« 19回四国岡山大会(その2) | トップページ | 金のない話と金のある話 »

2006年1月29日 (日)

参加証明書

 またコメントのおかげで1日分のネタが助かります。私も忘れていました。
 高校生クイズの参加者には10回まで、クレジットカード大の「参加証明書」というプラスチック製のカードが配られていました。表は賞状のようなデザインで、「高校生クイズで真夏を燃焼したことを証明します」みたいなことが書いてあります。途中から司会者の写真が入るようになりました。裏は、冬の大会は翌年のカレンダー、夏の大会は必勝法のようなことが書いてありました。必勝法といっても、実際に役に立つようなものでもありません。なお、第2回のみ、カードではなくバッジでした。
 さて、7回から、裏に書かれるのがYES-NOクイズになりました。2問載っていて、参加した高校生が解答を応募して、両方正解した人の中から抽選で賞品が当たります。正解は全国放送の最後に発表されます(ただし問題は一般視聴者にはわからない)。この問題は、普通に考えれば正解できるような簡単なものになっています。例えば「高校生クイズの優勝チームのメンバーに、東大合格者は10人以上いる」。当時、10人ということはあり得ません。しかしもし問題文が「5人」なら非常にきわどいところでした。私は7回までで6人知っています。
 それにしても、今や、優勝チームの人がその後、東大に合格したかどうかなどということは番組側が把握することは不可能な時代になりましたね。

|

« 19回四国岡山大会(その2) | トップページ | 金のない話と金のある話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/8388061

この記事へのトラックバック一覧です: 参加証明書:

« 19回四国岡山大会(その2) | トップページ | 金のない話と金のある話 »