« なぜ最悪か | トップページ | 怪しい復活女子校 »

2005年11月14日 (月)

さらに17回の話

 コメントがつきましたので、さらに17回の話をしたいと思います。
 東北の運大王はヤラセではなく、該当者が出ませんでした。10地区のうち4地区(5チーム)が美人コンテストで、残り6地区のうち4地区は運大王チームが出ず、あと2地区のうち1地区はヤラセでなく女子の運大王が決まって、しかもそれほど外見の悪いチームではないので、最終的な運大王の顔ぶれは、7チーム中6チームが、いかにもテレビが選びましたという感じになったのでした。1チームだけいる北陸の男子がかえって、ヤラセをごまかすために無理に男を入れたんだろうなと見えてしまいます(北陸はヤラセではない)。ちなみに沖縄は関東と対照的に、最初にかわいい女子チームがボタンを押したらいきなり当たりが出たのでした。
 北陸の1問目のコパイロットの問題は、今にして思えば、辞書かなんかで無理やり作ったのだろうということがわかります。
 準決勝の多くの地区のルールは、各県4チームずつが、2チームずつのA・Bブロックに分かれて、両ブロックでゲームをやって勝った方だけが問題に答えられるというものです。そしてランキングのクイズで10ポイント先取です。九州では、全部のゲームで一方のブロックが勝ったため、当然、準決勝の勝者はすべて片方のブロックでした。もう一方はクイズを1問もやれずに敗退したのです。8回のウルトラクイズのハワイで、クイズをやらずに負けた人がいたのと同じです。そして東北でも一方のブロックが圧倒的に強くて、もう一方には2回しか解答権が回ってきませんでした。ということは、その2問で両方1位を当てない限り勝ち残ることはできないわけです。そんなチームは1つだけで、残り11チームの勝者はすべて反対のブロックからでした。その、1チームだけ片方のブロックから勝ったというのが、最終的に優勝した弘前高校です。

|

« なぜ最悪か | トップページ | 怪しい復活女子校 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/7097723

この記事へのトラックバック一覧です: さらに17回の話:

« なぜ最悪か | トップページ | 怪しい復活女子校 »