四国で、YES−NOクイズの途中に1問だけ「これは何?」というサドンデスの三択が出たことがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

幻の敗者復活戦

 14回中部のリポートの中で、12回ウルトラの「該当者がいない敗者復活戦」について言及しました。そのことについて後に書いています。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

「それでは我々100名、アメリカへ行って参ります。バンザーイ!」
「ちょーっと待ったーっ! トメさん、何か忘れていませんか?」
「これはナベちゃん、別に何も忘れていませんが」
「いいですか。デンティストでロッポニカですよ」
「歯医者? にっかつ?」
「そうだーっ! 敗者復活だーっ!
この記念すべき年に敗者復活がないというのかーっ!」
「うーん、今年は初めて東京ドームに移ったことだし……
わかりました。敗者復活をやりましょう!」

「東京ドーム完成記念 敗者復活戦」

「ルールを説明します。これからあのオーロラビジョンに、ある名前が出ます。
それと同じ名前の方がいらっしゃれば、その人は敗者復活です。
それではまず、最初の文字は、これだーっ!」

「大」

「大で始まる名前の方、お立ちください。はあ、大勢いらっしゃいますねえ。
それでは次の文字です。これだーっ!」

「大 木」

「大木という名字の方、ほお、いらっしゃいますねえ。
それではいよいよ下の名前の発表です。敗者復活の名前は、これだーっ!」

「大 木 玉 子」

「ビッグエッグを日本語に訳して、大木玉子という名前の方がいらっしゃったら
名乗り出てください。どうですか? どなたもいらっしゃいませんか?
ということは、敗者復活は1人もいないということですね」
「そんな恥ずかしい名前の人、いても名乗り出られませんよ」

この名前の人がいないということは、応募の書類を見た段階でわかります。
最初から敗者復活はないと言えばいいものを、こんな企画で出場者の心を
もてあそんだわけです。
敗者はみんな、冗談だと思って誰も帰ろうとしません。
結局、プロデューサーが出てきて説明する羽目になりました。

−−−−(ここまで)−−−−

 日活の「ロッポニカ」という映画ジャンルって、まったく普及しませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

14回中部大会(その4)

 昨夜、スピードスケートの結果を確認してから帰宅したら、自動送信したはずの文章がどこにも見当たりません。改めて同じものを書き直しました。投稿時刻が遅かったのはそのためです。
 それでは14回中部の最終回です。敗者復活のYES−NOクイズの途中からです。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

大相撲の番付、横綱の人数に定員はない。
YES 幕内・十両の人数には規定があるが、大関・横綱にはない。
この問題は過去に出ている。第5回の北海道大会。

大相撲で白星・黒星・金星という言葉はあるが、銀星という言葉はない。
YES

この問題は、8問目である。
YES この問題があるので、問題番号を書かなかった。

プロ野球、パ・リーグに彗星のごとく現れたリーディングヒッター・イチローは、
その名の通り長男である。
NO 父・鈴木宣之の次男。

かつて、子供の初めての誕生日につく餅のことを「しりもち」といった。
YES

この10問目で全員がNOに行った。したがって復活チームはない。
しかしこの企画は、最初から復活チームを出さないつもりだったとしか思えない。
演出のために敗者を残しておくのだけが目的だったと言わざるを得ない。
第12回のウルトラクイズの東京ドームと同じ悪質さである。
(放送されなかったし本にも載っていないが、この回スタッフは、
敗者復活の条件に該当する人がいないことが最初からわかっている
敗者復活戦をやった。スタッフ内部でもかなり批判が強かったらしいが)
今回、私は10年ぶりに中部の番組を見られなかったのだが、
果たしてこの敗者復活戦は放送されたのだろうか。

決勝戦も同じ場所で行われる。
朝に見た黒い解答席は、遠くの方に押しやられている。
万が一、敗者復活のチームが出た場合は、あれを使うつもりだったのだろう。
決勝のルールは、早押しで2問正解すると三択の通過クイズに挑戦して、
それが正解なら全国大会進出というものである。
ただし、その三択が大がかりな演出になっている。
答えるのは代表者1名。残りは早押し席で待つ。
グラウンドには、「1」「2」「3」と書かれた巨大な3枚の扉がある。
解答者は、選んだ答の扉の裏につかまる。何番を選んだかは他の2人には見えない。
扉の裏は分厚いクッションになっている。
そこに背中を向けて両側の手すりにつかまる。
そして「正解はこれだ!」という掛け声とともに、正解の扉が前に倒れる。
仰向けに寝たチームメイトがそこにつかまっていれば全国大会だ。
結果としては、三択で間違えたのが1回しかなく、
あっという間に全国大会進出チームが全部決まった。

ところで、このときの三択で「江戸時代の五街道で、宿場の数が
最も少なかったのは?」という問題が出たのだが、
愛知県の千種高校は、全国大会の2回戦で「江戸時代の五街道で…」
というところで押して「奥州街道!」と答えた。
いくらなんでも、予選と同じ問題が出るかよ(ということにしておく)。

−−−−(ここまで)−−−−

 「この問題は8問目である」って、なつかしの「タイムショック」のパターンですね。
 イチローがパ・リーグに彗星のごとく現れたリーディングヒッターだというのが時代を感じさせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

日本人の質問(その8)

 高校生クイズの未公開問題が明らかに…なる前にちょっと引っ張って、「日本人の質問」の問題です。そのままクイズ大会の○×のネタに使えます。

−−−−(ここから)−−−−

ブタのしっぽはカールしているが、真っすぐになることはない。
× 生まれたときは真っすぐ。また、元気がないときは真っすぐに伸びる。
豚毛の歯ブラシがあるが、それに使う毛をとるために飼育している豚がいる。
× 中国からの輸入が多い。
郵便小包はあるが、かつては郵便大包というものがあった。
×
官製ハガキを汚して使えなくなった場合、41円と書いてある部分を切り取って切手とし
て使える。
× 官製ハガキは切り取って使ってはいけないと郵便法で定められている。手数料5円で
取り替えてくれる。
中国にも、しりとりがある。
◯ 漢字でしりとりする。
中国にもクロスワードパズルがある。
◯ 縦横填字(ゾンハンティアンズー)という。
レンコンの穴の数には決まりがある。
×
ドジョウのヒゲの本数は決まっている。
×
生まれたばかりの赤ちゃんヤドカリの宿はどうなっている?
自分で小さな宿を探す。
みかん箱のふたのホチキスは、閉めた後どうやって裏で折り曲げている?
針の外側からツメを刺して曲げる。
缶詰の不良品のチェックはどうやってする?
叩いて音で検査する。不良品は鈍い音がする。
「佐渡おけさ」などの民謡ではなぜ「ハァー」と歌い出す?
昔は即興で歌を歌ったので、歌詞を考える間のつなぎとして。

−−−−(ここまで)−−−−

 このころは、ゲストに出す一問一答の問題が、各チームごとにテーマが統一されていたのがわかります。ほどなく一問一答自体がなくなるのですが。あと、当時はがきは41円だったんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

14回中部大会(その3)

 今夜は14回中部の3回目ですが、高校生クイズの未公開問題が明らかになります。この記録をとっている人はいないでしょう。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

決勝進出の10チームが決まり、舞台の後ろには敗者復活に出るチームが山のように。
司会が神アナに交代して、敗者復活のルールが発表される。
出てきた「YES」と「NO」の巨大な布。これは関東大会の演出に使ったものだ。
他の予選で使った小道具を再利用するのはよくある。荷物のかさと費用の節約か。
YES−NOクイズを行うわけだが、「27問連続で正解」しないと復活できない。
そんなことが果たして可能か。本には載っていないが、ここにその問題を
すべて披露しよう。

福澤ファイアー朗のお父さんは、消防士である。
NO 普通のサラリーマン。

Jリーグ、チーム名に数字が入っているのは名古屋グランパスエイトだけである。
NO サンフレッチェ広島もある。

サッカーの試合、1人で3得点するハットトリックは、
「忍者ハットリくん」が語源である。
NO 私の知っている説では、クリケットで優秀選手に帽子を贈ったところから。

こういう問題ばかり出して、27問目まで引っ張るのだろうか。

寄席で最後に出る人をトリというが、最初に出る人をタマゴという。
NO 前座・開口一番・サラなど。

歴代の総理大臣には、一度辞めてもう一度総理大臣に復活した人もいる。
YES 吉田茂など。

−−−−(ここまで)−−−−

 「27問」というのは予選が行われたのが7月27日だからですが、27であることに何の意味があるのか。そもそも視聴者には予選の収録日など関係ないし。
 今回は途中の問題まで載せました。果たして敗者復活チームは現れるのでしょうか。黒い解答席は1つしかないので、全問正解チームが複数現れたらどうするのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

14回中部大会(その2)

 最近、ここのアクセス数が乱高下しています。最低ラインは常に50なので、いつも読んでいるのは50人でしょうが、自分でおもしろいと思うのが伸びなかったり、大したことのない内容のときに100を超えたりします。
 それでは14回中部の続きです。

−−−−(ここから)−−−−

ケーキの中から正解の色の紙テープが出る。最近、第1問の正解発表は、
紙テープがやたら多い。確実性があるからだろうか。
第5回の中部では、けんか凧で正解発表する予定だったのが、風がなくて、
ただの垂れ幕での発表になってしまった。そのため、第1問がなぜ凧に関する問題
だったのかという意味がすっかりなくなってしまったということがあった。

「このケーキに書かれているFの文字。これはファイアーのF、フクザワのF、
そして、『復活』のFです!」
演出上、敗者に残っていてもらいたいとき、この前の四国のように
高校生クイズグッズをばらまく方法もあるが、もう1つ、元手がかからないのが
敗者復活戦を用意することである。
負けたチームは陸上競技場に移動する。先ほどの解答席は片付けられている。

さて、ペーパークイズである。
「クンクンボード」の正解のアルファベットが最初は「M」だったのだが、
なぜか前回の近畿大会から「N」に変わった。
Mだと該当する有名人が三浦知良、松井秀喜、向井千秋、村山富市など考えられるが、
Nとなるとせいぜい長嶋茂雄ぐらいしか思いつかない。
大勢が参加した関東大会の後なので、答が漏れている可能性を考えたのだろうか。
1問目は3人の顔写真の中から「今年、第81代総理大臣になったのは?」
という人物を当てる問題である。写真はすでに差し替えられている。

その間に陸上競技場ではリハーサルが行われている。
四国と同様に、敗者が「まるー」とか「ばつー」とか出して、
ペーパークイズの結果発表をしようというわけである。
グラウンドの上なので極めて暑い。本番までよそで待つ。
敗者が捨てていった予選通知ハガキを拾った。敗者復活に出る気のないチームか。
そこには、次のようなことが書かれていた。
「背中に、誕生日の日付の数(7月27日生まれなら27)を書いてきてください」
なるほど。最初から、どうもゼッケンみたいなものをつけているチームが
多いなと思っていたら、そういうことか。しかしまだこれを利用する場面はない。
勝ち残っている挑戦者がやってきて結果発表。しかしまだ敗者復活戦の気配はない。
準決勝の準備をするにあたって、「敗者のみなさんは、クイズが始まったら
その場所を動かないでください」という案内がある。

準決勝は次のようなルールである。
チームの3人はそれぞれ、抽選箱から、畳まれたTシャツを引く。
Tシャツには「+」「−」「×」「÷」のいずれかの記号が書かれている。
そしてステージからグラウンドに降り、敗者の中から4人を選ぶ。
数字の書いてある4人と記号の3人が交互に並んで、
答が27になるような計算式を作るのである(27なのはこの日が27日だから)。
そうすると問題が出る。1問正解するとTシャツを着替えてまた数字を探す。
2問正解で勝ち抜けである。
式を作るのに選ばれたメンバーがいるチームはすべて、
あとで行われる敗者復活戦に参加できるという。
先ほど「動かないように」と言われた意味がわかった。
敗者がみんな、選んでもらおうと勝者に近づいていったら収拾がつかなくなる。
言い換えると、この時点で座った場所が悪ければ、絶対に選ばれることはない。
クイズが始まると、見込みがなさそうな位置のチームがぞろぞろ帰り始めた。

−−−−(ここまで)−−−−

 クンクンボードというのは、この年のペーパークイズはこれに正解しないと取りかかれないのです(その間に制限時間が減っていく)。ボードに、あるアルファベットの形ににおいをつけてあるそうです。
 ペーパークイズの1問目は、3人の顔写真から首相を当てるものだったのですが、予選の途中で首相が代わったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

14回中部大会(その1)

 前回の文章の中でちょっと言及した14回中部のリポートを載せようとしたら、その書き込みが見つかりません。そしたら、翌年の1月になって書いていたことがわかりました。当時はリアルタイムでのネタバレをやっていなかったんですね。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

7月27日(これは重要である)朝、「大垣夜行」で名古屋駅に降りる。
まだ6時過ぎなので人気が全然ない。これで会場が探せるのか。
中部なら探せる。名鉄の新名古屋駅の改札のところに行ってみる。
やはり臨時きっぷ売り場があった。
中部大会の番組は名鉄がスポンサーであることもあり、
恐らく名鉄で行けるところに会場が設定されるだろうと思われる
(まあ、愛知県内ならたいていのところは名鉄で行けるが)。
売っているのは朝倉駅までの切符。知多半島の支線にある駅だ。
したがって、第1会場は知多市総合運動公園だと考えられる。
ここは第10回で使った場所である。中部大会は10回から「愛知県シリーズ」
(当然、私が勝手に名付けた)として、愛知県内の各市でやってきた。
今回は瀬戸市あたりかと思っていたのだが、5回目にしてネタがなくなったか。
少し待って、高校生でいっぱいの電車に乗って行く。
朝倉駅は小さいので、混雑の整理が大変である。

会場には巨大なケーキが作られている。何の意味かはわからない。
次の会場の手掛かりを探すために、グラウンド以外のところも歩き回る。
別のところにある陸上競技場をフェンスの外からのぞくと、
中央に舞台がしつらえてあって、上に解答席が11台ある。
第10回にここに来たとき、ここなら決勝までやる設備があると思ったのだが、
今回は本当にそうなるのか。
このところ、予選での移動距離がどんどん短くなっているようだ。
結局今回は、徒歩以外の移動が2回以上あったのは近畿大会だけだった。
不況などで制作費が減っているからか。あるいは凝ってもどうせ放送できないからか。
11台の解答席のうち1つは黒い。ルール上、解答席の前面をカラーの
プラスチック板で覆うのはよくあることだが、黒というのは初めて見た。
決勝で通過クイズをやるということだろうか。

いよいよ司会者の登場である。タキシードに半ズボンという変な格好。
「ハッピーバースデ〜!」ということで、今回のテーマは誕生日だそうな。
舞台がケーキだったのも、そういう意味だ。
予選当日が誕生日という人たちが舞台に上げられて、
会場からハッピーバースデーを歌ってもらう。それ以上の特典はない。
第1問も誕生日に関するものだ。以前書いたのでもう書かないが、
予選が7月27日だからといって、「最も多いのは7月である」になるのは
不自然な気がする。普通、テレビ番組って、放送日を基準にして作りません?

−−−−(ここまで)−−−−

 「移動が2回以上あるのは近畿大会だけだった」と書いていますが、最近は移動が2回あることなんてめったにありません。まだ当時の方が経費節減されていなかったということでしょう。バブル期には全部のクイズでバス移動なんていうこともありましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

「余計な修飾語」講座

 昔の自分の書き込みを読んでいたら、非常におもしろいことが書いてありました。我ながら感動しました。これは高校生クイズに出ようという人にはかなり役立つと思います(今年以降も高校生クイズがあるなら)。94年に書かれたもののようです。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

満1歳を迎えた人気のJリーグ。地元チーム・名古屋グラパスエイト、清水エスパルス、
ジュビロ磐田の選手124人の中で一番多いのは、夏場に強い7月生まれである。

今年の中部大会の第1問です。これについては以前の記事で、もってまわったような
言い方で触れたこともあり、また、事前番組でも、いかにもパターンと異なる問題
という感じで採り上げられていましたので、きちんと解説しておきたいと思います。

この問題文にある「夏場に強い」は、いわゆる「余計な修飾語」ではありません。
そのことを長々と説明していきます。

高校生クイズにおいて、「Aの中で一番BなのはCである」というタイプの問題が
出た場合、基本的には正解はYESです。
この問題でYESを選ぶ場合、Cという可能性1つに賭けるのに対して、
NOを選ぶ場合はC以外のすべてのAの要素に賭けるわけですから、
当然NOの方があり得そうな気がします。
だから出題側は、正解をYESにしておくのです。

言い換えると、このタイプの問題で正解をNOにするときには、何らかの理由が
あるということになります。その理由を列挙していきます。
1 普通の人が、Aで一番なのはCだろうと常識的に思うような場合。
 例:日本の銀行の中で、最も資本金が多いのは、日本銀行である。
 「余計な修飾語」がつくのはこのパターン。というか、「余計な修飾語」をつけて
 このパターンに持ち込む。
2 正解をYESにしようとすると、Cの部分に極めてマイナーなものがきてしまう
  場合。
 例:パスポートを日本で一番初めにとった人は、あの伊藤博文である。
 実際は江戸で浪五郎、神奈川で房吉という人が同時にとったらしい。
 この事実で、正解がYESの問題文にするのは不可能である。
 この問題は、一番が1つではないという理由でもYESにできないわけで
 「YESにしようとすると問題文が成立しない」という仲間として
 ひとくくりにできる。
 今年の全国大会の一回戦のYES−NOの一問目はまさにこのパターン。
3 正解をNOにした方が、問題文がおもしろくなる場合。
 例:「長崎は今日も雨だった」という歌がありますが、1時間あたりの降水量、
   日本一の記録は、やはり長崎にある。
 このパターンには、先に問題文を思いついてから正解を調べたというケースが
 多いだろう。
 「日本で一番たくさんとれるお米の銘柄はササニシキである」という問題が
 仙台市で出題されるのも、この仲間だと言える。
 また、「…で一番…」というタイプ以外にもこのパターンは応用できる。
 今年の全国大会の決勝の「ドナルドダックはトリ年生まれである」というのは
 その典型(なお「ミッキーマウスはネズミ年生まれである」というのは
 第1回ですでに出ている)。

こういった理由がどれも当てはまらなければ、YESを選ばざるを得ません。
例えば「昨年(1990年)、近畿ブロック2府4県で最も多くとれた野菜は
タマネギである」という問題。なぜ「タマネギ」なのでしょうか。
まさか参加者が「大阪の泉南の方にはタマネギ畑が広がっているから
きっとそうだろうな」などという知識を持っているとは思えません。

最初の問題に戻ります。12の月のうち、なぜ「7月」なのかがわかりません。
予選当日が7月だからか? そんな理由では弱すぎます。
例えばもしJリーグに「ジュライーズ」というチームがあって、
そのチームのメンバーで最も多いのは7月生まれであるという問題が出れば、
これは3のパターンでNOだと考えられるでしょう。
しかし冒頭の問題では、1月から12月まではすべて中立であって、
7月を選ぶ必然性がありません。だからこの問題はYESです。

では「夏場に強い」は何のためについているのか?
このフレーズがついているから参加者が「確かにそうだから7月だろうな」と
思うとは考えられません。この修飾語にはまったく説得力がないのです。
つまり、これは、YESに行かせようという「余計な修飾語」ではありません。
このフレーズは「問題文を成立させるため」についています。
「Jリーグの3チームの中で最も多いのは7月生まれである」だけでは、
余りにもヤマカンだけの問題という感じがしてよくない
(「…野菜はタマネギである」といった問題に比べて、「月」の場合は
「7月」と他の要素が全く等価なので)。
だから「7月を選んだのには一応理由があるんだよ」ということで
ついているのです(もし8月が最も多ければ、「夏場に強い8月生まれである」
としていたことでしょう)。

このようなタイプの修飾語がついている問題としては例えば昨年の関東の
「日本の人口を十二支で分けると、最も少ないのは、今年の干支と同じ酉年である」
というのがあります(「今年の干支と同じ」というフレーズは、本に載るにあたって
削除されている)。

−−−−(ここまで)−−−−

 補足しておきますと、昔は、Cの部分が「アメリカ」という言葉の場合、「君たちの目指す」という修飾語をつけることによって、何でも問題文として成立させることができました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

みんな知ってる話

 朝、テレビ欄を見たら、「トリビアの泉」に、「クイズ王に共通する驚くべき習性」とあります。これで今夜の当ブログのマクラのネタができたと思って見たら、あまりにもクイズ王色が強すぎて、当ブログをわざわざ読むほどの人はみんな見ただろうから、私が書いてもしようがないという気がします。ここの読者の中には、事前に放送内容を知っていた人も大勢いるのではないか。
 でも書きますと、「クイズ王は、ファミレスの呼び出しボタンを押したくなる」というもので、実際のクイズ王が多数、出演していました。で、永田氏がファミレスで、答えが料理の名前である問題を次々出されて、ボタンを押して答えるたびに運ばれてきて、それを食べなければならないというVTRです。
 私としてはその次の、清水國明がブックオフのCMに出ている理由の方がおもしろかった。私は全国どこでも、ブックオフを見つけると必ず入るようにしています。絶対手に入らないと思っていた本を、ブックオフで何十冊見つけたかわかりません。以前、毎日新聞社の雑学事典シリーズを14冊持っていると書きましたが、そのうち11冊はブックオフで手に入れたものです。「ホントにホント」も全12巻のうち6巻と12巻だけ持っていなかったのですが、北海道かどこかのブックオフでズバリ6巻がありました。
 仲間うちでは、清水がブックオフのCMに出ているのは、「本をキャッチアンドリリースするからではないか」と言っていたのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

12回と栃木の話

 先日、@niftyに入って13年になりましたというメールが来ました。つまり私が高校生クイズのリポートを発信するようになったのは93年の13回からということですね。
 しかし当然、12回近畿の決勝も現場で見ました。12回近畿の決勝は、早押しに正解すると、梅小路蒸気機関車館の転車台で通過クイズをやります。ルールは、一問多答の問題が出て、1分間で転車台が1回転する間に全部の答えを言わないといけないというものです。しかし、奈良県以外は、簡単な問題ばかり引いて(箱の中から問題を引く形式。ちなみに全部答えられなかった問題は箱の中に戻される)、次々と勝ち抜けておもしろくない。ところが最後の奈良だけは、解答者のレベルが低いのに加えて問題が難しい。「横綱が所属する部屋」で、答えは3つしかないけど武蔵川部屋は知られていないとか。最終的に、「政令指定都市」という問題で、これはできないだろうと思ったらギリギリで千葉を答えたのでした。
 12回の栃木女子といえば、13回でも代表になって、14回で空前絶後の3年連続代表がかかったのでした。13回の事前番組では、なぜか石橋の女子チームが追跡取材されていました。そのチームが栃木の決勝まで残るのですが、2年連続代表の栃木女子に敗れます。ところが、スタッフは14回で栃木女子に注目しているすきに、前回負けた石橋が栃木の代表になって、そのまま全国優勝したのでした。全国優勝したチームが優勝する前に事前番組で取り上げられているというのは番組史上これだけでしょう。ちなみに14回の決勝で石橋に負けた人が15回で優勝するわけで、因縁がいろいろあります。
 あと、なぜか、14回の放送前に、石橋の当人が、東大の生協のところにあるサークルの伝言板に、高校生クイズを見てとかいう書き込みをしていました(13回の事前で映った字と同じなので当人とわかる)。何をしに東大に来たのかわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

史上最大の敗者復活戦(その10)

 21回の近畿などで、スタッフが帰るためにものすごくあせっていたことがありますが、神戸空港が開港すれば、かなり遅くまで神戸にいられます。今後も予選があればの話ですが。
 それでは久々の「史上最大の敗者復活戦」です。

−−−−(ここから)−−−−

高尾山

●高尾山薬王院・煩悩ふり払い百八問ペーパークイズ
問88 極楽で同じ蓮の台座に生まれることを言い、運命を共にする意味の言葉は?
   1 一心同体 2 一期一会 3 一蓮托生
問89 高尾山周辺の陣馬高原から生まれた童謡は?
   1 お馬の親子 2 夕焼け小焼け 3 お手々つないで
問90 「一張羅」とは、本来、たった一つの何?
   1 わらじ 2 ろうそく 3 まないた
問91 通算打率が一番低いのは?
   1 川上哲治 2 長嶋茂雄 3 王貞治
問92 山伏がほら貝を吹いた本当の理由は?
   1 仲間とはぐれないため 2 獣を追い払うため 3 時刻を告げるため
問93 「膝栗毛」とは何?
   1 無銭旅行 2 騎馬旅行 3 徒歩旅行

■問88〜93の正解
答88 3一蓮托生
答89 2夕焼け小焼け(中村雨紅(うこう)が1919(大正8)年ごろにつくっ
た。八王子から実家までの4里の道を帰るときの夕暮れの印象を歌にしたもの)
答90 2ろうそく(一本の蝋燭の意味の「一挺蝋」の転といわれる)
答91 3王貞治(川上は3割1分3厘、長嶋は3割5厘、王は3割1厘)
答92 2獣を追い払うため
答93 3徒歩旅行(膝を栗毛の馬の代用とする意)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

13回近畿大会(その2)

 昨年の北陸大会のリポートの中で、「テレビのアナログ放送が終わるのは何年後?」という問題は非常に難しいと書きましたが、昨年のテレビ業界の調査で、2011年にアナログ放送がなくなると知っていた人は1割に満たなかったそうです。
 それでは13回近畿の続きです。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

きびすを返して第2会場へ行く。京橋に近い(つまり読売テレビのすぐそば)ある
ところでのバラマキ風クイズ。結城アナと脇浜アナが進行に加わる。どこかに
読売テレビのアナウンサーが必要なクイズを入れなければいけないので
構成作家も大変だ。このために、近畿の準決勝は順番にクイズを解いてゴールを
目指すというタイプのものになりがちである。

この第2会場は、鶴見緑地からの距離を考えて十分予想できたが、次の決勝の
会場は全く予想外だった。そもそも鶴見緑地には、「絵」的にきれいな場所が
いくらでもあるので、今年は最後まで鶴見緑地でやるのではないかと思って
いたのだが、スタッフはわざわざ○○○がバックに見える所を決勝に選んだ。
会場の予想をする1つの指針として「その都市のステレオタイプ的なところ」
というのがある。これは、全国放送で他の地域の人が見たときに、だれでもその
都市だとわかるようなところでやるというのもあるだろうし、日本テレビ側の
スタッフが東京の視点で考えるので、そういうところしか思いつかないという
こともあるだろう。

決勝は早押しクイズの変形。これまでにも、頭突きクイズ・土下座クイズ・
滝修行クイズ・足踏みクイズ・拍手クイズなどいろいろあったが、まだこんな
スイッチの入れ方があったかと思わせるものであった。
決勝にはタレントも2人登場。さすが大阪の局は力がある。

▽福澤のファイヤー情報 今回2府4県のうち、決勝で福澤アナが「ファイヤー」と
叫んだのは1回だけだった。
今年の代表チームは、準決勝でも決勝でも普通の問題に1問ずつしか正解して
いないので、果たして実力があるのか疑わしい。ちなみに去年は、企画の都合で
YES−NOクイズで変な問題が連発されたので、東大寺学園のあんな弱いチーム
が残ってしまったりした。

さて、東京のスタッフはとりあえず新大阪から新幹線で帰ったようである。
一部のスタッフは、深夜に家に着いて、翌日早朝に家を出て、飛行機で千歳に
向かうのだろうか。予選の収録の次の日に予選の打ち合わせ・ロケハン・リハーサル
って、本当につらそう。

−−−−(ここまで)−−−−

 このころは、後の会場の名前を書いていないんですね。準決勝は、大阪城ビジネスパークの中の松下のIMPビルです。上の階から巨大風船をたくさん落として、ビルの外でクイズに答えます。それぞれの風船に書いてある合言葉を覚えるんだっけ。途中のクイズをこういう場所でやるのは近畿の特徴です。19回の千里中央駅のショッピングセンターとか。他の地区でこういう場所でのクイズは一度もありません。そういえば訂正です。前回、15回以降で21回以外は全部大阪でやっていると書きましたが、18回は大阪ではありませんでした。
 ○○○というのは通天閣です。決勝の会場は、天王寺の大阪市立美術館の前でした。早押しの方法は、「大阪名物パチパチパンチ」をやりながら両肩のスイッチをたたくというものです。カウンターが一定の回数になると早押し機が作動します。1問正解でYES−NOクイズに答えて正解だと全国大会進出です。YES−NOクイズの解答方法は、チームメイトがそれぞれYESとNOのハリセンを持って、どちらかでたたかれるというものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

13回近畿大会(その1)

 この前、優勝チームで東大合格は7回までに6人と書きましたが、13回中部の日付を間違えた話の中で、11回までに8人ということを書いていたんですね。自分の書いたことを覚えていません。

 ということで、今回は13回中部の日付が変わったことに伴う話です。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

中部大会が7月29日に変更になり、それに伴って北海道大会も28日から
27日に変更になりました。
この結果、3つの予選が1日おきにあり、しかもその順番が大阪→札幌→名古屋
という、スタッフにとってかつてない大変厳しい状況がやってまいりました。
機材はどうやって運ぶのか? 福澤アナは耐えられるのか? 私がこれに
つき合ってリポートしたいと思います。で、まず近畿大会。

実に10回ぶりの大阪府での開催(8回のYES−NOクイズを大阪府でやったが、
これは神戸へ向かう船の中でクイズをするため)。読売テレビは、特定の府県に
有利にならないように、毎回違う府県で開催しようとしているらしい。
しかしおもしろいことに、どこでやろうと必ず、参加者の少ない順に
和歌山・滋賀・奈良・京都・兵庫・大阪となる(東北などは、会場からの距離
によって露骨に各県の参加人数が変わる)。
第1会場は、私が毎年「今度こそここを使うだろう」と思っていた鶴見緑地。
私は朝8時に着いて、収録をする。過去、近畿から優勝した唯一のチームと
いうことでの出演である。毎年、関東ローカルにばかり出ていたので、関西で
流れるのは久しぶりだ(タレントのせりふみたい)。
太陽光をバックにえらそうに下から撮るために、私が脚立の上に立って
カメラがまわりをぐるぐる回る。会場に向かう挑戦者たちが、何わけのわからない
ことをやってるんだという顔をして通り過ぎていく。

で、今日は午前中、朝日放送の近くで、ある用事をこなさなければならない。
そのため8時15分ごろに一旦会場をあとにする。YES−NOクイズは見てない。
私のいない間に東大寺学園は?

1時過ぎに帰ってくる。京橋まで来て、鶴見緑地へ戻るか直接次の会場へ向かうか
迷うが(いつもながらなぜ次の会場を知ってる?)、この時間帯なら通常の予選では
ペーパークイズが終わっていなくてもおかしくないので、再び第1会場へ行く。
しかしたどり着いてみると、ほとんど完璧に撤収されている。非常に早いペースだ。
ははーん、今から24時間後ぐらいにはあの設備を札幌に設置し始めなければ
いけないから急いでるんだな(トラックは無理だから航空便で送るという話も。
複数ある機材は大阪と札幌に別々に送ったらしい)。

−−−−(ここまで)−−−−

 最近では大阪の2日後に札幌というのは普通にやるようになりましたけどね。昨年もそうだったし。
 あと、このころは大阪府で予選をやっていなかったんですね。15回以降は18回と21回を除いて全部大阪でやってますけど(決勝は京都へ行ったことが1度ある)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

18回北陸のYES−NOクイズ

 訂正です。前回、バッジのバックに色紙が移っていると書きましたが、「映っている」です。
 それでは久しぶりのYES−NOクイズの問題です。

−−−−(ここから)−−−−

NO.1 日米、海の大決戦! セーラーマン・ポパイと海の王様・海王丸。先に誕生した
     のはポパイである。(海王丸は、進水したときを誕生とする)
NO.2 ポパイの大好物・ほうれん草にも花は咲く。
NO.3 デンキナマズ、デンキクラゲ、デンキウナギ。いずれも電気を出す。
NO.4 たらちりやふぐちりのちりなべ。「ちり」は、魚の身がちりちりっと縮むところ
     からその名がついた。
NO.5 英語で、男の子っぽい「ボーイッシュ」に対して、女の子っぽいことは
     「ガーリッシュ」という。

解答
NO.1 YES
     ポパイが発表されたのは1929年。海王丸が神戸川崎進水所で進水したのは
     1930年。
NO.2 YES
     食用とする葉っぱの間から、ふきのとうのような茎がのび、そこに花が咲いて実
     ができる。色はグリーンより青みがかっている。野菜はすべて花が咲く。
NO.3 NO
     デンキウナギは発電器官を持ち、起電力は300〜800ボルト、デンキナマズ
     は400〜500ボルトだが、デンキクラゲは触ると毒のために、感電したよう
     な強い痛みを感じるためについた俗称。
NO.4 YES
     生の魚や生きのいい魚を熱いお湯に入れることで、身が縮んでちりちりっとなる
     ことからついた。ちなみにしゃぶしゃぶも、お湯の中にしゃぶしゃぶっと漬ける
     ところから。
NO.5 YES
     boyish、girlishいずれも存在する。

−−−−(ここまで)−−−−

 それにしても、なんでポパイと海王丸を比較するんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

貴重な物

badge
 これが先日書いた、第2回の参加賞のバッジです。東京に置いたままにしているので、ようやく撮影できました。
 ちなみに、そのバックに映っているのは、色紙の入った額です。10回の事前番組は、過去の優勝チームが総出演するというものでした(しかし第1回のチームは出ず、3人そろわなかったチームもあった)。このとき、宇都宮高校の人が色紙を用意してきて、全員の寄せ書きをすることになったのです。各自が人数分書きました。
 私はこの後の関東の番組の収録も見たかったのですが、いつものように潜入しているのではなく出演者なので追い出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

19回四国岡山大会(その4)

 前回書いた2ちゃんねるのNHK改編の話の中で、「おげれつ」という言葉が出てきました。何のことかと思ったら、「お元気ですか日本列島」の略だったんですね。これは縁起の悪い名前です。
 それでは19回四国の最終回です。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

今治港のフェリー乗り場に歩いてきました。これから因縁の場所に向かいます。今
から10年前、第9回の四国岡山大会は、松山市でやる予定だったのが、直前に
なって、やはり適当な場所がないということで、大あわてで変更になりました。
そのため、非常に無理のある動きになっています。YES−NOクイズは西条市の山
の中で行い、そこからバスで伊予西条駅まで下って、ペーパークイズをやる列車に
乗ります。勝者が今治駅で降りて今治港で準決勝。そして今度はフェリーです。私は
決勝が大三島に違いないと思い、ここから大島に渡ってさらにバスで先へ進んだの
でした。しかし実は決勝は船の上でした。したがって、これから向かう大島の下田水
(しただみ)港は、私には大変印象深い地名です。

私がフェリー乗り場に着いた瞬間、汽笛を鳴らして目の前の船が動き始めました。
次は30分後です。今のフェリーに乗れば、おそらく挑戦者より先に着いてブーブー
ゲートの結果発表を見ることができたはずですが、それは不可能になりました。15
時30分発の船で下田水に着くと、もはやブーブーゲートのところにはだれも
いません。ほぼ撤収も終わった感じです。

しかし決勝の会場はここから見えます。海に向かって解答席があって、背後に大漁旗
が飾られているようです。岸壁に沿って近づくと、敗者復活のチームが釣りをやって
いました。「エビでタイを釣れば敗者復活」という垂れ幕があります。なんでも、
このチームの属する岡山県の決勝が終わるまでに、タイを1匹またはタコを20匹
釣らないと決勝に参加できないそうです。私は、敗者復活のチームが次のクイズに
参加するのにハンデをつけられるのは疑問なんですけどね。単なるいじめにしか見え
ません。一般視聴者はこんなのを見て喜ぶのか?

決勝のルールです。司会者は会場の船の上から問題を出します。各チーム1人ずつの
解答者は、岸壁のいすに座って海の中に釣り糸を垂らしています。問題がわかると、
リールを巻いて、糸の先端についているタイの模型を引き上げます。それを陸上に
あるバケツの底に押しつけると早押し機のスイッチが入るというわけです。この番組
は本当に、さまざまな早押しスイッチの入れ方を考案しますね。これだけでも日本の
バラエティ史上画期的な番組です。1人1問勝ち抜けで、3人とも正解したチームが
全国大会進出です。

まずは高知・愛媛・徳島の決勝。その後に香川・岡山の決勝です。場所の関係上、
クイズをやっている様子を正面から見ることができません。真横から必死にのぞく
だけです。そのため、どこが答えようとしていてどこがリードしているのかがよく
わかりません。カメラマンも当然、海上の船から撮影しているので、クイズをやって
いる光景がずっと揺れ続けているという、番組史上初の映像が見られるでしょう。
横では敗者復活チームの本物の釣りがずっと続いています。1匹も釣れるわけがない
だろと思っていたのですが、タコが5匹釣れたそうです。しかしそこまでで、当然
敗者復活はなりませんでした。

終わったのは17時30分です。ここで表彰式が行われるはずですが、なんと勝者
が、最後に決まった1チームしかいません。時間がないので、決まったら速攻で送り
返していたのです。そして、本日中に帰るために大急ぎなのはスタッフも同じです。
スタッフがどの飛行機で帰ろうとしているかは明らかですが、すぐにバスに乗って
松山空港にたどり着かないと間に合いません。東京のスタッフの分の撤収をわずか
15分で終わらせて、観光バスは去っていきました。この飛行機には、バスを
チャーターして直接空港に向かえるスタッフだから間に合うのであって、公共交通
機関を乗り継ぐ私が乗るのは無理です。どうやって帰ろうか。まず、路線バスで吉海
町役場前へ出て、しまなみ海道の高速バスに乗り継ぎます。そして本州に渡って
新尾道駅から新幹線に乗りました。1週間後の中国大会の会場はここからすぐです。
新幹線の車内の電光ニュースで、この日の朝にトンネルのコンクリートが落下した
ことを知りました。自分の乗っている列車がよくダイヤ通りに来たものです。西明石
を通過したところで、明石海峡大橋が見えるという車内放送があります。きょう1日
で、本四架橋の3ルートすべてを見たことになります。

−−−−(ここまで)−−−−

 「吉海町役場」は今はありません。西条市は周りを吸収して自分は生き残りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

日本人の質問(その7)

 2ちゃんねるなどを見ると、NHKの「クイズ日本の顔」が4月からレギュラーになるようですね。最近、NHKはバラエティー系の番組はレギュラー化する前に必ずパイロット版を作ります。年末に見た番組は、何の特徴もない普通のクイズでしたが。オーディエンスの答えで問題の点数が変わるくらいです。
 それでは、これもパイロット版からスタートした「クイズ日本人の質問」の問題です。

−−−−(ここから)−−−−

蚊が風船を刺したら割れる。
× 蚊の刺す力は特定できないくらい弱い。風船を割るには2〜3kgの力が必要。
クジラが潮を吹く穴も、人間の鼻の穴と同じように2つある。

宝くじの抽選のときに、売れ残ったくじの番号に当たりが出たら、抽選をやり直す。
× 該当者なしということで、そのお金は地方自治体に入る。
天気予報で、天気は午後から下り坂などと言うが、天気が上り坂という言い方もある。
× 下り坂の反対は、「天気が回復する」
鉄道のトンネルには、出口と入口の区別がある。
◯ 起点から終点に向かって走る列車の入る方が入口で、反対側が出口。
選挙演説で、候補者は白い手袋をしなければいけないという決まりがある。
×
「気の毒」という言葉はあるが、「気の薬」という言葉もある。
◯ 「気の毒」の反対で、心がやすまるという意味で、「気の薬」という言葉が辞典にも
載っている。
バレーボールで、サッカーのようにヘディングしてもよい。
◯ ひざから上ならどこにボールが当たってもよい。
カバは大きな歯が上下2本ずつだけ見えているが、どうやって食事をする?
噛むための歯は奥の方にある。前にあるのはけんかのときに使う犬歯と草をとる門歯。
エビの箱におがくずが入っているのは何のため?
運ぶときに温度を下げて眠らせるが、それを保つための冷蔵庫の役割をする。スギのおが
くずでなければならない。香りが弱いため。また、湿気を防ぐために乾かして使う。
工場では、縫い針の向きをどうやって揃えている?
ゴムで両脇から挟むと先端の方がささることを利用する。
ペットボトルの底はどうして内側にくぼんでいる?
中からの圧力で底がふくらんで、ボトルのすわりが悪くならないように。炭酸飲料以外で
も、熱い状態で詰めるので、熱でボトルが変形しないようにする必要がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »