« 大前駅 | トップページ | 20回中部と近畿の番組(その2) »

2005年10月 2日 (日)

20回中部と近畿の番組(その1)

 4月27日の横川駅での放送は、生でなくなったのをいいことに、7時55分に収録を開始して、列車が入ってくる場面から番組がスタートするようにしていました。って、「列島縦断鉄道乗りつくしの旅」の裏情報を書いてどうする。高校生クイズストーカーでした。
 この前書いたのは21回の中部と近畿の番組でしたが、過去の書き込みを見ていたら、その前年も同じ日に中部と近畿の番組を見に行っていたことがわかりました。この年は、中部の準決勝が見られなかったのでした。また非常に長いので、2回に分けて載せます。

−−−−(ここから)−−−−

高校生クイズの公式ホームページに、全国大会が特別列車を使って行われたことと、
決勝の会場が日本テレビのスタジオであったことが書かれていますね。テレビ雑誌を
見ると、列車の出発駅が東京と書いてあったり市ケ谷と書いてあったりします。
そんなところでどうして間違えられるのか。さて、どうやって収録場所がわかったか
書いておきますと、「鉄道ダイヤ情報」です。これは鉄道写真を撮る人のための雑誌
ですが、そのために、時刻表には載らない団体列車の運行予定がすべて掲載されて
いるのです。ちゃんと「全国高等学校クイズ選手権号」というのが載っていました。
どこの駅で客が乗り降りするかまでわかりますので、3カ所の収録場所を特定する
ことができました。なお、私が見るたびに前回の勝ち抜け数より何チームか減って
おり(最初に見たときすでに46チームになっていた)、車内や宿でもクイズが
行われたことがわかります。

8月26日は、関東の事前番組と中部大会と近畿大会の番組が一挙に放送される日
です。前日から朝刊をつくって、寝ないで「青春18きっぷ」で東海道線の一番列車
に乗って出発しました。自宅で見る関東の番組と実家でビデオをとる近畿大会の他に
中部大会の番組だけは毎回必ず見るようにしています。17回は小諸駅、18回は
吉原駅、19回は三島駅に携帯テレビを持っていって見ましたが、今年向かうのは
名張駅です。ここで13時30分から14時30分まで中部大会の番組を見て、即座
に実家に移動して16時20分から近畿大会の番組を見るためです。津までJRで
やってきて、近鉄に乗り換えます。

中部大会の感想を一言でいうと「字を入れすぎ」です。オープニングで福澤アナが
しゃべっていることすべてに字がつきます。これでは字幕放送です。そのうえ、最近
のはやりである、画面の左上にずっとテーマが出たままになっている(「おしゃれ
カンケイ」みたいな)というのがあります。「ファ」の発音の練習なんて画面の隅に
出すなよ。今年の中京テレビの編集はどうかしていました。

それでも、2問目から豪雨になって、雨が降ってくる映像とか雨についての高校生の
コメントをとっているところはさすがです。板谷アナが敗者復活を要求するところ
では、答えた女子アナの顔写真を一人一人画面に出していました。

このところ、予選の番組の手法は、いくつかの特定のチームを取材して、その結果に
沿って放送するというようになっています。これは中部も近畿も同じです。YES−
NOクイズは最初の数問が放送されて、走りになると「各県8チームが次々と
決まった」というような板谷アナのナレーションでごまかされていました。準々決勝
の三択は、最初から問題を放送する気がなく、答えている場面の映像にナレーション
がダラダラくっついているだけです。予選の番組で、この三択が放送されているのを
まだ見たことがないのですが。今年の北陸のように、ひと思いにクイズを3種類に
してもいいのかもしれません。

そして問題の準決勝。テーマは、名古屋の女子高生100人のアンケートというもの
でした。各県1チームずつの4グループでの対戦です。それぞれの代表チームがまず
早押しをやります。正解すると1ポイントで、さらにグループでアンケートの問題に
挑戦できます。5チームがそれぞれ1つずつ答えを言うことができます。そしてそれ
が1位なら5点…5位なら1点入ります。合計15点取れば勝ち抜けです。なお、
アンケートに答えた100人のうち5人が現場に来ていて、ヒントとしてこのうち2
人の回答を見ることができます。最初の問題でAグループが11点になります。
そして次でCグループがいきなり15点に達して勝ち抜け。さらにその次の問題でD
グループが15点になって、たった3問で終わってしまいました(確かに現場で見た
最終得点は11、0、15、15だった)。早押しのキャンセルがあったかもしれ
ませんが、放送されたものがこのクイズのすべてと言っていいでしょう。わかって
しまうとつまらない企画でした。

決勝の会場で福澤アナが「来るのが遅いよ」と言って、もちろん画面で文字になって
いましたが、それはこんな会場を企画した側の責任だろ。決勝の放送順は収録順と
全然違って、静岡県が最初になっていました。勝ち抜けが決まったとき福澤アナが
「ファイアー・イン・ザ・消防署」と叫んだからでしょう。言うまでもありませんが
これも画面で文字になっています。「次に○○高校が正解して2対2になった」と、
ナレーションでどんどん途中を省略します。そういえば、中部の決勝で「緊張して
いると言うな」と言っていたのを書きましたが、北陸の決勝でも「緊張しているのは
わかっていますから、それ以外の心境を述べてください」とクギを刺していました。
なるほど、後で近畿の番組を見たら、対戦する2人が両方「緊張しています」で
済ましているのがありました。

中部の表彰式の収録のとき、福澤アナが「ここで画面に手書き文字で『全国大会進出
おめでとう』と出るよ」と、なぜか編集を勝手に指定していましたが、確かに手書き
文字にはなっていました。一昨年・昨年と、この後に全国大会のVTRを強制的に
つけられていましたが、今年の中部にはありませんでした。でも次に見た近畿には
ついていました。

−−−−(ここまで)−−−−

 「来るのが遅いよ」という発言が出るのは、この回は準々決勝と準決勝は中京テレビのアナウンサーがやっているからです。あおなみ線のできた今なら、我々も中部の準決勝に間に合ったかもしれません。

|

« 大前駅 | トップページ | 20回中部と近畿の番組(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/6212516

この記事へのトラックバック一覧です: 20回中部と近畿の番組(その1):

« 大前駅 | トップページ | 20回中部と近畿の番組(その2) »