« 史上最大の敗者復活戦(その8) | トップページ | 日本人の質問(その4) »

2006年1月 5日 (木)

24回東京大会(その3)

 当ブログ、0時を回ってすぐに投稿されている場合は、勤務でそもそも家にいないため、前日に自動送信を設定してあると考えてください。今夜は、昼の勤務だったため「生」で書いているわけです。
 それでは24回東京大会の続きです。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

先日、TBSラジオの「ストリーム」を聴いていました。TBSラジオオフィシャル
チャートのコーナーで、大塚愛の「Happy Days」が上位に入っていまし
た。ここで松本ともこが「この曲は日本テレビの高校生クイズのテーマ曲だそうです
よ」と言うと、小西克哉が「え、何、その番組。知らない。何曜日にやってるの?」
一般の認識はその程度のものです。松本が「いかにも真面目そうな学生が見られるん
です」と言っていました。なお、本日、この番組の懸賞で2万円当たったことを報告
しておきます。

それでは東京大会です。そういえば大塚愛が東京ドームで歌っていた日は、所属の
エイベックスが社長が辞めるとか復帰するとかでもめていたのでした。後楽園駅の
そばに、清涼飲料を100円で売っている自販機がありました。一歩東京ドームの
敷地に入れば150円になったりするのに。

戻ってきて、ドーム正面の入口に来た瞬間に、目の前を、私とともに各地の予選を
回ってきた人たちがスタッフに連れられて中に入っていきます。交渉が成立した
らしい。ちょうど私もくっついて入れてもらうことができました。まさに絶妙の
タイミングです。やはり私の人生は高校生クイズを見るためにあるのか。

入ったら、まずはグッズを買わなければなりません。Tシャツとストラップと
クリアファイル。今年のストラップは、透明なビニールの半球になっている変わった
形です。しかし、フェイスタオルは売り切れていました。私が買えなかった高校生
クイズグッズは初めてです。その後、東京・汐留の日テレ屋に行きましたが、当然、
フェイスタオルはありませんでした。それ以外のグッズについては、昨日の段階で
まだありました。青いクリアファイルは一旦売り切れていたのに復活していました。

今回は、グッズを買ったら追い出されるということではありません。頭脳の準決勝が
始まるところでした。60チームぐらいいます。16時10分ごろに始まります。
○×シートの上にラインが引いてあります。収録が始まると大画面の映像が復活し
ました。これなら入れなくても内容はわかったかも。

どの問題も、解答が3等分されています。3問終了時にすでに全問正解は1チームに
なりました。他の地区と問題の質が全然違います。チーム数が大量である場合を想定
して、あまり簡単な問題だと決まらないということでしょう。他の地区でもこの
くらいの問題が出ればおもしろくなるのに。

全問正解のチームは4問目も正解しました。しかし5問目は不正解で、4ポイントが
2チームになります。6問目で後から来たチームが勝ち抜けました。4ポイントは7
チームに。7問目で抜けたのも8問目で抜けたのも1チームです。問題が良すぎ
です。9問目で5ポイントが8チームになって、同点決勝で正解がちょうど3チーム
で、合計6チームが決まりました。終了は16時35分ごろです。

頭脳の決勝のセットのところに、先ほどのライオンのトロフィーが飾られています。
早押しテーブルの真後ろの観客席に、敗者の高校生が半ば強制的に集められます。
もうほとんど帰って、2、300人ぐらいしかいないのではないでしょうか。この後
ここで抽選会をやるそうですが、これなら当たる確率はかなり高いでしょう。東京
大会でも待っていれば何かもらえるということです。さらに、パワーとバランスで
○×を勝ち残ったチームも座らされます。これでは、私だけ他のところにいたら
目立ってしまいます。

決勝のルール説明でディレクターが「ほとんどないけれど、ラルフ君が問題を読み
間違えた場合…」と言っています。17時ごろに収録開始で、今度は爆笑問題が
います。天然パーマの人に太田が「下もそういう感じですか」。さらに意気込みを
聞くと、太田が勝手に答えます。この後の光景は、まさに札幌大会の再現です。
なぜ全国どこでもこんなことが。それについては次回。

−−−−(ここまで)−−−−

 「ストリーム」で2万円当たったというのは、「東京オッズメーカー」というコーナーで、アテネ五輪で野球の日本チームがどこまで勝ち進むかという予想をやっていて、大穴の「決勝に進出できない」を選んだのでした。アテネでは、個人競技は次々と金メダルをとっていましたが団体競技はさっぱりでしたから。このコーナーで当せん金額が2万円というのは最も高い記録かもしれません。でも、これを書いた後もずっと、局から連絡がなくて、だまされたのかと思ったら、大阪転勤で引っ越すときに、TBSから送られていた2万円の定額小為替を発見しました。その郵便物に数カ月気づいていなかったのです。
 「グッズを買ったら追い出されるということではありません」というのは、前の年の東京大会では、中でグッズを買うためという条件で交渉したらしくて、入ってもグッズを買ったら追い出されたのでした。私はそのことを知らず、ずっと中にいたら、警備員に探させるとかいう話になったらしくて、携帯電話がかかってきました。

|

« 史上最大の敗者復活戦(その8) | トップページ | 日本人の質問(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/8006213

この記事へのトラックバック一覧です: 24回東京大会(その3):

« 史上最大の敗者復活戦(その8) | トップページ | 日本人の質問(その4) »