« 17回近畿大会(その5) | トップページ | さらに17回の話 »

2005年11月13日 (日)

なぜ最悪か

 以前、どこかの掲示板で、17回を批判する書き込みに対して、その回の優勝者だったかが、むきになって反論しているのを読んだことがあります。私も17回を最悪と書いた以上、なぜ最悪か説明しておく必要があるでしょう。

1.明らかな準備不足
 おそらく番組をどう運営するか、あるいは番組をやるかどうか自体が直前まで決まらなかったのでしょう。一時は、番組名はクイズだがクイズをやらないという話もあったようで、結局、中途半端なまま番組制作に突入。一部のスタッフが手を引きました。
 信頼できる筋の情報によると、最初の北陸大会の3日前でもYES−NOクイズがまったくできていなかったらしい。「5問限定」というルールは、おそらく問題が足りないことによる苦肉の策でしょう。また、準決勝は近畿を除いて、ランキングの問題を出して、1位なら5点…5位なら1点というルールが基本になっています。これも、問題を作るのが楽なのと問題数が少なくてすむということでしょう。

2.選ぶのは美人
 「運大王」というルール、私はあってもいいと思うのですが、その決め方が問題です。17回の運大王は、予備抽選で何チームかを選んで、当たるチーム数の期待値が0.5というゲームをやるというものです。つまり運大王の該当チームがいない地区もあります。このうち、最終的な抽選のルールが電気スイッチを使うものであった4カ所の予選でいずれも、予備抽選で残った中で最も外見のいい女子チームのスイッチがつきました。特に必ず2チーム選ばれることになっていた関東が露骨で(十数チームぐらい連続ではずれた後、最初から事前番組のカメラがついてきていたかわいいチームと、フェリスが2チーム連続で当たりが出る)、予備抽選もちゃんとやっているのかと疑ってしまいます。でもそういう選び方をしたら、全国放送が不自然になるわけで、一般の視聴者にも怪しいというのがわかってしまったようです。

3.独自性なし
 全国大会の収録までには時間がありますから、予選さえ流さなければ、全国放送の番組ではそれなりに完成したように見せかけてごまかすことができます。しかし企画はいずれも過去にやったのの焼き直しです。17回の番組がよかったという人は、それまでの番組を見たことのない世代だったのではないでしょうか。しかも、ビデオを見比べるとわかるのですが、17回の全国放送の編集は16回とまったく同じです。同じフォーマットに17回の映像をはめこんでいるだけなのです。これは、この回は演出も考えられなかったということでしょう。

 ところで、私は6回で優勝したわけですが、6回の放送がおもしろかったとは思いません。富士山頂でクイズをやるという目的のために、他の演出が犠牲になってしまいました。1回戦通過が8チームって、それなら県別代表制を導入した意味がないだろ。私は自分が出場しながら「つまらない回で残ってしまったなあ」と思っていました。

|

« 17回近畿大会(その5) | トップページ | さらに17回の話 »

コメント

はじめまして、第9回の2人チームのせいで
弘前高校に執り憑いていた(笑)せつなです。
KYOSUKEさんのHPにときどき顔を出しています。

自分にとって第17回は長い呪いから解放されたみたいで最高だったのですが
裏側ではとんでもないすったもんだがあったようですね。

自分も運大王はオカシク感じました。

でも、そんなんでも自分は17回を支持し続けます。
自分が15回で知り合った人が優勝したのですから……。

投稿: せつな | 2005年11月13日 (日) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/7058487

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ最悪か:

« 17回近畿大会(その5) | トップページ | さらに17回の話 »