2016年8月27日 (土)

36回近畿大会(その23)

 2週間分の番組表が載るテレビ情報誌の関西版を見ると、読売テレビで再来週火曜日の深夜に「真実か?ウソか?」が2時間枠で再放送されます。先日の桂文枝の告知が流れなかった回か? そして月曜日には「しゃべくり007」の「高畑裕太は問題児か⁉」という回が再放送されるそうです。この枠を高クイ地区大会に差し替えろ。

 それでは近畿大会です。桝アナが「どこかの会場から見えているお城もありますねえ」。屋外の会場自体がほとんどないのでこれは大ヒントです。画像はその大阪城とサル、わらじ、朝鮮半島、刀です。

 このクイズは2問で終わりです。乃木坂46にインタビューします。高山が「ニューヨークに行きたくてさっきもマネージャーと話してたけどライブとかぶる」。この後、塩分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

記憶調査委員会

 昨夜の「怒り新党」の「記憶調査委員会」で、「人工衛星クイズ」を取り上げていましたね。あれだけちゃんとした動画が紹介されるとは。ほぼ番組内容がわかるようなものでした。
 あの番組はウルトラクイズのスタッフが作ったということを売りにしていて、番組は福留功男の映像で始まります。「ついに史上最大のクイズ番組が始まろうとしております」などと言ってカメラがスタジオに振られるのですが、以後、福留は一切出てきません。アンビリバボーのビートたけしみたいなものです。
 あと、ウィキペディアにも書いてありませんでしたが、「予選クイズ」というのがありました。1回の放送で宝探しが2回あって、それぞれの前に3組の参加チームが予選クイズをやります。視聴者参加時代のクイズ$ミリオネアと同じパターンです。問題はすべて画像による早押しで、3ポイント先取だったと思います。
 あと覚えているのは、2週目のヨーロッパの回の暗号文で、花を摘むとNACLの袋がといった文章があって、解答者が、花を摘みに行くというのはトイレに行くという意味の隠語だと気づきます。児玉清が「なんで知っていた」「女子校で習いました」「学校教育の成果」というやり取りがありました。「学校教育の成果」って、いかにも児玉が言いそうなセリフです。

 ところでその前のアポロのネタで、明治の商品カタログとおぼしきものが映ったとき、右下に「ウルトラクイズ」と書いてあったのに気づいたでしょうか。これはアメリカ横断ウルトラクイズとタイアップしたお菓子が出ていたのです。○と×の形のチョコクッキーで、箱に○×クイズが書いてあって、正解の開け口の方からしか食べられません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

方針わからぬ再放送(その6)

 8年前にこういうことを書きました。

――――(ここから)――――

 今夜の「ヤッターマン」は、おだいばテレビというところに行きます。東京の台場にあって、骨組みみたいなのに球体がくっついたテレビ局です。そこでの「おだいばなかよしリーグ」という番組にヤッターマンとドロンボーが出ることになります。「なかよし」で「リーグ」です。司会者は赤いブレザーを着ていて、白髪のメッシュが入った頭をしています。ラウンド1は、全身がマジックテープの服を着て、壁のところに飛び上がるというものです。一方ラウンド2は、トロッコに乗って、前方の景色が動いていく映像を見ながら問題が現れます。
 もう完全に開き直ってますね。視聴率で勝てない裏番組2本をネタにする。

――――(ここまで)――――

 秋から「タイムボカン」がリメークされるそうですが、本日、この宣伝のために読売テレビで「ヤッターマン」が再放送されていました。なんでよりによって他局パロディーのこの回なんだ。しかもこの回には「ようこるん」(こるん星出身という設定だが本当は千葉県茂原市出身)も出ているのです。この面倒なことになってるときに。

 それでは再放送です。「そして誰もいなくなった」という答えがあります。図らずも番宣になっています。
 結局今回の番組は、本当に過去の決勝戦だけをまとめたものでした。最後のCMの前に「このあと重大発表!」。しかし例によってアメリカ横断をするというだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

36回近畿大会(その22)

 訂正です。「この差って何ですか?」は終了ではなく、10月から火曜日に移動になると赤江珠緒が本日のラジオで発表していました。

 それでは近畿大会です。5ヒントクイズの例題があります。5枚の写真は朝日、テレビゲーム、広島カープ、アサリ、東京大学です。正解は「ますたいち」です。朝日というのは早朝の番組をやっているという意味だそうですが、これはわかりにくい。他局の人かと思ってしまいます。

 1問目、答えはひらがな3文字です。制限時間は1分。送信したら修正できません。問題が終わってからすべての写真が紹介されます。ナイアガラの滝、ネズミ、ヘビ、ロケット、線香です。
 2問目はひらがな8文字の人名。桝アナが「近畿会場の高校生は動きがあわただしい」と言っています。スタジオからは全部の会場が見えているのか。「どこかの会場から見えているお城もありますねえ」。この後、マネージャーと相談。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

方針わからぬ再放送(その5)

 週刊文春によると、10月から「日本スター名鑑」という番組が始まるそうです。まさかの「クイズ☆タレント名鑑」の復活です。プロデューサーが番組制作の実績を重ねて再びあの枠を取り返すところまでもってきたか。一方で、裏同士で同じ内容をやっていた「この差って何ですか?」と「ハナタカ優越館」は同時に終わるようです。

 それでは再放送です。33回の決勝のバラマキには、「難」と書かれた難しい問題がありましたが、前回までの通常問題よりはるかに簡単です。これを一つの番組で同時に見せてどうするのでしょうか。
 33回の決勝に25分使って、次は35回の決勝です。ヘリコプターの場面からです。ここでも立木文彦のナレーションを生かしています。ただ、録画していないので確認できないのですが、ヘリコプターのチーム紹介にラ・サールがなかったような気がするのですが。しかし途中で3チームとも5ポイントになるところまでは放送します。昨年の放送のときと違って、いちいちスタジオの映像がはさまって止まることはありません。しかしなんか、今回の番組自体に後半のCMが多い。この後、実質番宣。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

36回近畿大会(その21)

 「超☆汐留パラダイス!」の高校生クイズのブースに最終日にようやく行ってきました。解答席は4つあります。○×クイズが2問、早押しクイズが1問出ます。早押しの問題は三択で、司会が合図を出さないと押せません。○×で1問でも正解するとSUPER NANOXがもらえます。早押しで正解するとアロマリッチが2本もらえます。代表校一覧は、日本地図の県のところに数字があるのですが、校名の方に数字がないので、どこの県の代表かわからないところが多数あります。例えば玉川高校というのはどこなのか。そしてモニターに流れているのは、昨年の全国放送の番組をそのまま延々とやっているだけです。

 それでは近畿大会です。北海道と四国と南九州で同時にテーブルクロス引きです。南九州だけ失敗します。結果、成功したのは6会場でした。原口あきまさが失敗したことで逆に正解になって喜んでいる高校生もいます。

 15時15分、次のクイズです。「みんなで協力!5ヒントクイズ」。5種類の画像から連想されるものを答えるのですが、各チームのスマートフォンにはその中の1枚だけがランダムに送られてきます。つまりヒントを知るには他のチームと見せ合わないといけないのです。解答はひらがなで入力します。ついにスマホで選択肢のないクイズもできるか。この後、見えてる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

方針わからぬ再放送(その4)

 広島市民球場の跡地は次の用途が決まるまでの間、誰でも使えるようになっているということを知りました。あそこで高校生クイズ中国大会をやればいいのに。今、パソコンを修理に出しているので、いつでも書けることを事前に送信しています。

 それでは再放送です。28回の決勝に10分、30回の決勝に25分使いました。乃木坂46の曲のCMが流れますが、高クイ応援ソングではないんですね。

 33回のタイとパリの映像が入ります。垂木勉のナレーションも生かされています。勝ち残ったときに女がチームメイトのうち一方の男にだけ迷わず抱きつくシーンも放送されます。あの人たち、その後どうなったんでしょうね。6回カラオケのリーゼントの人並みにいじられ続けるぞ。
 そしてモンサンミシェルでの決勝です。28・30回の決勝と33回の決勝を両方見せるというのは、番組側は何を狙っているのでしょうか。これだけ幅の広い企画をやっているということか。この後、難問。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土)

36回近畿大会(その20)

 来週の番組表を見ると、関西テレビで「クイズやさしいねSP」を20時台だけで放送するようです。これまで、19時台にローカル番組をやる限り2時間スペシャルは一切放送せずに別番組で穴埋めするというのを3カ月やってきましたが、1時間で1本も制作されないのでついにあきらめたか。

 それでは近畿大会です。やしろ優のマシュマロは失敗です。次は沖縄の小島よしお。サッカーボールのリフティングを10回です。「海パンからこっちのサッカーボールが出ちゃうんじゃないかと」。失敗します。
 北九州の我が家は、谷田部がティッシュを落として坪倉がつかめるかです。「おサイフいっぱいクイズQQQのQ」で棒を使ってやっていたゲームと同じです。成功します。関東の超特急はけん玉を剣に刺します。成功です。

 あと3地区ですが、残りは全部同じゲームです。北海道のどぶろっく、四国の流れ星、南九州の原口あきまさは、いずれもテーブルクロス引きです。3地区同時にやります。最後に一気に結果を出すためかこの辺の地区が重視されていないのか。この後、逆に喜ぶ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

方針わからぬ再放送(その3)

 久しぶりにウィキペディアのエコノミクス甲子園の項目を見たら、第10回について書いてありませんね。あの項目は情報の異常な詳しさからいって、明らかに大会関係者が書いているのですが、業務としてちゃんと内容を更新してください。

 それでは再放送です。浦和の25回と26回の優勝シーンが流れます。そして「公立の星」とかいう演出も当時のまま流されます。
 放送された1問目と2問目はいずれも神話です。まさにこの時代の高校生クイズの偏りを表しています。他にも、クラシック音楽家や近世までの有名画家のエピソードなら出題できるといった、知識に価値の差があって、それによって人間の価値にも差が出るというような番組でした。

 答えがクラウディングアウトという問題が放送されます。第1回エコノミクス甲子園の全国大会のウイニングアンサーです。それをわかっていて出しているのでしょう。ここで、開成は経済の知識を競うエコノミクス甲子園で優勝していますという河村アナの発言を使っているのです。エコ甲にはいい宣伝です。この後、別の曲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

36回近畿大会(その19)

 高校生クイズの2日後にEテレで「俳句甲子園」が放送されることを発見したのですが、それで「学生俳句チャンピオン決定戦」はどうなったのかと思い出しました。NHK松山放送局がやる、俳句のウルトラクイズみたいな番組です。調べたら、6月にすでに放送されていることがわかりました。全国放送されるとすれば、今年は「スタジオパークからこんにちは」の14時台でしょう。

 それでは近畿大会です。中国のハマカーンは成功します。次は中部の原駅ステージAです。全員で長縄跳び10回です。この地区は声が映像より遅れています。成功です。次は東北の藤田ニコル。パターゴルフでカップインできるか。失敗です。
 近畿のぺこ&りゅうちぇるは、ゴミ箱にゴミを投げて入れるというものです。さっきのパターは一発勝負なのに、なぜかこちらはチャンスが3回あります。しかし失敗。次は桝アナが「北陸新潟の芦田愛菜ちゃん」。やしろ優がマシュマロを投げて口で受けるというものです。この後、軽く見る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«方針わからぬ再放送(その2)