2018年9月22日 (土)

第6回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その14)

 地下鉄銀座線の上野駅の構内にあるエレベーターで、腰の曲がったおばあさんと、その(義理の)娘と思われる高齢の女性と乗り合わせました。上へ向かうのですが、おばあさんが「ホーム」というボタンを何回も押しています。しかし動きません。それで私が「改札階」というボタンを押します。すると娘が「ホームじゃないよ。バカなことやってるんじゃないよってチコちゃんに怒られるね」。チコちゃんがこんなところにまで浸透しているのか! 本当に流行語大賞を狙える勢いなんじゃないか。

 それでは埼玉クイズ王です。次は三択ですが、ルールや問題を読むのが、クイズ王ではなくいつも踊っているタレントです。福澤末期の高校生クイズのシステムになっています。

 1問目はスポンサーの不動産会社の問題です。2問目は都市対抗野球。クイズで出るのは珍しい。3問目は埼玉の気象現象について。4問目は放送局の施設です。5問目、埼玉の駅名に使われていない漢字を選ぶもので、これは気づきませんでした。この後、有利。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月21日 (金)

第6回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その13)

 去年まで高校生クイズにスタジオ部分があったのは、外国に行くと視聴率を取るためのタレントを出せなくなるからだったんですね。
 
 それでは埼玉クイズ王です。◯×の1問目は埼玉県民の日について。そんなにいい問題とは思いません。過去の優勝チームがこれで敗退します。
 2問目は埼玉西武ライオンズの記録について。これはおもしろい。正解が少なくて、一気に9チームが決まります。

 3問目、物の種類を業界団体で調べて、埼玉とついたものがあるという問題です。×にするために手間をかけています。正解が14チームで、これで終了です。この後、代理。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

第6回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その12)

 先日の北海道の停電で思ったのは、「1週間ずれていたら道民は高校生クイズが録画できないところだった」ということでした。

 それでは早くしないと使えなくなる埼玉クイズ王です。前回、午前の部が終わったところまで書きました。まったく間をおかず、すぐに午後の部が始まります。

 午後にも、6回とも出ている人がいます。埼玉県の部長のあいさつもまたあります。スーパーアリーナは年間300万人来て横浜アリーナの倍だと言います。クイズ王は、「ネタが尽きることはない。今回はさいたま市周辺を意識した問題にした」と言います。午前より参加者は多いようの見えます。この後、一気。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

人生賭ける感想

 今週の「伊集院光の深夜の馬鹿力」で、高校生クイズについての話をしているという情報が入りました。聞いてみたら、鳥人間コンテストやSASUKEはもはやテレビの一番組ではなく、それが人生になっている人がいるので、やめていいかどうかもわからない。それで驚いたのが、高校生クイズで、去年はラ・サールで出たが勝てなかったので優勝校に転校した人がいる(この辺の表現には間違いがある?)。確か兄弟の一方は去年の段階ですでに転校していた。Qさま‼︎の高校生大会に出てたと思う。高校野球の越境入学どころではない。高校野球でも途中で転校する人は聞いたことがない。しかも新しく入った学校は偏差値はそれほどでもない。しかも高校生クイズには世の中のクイズのはやりが反映されていて、今年からチームワークのゲーム性が重視されているのによくそんなことができる、という内容です。私もこの転校は理解できなくて、ずっと実績があるところに移るというならともかく、昨年たまたま初めて優勝した学校になぜ行こうと思うのか。結果として、方針が変わった番組でまたたまたま優勝するという。

 ただ、方針が変わったといっても、答えるのにいかに知識のバックグラウンドがあるかという問題が出ているわけで、本質的にはこれまでと同じだと思います。それにしても、知識そのもののクイズとこういう企画を同じ回でバランスよく配置できないものでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火)

本編みたいな事前番組(その10)

 草刈機などを作っているオーレックが、九州の農業高校を対象にした九州農高川柳コンテストというのをやっていますが、その受賞作の中に「農業のクイズ番組みなとける」というのがあります。そんなにクイズで農業のことをやってましたっけ。それにしても、今年の高校生クイズは、そういう農業高校生に出てもらいたかったのに。「進学校を撃破」と持ち上げられるところでした。

 それでは事前番組です。映像が準決勝に戻ります。このクイズも、道具の部分は?で隠してあります。そして本放送の最中にdボタンでプレゼントが当たる抽選会があることが表示されます。

 決勝のルールまで放送されます。全国放送をほとんど見せているではないか。今回の事前番組はクイズをきっちり放送し続けて、そのまま本編として使えるような内容でした。これを関東ローカルというのは非常にもったいない。これの一部を全国放送に入れられないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

本編みたいな事前番組(その9)

 先週「ガッテン!」の再放送を見ていたら、急に「カリギュラマシーン」がかかりました。そしたら山寺宏一の似顔絵が変形して「ボーッと生きてんじゃねえよ!」。NHKが自局でパロディーをやる対象になったか。そういえば先日の「ビーバップ!ハイヒール」では、何の必然性もないのに全編がチコちゃんのパロディーになっているVTRを作っていました。今週の週刊文春にもチコちゃんの特集がされているし、流行語大賞のノミネートとかいくんじゃないか。

 それでは事前番組です。次はアルティメットタイヤレース。千鳥と小島よしおが挑戦します。ここで「すごい発想の2チーム」というナレーションで、タイヤの部分を?で隠して見せます。「さらに準決勝では」でCMになります。

 次はバーストザバルーン。ルール説明がありますが、今度はここで決勝の予告がはさまります。決勝進出チームの顔がはっきり映っています。この後、プレゼント。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月16日 (日)

本編みたいな事前番組(その8)

 全国大会最初の、いろいろなものが通り抜けられるかという問題は、「摩訶!ジョーシキの穴」かと思いました。そういえば落とし穴のクイズがあったのもそれっぽい。

 それでは事前番組です。コンプリートパネルです。学校名にはボカシを入れてあります。このクイズって、「頭脳王」の2回戦あたりでやってもおかしくなくて、そういう意味では32回までにこだわる層のことも考えています。
 まずは乃木坂が挑戦しますがギブアップです。そして「驚異の地頭力、そのとんでもない記録とは」で、25秒のチームが放送されます。滝沢カレンが「走るような方だと思ってなかったので」。相変わらず絶妙のずれ方です。この後、全部。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

本編みたいな事前番組(その7)

 今年の全国大会は東京ビッグサイトだというので、決勝がビッグサイトかと思って連日通ったのですが、やっていませんでした。1回戦とその翌日だったとは判断ミスでした。あと、それ以外でも屋外で見るチャンスがありましたね。

 それでは事前番組です。正解発表に続いて、東京都の代表が発表されます。次は「近畿では大番狂わせで明石高専」。そしてなぜか宮城県の代表を紹介。女子だからか。そして別室でやっている昨年優勝校です。
 11校が初出場だと言います。これまでの、有名進学校を強調するのとは逆の態度です。実際は、そういう進学校が全国大会に出るようになったのは比較的後の方の回なんですけどね。

 まだ20分も残っているのに、「全国大会の模様を一足先に大公開‘」。どれだけ放送するんだ。この後、走るような方。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月14日 (金)

本編みたいな事前番組(その6)

 日本テレビでは月曜日から4日連続で深夜に高校生クイズ宣伝の5分番組をやっていました。初日に録画に失敗して見逃したのですが、どうせ毎日同じ内容ではないかと思ったら、紹介する問題を変えていました(事前番組ではやっていない問題もあった)。それにしても、全国大会1回戦の会場で、あんなのを4本録りしてたんですね。

 それでは事前番組です。各県の上位3チームが代表決定戦に進むことが発表されます。ここで、今年は商業高校や農業高校や高専が残っていることが特徴だと言います。最近の回と明らかに演出が違います。と思ったら、灘やラ・サールや昨年優勝校も残っていると言いました。
 関東では4県が舞台に上がっていることがわかりました。残りは別の場所でしょうか。中部は会議室のようなところでやっているのが映っています。問題が出て解いている間に乃木坂の歌う映像が流れます。

 関東では乃木坂が実際のコピー機を使って実演していたことがわかりました。この後、一足先。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

本編みたいな事前番組(その5)

 高校生クイズの予選の問題についてこういうことを書きましたが、 

――――(ここから)――――

 10問目、大量のミニトマトを一気に切る方法です。テレビでやる生活の知恵ネタの中でも、どこで使うんだというのの代表です。

――――(ここまで)――――

 1年半以上前の「ガッテン!」の録画を見たら、なんちゃってドライトマトの作り方というのをやっていて、大量のミニトマトを半分に切ってオーブンに入れていました。使い道があるのか。

 それでは事前番組です。3問目は一転して、ひらめきとかは必要なくて、地道に算数をやっていれば解ける問題です。ここで各会場と中継をつなぎます。まずは平野ノラの高校時代の写真を出します。次にひょっこりはん、そしてブルゾンちえみです。以前だと地区大会の前の事前番組でやっていたようなことです。

 次は正方形が何種類作れるかという問題。続いて数列の規則の問題でCMをまたぎます。ここは応援タレントが答えを当てたことでそういう編集がしやすくなりました。最後にマッチ棒問題が出ます。


 次が地頭力30問クイズ。現場では問題がまったくわかりませんでしたが、三択だったことが明らかになりました。この後、推しが違う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«本編みたいな事前番組(その4)