« 23回仙台大会(その2) | トップページ | こういう移動を体験 »

2005年12月10日 (土)

23回仙台大会(その3)

 第1回近畿のリハーサル問題、その後も考え続けたら、「ひづめのある馬にも水虫ができる」という問題だったような気がしてきました。この問題文だといかにも高校生クイズ的です。

 それでは23回仙台の続きです。

----(ここから当時の引用)----

番組ホームページに全代表校リストが載りましたが、「知力」「パワー」「ガッツ」
「バランス」という区分が書いてあります。これって、出場して残っていた高校生と
我々マニアにしかわからないではないか。ところで、一芸予選の代表も発表されて、
決勝大会出場が30チームであることがわかりました。うわさでは、今年は予算が
3分の2に減ったらしい。そう言われれば、地区大会の数が6カ所、決勝大会出場が
30チーム、決勝大会の収録が3日間と、すべてが3分の2になっています。

それでは仙台の各コースです。バランスは、リンボーダンスをする前にスクワットが
できるかどうかで絞っていることがわかりました。一方、ガッツの歩数計は2回に
分けず、一発で上位4チームを選んでいます。この予選はよほど、もともとの参加者
が少なかったのでしょう。連日の雨で地面がドロドロなので、パワーの腹筋はシート
を敷いてやっています。腹筋をやっている人数もかなり少ない。そして30回ぐらい
でいきなり決まったようでした。あまりに早くて見逃しました。札幌では350回
ぐらいやったのに。

リンボーダンスは、ある程度の人数になったら前屈に移りました。これで記録の上位
8チームが残ります。3コースの予選が終わって抽選会になります。また鈴木アナが
参加します。鈴木アナは一度舞台に上がると、以降は全然隠れません。次のクイズの
準備中はいつも敗者のいる方に行って話しています。

そういえば、決勝の会場の具体的な場所は依然わかりません。バランスのクイズの
セットと、パワーのクイズで使うトラックは、この公園内で発見しています。また、
ガッツはすでに4チームになっているので、ガッツのクイズはなく、バランスと
パワーのクイズで勝った計4チームを合わせて田んぼに行って総合決勝を行うものと
思われます。

次はバランスのクイズです。ルールはこれまでと同じ、足を上げて早押しスイッチを
入れるというものです。今、8チーム残っていますが、4チームずつ2回に分けて1
チームずつが総合決勝に進めることがわかりました。2ポイント先取です。急に暑く
なってきました。梅雨明けでしょうか。

八戸高校が残っています。この状況の中、青森のチームが来ているとは思いません
でした。こういうチームに勝ってもらいたいものです。そして、○×クイズの前から
話題になっていた、「超常現象研究会」というチームが残っています。「答えが気配
でわかる」そうで、○×クイズでも途中まで残っていました。参加人数がこれだけ
少ないと、ただの体力ゲームでもそれなりのチームが残ります。でもクイズでは
どちらも負けました。バランスのクイズは、もともとの技術力がかなり左右します。

そして地下鉄のガード下の駐車場に引越のサカイのトラックが4台並んでいます。
パワーの決勝も、8チームを4チームずつに分けて1チームずつが総合決勝に進め
ます。ルールは東京と同じです。札幌だけが地元のジャガイモを使ったクイズで、
他の地区はすべてトラックのようです。2ポイント先取です。

このクイズ、1問ごとの手間が大変です。トラックには運転手が乗っていて、戻る
ときにはバックで運転します。引っ張られている最中にハンドル操作などをしている
のかはわかりませんでした。まっすぐ戻して前後もそろえないといけないので大変
です。不正解が出たりするとうんざりします。さらにこの地区ではクイズを2回繰り
返しです。

4時ごろに終わっていよいよ謎の田んぼに移動です。依然として正確な場所は
わかっていません。いったいどうするのか。それは次回。

|

« 23回仙台大会(その2) | トップページ | こういう移動を体験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/7526800

この記事へのトラックバック一覧です: 23回仙台大会(その3):

« 23回仙台大会(その2) | トップページ | こういう移動を体験 »