« 17回中部のYES−NOクイズ | トップページ | 13回北陸大会ふたたび(その2) »

2005年10月 8日 (土)

13回北陸大会ふたたび(その1)

 送っていただいたFTVのログを読んで、私がニフティに入会する前の書き込みもわかりました。当時の高校生クイズの構成作家でもあったシスオペがこんなことを書いています。

−−−−(ここから)−−−−

014/014 SDI00483 東海林 桂    関東大会と、決勝のお知らせ!
( 5) 91/07/23 22:54

高校生クイズの関東大会と、近畿大会が行われました。

(中略)

そして第2問は、

アメリカ大陸を発見した500年前のコロンブスが想像していた
スペインから、黄金の国ジパング迄の距離は、大西洋横断飛行に成功した
リンドバーグの平均時速で行くと、わずか1日でたどり着く。

(中略)

そして日本一を決定するのは、富士山頂!
8月2日の、早朝に、富士山頂で行われます。
観覧自由!みたい方は、3776メートルの頂上まで、おこし下さい!

−−−−(ここまで)−−−−

 しまった! 何がかというと、私は11回の決勝を観覧するために富士山頂に登ったのですが、8月3日の朝に行ったらもう終わっていたのです。ここを読んでいれば正確な日程がわかったのか! ちなみに、9回の決勝も1日遅く富士山頂に立って、見られませんでした。私は不思議なことに、偶数回の全国大会は必ず見られるが奇数回は見られません。19回でようやくジンクスが破れましたが、その後また見られていません。21回全国大会の話はそのうち載せますが、あれだけ努力して肉薄して、結局終わってみれば何も見ていなかったという回もあります。一方で偶数回は、第4回以外すべて、全国大会の収録のどこかを見ています(つまり第2回も見たということ)。

 あと、11回の関東の2問目を載せたのは、この問題、事前番組で放送されて、正解はどこでも放送されず、しかも本にも載らなかったので、一般人には永久に正解がわからないという問題だからです。ちなみに事前番組に私が出演して、この問題の正解の予想を述べているのですが、それが間違っています。スタジオの観客は関東大会に出た人たちなので、「あいつ間違ってるよ」という反応をしているのが声でわかりますが、視聴者にはわかりません。正解はNOです。

 さて、私は13回北陸の話をFTVにも書いていたことがわかりました。それを載せます。非常に長いので分割します。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

東海林さんの要望により、ここにも今年の高校生クイズ北陸大会の話を
書きたいと思います。
せっかくですから、FQUIZとは違う視点で書きましょう。

上野からの夜行列車が、信越本線の新井あたりから(まだ4時)にわかに
騒がしくなる。このあたりの高校生は、この列車に乗らないと
北陸大会に間に合わない。
彼らの話はだいたい「ま、○×は(「YES−NOクイズ」と言う人は
まずいない)運だし」ということで、早押しの話になる。
「ときどきとんでもなく簡単な問題がある。昔の本を読んでたら
『ミポリンって誰?』という問題が出てたぞ」
彼はよほどこの問題が気に入ったらしく、何回もこの話を蒸し返していた。
「高校生クイズの常連校で一番頭がいいのはどこか知ってるか? それは
東大寺学園だ」などという話が出ているうちに、6時過ぎに富山着。
「まだクイズ開始まで3時間もある」という参加者の発言から、
開始時刻が9時であることが判明。これにより、決勝の会場は立山だろうと
判断する(もっと近いところなら10時に始まる)。
過去、立山へ行ったのは4回・7回・10回と、見事に3回ごとである。
13回の今年も行くというのは、意識してのことか、単に他におもしろい
ところが見つからないだけか。

駅前のバス乗り場に、例によって会場行きの臨時バスの看板が立っており、
第1会場は今年も神通川緑地公園であることがわかる。
かなり遠いが歩いていく。会場が見えてくるとおかしなことに気づく。
YESとNOの看板が立っていない。13回目にしてすごい新企画を
スタッフは考えたのだろうか。
毎回、北陸大会は大雨になる。私の大学時代の学生証は、昨年の北陸大会の
雨でドロドロになって、今でもシミだらけである。
今日は雨は降っていないが、会場に立ってみると風がものすごい。
台風が来たのかと思わせる。
YESとNOの看板は地面に寝かせてあった。単に、あまりの強風のために
立てられなかっただけだったのだ。よく見ると、受付や音響スタッフのテント
にもすべて屋根がない。
会場周辺を歩き回って、次の会場の手掛かりを探す。
なぜかゴムボートの箱が置いてあるのが非常に気になる。昨年に続いて
海の方へ行くのだろうか。でも、地面の上をゴムボートで進むクイズの
ような気もする。
雨は大丈夫かと思われたが、収録が始まると同時に降ってくる。この風が
あるときに雨に降られると最低である。傘がまともに使えない。
福澤アナが「今日は君たちの期待に応えられる素敵な髪形でないことを
お詫びします」と言っている。

−−−−(ここまで)−−−−

 実はこの直後に、どうやって決勝の会場がわかったのかが具体的に書いてあります。私はそんなことをバラしていたのか! 読まれたらスタッフに対策を立てられるじゃないか。高校生クイズウォッチングで私に続く人たちが、教えてもいないのにどうして私と同じ手法をやっているのだろうかと思っていたら、私自身が書いていたとは知りませんでした。

|

« 17回中部のYES−NOクイズ | トップページ | 13回北陸大会ふたたび(その2) »

コメント

はじめまして。TBさせて頂きました。共通キーワードとしては、コロンブスの想像していた地球は小さかった…という点だけですが、高校生クイズの云々、「へぇ~へぇ・へぇ・・」モノでした。面白かったです。

投稿: ニャニャみうく | 2005年10月 8日 (土) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/6290127

この記事へのトラックバック一覧です: 13回北陸大会ふたたび(その1):

» ダヴィンチの生きた時代3 [アートで学ぶ世界史]
ダヴィンチ(1452~1519)の生きた時代、日本は室町末期~。大田道灌が145 [続きを読む]

受信: 2005年10月 8日 (土) 22時44分

« 17回中部のYES−NOクイズ | トップページ | 13回北陸大会ふたたび(その2) »