« 17回九州大会(その2) | トップページ | ガセビア »

2005年11月20日 (日)

17回関東のYES−NOクイズ

 過去のYES−NOクイズ、順番では次は17回関東です。でも今思えば、フェリスに在籍すればこれができなくても全国大会に出られたんだなー。

 なお、今回も「今昔文字鏡」を使っています。表示されない文字が何であるかはいうまでもないでしょう。


−−−−(ここから)−−−−

NO.1 1997! 香港返還の象徴のひとつ、“北京発九龍行き”夢の直行便・一番列
     車には、その日を誰よりも待ち望んでいた中国の最高実力者、故小平の写真
     が飾られていた。
NO.2 新たなる歴史の目撃者・香港の高校生1000人に、“いま、一番行ってみたい
     国”を聞きました。結果、最も多かったのは祖国・中国であった。
NO.3 1円玉は、年号の数字によって、毎年微妙に重さが違う。
NO.4 日本で最も長く続いた年号は「昭和」ですが、5000年の歴史を誇る中国には
     もっと長く続いた年号がある。
NO.5 日本人で初めて、ラーメンのルーツとなる麺を食べたのは、諸国を歩いた水戸黄
     門である。
NO.6 ミミズにも脳がある。
NO.7 あんみつとみつ豆では、みつ豆の方が最初にできた。

正解
NO.1 NO
     5月15日13時15分に九龍に到着したこの列車には、小平の写真は飾ら
     れていない。
NO.2 NO
     1位は日本、309人。中国は2位、218人。以下アメリカ、オーストラリ
     ア、イギリスの順。
NO.3 NO
     1グラムのアルミニウムの円盤を作ったあと、表面をプレスする「一発プレス」
     なので、常に1グラム。
NO.4 NO
     1661年から1722年まで62年間続いた「康煕」が最も長い。昭和の6
     4年間より短い。
NO.5 YES
     ラーメンのルーツのタンメンが日本で最初に作られたのは1701年。中国から
     来た儒学者の朱舜水が打ったものを水戸黄門が食べた。
NO.6 YES
     どんな種類のミミズにも、進行方向前方の先の方に脳がある。
NO.7 YES
     みつ豆は江戸時代末期にすでに、切り餅細工師が売っていた。あんみつは昭和初
     期に銀座の「若松」が売り出した。

|

« 17回九州大会(その2) | トップページ | ガセビア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/7195975

この記事へのトラックバック一覧です: 17回関東のYES−NOクイズ:

« 17回九州大会(その2) | トップページ | ガセビア »