2020年12月 1日 (火)

武蔵浦和で早押し(その9)

 NHK名古屋のきくち教児とつボイノリオのクイズの第2弾が、明日の深夜にBS1で全国放送されます。ズームイン!!朝!のパロディの正解発表は今回もあります。そういえば、昨日の国会中継は、古賀之士と芳賀道也という、ズームインの元アナウンサー2人が質問していました。

 それではコミセンまつりです。玉Qの問題集には「クイズプレーヤークイズ」というのが載っているそうです。隣の部屋では早押しちょこっと体験をやっています。これもそれぞれのクイズサークルが交替で担当です。

 3rdラウンドは以心伝心クイズ。チームを、ボタンを押す人と答える人に分けます。押す方は、答える人が答えられると思ったら押します。3人のチームは、押す人を2人にしても答える人を2人にしても構いません。なお、このクイズも子どもが答えたときの2ポイントボーナスはありません。3ポイント先取です。

 答える人は後ろへ下がります。1問目、大宮の氷川神社についてですが、小林家の子どもが押して母が「えっ?」。不正解でレッズも不正解。まだかなり続きのある問題でした。2問目、慣用句でクオッカが正解。3問目、ONE PIECEの登場人物ですが、クオッカが知らないのに勘で正解します。4問目、クラシック音楽でコミセンが正解。5問目、ゲームについてでクオッカが勝ち抜けます。
 6問目、学校にあるものでレッズが正解。そういえばレッズは押すのが2人です。7問目、この時期の風物詩でレッズが正解。8問目、「熊本城が描かれた浴衣を」で小林家の子どもが押して、母が「えっ?」。不正解でコミセンも不正解です。この後、また押す。

| | コメント (0)

2020年11月30日 (月)

武蔵浦和で早押し(その8)

 2年半前にこういうことを書きましたが、

――――(ここから)――――

 FMの一部の局で吉田照美と秀島史香がやっている「Please テルミー! マニアックさん。いらっしゃ~い!」が、次回のゲストが、元FM局員のクイズ作家だそうです。それにしてもこの番組は、「リミックスZ」よりもさらにネット局と放送日時がわからないので、探すのが大変です。と書いてちょっと調べてみたら、もしかしていつの間にかネット局が1つだけになって、そこはラジコに加盟していない?

――――(ここまで)――――

 InterFMが経営悪化でJFNに買収されたことで、TokyoFMの裏送り番組が放送されるようになって、マニアックさんも普通に東京のラジオで聞けるようになりました。

 それではコミセンまつりです。10問目、動物の問題でレッズが正解。前の問題にも正解していますがこれは連答ではありません。11問目、奈良時代の問題でクオッカが正解。12問目「ハーモニカでド」で小林家が押して2択の「吹く」を正解です。13問目、平安時代の問題でクオッカが正解。14問目、鉱物についてでクオッカが正解して1ポイントです。ここであと3分と言います。

 15問目、最近のミュージシャンを小林家の母親が正解。16問目「チップとデールで」という2択をクオッカが正解。17問目、埼玉と接する県でクオッカが正解して勝ち抜けます。これで終了になって、Finalの2ポイントがクオッカに、1ポイントが小林家に入ります。ここでクイズ王が、もしトイレに行きたい人はと言って、参加者が名乗り出ます。

 会場の後ろでは、今回の企画に参加している団体が会報や問題集を売っています。浦和高校は同窓会で予算が出ないので、会報を売って活動資金にしています。逆に大宮高校は営利目的行為が禁止なので、会報は無料配布です。この後、えっ。

| | コメント (0)

2020年11月29日 (日)

武蔵浦和で早押し(その7)

 先週日曜日に日本テレビでやっていた「いざわ・ふくらの解けば解くほど賢くなるクイズ」って、TVerで配信していたんですね。日曜昼の実験番組を配信するなんて初めて見ました。これは今後、レギュラー化するために推していこうとしているのでしょうか。

 それではコミセンまつりです。2ndステージの連答クイズ。正解した人が起立します。この状態で同じチームの別の人が正解すると1ポイントです。他のチームの人が正解すると座ります。2ポイント先取。なお、このステージには子どもの正解で2ポイントは適用されません。なお、クオッカは1人で参加していてもう1人はスタッフなので、立った状態で自分で答えないといけません。それにしても、このクイズ終わるのか? 一応、どのクイズも10分程度で決着がつかない場合はそこで終わることになっています。

 1問目の正解はカブトムシで、木村家が子どもに言わせます。次は自分が答えればいいからですね。なお、他のラウンドで、子どもに答えさせて2ポイントとることは、直接答えを教えない限り推奨されています。
 2問目、埼玉県の特産物でクオッカが正解。3問目、武蔵浦和の駅ビルの名前でレッズが正解。4問目、アンパンマンのキャラクターで小林家が正解です。5問目、ドラえもんの道具でレッズが正解。まったく連答がありません。10分たった場合、先に連答したチームが上位になるそうです。

 6問目、外国の作家で小林家が正解。7問目、ノーベル賞受賞者でクオッカが正解。8問目、ゲームのキャラクターで、小林家が不正解でレッズが正解。9問目、年中行事でレッズが正解して、ようやくポイントが入りました。この後、無料と有料。

| | コメント (0)

2020年11月28日 (土)

武蔵浦和で早押し(その6)

 三井不動産が東京ドームにTOBで完全子会社化するというニュースが出ていますが、そうなると「三井のオフィス会社対抗横断クイズ」を東京ドームでやって、○か×か移動することになるのだろうか。

 それではコミセンまつりです。1問目、武蔵浦和にある有名企業でレッズが正解。2問目は「おかあさんといっしょ」で、小林家の子どもが正解して一気に2ポイントです。3問目、共通する言葉を答える問題で小林家が勝ち抜け。4問目の正解はサミットですが、クオッカが「G8」と答えます。コミセンが正解。確かに最近、サミットという単語の頻度が減っています。クイズ的にはいまだに出し続けていますが。

 5問目、文房具についてでレッズが正解。6問目は都市名で、コミセンの館長が押してすぐ答えようとすると「館長、先ほどマイクに電池を入れていただいたので、ぜひ使ってください」。7問目は食べ物でクオッカが正解。8問目はファッションで、クオッカが正解して3チームともリーチです。9問目、埼玉に関係あるムーミンの問題でレッズが勝ち抜けます。

 これで1stステージは終了で、Finalにおける2ポイントが小林家、1ポイントがレズに入るそうです。この後、10分。

| | コメント (0)

2020年11月27日 (金)

武蔵浦和で早押し(その5)

 「クイズは想像力」に、名言をフリにするクイズとして載っているうちの最後が「巨人はロッテより弱い」がオチとして使われていて、今の読者は何のことかわからないかもしれませんが。日本シリーズで巨人が3連敗したときに加藤哲郎がクローズアップされましたね。しかし日本シリーズが一瞬で終わって、このネタを書くタイミングを逃しました。

 それではコミセンまつりです。3ポイント先取の早押しは、最初にボタンを押したチームはランプが点滅して、2番目に押したチームは点灯します。おそらく埼玉クイズ王と同じ機械でしょう。解答権が2番目に押したチームまであって、不正解だと1回休みです。そして、小学生以下の人が他人のヒントをもらわずに正解すると2ポイントになるのです。このルールは2日間のすべての企画に共通です。

 1チーム目はクオッカ。若い女性2人で飛び込みです。所沢から来たそうです。チーム名は、日本で埼玉でしか飼育されてない有袋類です。次は小林家。母と男の子2人です。小学校のチラシで大会を知ったそうです。次がレッズクラブ。若い男性2人と女性1人です。2人は浦和市出身で何十年もレッズのサポーターをしているそうです。司会が「たまたまランプが赤の席で」と言います。ランプは向かって左から黄白赤青で、白を使って緑を予備にしているのが何かモヤモヤする。そして最後がコミセンチーム。参加者が足りないので、さっきあいさつをした館長とボランティアの男性職員が急遽出ることになったそうです。ちなみに賞状にはこの館長の名前が入っているので、勝てば自分で受け取ることになります。この後、電池。

| | コメント (0)

2020年11月26日 (木)

武蔵浦和で早押し(その4)

 今週の週刊ポストのやくみつるの連載は、自分がタイムショックで優勝したことを描いていて、「やくの顔に安堵の表情は戻らなかった」。その理由が、これで「クイズ!脳ベルSHOW」の出演がまた遠のいたからだといいます。実際、過去に岡田圭右に出たいと言って拒否されたそうですが、名前を出すだけでオチにできる脳ベルSHOW。

 それではコミセンまつりです。参加賞として、武蔵浦和の駅ビルにあるイタリアンレストランのランチドリンク無料券がもらえます。解答席につく前に1チームずつ消毒します。解答席は3人掛けですが、テーブルについたてがあります。しかしこれって座っている人同士を隔てていないので意味がないと思うのですが。

 ルールは、1stステージが3ポイント先取の早押し、2ndステージが連答クイズ、3rdステージが以心伝心クイズ。それぞれ1位に2ポイント、2位に2ポイントが入って、Finalの早押しはこの合計点からスタートして、10ポイントになったチームが優勝です。1回の企画には最大16チームが参加できることになっていましたが、土曜日の1回目は4チームしかいないので、こういう形式になっています。なお、同一チームは2日間を通じて2回まで参加していいそうです。この後、さっき決まる。

| | コメント (0)

2020年11月25日 (水)

武蔵浦和で早押し(その3)

 「あさチャン!」では最近、エンディングで脳トレをやっていますが、今朝の問題は、

お□□□
   |
   ル

 で、日本語と英語で同じ意味の単語にするというものでした。答えは「おうえん」と「エール」です。朝8時に合わせてこんな問題を出すって、NHKにチャンネルを変えさせたいのか?

 それではコミセンまつりです。入り口のところに、ナナマルサンバツのいくつかのコマを張り合わせたものが掲示されています。どうやら、作者がかつて武蔵浦和に住んでいて、この辺の風景が描かれているらしい。大会の宣伝にナナマルサンバツの絵が使われていて、1日目の優勝賞品はナナマルサンバツのコミック全巻、2日目の優勝賞品はナナマルサンバツのアニメのDVD全巻です。

 コミセンの館長が「厳しい世界情勢にありますが、センターの方の熱意で開催できた」とあいさつします。最初の回の企画は、玉Qというクイズサークルが担当します。2005年から武蔵浦和で活動しているサークルで、クイズ有名人が多数参加しています。進行は、玉QとAQLというクイズのリーグ戦をやっている人です。そして、埼玉クイズではなく玉Q関係者としてクイズ王があいさつします。マスクをしていて気づきませんでした。埼玉クイズ王は、何の告知も見ていませんが今年はもちろんありません。この後、少ない。

| | コメント (0)

2020年11月24日 (火)

武蔵浦和で早押し(その2)

 ある落語家のツイート。

――――(ここから)――――

六代目 古今亭今輔 @imasuke666

クイズによく出る落語の問題。

「時そば」(本当の値段)
「饅頭怖い」(最後に怖がるもの)
「芝浜」(オチから演題を問う)

多分、これらがビッグ3。

あと、
「東京の落語界で前座と真打の間の階級は?」
↑これがまたよく出るんだわさ!
一度も押し勝ったことないけど。

――――(ここまで)――――

 ベタ問の概念がこんなところにも広まっているのかと思いましたが、最後を読むとこの人もクイズマニアなのか。

 それではコミセンまつりです。コミュニティセンターのホームページを前夜に見ても、中止するといったことは一切書かれていません。なお、ホームページによると、もともと子どもを含む家族しか応募できなかったところ、参加者が少ないので、普段一緒に生活している人ならいいということになっています。つまり会社の同僚などでもOKです。

 21日の10時に始まるので急いで行ったら、会場が武蔵浦和駅直結で意外に近かったので、15分ぐらい前に着きました。8階のエレベーターを出るといきなり消毒と検温で、何の用事かと聞かれます。クイズ大会の見学と言うと、リストバンドをつけられます。001となっています。15分前でまだ他に来ていないのか。そして名前と電話番号を書かないといけません。

 ちなみに、会場の隣の部屋では、早押しクイズちょこっと体験というブースも設けられています。文化祭でクイズ研がよくやっているやつです。コミセンまつりはこんなに全面的にクイズに頼って大丈夫なのか。この後、ナナサン。

| | コメント (1)

2020年11月23日 (月)

武蔵浦和で早押し(その1)

 たまたま神保町三井ビルに入ったら、「第2回『三井のオフィス』会社対抗横断クイズ」というポスターが出ていました。来年1月に予選WEBテストをやって、予選会があって決勝大会があります。優勝するとスペシャルゲストの小島よしおと対戦するそうです。決勝大会はYouTubeLiveで配信されます。三井不動産が持ってるビルで働く人だけのクイズ大会だと! しかも「第2回」ということは今年すでにやっているということですよね。イベントとしてクイズ大会をやる文化がここまで浸透しているんですね。

 さて、クイズイベントがなくなって、当ブログも過去のパソコン通信の書き込みを再掲してしのぐという、春以降のバラエティ番組とまったく同じことになっていますが、この週末に、書く日数を稼げそうなイベントがあることを知りました。
 埼玉県の武蔵浦和コミュニティセンターで、第8回武蔵浦和コミセンまつりミニ版というのが11月21、22日に開催されます。この施設ができてから毎年、コミセンまつりというのをやっているそうですが、今年は大幅に規模を縮小しているらしい。といっても、これまでこんなイベントを知らないので、何がミニなのかわかりません。

 ここで、「家族で挑戦!早押しクイズin武蔵浦和」というのが2日間全体にわたって開催されます。両日とも3回のクイズ大会があって、さらにそれで勝ったチームによるチャンピオン大会があります。計8回のクイズ大会がそれぞれ、地元のクイズ研やクイズサークルなど別の団体が個別に企画しているのです。それにしても、感染拡大で医師会がかなり強い調子で自粛を訴えた中、前日になって急に中止ということにはならないのか。次回、まだ説明。

| | コメント (0)

2020年11月22日 (日)

15巻のコメント(その3)

 ナナマルサンバツの18巻に重大なミスがあった(ゲームの展開と絵が合っていない)が第2刷が出て修正することができたそうですが、ただでさえ部数が少ないと作者が言っているのに入手できるかと思っていました。今日、いかにも置いていそうな書店に行ったら発見しました。本当に2刷は出てたんですね。

 それでは15巻のコメントです。

――――(ここから)――――

>>予選のYES-NOクイズやペーパークイズは結構易しくなったように
>>思えます。私としては予想もしてなかった程正解率が高かったし。

参加者が少ないから、YES-NOを簡単にしないとすぐに終わってしまいます。

実際のところは、問題のネタが苦しいというのもあるのだと思います。
あと、ペーパークイズは、回によって難易度にかなり波があります。
5回の全国大会のペーパーは異常に難しいかと思えば、7回の予選は異常に
簡単です。ところで、今回、「最初の8問は顔当てクイズなので省略」と
なっていましたが、どうして顔当てクイズだと本に載せないのでしょうか。
問題のタイプとしては、3人の写真が載っていて、「この中で現在の
総理大臣は?」というようなものです。

>>全国大会1回戦の映像クイズ。電話RUSH地獄の後に4択を10問やったの
>>かと思ったらどうやら2択を出してたよう。見たところ、特に4択の問題が闇
>>の彼方に葬り去られてた(と思う。あくまで想像)のでちと残念。

私は5択をやったのではないかと思っていたのですが、2択に戻っていたん
ですね。放送では、最初の2択と最後の2択が混ざって出ていたわけです。
映像クイズなので、本に載せられない問題が多くて、あんなに4択が少なかった
のではないでしょうか。

>>今回そこそこの視聴率が取れた理由の分析(?)が書かれていましたが、

ファイアーインタビューで気になったのは、福澤アナがゴムパッチンの話を
していましたが、「ゆーとぴあ」というグループ名を「ユートピア」と書いていた
ことです。私は、本にするとき、執筆者がこれを間違えるのではないかと思った
ので、九州大会のリポートでわざわざこれに言及したのに。

>>今回では(確か)初めて、投書の一部をハガキごと載せたものが登場し、その
>>中に投稿者の住所や電話番号まで載っているものもありましたが、
>>いいんでしょうか?

これは私も思いました。いたずら電話とかはないのだろうか。

――――(ここから)――――

 芸能人とかだけでなく、歴史上の人物であっても残っている写真などに権利が発生してるんでしょうね。
 全国大会では映像2択クイズ、映像3択クイズ、映像4択クイズがあって、それぞれ下位チームが別のクイズをやらされるというのがあったのですが、さらにその後に映像2択クイズがあってカットされたことが本でわかったということです。一方で4択は放送された問題も載っていません。
 あと、出場者からスタッフルームに届いた手紙を、15巻ではそのまま転載しています。住所とかが書いたままなのです。昔はプロ野球選手名鑑に自宅住所が全部載っていたりしましたが、95年だと出版物にこういうのが載っていてもまだ許されるくらいの雰囲気だったんですね。

| | コメント (1)

«15巻のコメント(その2)