« 書けない理由(その3) | トップページ | 20回北陸大会(その2) »

2005年9月11日 (日)

20回北陸大会(その1)

 いい加減に過去の予選リポートを掲載しないと。今回は、私のところに残っていた、20回の北陸大会です。これを選んだのは、深い理由はありません。総選挙の投票日なので、過去唯一、総選挙のために日程が変更になった予選にしました。
 なお、最初のところに書いてあるホームページは現在、存在しません。私はこの文章も保存しておくのを忘れました。自分のことなのに。

−−−−(ここから)−−−−

武野の第6回優勝体験記がいつの間にか最後までできているではないか。しかし
http://www2.famille.ne.jp/~takeno/hide.htmへのリンクはどこからも張られて
いないようです(あるホームページのリンクからたどると途中までしか読めない)。
ここで、「中国語で『再見』は何」という問題に私が答えたのは、私が教育テレビの
語学講座を多数見ていたからだと書いてありましたが、違います。確かにNHKの
語学講座をいくつも見ていましたが、中国語は見ていません。当時、水曜日の19時
30分から「マイコン入門」という番組があって、その前の番組が「中国語講座」
だったため、マイコン入門を見るためにテレビをつけると、中国語講座の最後の
「再見」というあいさつだけが毎週耳に入ったのです。このため、私が知っている
中国語は「再見」だけでした。

さて、北陸大会です。過去18回、北陸大会が予選の何番目だったかを見てみると、
1番目−−7回 2番目−−6回 3番目−−3回 4番目−−1回 10番目−−
1回(なお、第2回は北陸ブロックがなかった)

この通り、見事に最初に済まされています。私の「北陸大会=実験台」説を裏付ける
ものです。なぜ北陸が実験台なのかというと、4県しかないうえに参加者が少ないと
いうことと(県が少ないといっても、沖縄や北海道では複数の県を同時に扱うテスト
ができないから意味がない)、北陸地方自体が地味だからでしょう(高校生クイズに
北陸という地区があることを意識している人は少ないと思われる。つまり全国放送で
取り上げなくてもいいから失敗してもいい)。なお、第7回だけ唐突にラストの予選
だったのは、決勝会場が黒部ダムのため、残雪で行けないという事態を避けるために
なるべく遅くしたかったからだと思われます。

今回も沖縄に続く2番目の予選として行われるはずでした。ところが、予定日の6月
25日が総選挙となり、福澤アナが選挙速報をやるので、いきなり中止となり、8月
12日に回されました。予選が8月12日というのは、過去最も遅いタイ記録のはず
です。この翌日の13日から全国大会の収録が始まります。当初の予定では全国大会
は8月14日から20日までとなっていました。おそらく14日に上京して16日
までで決勝進出チームを決めて、19・20日でホーム&アウェーをやるつもり
だったのでしょう。ところが24時間テレビが予想より1週間早まったために、日程
がガタガタになったものと思われます。

ここ数年、実験台の度を一層深めて、移動がなくなった北陸大会ですが、最後に
移った以上、そういうことを考える必要がないから移動するか。いや、絶対にしない
でしょう。なぜなら、福井県の代表が、決まってから家に帰って、翌日の午後には
東京での全国大会に参加していなければならないと考えると、一刻でも早くこの予選
を終わらせないといけないので、移動しているヒマなどありません。

会場は昨年に続き、新潟市の鳥屋野潟のところの運動公園です。目の前には2002
年ワールドカップの会場が建設されています。東北に続いてまたもワールドカップ
会場か。とにかく、細長い北陸ブロックで、どうしてこんな偏った位置で2年続けて
やるのか。スタッフも全国大会のために早く帰らないといけないからか? 新潟駅
からシャトルバスが出ていますが、なんと、このバスが無料なのです。これまで駅
から会場へ参加者を輸送するバスは多数走ってきましたが、無料というのはもちろん
史上初です。突然日程が変わって迷惑をかけたことのおわびでしょうか。私は会場
まで数十分歩くつもりでしたが、無料ならバスに乗ることにします。聞いた話では、
和歌山大会の会場で、福澤アナが、テレビ新潟用の参加者募集のスポットを収録して
いたらしい。それだけ集まりが悪いということか。

会場に着くと、通常ならシートをかけるなどして隠してある準決勝・決勝のセットが
堂々と見えるように置いてあります。後で、登場した福澤アナが言うには、見ての
通り、今日はこの会場を「クイズスタジアム」にしたとのことです。今年は最初の2
つの予選であんなに移動したのに、最後の2つはまったく移動がない。そういえば、
もし総選挙が6月18日で、沖縄大会がこの日に移動していたらどんな事態になって
いたのでしょうか。当事者ではないけど考えただけでゾッとします。

|

« 書けない理由(その3) | トップページ | 20回北陸大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/5876065

この記事へのトラックバック一覧です: 20回北陸大会(その1):

« 書けない理由(その3) | トップページ | 20回北陸大会(その2) »