トップページ | 2005年9月 »

2005年8月31日 (水)

25回四国岡山大会(その2)

 市町村合併といえば、札幌テレビの「どさんこワイド212」、昨年冬以来、市町村合併が始まって、現在のタイトルは「どさんこワイド207」になっています。明日はまた、大成とか北檜山とかなくなるはずなので、タイトルが急に「どさんこワイド204」になりそうです。

 それでは四国岡山大会の続きです。1問目が終わって、敗者が外に出ると、敗者側のエリアに荷物が残されています。荷物を置いたまま反対側のエリアに移動していたチームがいたのです。こんなのは史上初です。常識で考えたら、荷物を置いたらまずいというのがわかると思いますが。
 2問目。また果物に関する問題です。今度は正解が圧倒的少数です。いきなり5県全部に決定チームが出ました。しかし、この予選の○×クイズでは、通過するのが各県10チームであるということが最後まで発表されませんでした。もう10カ所目の予選なので、スタッフ側には当たり前になって、すっかり忘れているのです。
 3問目、食べ物に関する問題です。なんか、生活の問題ばかりです。これで高知は全部決定しますが、次の走りクイズでも高知の横断幕はあります。4問目は桃太郎に関する問題です。ずっと問題に食べ物が出てきます。
 5問目は、「IQサプリ」の「モノサプリ」のような問題です。折り紙についてなのですが、正解が出たあと、鈴木アナが説明しますと言ってから、「説明できません。どうしても納得がいかないという人は後でスタッフに聞いてください。でも確認しています」。説明できると思うんだけど。縦に半分に折って、その折り目に頂点が来るように斜めに折ればいいんだろ。
 8問目、「スターウォーズ」について。解説で鈴木アナがC−3POとR2−D2と読んでから「何の暗号なんでしょう」と言っています。鈴木アナはスターウォーズのこの有名なロボットを知らないようです。9問目、残っている2県が両方ともちょうど10チーム決定して、一気に終わりました。12時を回ったところです。
 ディレクターが裏で準々決勝のルール説明をしています。「東京に来られない人は間違え続けて負けてください。下手に勝ってもらうと困ります」。その間に鈴木アナは周囲の一般人に話しかけています。
 12時20分過ぎに準々決勝&敗者復活戦がスタートです。1問目は夏目漱石に関してですが、かなり難しい。私は全然知りません。一方の2問目、スペースシャトルの問題ですが、逆に簡単すぎて、移動音楽が始まる前に全チームが正解のエリアに入ります。鈴木アナも一切しゃべりません。したがって、ここで録音をとっていれば、今年の移動音楽の一切雑音がない完全バージョンが入手できました。鈴木アナが「今のは1500円払われません」。でもCAMEYOという固有名詞は出しませんでした。
 ところで、前回の中国に続いて、次の会場について何の手がかりもありません。前回伊予三島でやった15回は、決勝は川之江の漁港のところでしたが、再びここに来たということは、新しい決勝会場を見つけたのでしょうか。果たして次回はわかるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年9月 »