2019年5月24日 (金)

またも関空旅博達人クイズ(その3)

 昨日「ごごナマ」にラサール石井が出ていて、今でも東大を受験しているというのを取り上げていました。昔のクイズ番組は勉強しなくても対応できたが今は勉強から出題されるのと、対戦相手が東大出ばかりというのが、趣味で受験している理由になっているようです。しかしずっとセンター試験の二段階選抜で2次試験を受けられていないそうです。それって東大を受けてると言えるのか微妙ですね。堀江貴文がアイドルを東大に入れるというのをやってましたが、あれもセンターの二段階選抜で全員落ちてたし。センター突破の学力をつけさせること自体難しいのか。

 それでは関空旅博です。3問目、突如、首都に関する異常に簡単な問題になります。最初の2問で減らしすぎたから調整か? でも今さらこんなことを聞いてもひとつもおもしろくありません。もちろん全員正解です。4問目、ローマの観光地についての問題ですが、前の問題にも増して簡単、というか、もはや解答者をバカにしているレベルです。このスタッフは、答えが○だとおもしろい事実を出せるが、答えが☓だとこんなのしか作れないのか。やはり制作者の質に問題がありそうです。それでも、なぜか1人だけ不正解側に行きます。

 5問目、英語についてですが、またしても、答えを☓にしようとするとこんな問題文になるのかという、ウソが下手なスタッフの問題です。不正解は1人。この後、言ってしまう。

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

またも関空旅博達人クイズ(その2)

 先月こういうことを書きましたが、

――――(ここから)――――

 今日の「バラエティー生活笑百科」について電子番組表で見ると、「クイズで遺産分割!?」となっています。それでゲストが島崎和歌子って、何かを狙っていますね。これは見ておくべきだったか。この番組は、関東以外では再放送があります。

――――(ここまで)――――

 見たら、相続割合をクイズで決めるという遺言は、相続人が合意していて出題が公正に行われるのなら合法ということでした。

 それでは関空旅博です。参加者はツーリズムEXPOジャパンの入場券をもらっています。今年初めて大阪で開催されます。
 1問目、太平洋と大西洋に関する問題です。○☓クイズとしては非常によくできた問題です。昨年、問題の質に疑問も感じましたが、その辺、ちゃんとした制作者に発注したのでしょうか。しかしこの問題、落ち着いて考えれば誰でも知識で答えられます。ところが200人がいきなり30人ほどに減ります。つまり参加者は、最初から考えることを放棄して勘で答えているのです。○☓は最初から運としか思っていないということです。

 2問目、ドイツ語について。1問目も2問目も、過去にクイズ番組で出たことのある問題ですが、普通は気づかないような、かなりいい情報を選んでいると思います。これで15人ぐらいになります。17時5分までに決着がつくか。この後、一転。

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

またも関空旅博達人クイズ(その1)

 往年のクイズ王が書いた本で、「アップダウンクイズ」の7年分のシルエットクイズのゲストをすべて列挙したのがあります。それで出演者の傾向の分析があるのですが、その最後の項目が「辺見マリも出ない」というオチです(当時の司会者と離婚)。それで言うなら、「チコちゃんに叱られる!」の解答者には「辺見えみりは出ない」ですね。

 さて、一昨年、昨年と、「関空旅博」に行って、「旅の達人○☓クイズ」を見たことを書きました。今年はホームページを見ても、ステージイベントに一切書いていないので、なくなったと思いました。昨年、運営に疑問を感じるところがあったし。ところが、開催日の直前になって、急にやるのが発表されました。それで今回も5月18日に行ってきました。

 開催時間は例年同様、16時40分から17時までです。しかし私は今回は、次の用事があって、17時5分の列車に乗らなければなりません。ところが予想通りというか、ステージイベントが押しています。35分終了予定の太極拳が終わりません。さらに、それまであった座席を撤去して、整理券を持っている200人がどこかから入ってきます。最終的に始まったのは9分遅れです。この後、思考放棄。

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

岐阜県統一クイズ王決定戦決勝大会(その12)

 最近気づきましたが、iTunes storeでは、ウルトラクイズのテーマ曲も高校生クイズのテーマ曲もダウンロードできるんですね。ウルトラの方が単価が高いのは、人気の差でしょうか。

 それでは、岐阜県統一クイズ王です。25問目、養老の観光地でピンクが正解。26問目、山の名前でピンクが連取です。27問目、宿場の名前でさらにピンクが正解。これって三択と聞くことがかぶっています。
 28問目は岐阜の施設を造った建築家の名前です。これは知らなくても有名な人を言えば当たるパターンですが、愛知在住の黄が勝負して、一宮の人の名前を言って不正解です。これはダブルチャンスにならなくても仕方ありませんが、次の29問目、木曽三川についての問題でピンクが途中で押して不正解で、続きを聞けば答えられるかもしれないのにクイズ王がダブルチャンスにしません。

 30問目、地元の和菓子で、青が正解。緑が独走でリーチをかけたのに、ついに青が8点でピンクが7点です。これは、不正解のたびにちゃんとダブルチャンスを実行していれば、優勝者が変わった可能性があります。
 31問目、高山にいたことがある幕末の人物で、緑が正解です。結局、緑が逃げ切りました。優勝は高山の代表です。
 クイズ王が0ポイントの黄について、「彼女の果敢なチャレンジがクイズの醍醐味なんですよ」と言って12時20分ごろ終わります。私としては、クイズ王の恣意的な運用に不満だけが残った大会でした。

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

岐阜県統一クイズ王決定戦決勝大会(その11)

 書くのを忘れていましたが、先日NHKで「規制解除!アンロック」という番組をやっていて、JKがセンター試験にスマホ使い放題で解答したら東大の二段階選抜を通過する点数が取れるかというのをやっていました。結果、まったく届かなかったわけで、これなら高校生クイズでも携帯電話とか禁止しなくても大丈夫なのではないかと思いました(というか今回からは禁止しようがない状況でやるのか)。あと、NHKもバラエティの東大ブームに乗るのかと思いました。

 それでは、岐阜県統一クイズ王です。15問目、飛騨の伝説の人物で、緑が正解。16問目、「半分、青い。」についてで青が正解。17問目は岐阜に来た歴史上の人物で青が正解。18問目、羽島のいちごで青が正解。19問目、海津市の神社で緑が正解。これでリーチです。得点は0、9、2、5で、緑が独走しています。

 20問目、恵那で食べる虫で、ピンクが正解。21問目、関ケ原の合戦を描いた作家でピンクが連取。意外にすぐ決着がつきません。22問目、風の名前で青が正解。23問目、高山の朝市についてで青が正解。24問目、岐阜の神社の名前です。青が不正解です。ところがまたも、クイズ王がダブルチャンスにしません。これって、クイズ王が特定の人物を勝たせるために不正をやっていると疑われても仕方がないような状況です。この後、果敢なチャレンジ。

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

書くことのない事前番組

 書店に行ったら、角川文庫の中で、「こころ」とか「A」(森達也の)など5冊にだけ、東大王の帯がついています。それぞれの本の内容や著者に関するクイズが載っているのです。東大王が推薦する5冊らしいが、こんな仕事もしているのか、出版業界に完全に食い込んでいます。

 さて、今日は高校生クイズの事前番組がありました。もともとの番組表では、過去の傑作選みたいな書き方がされていたと思いますが、見てみたら昨年の全国大会の準決勝以降をそのまま再放送しているだけです。したがってここに書くことも全然ありません。
 ただ、本編でなくCMを見ると、スマホを使ったネット配信イベントにリニューアル、オンライン生中継で予選に参加、参加してくれた高校生のためだけに乃木坂46の限定ライブを生配信、メンバーと生電話のチャンスも、LINEの「みんなでクイズ」で実施、練習大会に参加するとサイン入りTシャツが当たる? といったことが言われています。

 あと、最後に千鳥のあいさつがあって、昨年と同様、乃木坂の白石チームと齋藤チームが1つの問題で対戦するというのがあります。これは後の事前番組でもっと長いバージョンが放送される可能性があります。というか、今の乃木坂は白石と齋藤なんですね。

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

クイズ王Kへの道(後編)

 「チコちゃんに叱られる!」のDVDが出るそうですね。過去の問題をジャンルごとにまとめたものが収録されるようです。クイズ番組のDVDが出るなんて極めて異例です。NHKなので番組で宣伝はできません。

 それではACTIONです。記者が早押しの問題を読み上げます。答えは、羽田が買ったポルシェですが、その問題の前振りを増やしていきます。それで、知識があれば早く確定できるということを説明します。

 記者が、テレビで問われる問題は1万問ぐらい覚えておけばいいと言います。実際はもともとの知識もあるので、あと数千問覚えておけばテレビに出ているタレントには勝てるそうです。羽田が、確かにクイズ番組に出ると同じ問題が出ていると思うが、復習していないので答えられないと言っています。

 今度は、日本三景を答える問題を出します。2つ目の最初の音を聞けば押せるというわけです。そして、学生クイズ王決定戦の問題集を取り出します。そんなものを入手しているとは本格的です。記者の仕事をしながら行けるのか。「ここに2500~2600問載っているので覚えていただければ」。
 さらに、「おいおい、知り合いのクイズ王も呼びます」と言います。これからこの番組は軒並みクイズ王が出演する可能性があります。記者自身はクイズ研に入って1年で、アタック25の高得点者大会(予選の点数が高かった人の大会)に出られるようになったそうです。「一般枠でテレビに出たらちょっとかっこよくないですか」。羽田が応募して、一般枠で出してくれるか? この前、クイズ芸人がアタック25に出ましたけど、あれは当人が知られていなかったからでしょうし。

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金)

クイズ王Kへの道(前編)

 TBSラジオの「ACTION」は、この春から「荒川強啓デイ・キャッチ!」を終わらせて始まりましたが、報道をやめてFMの劣化みたいな番組になったので、リスナーが相当逃げたことが推測され、番組内容から苦悩が伝わってきます。1週目にいきなり生島ヒロシが来たのを皮切りにTBSラジオの名物パーソナリティが次々とゲストで来て、高齢者をつなぎ止めようと必死です。戸越銀座で毒蝮三太夫と中継するなんて、もともとの番組の趣旨と全然違うだろ。

 それはそうと、木曜日の17時台は、羽田圭介が野望をかなえるプロジェクトというのをやっています。昨日、TBSラジオの記者が、企画をプレゼンしに来ました。この人って、この前「Session-22」の「クイズさん」のときも出てきたっけ。その名も「クイズ王Kへの道プロジェクト」。

 羽田が、「作家はすぐ負けるが、クイズタレントの方は勉強しているらしい」と言います。一部の人について、クイズタレントという認識をもっているんですね。記者は、大学院までクイズ研究会にいて、大学時代の仲間が放送局でクイズの問題を作っているので、サポートできるといいいます。
 羽田がクイズ王になるメリットは、「芥川賞と2冠を名乗れる」。将棋界にはすでにクイズ王がいるが、文学界はブルーオーシャンだといいます。そして、強くなる過程を執筆できる。「クイズ王K」という小説を書けると言います。さらに、早く負けてギャラ泥棒と言われないだけでなく優勝すれば賞金・賞品があるというので羽田が「クイズサバイバーは100万円ぐらいくれるんだよなあ」。と、いかにも欲しそうに言います。クイズサバイバーのことを気にしていたのか。

 記者が、早押しで1秒を詰めることはテクニックで可能と言って、早押し機を取り出します。この後、知り合いのクイズ王。

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

岐阜県統一クイズ王決定戦決勝大会(その10)

 先週の「爆報!THEフライデー」で、タイムショックのアシスタントだったあのアナウンサーは今というのがあったので、マクラのネタにならないかと思って録画しました。見たら、同僚と結婚して、夫も定年になった今、2人でアナウンス教室をやっているといった話で、なんのひねりもない普通の人生です。ネタにならないじゃないか。と言いながらここに書いていますが。

 それでは、岐阜県統一クイズ王です。9問目、羽島の米で、黄が不正解。前のラウンドでトップ抜けだった敗者復活の人は、いまだに正解が出ません。これは他に押した人はいません。
 10問目、岐阜が舞台のアニメで、緑が正解。11問目、地元の歌舞伎に関する問題で緑が正解します。12問目は鵜飼いに来た有名人で、ピンクが正解。13問目、城の名前で緑が正解。緑が独走の感じになっています。

 14問目、岐阜が発祥で現在は名古屋が有名なものですが、青が途中で押して不正解。するとクイズ王が、ダブルチャンスにしないことにします。だから、なんでクイズ王にそんな権限があるんだよ。自分で決めたルールを守れ。こんないい加減な人だったというのは意外です。この後、またやる。

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

岐阜県統一クイズ王決定戦決勝大会(その9)

 東京のJRの車内モニターで流れる番組で、河北麻友子のやってる「BeauTV VOCE」というのがあって、これはテレビ朝日の番組と連動しているので、最後にテレビ朝日での放送日時が表示されます。これは大阪のJRでもやっているのですが、こちらは「TVerで配信中」としか出ません(昔はBS朝日でやっていて、その放送日時が出た)。これを見るたびに、高校生クイズの地区大会などの番組が見られない関東以外を思います。今週また、関東ローカルの事前番組がありますね。

 それでは、岐阜県統一クイズ王です。1問目、来年の大河ドラマで緑が正解。2問目、岐阜の昔の地名で青が正解。3問目、一時全国的にニュースになったダムで、ピンクが正解です。
 4問目は、観光地として有名になったいわゆるモネの池ですが、緑のこの押し方はクイズマニアっぽい。5問目、飛騨の木工技術について。緑が連取です。6問目、城の名前でまた緑が答えます。

 7問目、神社の名前ですが、黄が途中で押して不正解です。ところがクイズ王が、これはここで終了にすると言って、ダブルチャンスにしません。ウルトラクイズで優勝したからといって、自分で決めたルールを勝手に変える権限はないだろ。
 8問目、街道について。ピンクが不正解。すると今度はダブルチャンスと言って、青が正解します。1問ごとにクイズ王がこんな恣意的なことをしていいのか。この後、また不可解。

| | コメント (0)

«岐阜県統一クイズ王決定戦決勝大会(その8)