« 私の文章 | トップページ | 24回東京大会(その2) »

2006年1月 2日 (月)

大笑点

 元日の「大笑点」で、笑点常識○×クイズというのをやっていました。芸人が100人ぐらいいて、最終的にレギュラーメンバーと大喜利をやる権利を目指すのですが、○のサークルが青で×のサークルが赤で、さすがに日本テレビはわかっていると思いました。しかし、画面に出るテロップは逆の色になっていました。このクイズ、どこかの採石場でやっていて不正解側は爆発するというので、完全に「お笑いウルトラクイズ」です。ちゃんと司会にガダルカナルタカがいるし。これに続くゲームも全部、お笑いウルトラクイズそのものでした。当時のスタッフがやっているのでしょう。
 一方、それとは別の予選で、席が上下するオオギリンZという大喜利をやっていましたが、このセットは19回高校生クイズの準決勝の機構です。さらに、各予選の勝者が大喜利の座を競う、お宝映像の早押しクイズでは、当然、ボタンを押す音も正解・不正解の音も高校生クイズでした。
 また、山田隆夫の50キロマラソンをやっていましたが、途中の休憩所に元ずうとるびの新井・江藤がいて、3人でずうとるびを再結成して曲を歌っていました。今村良樹はどうした。別に消息がわからないわけではなく、構成作家をしているだろ。去年の高校生クイズでも見たはずです。ちなみに以前「24時間テレビ」で、元ずうとるびの今村良樹が構成作家をやっているとして登場したのを見たことがあります。

|

« 私の文章 | トップページ | 24回東京大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/7953949

この記事へのトラックバック一覧です: 大笑点:

« 私の文章 | トップページ | 24回東京大会(その2) »