« ウォッチャーはここにも | トップページ | 21回中部と近畿の番組(その1) »

2005年9月27日 (火)

21回近畿大会(その5)

 後藤田正晴元副総理が亡くなりましたが、私が出た決勝で、明らかに問題に続きがあるのに原が勝手に押して「後藤田正晴」と答えたことがありましたね。あれは腹が立った。ちなみに我々が押して間違えた問題は本当にあれだけです。他の回の決勝を見ていると、放送されない不正解がものすごくありますが。

 それでは21回近畿大会の最終回です。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

準決勝大田コースの後半、おもしろかったのは、ある女子チームが、最も近かった
にもかかわらず悲鳴をあげています。結果から逆算して、自分の体重が想定より
はるかに重かったらしい。また、問題は比較的簡単でしたが不正解でダブルチャンス
になるケースが多かった。大阪の市外局番を勘違いするか? このクイズは、部屋で
品物を選ぶ時間があるうえに、計量結果を発表するたびにいろいろ聞くのでなかなか
進みません。しかも3府県繰り返しです。終わったのが5時半ぐらいです。これから
決勝の会場に行って決勝に時間をかけるとなると、いつ終わるかわかりません。本日
は日曜日なので、東京に帰らないといけないはずです。でも最初から今回の収録終了
予定は8時になっていることがわかっています。遅れなくて8時という予選は聞いた
ことがありません。

わざわざ六甲山まで来たのに決勝はまた海のところです。ハーバーランドのところ
から、みなと物語という、神戸港遊覧船が出ています。ほぼ1時間に1回のペースで
出ていて、40分かけて港内を一周します。しかし本日は貸切で、夕方以降の運航は
すべて休みです。この船上で決勝をやるわけです。かつての全国大会のヴァンテアン
と同じパターンです。貸切なので、当然乗れません。こっそり乗っても隠れる場所が
ないし。

六甲山牧場から、またレンタカーを借りてきた人に同乗して、港に向かいます。6時
半ごろに着きましたが、ただ岸壁のところにいることしかできません。悪天候で船が
出られないときは地上でやることになっていたので暴風を願ったのですが、そうも
いかず、最初の3県の高校生を乗せて船は出ていきました。

なかなか戻ってきません。決勝のルールを書いておきますと、1問正解するごとに
相手チームのメンバー1人の解答権をなくすことができます。3人とも解答権が
なくなると負けです。ただし、正解したときに、相手の解答権を奪う代わりに自分の
チームの解答権を復活させることもできます。しかしそれをできるのは1回だけ
です。つまり、15回と同じルールです。このときも決勝会場はWTCの屋上ヘリ
ポートで、入れないところでした。入れないところだとこのルールをやる。それに
しても、どうして見られない決勝のルールを知ってるんだ。

ようやく船が戻ってきて、残りの3府県のチームが乗り込みます。このとき敗者と
ともに、構成作家や東京のスタッフの大半が降りました。もう2巡目は同じだから
見なくていいということか。見られるものをわざわざ見ないとはなんともったい
ない。我々二十数人は、乗りたくても乗れなくてこんなところに突っ立っている
のに。

しかも関東で代表校を知るために出口調査をしましたが、ここでは警備員が我々と
高校生の接触を徹底的に邪魔します。でもその程度のことで情報漏れを防げると
思っていたら甘いわけで、その日の夜には全部の代表校名がいくつかのホームページ
に掲載されていましたね。

8時40分ぐらいに船は表彰式も終えて戻ってきました。すると降りてきた鈴木アナ
をはじめ、先に降りていた東京のスタッフが一斉に走ります。まさかこいつら、新
神戸を21時の新幹線に乗って今日中に東京に帰るつもりか? 私は、最初から当日
中に帰るのをあきらめていて鈴木アナも今夜はうるぐすを休む(か、なぜか大阪の
スタジオに登場する)のだろうと思っていました。果たしてバスが9時までに新神戸
駅に着くのかわかりませんが、今年の予選の旅は欲求不満の残る形で終わりました。

実は中国大会の番組を見に行った帰りに神戸で降りて「みなと物語」に乗りました。
乗客は家族かカップルばかり。1人だけ出航直前に危なそうな雰囲気の人が単独で
乗ってきましたが。神戸港で見える風景は大半が倉庫やドックなどで、クイズの
バックとしてきれいなのかどうかはよくわかりません。むしろ社会科見学のような
感じでした。夏休み期間中は、料金の900円で缶ジュースとお菓子が無料でつき
ます。

|

« ウォッチャーはここにも | トップページ | 21回中部と近畿の番組(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/6125917

この記事へのトラックバック一覧です: 21回近畿大会(その5):

« ウォッチャーはここにも | トップページ | 21回中部と近畿の番組(その1) »