« 15回全国大会決勝(その2) | トップページ | 史上最大の敗者復活戦(その2) »

2005年10月12日 (水)

13回中部大会?

 出勤する前に文章をタイマー送信しようとしたら、ココログのメンテナンスで投稿できませんでした(読むことはできる)。

 それでは、先日言及した、93年のある予選リポートです

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

今日、7月22日、私は、中部大会を見るべく名古屋に向かった。
名古屋駅に着いてみると、3人組の高校生が全然見当たらない。
おかしい。中京地区の交通は名古屋駅に集まっているから、いつも
参加者であふれているはずなのに。
もしかしたら、クイズ開始時刻が早くて、今名古屋駅にいるようでは
間に合わないのかもしれない。
私は、今年の中部大会が愛知県○○市で開催されるという情報を
得ていたので(どこから?)、とりあえず電車に乗り込む。

電車の中でも、クイズをやるような雰囲気は全く感じられない。
ふと、あることを思い出した。
「そういえば、先日『TVぴあ』に北陸大会のリポートが載ったとき、
今後の日程で中部がなぜか29日に変わっていたなあ。
ただの誤植かと思っていたのだが、まさか……」

名鉄○○○駅に降り立つと、「沿線の夏の催事」という掲示の中に
「全国高等学校クイズ選手権・中部大会」は7月29日と書いてある!
参加規定書に書いてある予選の日付が変更になったのはもちろん初めて。
私のやっている「追っ掛け」は、ときにはこういうリスクをともなうもの
なのである。これがあるからおもしろい。
ちなみに、私は過去5回、富士山に登っているが、うち2回は
決勝を見ていない。決勝が何日に行われるかという予想をはずして、
間違えた日に登ったのである。

当日の会場の予想もしてきた。
第1会場は毘森公園と白浜公園が考えられるが、この番組のスタッフの感覚
では白浜公園を選ぶだろう。
決勝は、そこからはやや離れているが、同じ市内にある「コース」ではないか。
あの市に行くのだから、○○○に関連した施設を使わないのはおかしい。
ただ、2年前の○○大会の企画と重なりそうなのが問題ではあるが。

P.S.
「TVぴあ」は名古屋でも販売されていることを確認。ただし関東版。
なお、それに出ている「ピンポン・ブーのNさん」とは、
高校生クイズの本の12巻の75ページの写真に
福澤アナといっしょに写っている人です。

−−−−(ここまで)−−−−

 ○○○は豊田市です。当時は第1会場も漏れないように配慮していたのか。
 最後に会場の予想が書いてありますが、実際の第1会場は白浜公園でした。決勝はトヨタとは何の関係もなく、三州足助屋敷というところです。あの方面へ向かう名鉄も今は廃止されました。日程のずれが1週間だったのは、この施設の休館日に合わせて収録をするためでした。
 ピンポン・ブーのNさんは今も構成作家をやっています。

|

« 15回全国大会決勝(その2) | トップページ | 史上最大の敗者復活戦(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/6360224

この記事へのトラックバック一覧です: 13回中部大会?:

« 15回全国大会決勝(その2) | トップページ | 史上最大の敗者復活戦(その2) »