« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月30日 (金)

史上最大の敗者復活戦(その1)

 先日の「列島縦断鉄道乗りつくしの旅に同行するな」という話は、このページに載っていたのですが、このページを夜に見ると、翌日に放送されるはずの当日の関口知宏の行程が詳細な時刻とともに記載されています。こんな情報が得られるのは、スタッフでなければ、誰かが同行しているとしか思えません。やっていることが矛盾しています。高校生クイズの代表校が予選の当日に流れるのと同じです。

 それでは今回は、当ブログがようやく1カ月ということで、秘蔵問題を出します。「ウルトラクイズ史上最大の敗者復活戦」の放送された問題を記録して、解説もつけたものです。
 高校生クイズの1回から4回まで、開催前に旺文社から「クイズゲーム」という、事実上、高校生クイズ宣伝のための雑誌が出ました(それとは別に、第6回の前には、「○○時代」の付録として高校生クイズ問題集がついた)。当時、参加者募集などで旺文社の全面協力を得ていたからです(テレビ朝日と関係の深い会社なのになぜ。それが今はベネッセがスポンサー)。その1号に載った高校生クイズ練習問題は、おそらく「史上最大の敗者復活戦」の問題をそのまま提供されたもので、そこに載っている解説は、実際に番組スタッフがつけたものだと思われます。したがって、これから掲載する問題は、「史上最大の敗者復活戦」の問題として正確に再現されている確度が高い。
 なお、データは当然、放送当時のもので、翌年に出た「クイズゲーム」の時点でもすでにデータが変わっていた問題もあります。
 全部載せると非常に長いので、今回は九州の○×クイズのみ。このペースで載せていると、完結するのはいつになるのやら。こうやって読者を引っ張る。

−−−−(ここから)−−−−

九州地区予選

●阿蘇・草千里ヶ浜・◯×クイズ
問1 今も活動を続けている阿蘇の中岳。あの噴火口からは、有史以来溶岩が流れ出たことがない。
問2 噛みつく癖のある犬を飼っている家には、郵便物を配達しなくてもよい。
問3 離婚をした男性が本籍の移転をした場合、過去の離婚歴は記載されない。
問4 昔、1ドルが360円だったのは、円が360度ということから決まった。
問5 遺伝の法則を発見したメンデルの本職は、植木屋さんだった。
問6 解剖学では、頭と顔の区別は髪の毛の生え際で決める。
問7 ソフトボールのボールが野球のボールより大きいのは、遠くへ飛ばないようにするためである。

■問1〜7の正解
答1 ◯(桜島のように噴火で川のように溶岩が流れ出たことがないのが特徴)
答2 ◯(郵便法76条2項に、「人に危害を加える動物を飼っている建物への配達はしないことがある」という規定がある)
答3 ◯(抹消された妻の戸籍は移転しないので、新本籍地には男性の戸籍のみがつくられる)
答4 ×(経済状態をかんがみてに決まってる)
答5 ×(本職は僧侶)
答6 ×(眉毛から上が頭)
答7 ◯(1900年ごろアメリカで、野球のトレーニングを冬の間も続けるため、室内で競技できるような野球としてソフトボールが考案されたため)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月29日 (木)

21回中部と近畿の番組(その2)

 1カ月ほど前の新聞を読んでいたら、田中康夫のインタビューで「小泉首相のやり方は郵政民営化にイエスかノーかの二択クイズのようだ」と言っていました。そこで、新党日本のホームページにアクセスしてみたら、トップページのメッセージに「○×2択クイズの如き総選挙」と書いてあります。だから何、というわけではありませんが。

 それでは21回の近畿の番組の話です。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

なぜ名張に来て中部の番組を見たのか。実は4時半から近畿大会の番組をやっている
のです。携帯テレビのチャンネルを10にしますが、何も入りません。しかしラジオ
でテレビ音声の10チャンネルに合わせたら、かすかに何か聞こえました。なんとか
高校と言っています。どうやら、準決勝大田コースの後半(重さを当てるクイズ)
らしい。最初、私は放送時間を間違えたのかと思いました。1時間半の番組なのに、
開始30分でそんなところをやっているとはどういうことだ。

その後、電車で移動しながらテレビを見ていると、少しずつ電波が入るようになって
きます。このあとラルフコースがあって、さらに敗者復活チームのゲームを決勝の
直前に入れていました。それでも決勝に30分も残すのは長すぎる気がしました。

見られなかった準決勝ラルフコースのルールですが、4チームでの早押しで、正解
すると箸が渡されます。3膳そろうと決勝進出です。しかし箸は全部で6膳しか用意
されていなくて、7問目以降は正解すると他チームの箸を奪うことになります。まさ
に長戸的ルール。他の地区の準決勝でこんなクイズをすることは考えられません。
問題にしろルールにしろ、私が思ったのは、近畿大会長戸ワールドは、もしかしたら
近畿から全国優勝チームを出すという使命を負っているのではないか。しかし、滋賀
の準決勝は、いつまでたっても終わらないので、あと3問出してその時点で箸が最も
多いチームを勝ちにするという、格好悪いことになっていました。

残るチームが有名進学校ばかり。兵庫の上位3チームが灘ばかりなのはすでに書き
ましたが、奈良の上位4チームはすべて東大寺学園です。これらの県の対戦は見ても
つまらないので、準決勝でも決勝でも徹底的に省略されていました(どこが勝つかと
いう興味がないうえに、展開もこの2県がつまらない)。

実家に着いて改めてビデオを見ると、近畿も司会が変わったことを特に意識した編集
をしていません。また、ここも「平井堅よりも濃い」というセリフを取り上げて
いました。○×クイズは最初の4問しか放送されませんでした。あまり放送すると、
雰囲気の悪さがばれますから。ペーパークイズの結果発表は、「名前を呼ばれた
チームがバスに乗ることができます」と言って、バスはそのまま第1会場の敗者復活
をやる場所に向かって、敗者を降ろした空のバスが戻ってきて「これが勝者バスだ」
と言うという、あまりすっきりしないやり方でした。敗者復活戦は決まったチーム
だけが発表されて、どのように行われたのかは放送されませんでした。

あれだけ延々と撮影して、こんなに短くなるかという感じです。でも決勝は、ここ
でも間違えた問題を演出に使っていました。このルールはどうかと思いましたが、
幸い、結構おもしろい展開になった府県がありました。決勝の敗者インタビューは
さすがにこの地区は大田アナがやっていました。表彰式も、大田・森若アナが入り
ます。

番組が終わったかと思ったら、昨年と同様、日本テレビから配給された全国大会予告
編のVTRがCMの後にあるのでした。そしたら、全国大会のとんでもない企画とは
何かがすっかり明かされていました。これは目玉として、事前にさんざん宣伝するの
かもしれません。テレビ雑誌などにも載るのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月28日 (水)

21回中部と近畿の番組(その1)

 21回の近畿大会は決勝が見られなかったうえ、ラルフコースの準決勝の内容もわからないということで、それをフォローするために、予選の番組を見たリポートを書いています。この日は16時から17時まで中部、16時半から18時まで近畿の番組がそれぞれ放送されたため、私は三重県名張市へテレビを持っていって、両方を見ようとしています。当時は両番組についてまとめて書いてあるのですが、かなり長いので、分割して載せます。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

今年の全国大会では、とんでもない企画が行われています。高校生クイズの企画内容
を知ってこんなに驚いたのは初めてです。あまりにすごすぎて、今年その企画をやる
のは番組にとって逆効果だと思うのですが。第30回ぐらいでやるべき企画です。特
に、例年のように全国放送で予選を全然放送しない編集の仕方をすると、番組の今後
のためにもよくないような気がします。

さて、8月25日は特に勤務希望は出しませんでしたが休みになりました。それなら
行くところがあります。また「青春18きっぷ」と携帯テレビを持って西へ。

東京駅へ行って、朝日新聞の稲垣吾郎の看板が残っているか確かめたので(25日朝
の時点ではまだあった)出発が遅れましたが、それでも8時過ぎには東海道線に乗り
ます。午後2時に名古屋に着いて、近鉄に乗り換えます。3時55分ごろに名張で
降りました。4時からの中部大会の番組をホームで見ます。

中国の番組と違って、今年から司会が変わったということは別に強調していません
でした。名鉄がスポンサーを降りたかと思ったら、残っていました。しかし提供
コメントではライオンなどより後でした。でも番組の終わりの提供コメントでは名鉄
がトップになっていました。いろいろ格に気をつかっているんですね。

「平井堅より濃い」というセリフに字幕がついていました。○×クイズを19問も
やったのに3問しか放送されませんでした。その一方、敗者復活を要求するところを
ずいぶん流していました。現場では見えませんでしたが、最初に板谷アナがわざと
負けて、もう1回やるところで、本田アナがいきなり手を添えて板谷アナを勝たせて
いたことがわかりました。つまり、はっきりヤラセと参加者にわかるような形で
やっていたのです。敗者復活戦の持ち物検査は、いきなり最後のせんべいになって
いました。

観覧車のクイズは、今日の新聞と言っただけで、読売新聞であることは明かして
いませんでした。基本的に岐阜県の決まるところだけを放送していました。番組全体
が岐阜高校中心の編集になっていて、岐阜ばかり映る。昨年の川越特集と同じです。
途中で全チームを降ろして地上でやったことを一切流さずにすましているのはさすが
です。

準決勝はまあ、あんなものでしょう。あれ以上流しても飽きるし。始まって数問で
「○○県はすでに1チーム決まっております」というセリフになります。

決勝で、間違えて1回休みという問題をかなり流していました。時間だけ考えると
無駄なのですが、演出上効果的な場面で使っています。全体として、全部のバランス
を考えるとこういう番組になるかなという感じがしますが、なんかしっくりこない。
編集の仕方が悪いというより、果たして一般視聴者はついてきてくれるかという、
中国の番組のときと同じ感想を持ちました。番組のコンセプト自体が現代に耐えられ
るかという問題だと思います。わざわざ現場に行って見るとおもしろいんですけど
ね。

−−−−(ここまで)−−−−

 「朝日新聞の稲垣吾郎の看板」って、意味がわかりますか。各局が「稲垣容疑者」と言わず「稲垣メンバー」という呼称だったのは、強い芸能事務所に気を遣っていたんでしょうね。
 本田アナが手を添えてというのは、腕相撲で勝ったら敗者復活を認めるという企画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月27日 (火)

21回近畿大会(その5)

 後藤田正晴元副総理が亡くなりましたが、私が出た決勝で、明らかに問題に続きがあるのに原が勝手に押して「後藤田正晴」と答えたことがありましたね。あれは腹が立った。ちなみに我々が押して間違えた問題は本当にあれだけです。他の回の決勝を見ていると、放送されない不正解がものすごくありますが。

 それでは21回近畿大会の最終回です。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

準決勝大田コースの後半、おもしろかったのは、ある女子チームが、最も近かった
にもかかわらず悲鳴をあげています。結果から逆算して、自分の体重が想定より
はるかに重かったらしい。また、問題は比較的簡単でしたが不正解でダブルチャンス
になるケースが多かった。大阪の市外局番を勘違いするか? このクイズは、部屋で
品物を選ぶ時間があるうえに、計量結果を発表するたびにいろいろ聞くのでなかなか
進みません。しかも3府県繰り返しです。終わったのが5時半ぐらいです。これから
決勝の会場に行って決勝に時間をかけるとなると、いつ終わるかわかりません。本日
は日曜日なので、東京に帰らないといけないはずです。でも最初から今回の収録終了
予定は8時になっていることがわかっています。遅れなくて8時という予選は聞いた
ことがありません。

わざわざ六甲山まで来たのに決勝はまた海のところです。ハーバーランドのところ
から、みなと物語という、神戸港遊覧船が出ています。ほぼ1時間に1回のペースで
出ていて、40分かけて港内を一周します。しかし本日は貸切で、夕方以降の運航は
すべて休みです。この船上で決勝をやるわけです。かつての全国大会のヴァンテアン
と同じパターンです。貸切なので、当然乗れません。こっそり乗っても隠れる場所が
ないし。

六甲山牧場から、またレンタカーを借りてきた人に同乗して、港に向かいます。6時
半ごろに着きましたが、ただ岸壁のところにいることしかできません。悪天候で船が
出られないときは地上でやることになっていたので暴風を願ったのですが、そうも
いかず、最初の3県の高校生を乗せて船は出ていきました。

なかなか戻ってきません。決勝のルールを書いておきますと、1問正解するごとに
相手チームのメンバー1人の解答権をなくすことができます。3人とも解答権が
なくなると負けです。ただし、正解したときに、相手の解答権を奪う代わりに自分の
チームの解答権を復活させることもできます。しかしそれをできるのは1回だけ
です。つまり、15回と同じルールです。このときも決勝会場はWTCの屋上ヘリ
ポートで、入れないところでした。入れないところだとこのルールをやる。それに
しても、どうして見られない決勝のルールを知ってるんだ。

ようやく船が戻ってきて、残りの3府県のチームが乗り込みます。このとき敗者と
ともに、構成作家や東京のスタッフの大半が降りました。もう2巡目は同じだから
見なくていいということか。見られるものをわざわざ見ないとはなんともったい
ない。我々二十数人は、乗りたくても乗れなくてこんなところに突っ立っている
のに。

しかも関東で代表校を知るために出口調査をしましたが、ここでは警備員が我々と
高校生の接触を徹底的に邪魔します。でもその程度のことで情報漏れを防げると
思っていたら甘いわけで、その日の夜には全部の代表校名がいくつかのホームページ
に掲載されていましたね。

8時40分ぐらいに船は表彰式も終えて戻ってきました。すると降りてきた鈴木アナ
をはじめ、先に降りていた東京のスタッフが一斉に走ります。まさかこいつら、新
神戸を21時の新幹線に乗って今日中に東京に帰るつもりか? 私は、最初から当日
中に帰るのをあきらめていて鈴木アナも今夜はうるぐすを休む(か、なぜか大阪の
スタジオに登場する)のだろうと思っていました。果たしてバスが9時までに新神戸
駅に着くのかわかりませんが、今年の予選の旅は欲求不満の残る形で終わりました。

実は中国大会の番組を見に行った帰りに神戸で降りて「みなと物語」に乗りました。
乗客は家族かカップルばかり。1人だけ出航直前に危なそうな雰囲気の人が単独で
乗ってきましたが。神戸港で見える風景は大半が倉庫やドックなどで、クイズの
バックとしてきれいなのかどうかはよくわかりません。むしろ社会科見学のような
感じでした。夏休み期間中は、料金の900円で缶ジュースとお菓子が無料でつき
ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月26日 (月)

ウォッチャーはここにも

 NHKの「列島縦断鉄道乗りつくしの旅」、秋編が始まりますが、関口知宏が自らのホームページの掲示板に次のようなことを書いていたそうです。

−−−−(ここから)−−−−

 前回と今回の旅を通してお願いしていることですが、列車内のご同行はご遠慮下さいますよう、重ねてお願いいたします。
 また、ホームや列車の利用者のご迷惑と撮影の事情から、大変申し訳ありませんが、記念撮影とサインはお断りしています。何卒ご了承下さいますようお願い致します。

−−−−(ここまで)−−−−

 これはおかしいと思います。それなら、関口の乗る列車はいつも無人なのがいいのか。そうではありませんね。NHK側が、本来何の権限も及ばないJRの乗客に対して、番組にとって都合のいい客と悪い客を選別しているのです。おもしろい番組づくりに影響するから乗るのはやめようというのは、各視聴者が自主的に考えることであって、番組側が言ってはいけないと思います。
 その点、高校生クイズの「ウォッチャー」はよく統制がとれていますね。私が1人でやっていたころ、決勝の場所は関係者に聞かずに自力で探すとか、全国大会については放送まではネットで書かないとか、自主的に決めていて、それをやっているともやれとも言ったことはないのですが、後に続く人たちがみんな私の精神を体現して同じようにやっています。
 ただ、私は番組に影響を与えずにこっそり見たいんですけど、ちょっと知られすぎました。第1回から収録現場を見ているわけですが、途中で自分が優勝してしまったのが誤算でした。まあ、優勝を目指した理由というのが、勝ち続ければ高校生クイズの全部のクイズの収録が見られるということで、それなら決勝で負けても同じことですけど、優勝しておけば過去の優勝者として別の回の収録も見られる可能性があるということです。実際、10回の全国大会に出演しましたが、放送では全部カットされました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月25日 (日)

21回近畿大会(その4)

 先日のセピアの問題ですが、正解はNOです。セピアとはイカの内分泌液のことです。
 それでは21回近畿大会の続きです。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

ここで敗者復活戦について書いておきましょう。不思議なことに、高校生はあれだけ
盛り上がっていなかったのに、みんな帰らないで敗者復活戦を待っていました。担当
は森若アナで、復活チームの決定方法は、昨年と同じだったそうです。つまり抽選で
選ばれたチームが家に電話をかけて、こちらから出す問題に家の人が正解すれば復活
です。そして復活チームがある条件をクリアしないと最終的にクイズに参加できない
というのも昨年と同じです。今回は須磨海岸で、名前しりとりが行われたらしい。
その場にいる人の名前をしりとりでつなげていって、連続10人見つけることが
できれば復活だそうです。しかし6人までしかつながらずに時間切れになったとの
こと。

そういえば昨年はこの復活で灘高校が残ってブーイングになったんでしたね。灘高校
といえば、今、私の目の前には灘高校が3チームいます。兵庫県4チームのうち3つ
が灘なのです。これまでは準決勝で1チーム残っていつも集中攻撃でつぶされて
いましたが、今回は史上初の灘高校全国大会進出の可能性が濃厚です。確か大田アナ
自身が灘高校出身のはずですが、そのことには言及しません。それでいて「名門・灘
高校」と繰り返しています。

準決勝のルールです。柵で囲まれた狭いエリアにヒツジが放されています。その
ヒツジを捕まえて、首からかけられた問題封筒をとってくるというバラマキクイズ
です。それぞれの封筒には、問題の書き出しが書いてあります。したがってそれを
見て得意そうなジャンルの問題をもってくることができます。ただしハズレも入って
います。ハズレもただハズレと書いてあるのではなく「ローマ字でHAZUREと
書くとハズレ!」というように、一見問題文のようになっています(この封筒には
当然「ローマ字で」と書いてある)。

クイズは県ごとに行われて、ここを通過できるのはそれぞれ3チーム。この六甲山
牧場の別の場所でもう一つクイズをやって決勝進出の2チームを決めるらしい。
気になるのは、司会台の「ライオンスペシャル」という文字を、テープをはって
隠してあるのです。地元のスポンサーの関係? それともライオンとの契約で、どの
くらい画面に字を映すか決まっているのか? この会場には、私の見る限り、東京
から派遣されてきたスタッフが1人しかいません。逆に構成作家をはじめ、読売
テレビ側の人が集中しているわけで、完全に日本テレビと読売テレビで分離して番組
をつくっているのがわかります。こういうことでいいのか。

その唯一の東京のスタッフによると、もう一方の南京町の中華料理店の3階は、高校
生と一部のスタッフが入ったらいっぱいで、スタッフでも中に入れない人が多数いる
らしい。その状況で、ただ見るだけの人たちが入ることは不可能です。ルールは依然
としてわかりません。

さて、クイズの方ですが、まず兵庫県の対戦で、最初に戻ってきたのは灘でない1
チーム。そのチームに難しい問題が出て(計算問題なので、灘なら正解したという
見方もある)、後ろの灘3チームにいずれも簡単な問題が出て、この時点で早くも灘
高校の全国大会進出が確定してしまいました。兵庫はすぐに終わったものの、京都・
大阪は結構難航しました。すでに5時近くになっています。

続いて別の場所に徒歩で移動します。何か小屋のようなものが設けられています。
中には牧場にあるような道具や野菜などが置いてあります。3つの部屋に仕切られて
いて、各チームの代表者が2分間、この中に入ります。そこでリヤカーに品物を乗せ
て、自分自身の体重と合わせて100キログラムになるようにします。問題が出たら
部屋の中に入って、計量の結果100キロに最も近いチームから解答権があるという
ものです。正解すればそのチームが決勝進出。1チーム決まると、残りの2チームに
再び問題が出ます。また時間が与えられて、今の状態から品物を足したり引いたり
して、100キロに近いようにします。また近いチームが先に解答権があります。
正解すれば決勝進出です。ここもそれぞれの府県で別々に行います。

大田アナは、灘だけになったら初めて、自分が灘高校出身であることを明かし
ました。「○○先生はお元気ですか」

−−−−(ここまで)−−−−

 近畿大会では一時、砂浜で途中の企画をやるのがはやりましたが、陥没事故でずっと閉鎖されていた海岸でもかつてやっていたんでしたっけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月24日 (土)

全国統一問題

 ここの読者が私に何を求めているか、まだつかみ切れていませんが、問題を載せたらアクセス数が盛り返しました。
 前回、8回北海道の1問目は本の8巻の北海道のページに載っていないと書きました。また、今年の九州のリポートで、8回の九州の1問目は九州のページの1問目ではないと書きました。これは、「全国統一問題」があったからですね。この回は全部の予選で同じ第1問を出したのでした。今では絶対にできない企画です。2カ所目の予選から全員正解になるでしょう。その問題は、本の8巻の最初に載っているものです。
 ところが、その問題が載っているページがある四国・岡山大会では、実はこの問題は出ていません。8回四国の第1問は、本の四国のページの2問目に載っている問題です。本来は、これが全国統一の第1問になるはずだったのです。しかし、出してみたところ高校生の反応がよくない。高校生がいろいろな実験したり調べたりするのを撮りたかったのが、あまりに難しいので、ろくに考えずに勘で答えを決めていたそうです。そこで次の予選から(この回は沖縄だけ行っていないので、2カ所目の沖縄からなのか3カ所目からなのか不明)、橋本聖子の問題に切り替わったのでした。
 なお、四国では会場に向かう電車が瀬戸大橋を通過するときに車掌が中吊り広告をはがすと問題が現れるという演出がありました。四国の番組では当然、山の高さの問題が映りますが、全国放送では、ここで橋本聖子の問題が出る偽の映像を作って流していました。
 この橋本聖子の問題、札幌からと福岡からということになっていますが、これは実は、全国大会で東軍が札幌から、西軍が福岡から寝台列車で出発するということを暗示したものにしたそうです。今思うと、この全国大会で札幌から同乗した森中アナが、17年たってメイン司会が2代かわってもまだ今年の全国大会に出てくるというすごさ。森中アナが自分で勤務をつけているという説もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月23日 (金)

17回沖縄のYES−NOクイズ

 アクセスも減ってきたし、ここらで蔵出し問題にいこうかな。今探しているのは、8回北海道の7問目以降の問題です。本には6問目までしか載っていませんが(1問目は北海道のページには載っていない)、その後もずっと問題が出ています。「色のセピアとは枯れ葉のことである」とか。どこかにこのときの録音テープが残っているはずです。

NO.1 クイズ・タイフーン、沖縄上陸。今年すでに2つの台風が大接近している台風銀
     座・沖縄。台風の1号と2号が合体すると、台風3号に名前が変わる。
NO.2 夢の全国大会決勝の聖地となった香港に一番近いここ沖縄県。面積は香港の方が
     広い。
NO.3 2人乗りが禁止されている自転車も、サルと一緒なら許される。
NO.4 保管が大変な落とし物。警察の判断で売っても構わない。
NO.5 NTTのポケベル番号も電話帳に載せることができる。

正解
NO.1 NO
     勢力が強い方、つまり小さい台風を吸収した方の号数になる。
NO.2 NO
     香港は1091平方キロメートル、沖縄は2266平方キロメートル。
NO.3 YES
     道路交通法で自転車の定員は1人と定められているが、サルはモノ、荷物とみな
     される。
NO.4 YES
     腐りやすい食べ物や生き物は警察署長の判断で売ることができる。警察の遺失物
     専門の業者に売られる。昨年、食べ物だけで198件が売られている。
NO.5 NO
     携帯電話やPHSは機種によっては載せられるが、ポケベルは載せられない。解
     約が多すぎることや、着信サービスで誰がかけてきたかわからないので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月22日 (木)

21回近畿大会(その3)

 職場に数週前の「サンデー毎日」が落ちていました。大塚製薬が広告料を出していると思われるグラビア記事があって、空に出すPOCARI SWEATの1文字の大きさについても書いてありました。でもさすがに事前に、これが○×クイズに出ると思ってメモしておくことは不可能か。

 それでは21回近畿大会の続きです。このところ、1日のアクセスが70ぐらいに減ってきました。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

10問目を前に、八幡工業高校陸上部に「次は一番ダッシュお前たちね」。ようやく
高校生とコミュニケーションをとるようになってきました。10問目「ユリ」という
言葉のアクセントがおかしい。今年の司会ぶりで目立ったのは、たびたびアクセント
のおかしいところがあることでした。一番気になったのは、「不正解は1回休み」と
いうのに「やすみ」の「や」にアクセントがあることです。

○×クイズを通過できるのは各府県10チームですが、この時点で残りの枠は和歌山
1、滋賀1、奈良1、京都1です。それがこの10問目で一気に全部決まりました。
4府県一度に決定して終わるというのはおそらく史上初でしょう。さすがにここでの
敗者には鈴木アナが敗者インタビューしています。

さて、次の会場をどうするか。会場探しの鉄則は、一度行って何もないところでも
何回でも見ることです。すると、○×クイズが終わった途端、いきなり全部の会場が
わかりました。あれだけガードが堅かったのに、この油断は極端です。しかし、決勝
の会場はどうやら入れないところであるらしいことも判明しました。

次のクイズ会場は、ポートライナーの駅からここまでにも続いていた、動く歩道を
使います。ペーパークイズの問題が、柱に1問ずつ張ってあります。動く歩道に乗り
ながらこれを解いていくのです。最初は二択で1問2点、次に五択で1問5点、最後
が記述問題で1問8点と書いてあります。配点を公表するとは珍しい。というか、
問題によって配点が違うペーパークイズ自体、異例です。通路の突き当たりから下を
見ると観光バスが2台とまっています。ここでこっそり数チームを呼び出して、
スタッフが同点決勝の三択をやっていました。クイズ研のオープン大会などでは、
ペーパークイズにはたいてい、近似値問題がついていますが、高校生クイズでは同点
をどうやって処理しているのかという疑問を持っている人は多いようです。実はこう
やって隠れて同点決勝をやっているのです。しかし私もこの現場を目撃したのは13
年ぶりです。

ペーパークイズの結果発表では、バスに乗り込むことに関して、何らかのどんでん
返しがあるらしいという情報をつかんでいます。しかしそれを見ている時間はあり
ません。我々二十数人の多くは、これから2カ所の準決勝会場に分かれることに
します。一方、第1会場での敗者復活戦を見る要員も残しています。準決勝会場の
一方は南京町の店(中華料理店と思われる)で、もう一方は六甲山牧場です。南京
町の方がはるかに近いのですが、どうもこちらは入れないらしいという情報もあり
ます。私は六甲山に行くことになりました。

しかしポートライナーに乗るときに他の人たちとはぐれました。久しぶりに、次の
会場を目指して1人で移動します。私が選んだルートは三宮から阪急で王子公園に
出て、摩耶ケーブルの乗り場まで急坂を延々と歩きます。摩耶ケーブルは阪神大震災
で運行休止が続いていましたが、今年復活しました。さらにロープウェーに乗り換え
ます。ロープウェーからはるか下方に、読売テレビのヘリコプターが低空飛行して
いるのが見えました。六甲山へ向かうバスを撮っているのでしょう。ここからさらに
バスに乗らなければなりません。

あまりに時間がかかったので、準決勝を見るのは無理かと思いましたが、準備に相当
手間取っていたらしく、私が現場へたどり着いたときに、ちょうどクイズが始まる
ところでした。別の手段でもっと早く着いた人たちは、かなり待たされたそうです。

そこにいたのは大田アナと、京都・兵庫・大阪それぞれ4チームずつです。各府県を
半分に分けてそれぞれで決勝進出チームを決めるのだと思っていたら、和歌山・滋賀
・奈良の準決勝は鈴木アナがやって京都・兵庫・大阪の準決勝は大田アナがやる
だけ。これでは意味がないじゃないか。まさに大田アナの仕事をつくるためだけの
企画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月21日 (水)

15回関東大会の真相

 @niftyのFQUIZ時代に、今年の近畿大会のリポートを書いて、雷で避難したのは25回の歴史で史上初だとさんざん書きました。そしたらあるホームページで、過去にも雷避難はあったという書き込みを発見したのでした。どこのページだかわからなくなったのですが、申し訳ありませんが保存しておいた文章を勝手に引用させていただきます。

−−−−(ここから)−−−−

ちょうど10年前の1995年の夏、第15回大会関東予選。
司会は「ファイアー」でお馴染みの福沢明アナ。
僕らのチームはあと1問で全国大会でした。
YesとNoのゾーンに右往左往した事や、その途中に落雷で中断した事、
何回も間違えてるのに人数が足りなくてもう一度、というのが続き、
運良くYes-Noクイズを突破した事。
ペーパークイズを3人で知恵を出し合って解いていった事、
問題に答えた後、バックネット裏で頂いた弁当を食べた事、
うちらがトップバッターで3人で一斉に判定ゲートに飛んだ事、
これまた運良く突破して決勝にて、一つのボタンに3人が手を重ねあって問題に挑み、
恐る恐るボタンを押して回答した事。敗れて帰る途中にスタンドから見た、
まだ決勝が行われている途中のグラウンド内の明かり。
今にして思うとやっぱりかけがえの無い思い出ばかりです。

−−−−(ここまで)−−−−

 さて、過去の私の文章を送ってもらったので、この雷問題に決着がつくということに気づきました。当時の私は、そのことを書いているのか? 見てみたら、15回関東大会については独立のリポートを書く気がなく、他の記事に対するコメントとして書いていることがわかりました。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

関東大会については書くつもりはなかったのですが、
書けることがたくさんあったので書きます。

>>「宇宙船ニールがドジャース球場から、どっかの球場(忘れた)までの
>> 平均速度での移動時間と、ノモの1イニングの時間ではノモの方が早い。
>> ただし、手からボールが離れてからの時間とする」

今年の第1問はかなり苦しい問題だったということが、ここからもわかります。
スタッフは意地でもノモに関係ある問題を出すつもりだったのでしょうが。
まず、ミールを野茂と並ぶ今年の主役と称するところに無理があります。
「ミール」という名前を覚えられていないくらいですから。
そして、「どっかの球場」を出すところにも無理があります。オールスターの
会場だったのでしょうが、私も知らなかった球場名でした。
そして、野茂が最初の3アウトをとるまでの時間という概念にも無理があります。

放送されないでしょうから書いておきますと、第1問は圧倒的多数が正解でした。
実は、ここ数年ずっとそうなっています。スタッフとしては、
ちゃんと計算したチームはみんな合格させてやるといったところでしょう。
また、第3問はグランド・スタンドお別れクイズですが、
これがレギュラー化した8回以降、◯◯ンド側が正解だったことは
1度もないはずです。今回も◯◯ンド側が正解でした。

前説において、今年の全国放送の放送時間が30分延長されることが
発表されたようです。2時間より長くなるのは夏の大会では史上初です。
この、番組が存続の危機にあえいでいるときになぜ?
突然の決定にスタッフは、全国大会で問題数のかかるクイズをやろうと
しているようですが、そんなことより予選をちゃんと放送してもらいたい。

10問を過ぎたあたりで急に雲行きが悪くなり、雷が鳴りだしました。
そのため全員が一時避難しました。このまま続けば7回の熱中症のときの
ように中止になるかと思われましたが、すぐに天気が回復しました。
しかし早く終わらせるため、最後までYES−NO走りクイズをやりませんでした。
また次のペーパークイズでも時間の節約のため、例のパズルをやりませんでした。
ただ、制限時間はもともとパズル込みなので、時間は変わらないのですが。
まあ、セッティングとルール説明の時間を省略したというところでしょう。

決勝は関東では初めて、複数の県をまとめてやるものでした。
まず抽選で1県から3県までを選び、その上でどの県の決勝をやるか抽選します。
まとめてやると、キャンセル問題が減って、時間が短くなることが
期待できます。しかし結局、7時30分過ぎまでかかりました。
ちなみに、予選通知ハガキには、「16時終了予定」と書いてあります。

−−−−(ここまで)−−−−

 堂々と「雷で避難した」と書いてあるではないか!
 それにしても、このときの文章を読んで最も感慨があるのは、グランド・スタンドお別れクイズなどという企画を当時はできていたことです(正解はスタンド側)。今なんか、あまりに参加者が少ないので東京都は全チーム1問目を免除してグラウンドに降りられるなんていうことをやっているんだぞ。
 あと、決勝でこんな複雑なことをやっていたんですね。つまり1県だけで決勝をやるところもあれば、3県まとめて決勝をやるところもあるということです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月20日 (火)

21回近畿大会(その2)

 本日「はなまるマーケット」の「はなまるカフェ」に福澤朗が出るということに、放送時間を過ぎてから気がつきました。しかし、私の母親がたまたま、前のコーナーを見るために、途中までビデオにとっていました。彼がすごい鉄道マニアだということを延々と語っていました。この情報は今までどこでも見たことがありません。小田急のVSEの展望席をとるために、2カ月前から妻に苦労させたそうです。でも本人は仕事で乗れなかったとのこと。ずっと前方車窓のビデオをとらせて、それを見たそうです。
 今発売中の「FLASH EXCITING」によると、フリーのキャスターで潜在視聴率を最も持っているのが福澤朗だそうで、実力No.1なのに出演料が安くても仕事を引き受けるので各局から引っ張りだこだと書いてあります。

 それでは21回近畿大会の続きです、

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

第1問は小泉純一郎に関する問題ですが、この問題には重要な意味があります。読売
テレビの高校生クイズのホームページでは、昨年に続いて、構成作家の長戸氏の対策
講座が連載されていました。毎週、○×クイズの例題を載せて、その考え方を解説
するというものですが、今回の第1問は、まさにその例題に出てきたパターンその
ものなのです。というか、このパターンは、高校生クイズでは第1回から毎回必ず
どこかで出ることになっていて、しかも昨年の中国大会で初めて反対の答えが出る
まで、ずっと同じ答えが出続けました(今年は沖縄ですでに出て、やはり多い方の
答えが正解)。ちなみに長戸講座では、例題の正解は多い方ですが、「これを踏まえ
て次の問題」というのでは反対の正解にして、「クイズにはこういうこともある」
とかいう解説がついていました。これをどうとらえるか。私はこの問題なら、多い方
の答えが正解だと思いますが、長戸講座を見てしまったために惑わされている参加者
が相当数いると考えられます。

第1問の正解発表は、巨大風船が2つあって、不正解の側が割れて水が出てくると
いうものです。私の思った答えが正解でした。すると、帰る高校生に向かって鈴木
アナが「ご存じのように、この近畿大会には敗者復活がありますが」と前置きして、
さらに21世紀枠の説明を始めました。「ご存じのように」って何だ。地元アナが
出てきてさんざん意味のないやりとりをしてから敗者復活を宣言するのはまったく
時間の無駄だと思いますが、ここまであっさりと敗者復活を発表するのは史上初
です。会場の雰囲気が悪いから、余計なやりとりを避けたのか。ところで、8月7日
に抽選で当たった東京都の桜蔭高校に鈴木アナが電話をかけて敗者復活が決まったと
いうことが日本テレビの公式ホームページですぐに発表されました。クイズで代表に
なった高校はまったく発表されないのに。これは、電話がかかってこなかったすべて
の高校生に、本当に敗者復活をやったということを知らせるためでしょうか。チーム
の登録番号まで書いてあったのは、恣意的でなく本当に抽選で決まったということを
強調するためと思われます。しかし桜蔭と言われると、やはり疑いたくなる。17回
のフェリスの裏返しではないか。今度は女子校で最も有名な進学校を残すという。

第1問の解説が読まれませんでした。しかしそのことの意味はすぐにわかります。次
の問題、同じ事実をもとにして作られているのです。つまり第1問と第2問の解説は
まったく同じということになります。昨年は語尾が同じ問題文が2問続くというのが
2回ありましたが、長戸近畿大会になってから、問題にすごいクセが出てきました。
この後の問題も、全然高校生クイズらしくありません。といいつつ、私は各府県の
決定チームが出るまで全問正解だったんですけど。私は、サドンデスの○×クイズで
似た問題を2つ続けるのには反対です。

で、2問目は1問目と反対の答えになるだろうと思いました。これは問題の作り方を
考えるとわかります。この問題文だとこちらの答えになる確率は決して低くあり
ませんし、そもそもこちらの答えでなければ2問目には使わずボツになっているはず
です。それが正解だったのは前述の通りです。

3問目、またしても「構成・長戸」を思い切り意識した問題です。長戸本に載って
いる○×クイズの攻略法を自ら覆す問題です。昨年も同じパターンの問題で同じこと
をやっています。ただし、この事実は有名な雑学なので、知識で答えられておかしく
ない。

鈴木アナは、舞台の上ではなく、高校生のいる中央に設けられた小さい台に乗って
問題を出しています。確かに高校生に近づいてはいますが、その台から降りて高校生
にインタビューするということがありません。明らかに他の予選と違っておかしい。
7問目終了時にようやく台を降りました。8問目は圧倒的に少ない方が勝ったのに、
正解発表であおったりして引っ張ることをしません。ラルフと近畿の高校生の関係は
どうなってるんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月19日 (月)

21回近畿大会(その1)

 本日は仕事が休みでした。「バスまつり」というチラシを見つけたので、神戸まで行ってみました。関西の各バス会社がバスを集結させてテントを設けています。しかしこの場所は、4年前に近畿大会の決勝が行われる船を呆然と見送ったところではないか。ということで、今度は21回近畿大会のリポートを載せることにしました。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

近畿大会は、途中でコースが2つに分かれるらしいという情報が事前に入って
いました。なるほど、おそらく10回のウルトラクイズのように、2コースで各府県
1チームずつが勝ち残って決勝をやるのでしょう。今まで一度も行われたことがない
パターンです。こういう企画を思いついたのには必然的な理由があると考えられ
ます。読売テレビはこの大会で、日本テレビの企画に従属した番組を作るのではなく
自分たちで独自のことをやりたいわけです。福澤時代末期のやる気のなさは、読売
テレビにはむしろ都合のいいものでした。福澤アナには退いてもらって、途中は読売
テレビのアナウンサーで存分に独自の企画ができます。しかし今度の鈴木アナは、
敗者インタビューさえ全部自分でやる。こうなると読売テレビの出てくる余地が
なくなってしまいます。そこで途中をラルフコースと大田コースに分けて、大田アナ
の部分で読売テレビ色を出そうということでしょう。

当日、ポートライナーの三宮駅はすごい列です。クイズが10時から始まるのに、他
の地区は受付開始が9時ですが、近畿だけは8時45分です。それだけ人数が多くて
時間がかかることを想定しているのです(今回に限らず近畿だけ受付時間を長く
とっている)。なんとか乗り込んで(スルッとKANSAIカードを事前に買って
おけばよかった)会場にたどり着きます。横にある巨大屋根の部分は、もしかしたら
ポートピアの入口の跡でしょうか。東北のときに専門学校のブースが出ていましたが
ここでもまた、美容専門学校のブースが出ています。

そして、私と同様の、近畿大会を見るのが目的の人たちが20人以上集まっています
(私が長く続けてきたこれって、クイズに出るのやクイズをつくるのと並ぶ、クイズ
界の新しい分野を切り開いたといえるか)。関東より多いくらいです。やはり、場合
によっては高校生クイズの歴史で最後の予選になるかもしれないからでしょうか。
次の会場を探しますが、今年の読売テレビは異常にガードが堅い。まったく何の
手がかりもつかめません。つい2年ほど前まで、近畿が最もわかりやすかったのに。
こういうときはどうするか。最後まで決してあきらめないことです。以前、第1会場
が完全に撤収されるまで粘って、主催者側が油断して情報が漏れてくるのを狙って
決勝会場がわかったこともあります。

読売テレビの新人アナウンサーが前説をやっています。それが終わって、音楽が
鳴ってドライアイスが吹き出されました。すると出てきたのは大田アナと森若アナ
です。前説が2段階ある予選なんて聞いたことがないぞ。しかも、なんで前説に
ドライアイスが出てくるんだ。彼らの話の中で「敗者復活戦があるかもしれません
から会場に残ってください」と言っています。そんなのをバラす前説も初めてです。

いよいよ収録開始です。どこからかヘリコプターが飛んできました。それが会場の
後方にいきなり降ります。風で砂が飛んできます。中から鈴木アナが出てきます。
なんかこの前の電波&雷波スペシャルで同じような場面を見たぞ。この企画のために
参加者を前方に押し込めていました。鈴木アナは高校生の間を走って舞台に向かい
ます。

今回の参加者には、親子で同一チームというのがいるそうです。つまり親が50歳を
過ぎて、子供と同じ高校に入学したのです。これはいくらなんでも史上初でしょう。
それにしても非常に気になることがあります。参加者が全然盛り上がっていません。
実に雰囲気が悪い。司会者が「パワー!」とかあおっても、高校生は叫ばないし。
で、鈴木アナも場の空気を察してか、もっと大きな声を出せとは言いません。これ
まで百数十の予選を見ましたが、こんな冷たい空気が流れているのは初めてです。
やはり、今までの司会に代わって、また東京で選ばれた知らない司会が降ってくると
いうのは、関西人には反発があるのでしょうか。第1回みたいに、近畿だけ総合司会
が来ないというのを試してみてもおもしろかったような気がしますが。

−−−−(ここまで)−−−−

 このときのポイントは、司会者に対して高校生が全然反応しなかったことです。今では近畿でもそんなことはありませんが。「前説2段階」や「前説で敗者復活戦をばらす」というのは今年と同じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月18日 (日)

こんなクイズもあった

 自分のパソコンの中の文書を見ていたら、こんなのがありました。何年ぐらい前だったか忘れましたが、TAMAらいふ21なんとかクイズ選手権というのが夏休みに日本テレビで深夜に放送されました。多摩地域の自治体の広報のために作られたような番組で、ウルトラクイズのスタッフが作って司会は福澤朗でした。参加できるのは多摩の大学に通う学生だけです。高校生クイズの予選の真っ最中に収録されました。
 私はその番組を見て、問題を文字に起こしていたんですね。でも今改めて見ると、大半の問題が使えません。また、見ての通り、一部不完全なところがあります。なお、問題が途中で切れているのは、そこまでしか読まれなかったため続きがわからないものです。

●◯×クイズ
問1 自動車のナンバープレート、多摩ナンバーの第1号は、多摩地域が東京都に移管された100年前の、その年に登録された。
答1 ×(現在のナンバープレートは、昭和26年、道路輸送車両法によってスタートした。多摩ナンバーができたのは、昭和37年4月1日)
問2 このクイズ選手権の優勝者には「タマ王」の称号が与えられますが、多摩動物園には、実際に「多摩王」と名付けられた動物がいる。
答2 ◯
問3 大相撲の番付表、実は行司さんが書いている。
答3 ◯
問4 ソビエト連邦が崩壊したために、ソ連型インフルエンザは今年から「ロシア型」と改名された。
答4 ×
●大学入試ペーパークイズ
問5 xの絶対値=2であることは、x^2−4x+4=0であるための
   1必要十分条件である
   2必要条件であるが十分条件ではない
   3十分条件であるが必要条件ではない
答5 2
問6 日本の偉大なる起業家、故松下幸之助が提唱した哲学とは?
   1電気哲学 2水道哲学 3ガス哲学
答6 2
問7 スワヒリ語でトウガラシのことを何という?
   1ウハウハ 2ハヒハヒ 3ピリピリ
答7 3
問8 薬品として特許をとった調味料は?
   1ソース 2ケチャップ 3マヨネーズ
答8 2
問9 ロックバンド「たま」のアマチュア時代のバンド名は?
   1天津丼 2親子丼 3かきあげ丼
答9 3
●体力強化!激走リレークイズ
問10 昨年度、国内のシングル・アルバム・カセットの売り上げ総合No.1に輝いたアーチストといえば?
答10 チャゲ&飛鳥
問11 今年6月、約5年ぶりに新曲「嘲笑」を発売したお笑いタレントといえば誰?
答11 ビートたけし
問12 日本の国技・相撲で、横綱が土俵入りする際の型は、雲竜型と何型?
答12 不知火型
問13 十代のカリスマといわれるのは尾崎豊。では「涙のカリスマ」といわれるプロレスラーは誰?
答13 大仁田厚
問14 「もっと光を」という名言を残したのはゲーテ。では、「あたしゃも少し背が欲しい」という名言で知られるお笑いグループといえば何?
答14 玉川カルテット
問15 野球の試合開始はプレイボール。ではサッカーの試合開始は何という?
答15 キックオフ
問16 言葉の問題です。傾けたり澄ましたりする体の部分は耳ですが、では、口ほどに物を言ったり、鱗が落ちるのはどこ?
答16 目
問17 プロ野球・オールスターゲームのファン投票で、歴代の投票数の最高記録を持っているのは誰?
答17 王貞治
問18 クロード・ファーレルの小説「ラ・バタイユ」のヒロインの名がつけられた、フランス・ゲラン社の香水といえば何?
答18 イーストー?
問19 4年に1度、2月29日のあるうるう年。今度来るのは西暦何年?
答19 1996年
問20 「一か八か」1と8、その間にある素数は何個?
答20 4つ(2、3、5、7)
問21 映画の道徳的水準の低下を防ぐため、専門委員が審査を行う機関を何という?
答21 映倫
問22 F1レースで、ポールポジションからスタートしたマシンが、そのままトップでゴールインすることを何という?
答22 ポール・トゥー・フィニッシュ
問23 トライアスロンといえば水泳・サイクリング・マラソン。ではバイアスロンといえばスキーと何?
答23 射撃
問24 アメリカでのタイトルが「ラム」という日本の人気マンガといえば?
答24 うる星やつら
問25 今年3月、日本で最終巻・6巻目が発売された、大友克広の人気SFマンガといえば?
答25 AKIRA
●胃袋強化!多摩名産品早食いクイズ
問26 薬師池は、ある火山の噴火で、池全体が埋もれてしまったことがあります。その火山とはいったい何?
答26 富士山
問27 男2人と女1人の友達グループのことを、あるロックバンドにちなんで何編成という?
答27 ドリカム編成
問28 昔話で、桃太郎が鬼退治に行く途中、きびだんごをあげた最初の動物は何?
答28 犬
問29 洋菓子やアイスクリームの香料として用いられる、アメリカ原産のラン科の植物は何?
答29 バニラ
問30 1968年に、アメリカのケネス・H・クーパー博士が発表したトレーニング法で、有酸素運動の代表的なスポーツは何?
答30 エアロビクス
問31 南米の代表的な国を表す総称で、「ABC三国」といえば、アルゼンチン、ブラジルとどこ?
答31 チリ
問32 昔、お芝居やお相撲などの興行が行われた建物の出入口のことを何という?
答32 木戸
問33 映画「理由なき反抗」でジェームス・ディーンの恋人役を演じ、その後「ウエストサイドストーリー」のマリア役で不動の人気を築いた、今は亡き女優といったら誰?
答33 ナタリー・ウッド
問34 正式名称が「父母と先生の会」
答34 PTA
問35 バスケットボールのトラベリング。これはボールを持って何歩
答35 3歩
問36 大相撲の優勝決定戦と弓取式。先に行われるのはどっち?
答36 弓取式
問37 「七転八倒」「三寒四温」。出てきた数字を全部足すといくつ?
答37 22
●精神力強化! 正座早押しクイズ
問38 仏教で最も尊敬すべき3つの宝「三宝」とは、仏と法とあと1つは何?
答38 僧
問39 戦国武将の性格を例えた言葉。「鳴かぬなら、鳴くまで待とうホトトギス」は徳川家康。では「鳴かぬなら、殺してしまえホトトギス」は誰のこと?
答39 織田信長
問40 空からでないとわからないほどの巨大な謎の地上絵があるのはペルーの何高原?
答40 ナスカ
問41 日本のなつかしのアニメ。アメリカでは「スピードレーサー」
答41 マッハGoGoGo
問42 石灰水を希硫酸に入れたとき、発生する気体は?
答42 二酸化炭素
問43 昭和35年「夜と霧の隅で」で芥川賞を受賞した、「どくとるマンボウ」で知られる作家は?
答43 北杜夫
問44 旧約聖書で、アダムとイブが住んでいた楽園といえばどこ?
答44 エデンの園
問45 アメリカのクリントン大統領がかつて知事を務めていたのは何州?
答45 アーカンソー州
問46 沖縄を舞台にヤクザの姿を描いた、ビートたけし監督4作目の映画のタイトルは?
答46 ソナチネ
問47 落語家の中で、自らを家元と称して弟子を集めているのは誰?
答47 立川談志
●決勝・絶叫対決クイズ
問48 八王子は現在までに都市宣言を4つしています。「非核平和都市」「世界連邦平和都市」「交通安全都市」さて、もう1つは?
答48 親切都市宣言(昭和39年に宣言している)
問49 宇宙に存在しているものと意識をつなぐはたらきをする人間を何という?
答49 チャネラー
問50 1978年、海兵隊員15名が参加して行われた、第1回ハワイアイアンマンがそのルーツである耐久レースといえば何?
答50 トライアスロン
問51 月が太陽の中央を覆い、太陽の光が月の周りに金の輪のように見える日食のことを何という?
答51 金環食
問52 創立以来、初めてアフリカの国から選出された、現在の第6代国連事務総長は誰?
答52 ガリ
問53 金属元素の1つで、石灰を意味するラテン語・カルックスに由来して命名されたものは何?
答53 カルシウム
問54 古代から16世紀に至るまでは、ダイヤより貴重なものとされており、クレオパトラが珍重、愛好したと言われる宝石といえば?
答54 エメラルド
問55 日本の法律の中で、天皇や皇族関係について定められているものを何という?
答55 皇室典範
問56 シェークスピアのマクベスを戦国時代に置き換え、弱肉強食を描いた、黒沢明監督の映画のタイトルは何?
答56 蜘蛛の巣城
問57 3月6日になるとすべてのデータやソフトを消してしまうコンピューターウイルスで、イタリアの芸術家に由来する名前がついているのは?
答57 ミケランジェロ
問58 日本で株式会社を設立するのに最低必要な人数は何人?
答58 1人
問59 気象学で、視界が1キロメートル以下になってしまう水滴の微粒子のこうがい物を何という?
答59 霧
問60 青梅市に記念館があり、「宮本武蔵」や「新平家物語」などの著書でも知られる作家は?
答60 吉川英二
問61 ヤクルト・野村監督が唱えている「ID野球」その「ID」とは何の略?
答61 Inportant Data
問62 えいろく12年・1569年、たきやま城の北条氏照を攻めるときに、昭島市を本陣として戦った戦国武将といえば誰?
答62 武田信玄
問63 昭和19年に文化勲章を受賞し、赤痢菌を発見した日本の科学者は?
答63 志賀潔
問64 United Statesを「合衆国」と和訳したのは、1854年の何という条約?
答64 日米和親条約
問65 哺乳類で唯一、翼を持って飛ぶことができ、またその翼を、エサを捕まえるためにネットにすることもある生き物といえば何?
答65 コウモリ
問66 数ある文学賞の中で、「ヒューゴ賞」「メビラ賞」という
答66 SF
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月17日 (土)

21回中国大会の番組

 昨夜は泊まり勤務だったので、タイマー送信をセットしていたのですが、今見たら投稿されていないではないか。でも、書かないと、いつになったら載るんだということで、アクセスが増えています。
 今回は、21回の中国大会を事実上見られなかったためフォローのために書いた文章です。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

私は、全国大会があると予想される日程を選んで夏休みをとりました。全国大会に
ついては見るノウハウを持っているわけではないので、見られるかどうかわかり
ませんが(ここ3年ほど連続して全国大会の大半を見ているのはまったく偶然)、
最初から不戦敗はしたくない。しかし、当初の予定では私の予想通りの日程だった
ことがわかりましたが、いきなり大幅に順延されてしまいました。地区大会の最後
の予選から全国大会までの日数が、これまでで最も長いのではないでしょうか。
昨年は全国大会の最終日がいきなり3日も早まって大幅な企画変更となりましたが
(おそらく、Fire号で2チームに絞ってホーム&アウェーをやる予定だったと
思われる。決勝が日本テレビのスタジオというのは、本当に困ったときの最後の
手段。ちなみに、鯨波でのクイズは当初の予定では「3方向綱引き」だったことも
わかっている)、今年はその逆です。

しかしせっかくとった休み、それなら他にやることがあります。8月12日の夜
10時30分から、広島テレビで中国大会の番組が放送されます。広島テレビは
なぜか、常に日曜日の夜10時半からレギュラー番組を休んで中国大会を放送し
ます。読売テレビの「おもしろサンデー」を流していた時代からそうです。他に
予選の番組を夜に放送するという局は聞いたことがありません(第2回の中部の
番組はゴールデンタイムにやったらしいが)。今年、事実上まったく見ていない中国
大会。これは番組を見に行かなければなりません。

これまで、予選当日に飛行機で行くといったことを繰り返してきましたが、今回は
時間に余裕があります。そこで「青春18きっぷ」です。東京を朝7時前に出発し
ます。普通列車を乗り継いで、夜10時30分より前には広島駅に着いているはず
です。予選を見に来る若い人たちはみんなこうやって各地を回っていたわけです。

ところが、豊橋駅に着くところで、三河地方の豪雨のため、東海道線が止まっている
という放送があります。豊橋から名古屋まで名鉄で振り替え輸送されましたが(青春
18きっぷで名鉄に乗った)、ダイヤが乱れているので、なかなか米原まで進め
ません。時刻表を調べると、もうこの時点で、普通列車で22時30分までに広島駅
に着くことはできないではないか。1時間以上の余裕をもって東京駅を出たはずなの
に、各所での接続が悪くなって一瞬にしてこうなる。今年は、神は私に、よほど広島
に行かせたくないらしい。

しかし、捨てる神あれば拾う神あり。本日は日本テレビ系は野球中継があります。
これが延びてくれれば、23時までには広島に着くことができます。三原のあたりで
確かめると、試合が全然終わる雰囲気がありません。ラッキー。そういえば、今年は
全国放送の日に野球中継があるように聞いたのですが。過去、全国放送の前に野球
中継があったのは1回しかありません。第6回が唯一、放送開始が遅れた回です。

22時40分ごろに広島に着きました。携帯テレビを持って、6月に立てなかった
第1会場の空き地へ。こんなところで夜11時台に立って携帯テレビを見ているって
あまりに怪しい行為です。

ようやく本題の番組の話になります。オープニングは初代と2代目の司会者の映像
でした。まあそうなるでしょう。鈴木アナはここでも高校生に囲まれた状態で第1問
を出していたことがわかりました。「携帯電話でどこにかけてるの」と聞いている
ところが放送されていました。正解発表の電車は、ずいぶん小さくしか映って
いませんでした。もっといい位置でカメラをセットできなかったのか。

○×クイズは8問も放送されていました。2問目以降で決定チームが出た問題は
すべて放送されたようです。各県の勝ち抜け高校名をすべて表示していました。一方
敗者復活戦は全部カットしていました。藤村アナはナレーターですが画面には一切
出ていません。これは正しい編集の仕方でしょう。1問目での鈴木アナのしゃべりも
放送は最小限にしていましたし、考えるときの音楽も途中で切って、ダラダラやら
ないようになっていました。今年の中国大会は的確な番組づくりをしています。

ここまでで約15分。続いて準々決勝です。コンテナが4台あって、各グループは
海の家・スポーツ用品店・カー用品店・金物屋というチームであることがわかり
ました。それぞれの関連のものをコンテナに詰め込んで、扉を閉めてかんぬきを
下ろすと早押しスイッチが入るということもわかりました。運ぶ品物には、事務用の
スチール机などの、かなり大きなものもあります。1グループ勝ち抜けた後、0
ポイントのグループが一気に得点を挙げて大逆転したこともわかりました。この途中
の編集の仕方も的確で、だらけないようになっています。

準決勝はスノーヴァ広島の前での「孤独のサバイバル! ザ・トリプルアンサー」。
チームの3人がそれぞれ仕切られた状態でボードクイズに答えます。3人とも正解
なら勝ち抜けです。島根県の対戦を放送して、12人全員の書いた答えを画面に
出していました。ここでは島根しか放送しませんでしたが(しかも1問で2チーム
決まった)、他県もやることは同じなのでこれでいい。ここでも編集が的確です。

この時点で30分を過ぎたところです。決勝を前に、鈴木アナがスキーでジャンプ
するのを見せていました。そんなこともできるのか。決勝は「真夏の雪上バトル!
スノー・シュータークイズ」。現場でまったく音が聞こえなかったのですが、結構
難しい問題に答えていることがわかりました。そして、全国大会出場チームのうち
2つが、昨年決勝で負けたチームだったということも初めて知りました。しかし、
出雲高校が昨年負けた場面を紹介するときに、ナレーションは宇部高校と言って
いました。誰も間違いに気づかなかったのだろうか。日本海テレビと山口放送での
放送までにはまだ間があるから、直した方がいいと思います。

ここでも、最後に王手をかけたチームが答える場面だけ不正解のところを放送して
いて(その1回休みの間に相手チームが不正解なのも放送した)、的確な編集
です。全体として、今回の中国大会は、必要なところはすべて放送して必要ない
ところは放送しないという、非の打ちどころのない編集です。一昨年に中国大会の
番組を見たときとは大違いです。しかしこれでクイズファン以外の人がどれだけ
おもしろかったかはよくわかりません。後は番組の企画そのものの問題です。

エンディングに「来週の進めスポーツ元気丸は午後11時からの放送です」と出た
のには驚きました。他局用はこの部分をはずしているのでしょう。午前0時に
見終わって、0時20分の「ムーンライト山陽」で帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月16日 (金)

21回中国大会じゃない

 昨夜書いた「たけのページ」、開いてみたらアクセスカウンターがちょうど100ぐらい増えていました。

 過去の予選リポート、次はどこを載せるか。司会者が代わった最初の予選の、21回沖縄大会にしようと思ったら、私のハードディスクではそこだけ消してありました。そこで、その次の21回中国大会にします。この予選、私の高校生クイズストーカー史上唯一の大変な事態になりました。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

6月24日は中国大会です。当日午前4時まで勤務して、会社のハイヤーで家に
着いたら、そのまま駅に向かいます。羽田空港からの朝一番の飛行機に乗ります。

天気予報によると広島近辺は大雨です。飛行機は「あと8分で広島空港に着陸」と
いうアナウンスが流れました。が、いつまでたっても降下しません。下を見ると
真っ白で何も見えません。「広島空港は視界が悪く着陸できない状態ですので上空で
待っています」

広島上空を1時間回り続けたあと、「天候回復の見込みがないため、羽田空港へ引き
返すことになりました」。ついにこの事態が起こったか。私は予選会場へ行くのには
これを恐れてできる限り飛行機は使わないようにしていたのですが、最近は勤務の
関係上、当日の飛行機を使わなければならない場面が増えています。しかし今回は
第1会場が広島駅に極めて近いため、新幹線の1番列車でもギリギリ間に合った
ところでした。単に早朝の飛行機で特定便割引だと新幹線の半額ぐらいで行けると
いう、完全な私の判断ミスでした。

これまで百数十回、予選に行って、こういうことで見られないのは初めてです。実は
私は、中国大会と最も相性が悪い。見られない回数がダントツなのです。中国大会の
日に、埼玉で高校生クイズについての講演をやってくれという依頼がきたこともある
し。同じ目的の人の中には、実は私と同じ飛行機に乗っていた人もいたということが
わかりました。一方、関西などから地上で行っている人たちも当然いるわけで、電話
をかけてみます。電話の向こうからラルフの声が聞こえてくる。「次の会場は
わかっているのか」と聞くと、もう調べがついたそうです。今から新幹線で広島に
向かって、直接決勝会場を目指すしかない。

ここでちょっと話を変えて、私は過去に、最初のクイズを見ないで直接決勝会場に
向かったことが1度あります。それは12回の中部です。この日は就職試験だったの
です。その会社は受験地を選ぶことができたため、私はわざわざ名古屋会場を選び
ました。午前中に試験をやって、そこから明治村に向かいました。ところでなぜ、
決勝が明治村であることを事前に知っていたのか。この年の東北大会のあと、仙台駅
でスタッフに出くわしました。この回から加わったというスタッフが「オレの担当は
中部大会だ。どこでやるかわかるか」と言ったので、「明治村あたりですかね」と
答えると、「なんで知ってるんだ! 絶対によそで言うなよ」。このスタッフは、
この回限りでいなくなりました。

他の飛行機も広島へ行けるかどうかの見通しが依然立っていないので、羽田から
リムジンバスで東京駅に行って、新幹線で15時40分ごろ、広島駅に着きました。
ちなみにこのころには広島は完全に晴れています。すぐ横の貨物ヤード跡地では、
依然、撤収作業が続いています。ところで、広島空港に行けない代替措置として、
福岡行きの飛行機に無料で乗れます。これを使って博多から新幹線で戻った方が30
分ほど早く着くというのに気づいたのはあとになってのことでした。この時間帯の
30分はとんでもなく大きい。中国大会は県が4つしかないので、必然的に収録が
早く終わるのです。一方、大阪行きの飛行機に乗って、そこから新幹線を使った人も
いたそうです。

ここで他の追跡組に電話をかけると、準決勝をやっている最中だそうです。元宇品
行きのバスに乗ります。16時30分ごろ、ようやく決勝の会場に着きました。広島
プリンスホテルのそばにある、スキードームです(千葉県船橋市の「ザウス」と同じ
ような形状)。こんなものが広島市にあったのか。新しい施設ができるとすぐ使う
高校生クイズ(昨年の中国は、できてもいないのに使ったわけだが)。

関係者のような顔をして堂々と入り込みます。2階の展望室のようなところにもぐり
込みますが、会場の様子はバッチリ見えるものの、音が一切聞こえません。たった
これだけのガラスで、音を完全に遮断できるものなのか。最初から予選を見ていた人
たちの話をまとめると、参加者が久しぶりに1000チームを超える盛況で、クイズ
開始とともに雨がやんで日が照りつけるようになるが、会場はぬかるみ。第1問は
中国大会には珍しい、まともなご当地問題で、正解発表は、後ろのJRの線路に、
正解を書いた列車が走るというもの(9回の東北と同じ)。鈴木アナは各問ごとに
舞台から降り、2問目は○のエリア、3問目は×のエリアの中で出題。今年は大画面
はなく(やはり予算が相当削られているのか)、正解発表は、昔の「クイズ世界は
SHOW by ショーバイ」で司会者のバックにあったような設備を使って出す。
1問目が終わったところで藤村アナが出てきて敗者復活「ラルフといっしょ」をやる
が、対象は第1問の敗者のみ。最初の条件は「誠心誠意、問題に答えてくれる人」。
以下は沖縄と同じお題で絞る。普通に各県8チームに絞る○×クイズだが、過去問が
多い。続いて同じ会場での準々決勝は、コンテナが4台登場して「引っ越しクイズ」
コンテナの部屋に荷物を移動させる団体戦らしい。企画はいいが高校生のレベルが
低く、1時間40分もかかる。「メートルを漢字1字で書くと、どんな食べ物?」と
いった問題に、誰も動かないらしい。あまりの進行の遅さに「国土交通省大臣」と
いった答えがおまけで正解になったらしい。それで16時30分に着いてもまだ決勝
が始まっていなかったわけか(昨年は16時30分にはすべての収録が終わって
いた)。ようやく移動して、この建物の外で準決勝をやったとのこと。今回は私の
代わりに、苦言も含めて誰かここに書いてくれないか。

防寒服を着た各県2チームが雪のあるところに入ります。決勝のルールは、この番組
の超定番の、そりで斜面を滑り降りて早押しボタンを押すというものです。夏の大会
でやるところがポイントです(夏でも過去に10回の立山で同じ企画が。13回の
立山でも同じ企画をやるつもりが、猛吹雪で命の危険を感じるような状態で、ただの
早押しクイズになった)。1人ずつ答えて、3人とも勝ち抜けると全国大会進出
です。2県ずつ分けて行われます。が、問題が一切聞こえません。あのチームが正解
したらしいということはわかる。結局、今回の中国大会、私は問題を1問も聞いて
いません。負けたチームにも鈴木アナがすべてインタビューしていました。最後の
表彰式で、全員で「パワー」と叫びながら飛び上がっていました(聞こえないけど
そのはず)。

帰りに紙屋町の地下街に行きます。昨年、工事中に決勝が行われたところです。昨年
のリポートで書くのを忘れていましたが、この現場には、昨年の中国地区代表全員の
署名がプレートになって埋め込まれているのです。でも我々数人でそれを見ていた
ら、すぐ横のカップルが、バカにしたような目で我々を眺めていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月15日 (木)

優勝体験記

 優勝した浦和高校の人、棒高跳びの澤野に見えるのですが。

 この前、武野の第6回優勝体験記のホームページは消えているということを書きましたが、その後の調べで、このページの下にあることを発見しました。どうやら彼の弟がやっているページのようです。
 現在、当ブログの1日のアクセス数はほぼ100で安定しています。これが一斉に上記のページを読んだら、急にアクセスが増えて何かと思うでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月14日 (水)

20回北陸大会(その3)

 私は選挙権を持ってから何年も、国政選挙の当日に投票所へ行ったことがありませんでした。常に高校生クイズの予選と重なるからです。本当は「高校生クイズの予選を見るから」という理由で不在者投票はできなかったはずですが(現在の期日前投票はできる)、適当な理由をつけていました。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

今さらながら、実家に帰った際に、和歌山大会の会場に行ってみました。有名な園部
地区にあるんですね。参加者に向かって「第1問は何だと思う」と聞いて、北海道
では「え、雪印?」、北陸では「え、新潟県警?」というギャグがありますが、ここ
では「え、カレー? ヒ素を入れていた。YESかNOか」というネタがあったの
でしょうか。

北陸大会の続きです。敗者復活戦は名前ビンゴでした。5文字目で早くもリーチが
出ます。3種類の文字しか含まれていない恵まれた名前です。ところがそこから全然
進展しません。ビンゴが出たのは実に19文字目です。1500人ぐらいいるのに、
五十音のうち19文字出るまで名前が全部埋まる人がいないというのは実に不思議
です。名前ビンゴは奥が深い。最初にリーチになった人は上がれませんでした。

次は会場後方のセットで準決勝です。なに! 準々決勝がないのです。県別代表制に
なって以来、関東・沖縄以外でクイズを3種類しかやらないのは史上初です。今年は
史上初という言葉をよく使っているような気がしますが、北陸は代表が決まればいい
という感じが伝わってきますね。そのルールですが、早押しテーブルが20台並んで
いて、2県ずつクイズをやります。早押しで2ポイント先取で決勝進出。しかし
間違えるとチームの1人がマスクをして解答権がなくなります(他のメンバーと会話
もできない)。3人ともマスクをすると失格になります。これって、大学のクイズ研
のオープン大会などでやる「2○3×」ではないか。高校生クイズの関東以外の予選
でただの早押しクイズをやるなんて極めて異例です。吹雪で企画ができなくなった
13回北陸以来か。本当に今年の北陸は、代表が決まればいい、放送枠が埋まれば
いいという感じでやっていますね。

ここを通過できるのは各県4チームです。問題は不正解が出やすいような、ひねった
感じのものを選んでいます。それにしても間違え過ぎです。このクイズで実際に失格
になるチームがあるとは思いませんでした。2択がバンバン出ましたが、あれだけ
よく間違えられるものです。なお、司会は福澤アナです。つまり鈴木アナは全国で
唯一、クイズの司会をできなかったことになります(書くのを忘れていたが、北海道
の準々決勝・準決勝の司会はどちらも福永アナ)。

大塚製薬と東洋水産のブース、もう予選がなくて商品を持ち帰ってもしようがないと
いうことか、カロリーメイトやウォーカーラーメンをタダでばらまいています。決勝
のセッティングと抽選会が行われている間、先ほどの準決勝のセットのところは完全
に無人になっています。多くの高校生が解答席に立って早押しボタンを押す写真を
撮っていました。しかしスタッフがとがめることはありません。

決勝は、舞台の横に置いてあった4台のサッカーゴールが出てきます。昨年、12年
ぶりに各県3チームでの決勝がありましたが、北海道・関東・沖縄以外で決勝が各県
4チームというのは史上初です。また「史上初」だ。当然、1県ずつ決勝が行われ
ます。北陸大会の番組は昨年、テレビ新潟が各放送局用に4種類のバージョンを
つくるという史上初のことを(また「史上初」)やりました。今年もやるでしょう。
例えば福井放送用は福井・石川の準決勝と福井の決勝だけを流して他は結果だけと
いう具合です。

ルールは、直径120センチくらいのビニール製のサッカーボールを3人でドリブル
していきます。そしてゴールに立っているゴールキーパーの形をしたプレートを
倒せば早押し機のスイッチが入ります。このプレートは比較的倒れにくくできて
いて、的確な位置にボールをぶつけてしっかり押さないといけません。そして、もし
他のチームのゴールを作動させてしまった場合は、そのゴールを持っているチームが
問題に答えるかどうか決めることができます(答えるのを選んで間違えるともちろん
ペナルティーはある)。ボールを入れたチームには何の関係もなくなります。実際は
そのような場面はありませんでした。正解するごとに1人抜けていって、最後は1人
でドリブルしてシュートしなければなりません。不正解は1回休みです。

15時半ぐらいにすべての代表が決まって収録が終わりました。東京のスタッフは
あっという間にいなくなったようです。この時点では、まさかこの3日後に、再び
この県に来ることになるとは思っていませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月13日 (火)

文化祭

 本日の「お昼ですよ!ふれあいホール」は、いろいろな技能を持った高齢者が出ていて、村田栄子クイズ王が、過去の「男はつらいよ」の作品名とマドンナ名とか、過去の紅白歌合戦の最初と最後の曲を答えていました。

 さて、東大寺学園の文化祭に行ってきました。最近、この文化祭にはクイズ研究部が展示を出すようになって、しかも冊子を作っています。それを手に入れたら、期待通り、高校生クイズの体験記が書いてありました。それによると、全国大会の1回戦は、あまりにも誤答が多くてプロデューサーがキレたそうです(この「プロデューサー」というのは、プロデューサーではなくあの人のことではないか)。東大寺学園が抜けたのは「世界三大穀物」の問題でしたが、あれは最初「麦」と答えたら司会者から「もう少しくわしく」と指定があったそうです。なお、この1回戦、機械の調子が悪くて、いったん退場してから収録をやりなおしたらしい。あと、2回戦は現地で1チームだけ脱落しましたが、実は彼らも遅れて東京に戻っていたということです。

 ついでに書くと、番組ホームページの掲示板にあるチームが書いていたところでは、2回戦ではペーパークイズもやって、それはカットされていたそうです。これは弁当を使ってクイズをするようなときによくやるパターンです。それだけでは問題数が少なくて差がつかないので、ペーパークイズもやって、それは放送上はなかったことになるという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月12日 (月)

20回北陸大会(その2)

 今、選挙報道の真っ最中なので、この文章はタイマーで送信しています。今、この文章を読むと、現在にもつながる、かなり示唆に富んだことがいろいろ書いてあります。

−−−−(ここから当時の引用)−−−−

舞台中央の穴から福澤アナが飛び出してきます。これまで、いくら見ても、飛び出す
仕組みがわかりませんでしたが、最後の予選にして、人が下から押し上げていると
いうことを明かしていました。

第1問を出すまでに延々とトークがあるわけですが、本日の福澤アナは絶不調です。
全部の会場を見ていると、そういうことも一発でわかる。決まりごとになっている
セリフも、ろれつが回らなくて最後まで言えない。予選が10カ所目で翌日から全国
大会という状況の中で、体力的にも限界にきているか。言うことを何も思いつかなく
なって、会話をつなぐために「最近、女房とやる回数が減っている」とかいう話に
なってしまいます。

前回、「この会場をクイズスタジアムにした」ということを書きましたが、この
「クイズスタジアム」という言葉はくせものです。スタッフも全国大会に目がいって
いる中、ドタバタとつくったのがわかります。15回の全国大会の企画がなかなか
決まらないので「クイズスタジアム」というネーミングだけ打ち上げてごまかして
いたのを思い出させます。なお、スタジオでクイズをやるのも、何かやむを得ない
事情があっての苦肉の策です。15回の全国大会はこの意味でも綱渡りだったことが
うかがえます。

第1問を出すとき、「問題!」と言ってから「ズン、チャッ」と言います。この
ギャグは16回の四国で初めて使われたものですが、福澤アナは「これをやるのは、
僕の気分がいいときだけです。他の予選に出た人にメールできいてみてください。
ほとんどやっていませんから」と言いました。確かに今年は3カ所ぐらいでしか
やっていないはずです。しかし北陸でこれをやった理由は、ギャグを何も思いつかな
かったからでしょう。

その第1問は、「日本アルプスを背にした北陸ですが」で始まりますが、問題自体は
北陸と何の関係もありません。明らかに、一般問題として提出されたものに、無理
やり「北陸」という言葉をくっつけてつくられています。今年はこのパターンが
ずいぶん多かった。さすがに20回となると第1問のネタは枯渇しています。

しかし2問目も北陸に関係ある問題です。むしろこちらは本当にご当地問題と言って
もよくて、これを第1問にすればよかったんじゃないか? さらに3問目も、頭に
「新潟県のトキ」とかいうフレーズをつければ無理なく第1問にできます。そして5
問目も森首相にちなんだ北陸の問題(そういえば、長岡市で開かれた第1回北陸大会
の第1問は、北陸と何の関係もなく、日本の総理大臣に関する問題だった。東京の
スタッフにとって「新潟の予選=田中角栄」だったわけだ)、6問目も北陸について
の問題です。東京のスタッフはなぜか、地味な北陸の方が苦手な中国よりご当地問題
をつくりやすいようなのです。これだけそろっていて、なぜあの問題が無理に第1問
になったのか。

福井と石川は2問目で決定チームが出ました。参加者がYES−NOクイズの通過
チーム数を上回っていたことを感謝しなければなりません。4問で、すべての県から
決定チームが出ました。9問目、残り座席が福井1、新潟1です。福井は1チームと
1チームに分かれましたが新潟は分かれませんでした。そこで新潟だけ反対に移ら
ないかと圧力をかけます。10問目、11問目とだんだん圧力が激しくなります。
スタッフは本気で、一刻も早くこの予選を終わらせたいと思っていますからね。この
予選はなぜか、YES−NOクイズの通過が各県10チームでした。

さて、第1問の正解発表のあと、鈴木アナが穴から飛び出して(最後になって地元
アナウンサーもこの穴を使うようになった)、敗者復活戦を要求します。ここでの
条件は、富山県出身の藤子・F・不二雄のテレビアニメ化された作品を7つ答えると
いうものです。鈴木アナが敗者の中に入って聞いてまわりますが、「チンプイ? 何
それ?」と言っていたのに、舞台に上がると「チンプイ」と答えて正解しました。
ヤラセでない感じがしてなかなかよろしい(チンプイは、2、3年前にNHKで
やっていた)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月11日 (日)

20回北陸大会(その1)

 いい加減に過去の予選リポートを掲載しないと。今回は、私のところに残っていた、20回の北陸大会です。これを選んだのは、深い理由はありません。総選挙の投票日なので、過去唯一、総選挙のために日程が変更になった予選にしました。
 なお、最初のところに書いてあるホームページは現在、存在しません。私はこの文章も保存しておくのを忘れました。自分のことなのに。

−−−−(ここから)−−−−

武野の第6回優勝体験記がいつの間にか最後までできているではないか。しかし
http://www2.famille.ne.jp/~takeno/hide.htmへのリンクはどこからも張られて
いないようです(あるホームページのリンクからたどると途中までしか読めない)。
ここで、「中国語で『再見』は何」という問題に私が答えたのは、私が教育テレビの
語学講座を多数見ていたからだと書いてありましたが、違います。確かにNHKの
語学講座をいくつも見ていましたが、中国語は見ていません。当時、水曜日の19時
30分から「マイコン入門」という番組があって、その前の番組が「中国語講座」
だったため、マイコン入門を見るためにテレビをつけると、中国語講座の最後の
「再見」というあいさつだけが毎週耳に入ったのです。このため、私が知っている
中国語は「再見」だけでした。

さて、北陸大会です。過去18回、北陸大会が予選の何番目だったかを見てみると、
1番目−−7回 2番目−−6回 3番目−−3回 4番目−−1回 10番目−−
1回(なお、第2回は北陸ブロックがなかった)

この通り、見事に最初に済まされています。私の「北陸大会=実験台」説を裏付ける
ものです。なぜ北陸が実験台なのかというと、4県しかないうえに参加者が少ないと
いうことと(県が少ないといっても、沖縄や北海道では複数の県を同時に扱うテスト
ができないから意味がない)、北陸地方自体が地味だからでしょう(高校生クイズに
北陸という地区があることを意識している人は少ないと思われる。つまり全国放送で
取り上げなくてもいいから失敗してもいい)。なお、第7回だけ唐突にラストの予選
だったのは、決勝会場が黒部ダムのため、残雪で行けないという事態を避けるために
なるべく遅くしたかったからだと思われます。

今回も沖縄に続く2番目の予選として行われるはずでした。ところが、予定日の6月
25日が総選挙となり、福澤アナが選挙速報をやるので、いきなり中止となり、8月
12日に回されました。予選が8月12日というのは、過去最も遅いタイ記録のはず
です。この翌日の13日から全国大会の収録が始まります。当初の予定では全国大会
は8月14日から20日までとなっていました。おそらく14日に上京して16日
までで決勝進出チームを決めて、19・20日でホーム&アウェーをやるつもり
だったのでしょう。ところが24時間テレビが予想より1週間早まったために、日程
がガタガタになったものと思われます。

ここ数年、実験台の度を一層深めて、移動がなくなった北陸大会ですが、最後に
移った以上、そういうことを考える必要がないから移動するか。いや、絶対にしない
でしょう。なぜなら、福井県の代表が、決まってから家に帰って、翌日の午後には
東京での全国大会に参加していなければならないと考えると、一刻でも早くこの予選
を終わらせないといけないので、移動しているヒマなどありません。

会場は昨年に続き、新潟市の鳥屋野潟のところの運動公園です。目の前には2002
年ワールドカップの会場が建設されています。東北に続いてまたもワールドカップ
会場か。とにかく、細長い北陸ブロックで、どうしてこんな偏った位置で2年続けて
やるのか。スタッフも全国大会のために早く帰らないといけないからか? 新潟駅
からシャトルバスが出ていますが、なんと、このバスが無料なのです。これまで駅
から会場へ参加者を輸送するバスは多数走ってきましたが、無料というのはもちろん
史上初です。突然日程が変わって迷惑をかけたことのおわびでしょうか。私は会場
まで数十分歩くつもりでしたが、無料ならバスに乗ることにします。聞いた話では、
和歌山大会の会場で、福澤アナが、テレビ新潟用の参加者募集のスポットを収録して
いたらしい。それだけ集まりが悪いということか。

会場に着くと、通常ならシートをかけるなどして隠してある準決勝・決勝のセットが
堂々と見えるように置いてあります。後で、登場した福澤アナが言うには、見ての
通り、今日はこの会場を「クイズスタジアム」にしたとのことです。今年は最初の2
つの予選であんなに移動したのに、最後の2つはまったく移動がない。そういえば、
もし総選挙が6月18日で、沖縄大会がこの日に移動していたらどんな事態になって
いたのでしょうか。当事者ではないけど考えただけでゾッとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月10日 (土)

書けない理由(その3)

 「ホリエモンがやっている会社は何てドア?」という問題を、選挙期間中にもかかわらず全国放送したので、民主党から日本テレビに抗議があるのではないかと思いましたが、そういう報道は目にしていません。それだけ視聴率が低くて気づかれなかったということか。

 それでは意味のない日記の続きです。せっかく送ってもらった予選リポートはいつになったら載せるんだ。
 高校生クイズの特番が東京ローカルで放送されることを知った私は、ビデオをセットするために、25日の午後から新幹線で東京に往復したのでした。ところがこの日は台風のため、帰りの新幹線が動かず、このままでは26日に出勤できません。
 午後8時20分ごろ、あることを思いつきました。駅員に聞きます。「上越新幹線は動いていますか」。すると平常通りだそうです。私は大急ぎで2分後の「とき」に飛び乗りました。
 台風の被害があるのは東海〜関東なのだから、台風が来ないところを通っていけばいいのです。新幹線で長岡に行って、夜行の「きたぐに」に乗れば、日本海側を通って翌日の朝7時前に大阪に着きます。夜行列車は軒並み運休になっていましたが、きたぐには絶妙に台風の被害がないところを通るので、平常通りです。これが先日の台風14号なら絶対にこんなことはできません。
 なんで私は東京から大阪に戻るのに新潟にいるのか。北陸大会で乗った「きたぐに」に早くもまた乗ることになるとは思いませんでした。長岡駅の窓口で乗車券と特急券の変更をします。もちろん手数料はかかりませんし、通常は精算にクレジットカードは使えませんが、黙っていてもクレジットカードの口座に戻してそのカードで新たな切符が発行されました。
 それにしても、この特番が読売テレビでも9月1日に放送されるということを、後になって知ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005年9月 9日 (金)

書けない理由(その2)

 今、日能研の「シカクいアタマをマルくする」(首都圏の車内広告のバージョン)で、○×クイズについての問題が出ています。B君、10問のうち8問不正解はできなさすぎ。

 前回、8月25日の午後に大阪から新幹線で東京に向かったことを書きました。翌26日の朝8時には大阪の会社にいなければなりません。
 台風が来ているにもかかわらず、新幹線は普通のスピードで走っています。午後6時前、まったく遅れることなく東京に着きました。新幹線は台風に強いのか。東京の自宅に向かって、ビデオのセットをします。滞在10分ぐらいで出ました。早く東京〜東海地方を脱出しないと、いつ動けなくなるかわかりません。
 東京を19時03分に出る新幹線に乗り込みます。しかし発車時刻になっても動きません。「しばらくお待ちください」という放送があります。しかしいつまでも動かなくて、他に到着する列車もありません。車掌が車内放送でNHKラジオを流し始めました。
 どうやら私が行きに通過した直後から、静岡の一部で不通になったらしい。今後の運行予定がまったく定まりません。とりあえず実家には、「仕事が忙しいので今夜は会社に泊まる」と電話しました。
 天気予報によると、台風は翌朝までずっと東海〜関東に居座るようです。つまりこのまま一晩、新幹線が動かないということも考えられます。いくら遅くなっても深夜に新幹線が動いてくれれば会社には間に合いますが、朝まで運行するか怪しい。翌朝の始発から動けば、多少遅刻しますが仕事にはそれほど支障はありません。しかし翌日も動かない可能性は十分あります。
 長期戦になりそうということで勝手に指定席に居座っていた名古屋のおばさんたち、本当の長期戦になることがわかって、駅から出ていきました。もう1時間以上、東京駅で車内にいます。
 どう考えても、翌朝に大阪にいることができません。新幹線が動かないくらいなら飛行機が使えるわけないし。この絶体絶命の状態、どうなるのか。次回、激動の展開に。一応オチもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月 8日 (木)

人のありがたさを実感

 寝る前に一応、メールのチェックをしたら、今度は98年より前の私の文章をすべて送ってくださった方が現れました。これで全部そろったことになります。
 今まで、特定のコミュニティー相手にはネットで文章を10年以上書いてきましたが、初めて一般に開かれた形で自分のホームページをやって、これだけ迅速に協力してもらえるとは思いませんでした。これがネット社会のおもしろさか。私がこれから書くことに責任を感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書けない理由(その1)

 首都圏で放送された4夜連続事前番組のビデオを見ましたが、ここでは四国が放送されていたんですね。
 さて、@niftyのFQUIZに書いていた時代の最後の方で(このブログも@niftyだが)、高校生クイズリポートをまる2日書かなくて、その理由は高校生クイズと深く関係あるが詳しいことは別の機会にと書きました。当ブログは私がいろいろ書くだけの場だから、それについて書いてもいいでしょう。他の人には何の役にも立たない情報ですが。こういうのを載せるとアクセスが減る?

 8月25日の午前0時を回ってから投稿した直後。ネットをチェックして、念のために日本テレビの高校生クイズのホームページにアクセスすると、前回はなかったメッセージが突然現れました。27日の15時から、1時間半の高校生クイズ特番をやるというのです。この番組は当然、東京ローカルです。
 私の勤務は、25日も26日も27日も朝出勤して夕刊をつくります。この番組を見に行けません。こうなったら東京に行ってビデオをセットするしかありません。実は、どうせ2年で東京に戻ると思われるので、東京での安い公団住宅(今は公団とは言わない)の契約をそのままにしています。ここで関東ローカルの番組のビデオがとれます(上記の事前番組もこれでとった)。25日の夕方に大阪を出て東京でビデオのセットだけして折り返して、26日の朝8時には大阪の会社にいなければなりません。自宅には、今日は帰るのが夜10時台になると言って、25日に出勤しました。
 そして会社を抜け出して新大阪駅に向かいます。ここに大変な問題が生じました。この日はまさに、台風が東海から関東を襲おうとしていたところです。通常の生活なら私には何の関係もないはずだったのに、わざわざ台風の被害を受けに向かわねばならないのです。昼の勤務の間に、台風直撃の中わざわざ新幹線で東京往復して帰ってこられなくなるとなると、社会人としての自己管理責任を問われかねません。果たして無事にビデオのセットをして出勤できるのか。それは次回、って、次回を読みたいと思うか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 7日 (水)

早くも感謝

 今、仕事から帰宅して、メールを開いたら、早くも18回以降の私の文章を送ってくださった方がいます。こんなに早く反応があるとは思いませんでした。順次載せていきたいと思います。
 このブログ、過去の私の高校生クイズリポートを1日1本ずつ載せると、全部載る前に来年の大会が始まります。そんなに書いたかと思うと自分でも恐ろしい。でも視聴率が相当悪かったようなので、来年あるかどうか。私は、こうなったらあると思うんですけどね。数字では表せない本質的な存続の危機は何回もあったのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17回北陸のYES−NOクイズ

 こういうのを載せるとアクセスが増えるのだろうか。

NO.1 目指せ東京、目指せ注目の香港。みんなの夢を乗せて世界中へ飛び立つ操縦士を
     パイロットといいますが、副操縦士をコパイロットという。
NO.2 映画の「松竹」は、松竹梅でいう梅のランクの映画はつくらないという願いを込
     めて、松竹というその名をつけた。
NO.3 動物のナマケモノは汗をかかない。
NO.4 レンコンの穴の数は決まっている。
NO.5 右手と左手の指紋は左右対称である。

正解
NO.1 YES
     パイロットのスペルの頭にcoをつける。飛行機にはキャプテンと呼ばれる機長
     とコパイロットが搭乗する。
NO.2 NO
     明治28年創業。創立者の白井松太郎と大谷竹次郎の2人の名前からとった。
NO.3 NO
     ナマケモノには汗腺がある。ナマケモノは周りの環境に合わせて24度から35
     度まで体温を調整できるが、35度を超えると汗をかく。
NO.4 NO
     育つ土壌によって数は変わる。レンコンの穴は、酸素を取り入れたり不要なガス
     を出したりする役目がある。粘り気のある土地ではこの作用が働きにくくなるの
     で、穴の数は少なくなる。
NO.5 NO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 6日 (火)

私の文章求む

 今年の予選リポートを書き終わった直後に、パソコンのハードディスクの様子がおかしくなりました。今、なんとか起動できて書いています。
 初めて自分のブログで書くようになって、アクセス解析というのを見て、私の文章を読んでいるのが100人いくかいかないかぐらいだということがわかりました。せっかくブログができたので、今後も今年のリポートなどを順次再掲していきたいと思っています。
 しかし、過去のを読みたいという要望があるものの、私は高校生クイズリポートに関しては自分の書いた文章を残していません。何も考えずにそのまま捨てていました。今思うと、17回以降は番組の本も出ていないんだし、私の文章が唯一の、予選のクイズの内容がわかる資料でした。私のパソコンのハードディスクを見ると(いつ壊れるかわからないが)、20回前後の分がたまたま残っているようです。でも13回ぐらいから今まで書いていることを思うと全然足りません。
 そこで、もし私の文章を保存している人がいたら、送ってください、というか、勝手にここにコメントとして載せて構いません。
 果たしてこれでどのくらい反応があるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 5日 (月)

25回四国岡山大会(その7)

 ヤフーオークションに関する本を読んでいたら、出品の規制がどんどん厳しくなってきて、違法性をにおわせるような単語が入っているとすべて自動的に出品取り消しになるということが書いてありました。そんなNGワードの中に「高校生」という言葉があります。ブルセラなどを念頭に置いたものでしょうが、ということは、高校生クイズに関する品物はヤフオクには一切出品できないということか。ちなみに私は、高校生クイズの爆笑問題のステッカーをヤフオクで手に入れました。

 それでは四国・岡山大会です。香川の決勝、1問目はアナグラムです。「うどん」という言葉が含まれているからここで出たのか。男子チームがすぐにできたものの、最終的に自信がないのか、早押し機の台に載せるところで止めたまま動きません。そういえばちゃんと書いていませんでしたが、ここの早押し機は、魚の発泡スチロール箱を台に載せるとスイッチが入ります。すると後から来た女子チームに解答権を取られます。男子はあわてて箱を置いたが遅い。ここで鈴木アナが司会席から降りてきて、高校生の前でワーイワーイと踊ります。
 4問目、どの人もパズルがまったくできません。「残念ながらこのクイズには制限時間を設けておりません」ときどき話すのをやめて「実況のあちこちに編集点をつけております」。あまりに長くかかったので、解答権をとった男子が答えを忘れました。
 男子2チームが2ポイントになります。女子の大手前だけが1ポイントです。鈴木アナ「大手前、今の状況、王手前。うまいこと言う」。もう予選の最後のクイズですっかり疲れているようです。次は女子がとって全チーム2ポイントになりました。「もはや王手前じゃなく王手高校。これはあんまりうまくないね」。結局最後に勝ったのは男子チームでした。
 ようやく最後の愛媛です。この時点で決勝の収録開始から2時間近くたっています。こんなクイズにこんなに時間がかかるとは。ここは敗者復活のチームがのこっています。このチーム、○×の2問目で負けたと言っていますが、2問目は全部の県で勝ち抜けチームが出たので、ここで負けたチームはいないはずですが。
 その敗者復活の女子が2ポイント連取します。すると、このあたりから、ディレクターが1問ごとに問題カードをチェックしています。その後、男子チームが2ポイントとります。そして残りのチームも1ポイント。ディレクターの問題チェックが激しくなります。次で料理の問題が出ますが、これは女子向けの問題とは言えません。竜田揚げの語源が奈良の竜田川であることを知っている人はいないでしょう。女子が答えて間違えました。しかし女子チームが休みの間に2ポイントの男子が答えて間違えました。次がものすごく簡単な問題で、1ポイントの男子がとって、全チーム2ポイントになります。
 最後に勝ったのは男子チームでした。今回、ディレクターは女子が勝つように操作していたのではなく、女子だからといって弱いチームは残さなくていいという考えだったようです。結局、この地区の代表は全チーム男子でした。女子の伸張が著しい今大会で、むしろ異例です。しかしそれだからか、事前番組でも全国放送でもまったく流れませんでしたが。
 終わったのは18時前です。構成作家が、どこかの宿に電話しています。全国大会の宿泊者を伝えているようです。
 長かった予選が終わると感慨があります。私と同じように予選を見に来ている人がいっぱいいて、最後だから来たという人もいました。しかしこれからもうひと勝負しなければなりません。おそらく、今から川之江駅に行って、スタッフとまったく同じ列車に乗ることになるはずです。私もこれ以上後にずらすと家に帰れなくなります。いかに避けるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 4日 (日)

25回四国岡山大会(その6)

 近畿大会が3段階しかありませんでしたが、あれは15分×4で放送するということをちゃんと考えてのものだったんですね。あれ以上クイズをやっても放送できないので無駄です。決勝の放送順は収録順とはバラバラで(だから真っ暗な場面の次が昼間になったりしてる)、トリは桂高でした。「どちらがタイプなんですか」と言われて答える場面がそのまま放送されていました。

 四国・岡山大会の決勝です。次は徳島です。1問目、いきなり違反があってノーカウントになりました。どうも、パズルで箱を全部埋めないのに鯛を持つことは禁止されているようです。鯛に合わせて完成形を逆算されないようにするためです。2問目、早押しボタンを押すまでにやるべきことを理解していなくて解答権をとれない人がいます。ところで、関東で「宇宙戦争」の問題について書きましたが、この2問目で出たのは、原作者や主演俳優の名前から「宇宙戦争」のタイトルを答えさせる普通の問題でした。答えるチームは全然わかっていないし、答えがわかっているチームはパズルができなくて、なかなか進みません。しかし最終的なスコアだけ見ると、1チームの圧勝でした。
 続いて岡山。ここは女子が2チームいます。インタビューで堂々と彼氏の名前を言う人がいます。いきなりファッションの問題が出ます。でも女子が間違えました。その後、「デスティニーズチャイルド」を「チャーリーズエンジェル」と言うなど、誤答が続きます。予想外に全然収録が終わりません。鈴木アナ「最後に来て最大の難関が待ち受けていました今年の高校生クイズ。頑張れ高校生、頑張れスタッフ、頑張れラルフ」。やっと女子チームの一方が正解して、「あなたもうれしい、僕もうれしい」。その後、男子が2ポイント、外見のいい方の女子が1ポイント、悪い方が2ポイントになります。最後にとったのは男子チームでした。
 今度は香川です。もう17時前になっています。鈴木アナが、早く終わってくれないと、帰りの飛行機の特定便割引のチケットが無駄になるというようなことを言い出します。するとスタッフから、今日は新幹線で帰ると聞かされます。愛媛での予選は、帰りの飛行機の便が非常に悪くて、東京へは鉄道で戻った方がましです。10回の四国は準決勝以降が松山市でしたが、無理に飛行機で帰ろうとしたため、スタッフがものすごくあせっていて、私が決勝会場へたどり着いたときには、すでに完全に撤収が終わって最後のトラックが出るところでした。全国10地区のうち、東京から日帰りで見に行けない予選は沖縄と四国だけです。
 さて、新幹線で帰ると聞いた鈴木アナ。「マイレージないの」。やはり高校生クイズのスタッフはマイレージをためていたのか! 以前から不思議に思っていたのが、スタッフが移動する飛行機は私の知る限りJALばかりです(もちろんANAしかない路線はその限りではない)。これはもしかしたら、マイルをためるために意図的にやっているのではないかと思っていましたが、その疑惑が一層深まりました。
 1問目、鈴木アナが司会台から降りてきて、高校生のところでワーイワーイと踊ります。なぜ? それは次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 3日 (土)

25回四国岡山大会(その5)

 9月2日はたまたま、夜が空く勤務になって、これで高校生クイズの本放送を見られると思ったら、1日に元上司が急死して、2日はずっと通夜の手伝いをさせられそうになりました。しかし結局、私だけ行かなくていいことになりました。宝塚で夜10時まで作業すると、私は家に帰れなくなるからだと思います。で、見ましたが、事前番組でも本放送でも、四国だけは放送されず、それどころか四国の代表も放送されませんでしたね。なんかあの予選だけ最初からなかったみたいです。これって、私がまだ四国のリポートを書き終わっていないからでしょうか。

 ということで、四国・岡山大会について知るにはここを読まなければなりません。14時半ごろに準決勝が終わって、我々も急いで移動します。ここからの有力な行き方としては、国道に出てバスに乗って川之江駅の近くで降りるというのがあります。これが最も歩きを減らせると思いますが、バスを降りたところから川之江漁港までは決して近くはありません。また、今から停留所へ行くと、直近の便にギリギリで乗れない見込みです。すると30分ぐらい待たなければなりません。
 結局、かなり距離があるものの、伊予三島駅まで歩いて普通列車に1駅乗って川之江駅に向かうことになりました。普通列車も1時間に1本弱ぐらいしかないので、急いで次のに乗らなければなりません。川之江駅からはタクシーに分乗しました。歩くと30分ぐらいの距離ではないかと思いますが、タクシーはワンメーターでした。
 15時半前から決勝の収録が始まります。我々はギリギリでした。それにしても、こんなに早く始まるということは、収録が早く終わることが期待できます。鈴木アナが生きた鯛を取り出します。そして「勝ちタイ」。反応はありません。
 ルールです。各チームのところに、魚を入れる発泡スチロールの箱があります。問題が出ると、その箱にパズルを詰めます。箱にぴったり収まるようになっていて、そのとき、魚の形をしたくぼみが残ります。そこに鯛の模型をはめこんで(先日のネットラジオで賞品になってたやつ)、それを運びます。途中に同じ箱が置いてあるので、合計3つ(女子は2つ)を抱えて早押しボタンに走ります。正解した人が抜けていって、3人とも正解したチームが全国大会進出です。パズルを使った早押しは、18回中部の金のしゃちほこ以来でしょうか。
 まずは高知です。高知高が「甲子園の雪辱を晴らすぞ」と言って、「放送されるころにはずいぶん昔のことになっております」と言われます。この会場は海を背に、横には加工場もあって、すごく魚のにおいがします。ちなみに収録している場所は駐車場です。
 3問目、3チームともパズルができず難航します。5問目で決まるかと思ったら不正解でした。7問目で2ポイントが2チームになります。ここから全員わからない問題が続きます。答えを知らないので、パズルに取り組んでもわざと動きを遅くして、鈴木アナは「編集作業が大変になりそうです」。そういえば、12回の高知の決勝は2チームともものすごく頭が悪くて、何問消費してもクイズが進まないので、後回しになったことがありました。
 2ポイントのチームが勝負して誤答。1回休みの間にもう一方の2ポイントチームが正解しました。敗れた高知高ですが、もし代表チームが辞退すれば、史上初の、高校野球と高校生クイズで同時に繰り上げ全国大会出場ということになります。
 この後、鈴木アナが「最後にして最大の難関」と言う場面が訪れます。それについては次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 2日 (金)

25回四国岡山大会(その4)

 日本テレビで放送された90分事前番組が、読売テレビでも1日に放送されて、ようやく見ることができました。番組としては完璧で、これまで十数年言い続けてきて、どうして今までこういう番組ができなかったのかと思いました。地区大会のクイズをちゃんと見せるのと注目のチームを紹介するのをバランスよく配置しています。それに加えて過去の決勝の名場面というおまけつきです。これが全国放送の最初の1時間ぐらいでできればいいのですが。結局、大半の人は全国大会しか見る機会がありません。それにしても、4日連続で各地区での予選の放送のために15分枠を全国通しでとるなど、今年は本当に、番組終了の危機感から真の改革が行われています。阪神タイガースが野村監督を招へいしたときのようです。だた、気になったのが、90分番組で予選を9カ所紹介して、四国・岡山大会だけ完全に無視していたことです。勝ったのが男ばかりでつまらないからか?

 番組でやらないのなら、ここで四国・岡山大会について書くしかありません。準決勝、最後は岡山のみの対戦です。岡山操山高に鈴木アナが「そうざんす」。10カ所分の疲れが出ているようです。反応はありません。1問目、炭素の元素記号です。全チーム正解でした。すると「全員当たってまC」。仕方なく観客が拍手します。
 2問目は瀬戸高だけが不正解。すると鈴木アナが「瀬戸の花嫁」を歌います。そしたらスタッフがエコーをかけます。
 3問目で2チーム決定。残り2チームのうち勝つのは1チームです。4問目は両方不正解。鈴木アナが正解を見せて「初めて知った人」と言うと、すでに勝った2チームも手を挙げます。
 5問目、6問目、両方正解。7問目の「いちょうかおり」は、両方が同じ字を書いて間違えます。8問目は両方正解。
 9問目、「セリエAで活躍するなかたひでとし」という問題が出ますが、プレミアリーグへの移籍が決まったということに気づいて、急に「日本代表で活躍するなかたひでとし」と録音し直していました。この問題で決定しました。終わったのは14時30分ごろです。
 そして次の会場ですが、ようやく私にも確認がとれました。他の、予選を見て回る人たちは、すでにわかっているようです。結局また、川之江漁港でした。新潟西港と違って、範囲は狭いのでこの名前がわかれば十分です。しかし我々にはそこまでの移動の手段が不便です。果たして、観光バスで直行するスタッフや挑戦者に追いつけるのか。それは次回。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年9月 1日 (木)

25回四国岡山大会(その3)

 今夜の予選番組第4夜は、衆院選の党首討論番組のため、突然放送時間が変わりましたので注意してください。野球延長なしで0時10分、さらに30分遅くなる可能性があります。ところで、近畿の番組の第2夜を見て、ペーパークイズの1問目はカプセルによって中の問題が違うことがわかりました。しかし正解はすべて「3」なのではないかと思います。

 それでは四国岡山大会の続きです。準々決勝&敗者復活戦の3問目。これは「難問解決!ご近所の底力」で見ました。「子供を犯罪から守る」なんていうテーマの回からクイズのネタがとられるとは。4問目、愛媛は対戦している2列の答えがそれぞれ全部同じになります。ここで勝者側で決まっていないのは2チームだけに。一方、敗者の方はかなり残っています。その後、難しい問題が続くのですが、勝者は間違えなくて敗者もなかなか減りません。
 8問目で敗者側が本を見ようとして注意されていました。これでようやく勝者側が決定。敗者側は正解が2チームでした。次の9問目は、8問目で負けた勝者側のチームのみ不正解。九州の再現はなりませんでした。9問目も10問目も単に選択肢がダジャレです。10問目で敗者復活チームが決まりました。終了は13時前です。
 この後、抽選会になりますが、準決勝の準備ができると、鈴木アナは敗者と交流していたところから連れ戻されました。13時30分前にスタートです。敗者復活は愛媛でした。このチーム、目立ちたくなかったのに残ってしまったと言っています。鈴木アナ「親に内緒で来たとか。もしそうならモザイクかけます」。
 愛媛と香川の対戦、1問目は「わがはい」を書く問題で全チーム正解です。2問目で香川が1チーム決まって、愛媛は逆に1チームだけ失格。その後、全チーム正解が続きます。最終的に愛媛は7問目、香川は9問目で決まりました。
 次は高知と徳島です。1問目で高知の1チームのみ不正解。そのチームに、身長195センチという人がいます。鈴木アナが高い台の上から握手します。
 2問目は「土竜」の読み方です。白紙で出すのは認めないということで、2チームが「どりゅう」と書きました。そしたら、この熟語には「どりゅう」という読みもあるそうで、全チーム正解ということになりました。
 4問目で高知が全部決まって、6問目で徳島が決まりました。最後に負けたチームとの会話の後、鈴木アナが「最近オレ、うまいこと言っても全然うまいとか言われなくなったよな。リアクションもなくなったし」。するとディレクターが「10カ所目だからだよ」と言います。鈴木アナ「でも高校生には初めてだからおもしろいこと言わないといけないしな。ネタなくなったし」。そして急にヒューとか言いながら腰を動かし始めました。前の司会者がプッツンして1日中「ヒュー」とか叫んでいたのも13回の愛媛での予選だったよな。
 そういえばまだ、次の会場がわかりません。次回はどうなるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »