« 21回近畿大会(その2) | トップページ | 21回近畿大会(その3) »

2005年9月21日 (水)

15回関東大会の真相

 @niftyのFQUIZ時代に、今年の近畿大会のリポートを書いて、雷で避難したのは25回の歴史で史上初だとさんざん書きました。そしたらあるホームページで、過去にも雷避難はあったという書き込みを発見したのでした。どこのページだかわからなくなったのですが、申し訳ありませんが保存しておいた文章を勝手に引用させていただきます。

−−−−(ここから)−−−−

ちょうど10年前の1995年の夏、第15回大会関東予選。
司会は「ファイアー」でお馴染みの福沢明アナ。
僕らのチームはあと1問で全国大会でした。
YesとNoのゾーンに右往左往した事や、その途中に落雷で中断した事、
何回も間違えてるのに人数が足りなくてもう一度、というのが続き、
運良くYes-Noクイズを突破した事。
ペーパークイズを3人で知恵を出し合って解いていった事、
問題に答えた後、バックネット裏で頂いた弁当を食べた事、
うちらがトップバッターで3人で一斉に判定ゲートに飛んだ事、
これまた運良く突破して決勝にて、一つのボタンに3人が手を重ねあって問題に挑み、
恐る恐るボタンを押して回答した事。敗れて帰る途中にスタンドから見た、
まだ決勝が行われている途中のグラウンド内の明かり。
今にして思うとやっぱりかけがえの無い思い出ばかりです。

−−−−(ここまで)−−−−

 さて、過去の私の文章を送ってもらったので、この雷問題に決着がつくということに気づきました。当時の私は、そのことを書いているのか? 見てみたら、15回関東大会については独立のリポートを書く気がなく、他の記事に対するコメントとして書いていることがわかりました。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

関東大会については書くつもりはなかったのですが、
書けることがたくさんあったので書きます。

>>「宇宙船ニールがドジャース球場から、どっかの球場(忘れた)までの
>> 平均速度での移動時間と、ノモの1イニングの時間ではノモの方が早い。
>> ただし、手からボールが離れてからの時間とする」

今年の第1問はかなり苦しい問題だったということが、ここからもわかります。
スタッフは意地でもノモに関係ある問題を出すつもりだったのでしょうが。
まず、ミールを野茂と並ぶ今年の主役と称するところに無理があります。
「ミール」という名前を覚えられていないくらいですから。
そして、「どっかの球場」を出すところにも無理があります。オールスターの
会場だったのでしょうが、私も知らなかった球場名でした。
そして、野茂が最初の3アウトをとるまでの時間という概念にも無理があります。

放送されないでしょうから書いておきますと、第1問は圧倒的多数が正解でした。
実は、ここ数年ずっとそうなっています。スタッフとしては、
ちゃんと計算したチームはみんな合格させてやるといったところでしょう。
また、第3問はグランド・スタンドお別れクイズですが、
これがレギュラー化した8回以降、◯◯ンド側が正解だったことは
1度もないはずです。今回も◯◯ンド側が正解でした。

前説において、今年の全国放送の放送時間が30分延長されることが
発表されたようです。2時間より長くなるのは夏の大会では史上初です。
この、番組が存続の危機にあえいでいるときになぜ?
突然の決定にスタッフは、全国大会で問題数のかかるクイズをやろうと
しているようですが、そんなことより予選をちゃんと放送してもらいたい。

10問を過ぎたあたりで急に雲行きが悪くなり、雷が鳴りだしました。
そのため全員が一時避難しました。このまま続けば7回の熱中症のときの
ように中止になるかと思われましたが、すぐに天気が回復しました。
しかし早く終わらせるため、最後までYES−NO走りクイズをやりませんでした。
また次のペーパークイズでも時間の節約のため、例のパズルをやりませんでした。
ただ、制限時間はもともとパズル込みなので、時間は変わらないのですが。
まあ、セッティングとルール説明の時間を省略したというところでしょう。

決勝は関東では初めて、複数の県をまとめてやるものでした。
まず抽選で1県から3県までを選び、その上でどの県の決勝をやるか抽選します。
まとめてやると、キャンセル問題が減って、時間が短くなることが
期待できます。しかし結局、7時30分過ぎまでかかりました。
ちなみに、予選通知ハガキには、「16時終了予定」と書いてあります。

−−−−(ここまで)−−−−

 堂々と「雷で避難した」と書いてあるではないか!
 それにしても、このときの文章を読んで最も感慨があるのは、グランド・スタンドお別れクイズなどという企画を当時はできていたことです(正解はスタンド側)。今なんか、あまりに参加者が少ないので東京都は全チーム1問目を免除してグラウンドに降りられるなんていうことをやっているんだぞ。
 あと、決勝でこんな複雑なことをやっていたんですね。つまり1県だけで決勝をやるところもあれば、3県まとめて決勝をやるところもあるということです。

|

« 21回近畿大会(その2) | トップページ | 21回近畿大会(その3) »

コメント

ここでははじめまして。
僕自身も何度か予選会場に観戦に来ている者で、
大前さんももしかしたらご存知かもしれません(笑)

ところで、以前のレポートのコメントで恐縮ですが、
実は関東の3問目の「スタンド・グランドお別れクイズ」で
グランド側が正解になったことは、少なくとも過去2回ありました。
第12回と、第16回です。
特に第12回は自分がスタンドに残って実際に間違えました(苦笑)。

ちなみに、やはり自分が出場した14回では
3問目はスタンド側が正解だったのですが、
第1問の正解がNOだったにもかかわらず、
スタンドがYES、グランドがNOと
あべこべの分け方になっていました。
そこまでしてスタンドを正解にしたかったのでしょうか。

投稿: はらけん | 2005年10月 9日 (日) 13時42分

 16回については、この翌年の関東大会のリポートで「今までとは反対の○○ンド側が正解になった」ということを書いています。12回は行ったのですが記憶にありません。
 ちなみに、第1回でもこの企画が行われていて、正解はグランドでした。

投稿: 大前剛志 | 2005年10月 9日 (日) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/6026139

この記事へのトラックバック一覧です: 15回関東大会の真相:

« 21回近畿大会(その2) | トップページ | 21回近畿大会(その3) »